fb
大分県プロパンガス料金の適正と相場:ガス料金相談センター

大分県プロパンガス料金の適正と相場

大分県のプロパンガス利用者の方へ。プロパンガス料金は徐々に値上がりするのをご存知ですか?大分県の適正価格より高い場合、プロパンガス料金の値下げ対策をご提案。相談料・手数料等一切無料|プロパンガス料金消費者協会

※価格は税抜き表示です。
大分県
平均価格(相場)

基本料金1,657

従量単価525円/㎥

※出典:「石油情報センター」大分県平均価格(2018年8月現在)
大分県
協会紹介価格(適正)

基本料金1,600

従量単価360円/㎥〜

削減額(差額)

基本料金-57

従量単価-165円/㎥

月間、年間だとこんなにお得(プロパンガス料金消費者協会で実施)

大分県のプロパンガス料金の比較表

平均価格と協会価格の比較 10㎥使用時合計額 20㎥使用時合計額
大分県
平均価格

6,907

12,157

大分県
協会紹介価格

5,200

8,800

月間削減額(差額)

1,707

3,357

年間削減額(差額)

20,484

40,284

今すぐクリック!料金自動診断

集合住宅の方 一戸建ての方

大分県内各市区町村の「変更事例」


大分県の「平均価格(相場)」のからくり

「平均価格」というと、競争によって磨かれた標準価格をイメージすると思いますが、それは誤解です。プロパンガスの平均価格は、長い歴史の中で談合によって生まれた、業界にとって都合の良い割高価格のことです。ガス会社の「平均価格ですよ」に安心してはいけません。

当協会が「適正価格」の優良ガス会社をご紹介します

当協会がご紹介するのは、「適正価格」で安定供給する優良ガス会社です。適正価格とは、公共料金である都市ガスの料金を基に当協会が独自に定めた価格です。当協会の会員ガス会社の協力で、都道府県別に都市ガスに遜色のない価格を設定することが実現しました。

当協会がご紹介するガス会社なら不透明な値上げはありません

一般的に、プロパンガスは契約後に徐々に値上げされることが多いです。しかし、当協会がご紹介するガス会社ではそのようなことが起こりません。このことは「ガス料金見守り保証」に明記されており、協会経由の利用者は不透明な値上げの不安から解放されます。


プロパンガスに関するご相談事例(一戸建ての場合)

変更前

ガス会社変更日:2017年1月
【ご相談者】

大分県大分市に住むEKさん(会社員)

【当協会に相談した理由】

プロパンガスについてネットで調べていたら協会のサイトを見つけたので相談しました。

【相談内容】

「4月の都市ガス自由化に向けたニュースや新聞記事などを見ていて、プロパンガスはどうなんだろうと疑問を持ち、ネットで色々調べていました。するとプロパンガスは昔から自由化されていて、消費者が自由に会社を選べるということが分かりました。

今まで全く考えてもみなかったので、現在の料金を確認して協会のホームページで料金診断してみるとかなり高い状況だったので、驚いて相談させていただきました。」

【従来のガス会社】

大分市内で営業しているプロパンガス販売店

【従来料金】

使用量:25.8m3、請求額:16,706円(税抜)
基本料金:2,000円(税抜)、従量単価:570円(税抜)

変更後

【概 要】

大分県は全国的に見ても都市ガス普及率が低いため、プロパンガス利用率が総世帯数の6割前後と大変高くなっています。しかし、大分に限らず九州エリアにおいては、公共料金ではなく自由料金であるはずのプロパンガスの「自由競争」は遅々として進んでいません。

そのため、消費者の多くは多少の疑問を感じながらも、高いガス料金を支払い続けているという状況です。

これは九州に留まらず、関東や近畿エリアの都市部を除くと全国的で見受けられる状況です。

当協会が提示する「適正価格」とは、消費者にとっては都市ガス使用環境に極力近づきつつ、ガス会社にとっても事業運営に支障をきたすことの無いという双方の歩みより価格になっています。

ちなみに都市ガスとプロパンガスを比較する場合は、そのカロリーの違い(プロパンガスは都市ガスの約2.2倍)を考慮して、都市ガス単価に約2.2倍した単価と比較する必要があります。

協会では発足以来、インターネットを通じてプロパンガス料金の適正化の重要性を発信し続けてきました。そして最近ではようやくこの九州エリアにおいても、少しずつですが協会の趣旨に賛同いただきご協力いただけるガス会社が増えつつあります。そして、そのご協力のもと、「ガス料金見守り保証」という無料の保証制度を設けています。

この「ガス料金見守り保証」とは、協会がご紹介したガス会社が万が一不透明な値上げで適正価格を逸脱した場合、協会が責任を持って適正価格に戻してもらうようサポートするという内容です。これにより消費者の方が半永久的にプロパンガスを適正価格で使用できる環境を整えることができました。

今回のEKさんの場合は計算すると1立方メートルあたり570円ということで、協会が提示する大分県の適正価格に比べると約3割ほど高い計算になります。これは年間にすると約5万円前後の差になりますから、見過ごすことができません。恐らくは何十年もの間に少しずつ料金が値上げされてきてしまったのだと思われます。

ガス会社は自由に選択することができます。もちろんその環境や諸条件によっては希望通りの選択肢とはいかない場合もありますが、基本的には消費者の意志が最優先なのです。

【対応策】

早速、大分市内のEKさんのご自宅までの配送・保安体制の整ったガス会社を選定してご紹介致しました。EKさんと新しいガス会社が面談後約10日ほどでガス会社を変更することができました。

【成 果】

1立方メートルあたり380円になりましたので、月額にして約5,000円も違ってきますから、大きな節約につながることが分かりました。後日EKさんよりご連絡をいただき「費用もかけずにガス会社を変更することができ本当に助かりました。この節約分を有効に使いたいと思います」とのことでした。

【新規のガス会社】

大分県内に配送ルートを持つプロパンガス販売会社

【新規の料金】

基本料金:1,600円(税抜) 従量単価:380円(税抜)

【変更後の差額】

月間=約5,302円(従来の請求額16,706円→変更後の請求額11,404円)
年間=約50,000

各都道府県の「変更事例」



一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

ページの先頭へ戻る