fb
東京都プロパンガス料金の適正と相場:ガス料金相談センター

東京都プロパンガス料金の適正と相場

東京都のプロパンガス利用者の方へ。プロパンガス料金は徐々に値上がりするのをご存知ですか?東京都の適正価格より高い場合、プロパンガス料金の値下げ対策をご提案。相談料・手数料等一切無料|プロパンガス料金消費者協会

※価格は税抜き表示です。
<平均価格(相場)>
東京都 基本料金=1,567円 従量単価=474
※出典:「石油情報センター」東京都平均価格(2018年4月現在)

<協会価格(適正)>※一戸建ての場合
東京都 基本料金=1,500円~ 従量単価=280円~

東京都のプロパンガス料金の比較表はこちら

東京都のプロパンガス料金の比較表

平均価格と協会価格の比較 10m3使用時合計額 20m3使用時合計額
東京都〈平均価格〉 6,307円 11,047円
東京都〈協会価格〉 4,300円 7,100円
月間削減額(差額) 2,007円 3,947円
年間削減額(差額) 24,084円 47,364円

集合住宅の方 一戸建ての方

東京都内各市区町村の「変更事例」

東京都23区

       
       

東京都 - 都下


東京都の「平均価格(相場)」のからくり

「平均価格」というと、競争によって磨かれた標準価格をイメージすると思いますが、それは誤解です。プロパンガスの平均価格は、長い歴史の中で談合によって生まれた、業界にとって都合の良い割高価格のことです。ガス会社の「平均価格ですよ」に安心してはいけません。

当協会が「適正価格」の優良ガス会社をご紹介します

当協会がご紹介するのは、「適正価格」で安定供給する優良ガス会社です。適正価格とは、公共料金である都市ガスの料金を基に当協会が独自に定めた価格です。当協会の会員ガス会社の協力で、都道府県別に都市ガスに遜色のない価格を設定することが実現しました。

当協会がご紹介するガス会社なら不透明な値上げはありません

一般的に、プロパンガスは契約後に徐々に値上げされることが多いです。しかし、当協会がご紹介するガス会社ではそのようなことが起こりません。このことは「ガス料金見守り保証」に明記されており、協会経由の利用者は不透明な値上げの不安から解放されます。


プロパンガスに関するご相談事例(一戸建ての場合)

変更前

ガス会社変更日:2014年1月
【ご相談者】

東京都八王子市に住むWUさん(男性)

【当協会に相談した理由】

ガス料金が高いのでネットで検索したところ、プロパンガスは自由料金と知り、料金を下げる方法を知りたく電話しました。

【相談内容】

「築20年の家に住んでいますが、3~4年前にプロパンガス会社の訪問営業がありました。東京都ではなく埼玉県から営業に来たというのが多少気にはなりましたが、安くなるというのでその会社と新たに契約しました。実際にしばらくの間は、以前に比べかなり安い料金だったと思います。

先日妻と家計について話をした時に、今月の請求書を見せてもらい、あまりの高額にびっくりしました。契約時と比べてガスの使用量はさほど変わっていないはずですが、2万円を超えないはずだった請求金額が3万円を超えていたからです。

プロパンガスが輸入商品であることはわかりますが、ここまで値上がりするものなのでしょうか」

【従来のガス会社】

東日本で供給する大手プロパンガス会社

【従来料金】

使用量:54.5m3、請求額:29,294円(税抜)
基本料金:1,500円(税抜)、従量単価:510円(税抜)

変更後

【概 要】

東京都というと都市ガスエリアというイメージがありますが、実際には八王子を始め日野昭島町田市などの西部地域、また23区内でも東部の足立葛飾江戸川区などではプロパンガスを使用している家庭も多くあります。そのため、神奈川県や埼玉県ほどではないにせよ、東京都でもガス会社の営業競争が激化する傾向にあります。

とは言え、やはり都市ガスを使える地域が広い東京都では、他県との比較上、プロパンガス会社は多くありません。そのせいかWUさんが仰っていた『東京都ではなく埼玉県から営業に来た』というケースも時々耳にします。県境を超えて営業に来るということ自体には特に問題はありません。あまりにも距離が遠ければ別ですが、例えば東京都八王子市に接する神奈川県相模原市からプロパンガスを供給することは珍しくないのです。問題なのはやはり提示された価格ではないでしょうか。

WUさんのお話によると、3~4年前に訪問営業を受けた時には、1立方メートルあたり250円という単価を提示されたそうです。当時の状況を考えると利益が出るかどうか極めて微妙な設定だと思います。仮にこの250円という価格が適正だとして、4年足らずで倍以上の単価になってしまうものでしょうか。

2010年ごろ、当協会では東京都の適正価格を300~330円としていました。2014年現在ではそれが350円程度になっています。これは原価の高騰や円安の影響を受けたものですが、上昇率は20%未満です。これに対しWUさん宅の単価は実に100%以上の上昇率です。契約した当時の単価は売り込み価格であって、帳尻を合わせるために値上げを繰り返したとしか思えません。

【対応策】

他県との比較上プロパンガス会社の数が少ない東京都ですが、それでも東京都西部にはガス会社営業所が多くあります。協会の会員会社の中で、八王子近辺に営業所を持つ会社をご案内しました。

【成 果】

協会が考える東京都の適正料金下限と言える、単価350円で供給する会社を紹介できました。

【新規のガス会社】

関東で供給する大手プロパンガス会社

【新規の料金】

基本料金:1,500円(税抜) 従量単価:350円(税抜)

【変更後の差額】

月間=約8,719円(従来の請求額29,294円→変更後の請求額20,575円)
年間=約78,471

各都道府県の「変更事例」



一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

ページの先頭へ戻る