プロパンガスは自由料金制です! :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

プロパンガスは自由料金制です!


         
プロパンガスは自由料金制です。公共料金ではありません。このしくみを知らないと、高いプロパンガス料金をずっと払い続けることになります。ここではプロパンガスの自由料金制について詳しく解説していきます。


プロパンガスはずっと前から自由料金

「ガス自由化」で競争激化

2017年4月に都市ガスは自由化されましたが、これにより、都市ガスの消費者は地域ごとに決められた一つのガス会社と契約する義務はなくなりました。

複数のガス事業者の中から自分に合った料金プランのガス会社を自由に選べるようになったのです。

ちなみにプロパンガスはそれ以前からすでに自由化されていたので、今回の自由化の対象には当然、含まれません。なぜなら、プロパンガスは、都市ガスが自由化されるとっくの昔から自由料金制だったからです。


プロパンガスは自由料金なので各社・各家庭で料金はバラバラ

意外と知られていませんが、プロパンガスは、ガソリンと同じように販売業者が自由に価格を決めることが許されている商品です。その証拠に、プロパンガスの料金は一律ではありません。各社、各家庭でバラバラなのが当たり前です。

しかも、消費者はずっとひとつのプロパンガス会社と契約し続ける義務もありません。プロパンガス会社の料金設定が気に入らなければ、別のガス会社に変更しても問題はないのです。

このルールは今に始まったことではありません。そして、ガス自由化が施行された現在でも変わりはありません。



「プロパンガスも自由料金?」初めて知る人、続出

実は、都市ガス自由化がスタートした頃、この事実を初めて知ったという消費者からの相談が相次いで寄せられました。「プロパンガスは自由料金だったの?」という事実が、ある種の衝撃をもって受け取られたことが分かります。

これはどういうことかと言うと、プロパンガスも都市ガスと同じように自由化されていないと勘違いしていた人が非常に多かったということです。残念なことに、あれから2年たった今でも、「プロパンガスは自由料金」ということを知らずに、高いガス代を払い続けている利用者は大勢いるようです。



どうしてこのような勘違いが広くはびこってしまったのでしょうか。


都市ガスはかつて、一律料金だった

効率性とガス事業の育成が目的

そもそも、なぜ都市ガスは今まで自由化されてこなかったのか。それは、1社に任せておいた方が効率が良かったからです。 各地域を特定の会社に任せれば、過度な競争もおこらず、安定的にガス事業を育成することができます。

また、導管網などのインフラを整備するための設備投資は巨額です。たくさん作るほど安くなる規模の経済を働かせることで、結局は利用者へのメリットを大きくするためでした。

1社独占の規制、料金も一律

自由化される前は、都市ガス利用者は、ガス会社を選ぶ自由がありませんでした。例えば、東京であれば東京ガス、大阪であれば大阪ガスと契約するしかなかったのです。

また、都市ガスはこの1社独占の規制のため、料金設定も完全に一律でした。水道と同じように都市ガスもつい数年前までは1社独占で一律料金料金だったわけですから、「プロパンガスも同じなのだろう」と勘違いされるきっかけを生んでしまったのです。


プロパンガスは都市ガス不毛地帯をカバー

プロパンガスは個別配送が主体

都市ガスとプロパンガスとの大きな違いの一つに、その供給スタイルがあります。都市ガスは地中に埋めたガス管を通して各家庭にガスを供給します。

一方、プロパンガスはガスボンベをトラックなどに積んで直接配送します。ボンベには決められた容量しか入らないので、当然、定期的な入れ替えや点検が発生することになり、都市ガスよりも手間がかかります。

このため、プロパンガスは都市ガスよりも20%ほど価格が高くなってしまいます。

ただし、プロパンガスの熱量は都市ガスの約2.23倍もあります。単純な料金比較だけで「高い」とは決めつけられません。



都市ガス導管網は国土全体の約6%だけ



また、都市ガスは全国どこでも使えるわけではありません。ガスの導管が通っていない地域では利用できません。

実は、導管網の敷設された区域は、国土全体の約6%しかないことをご存じでしょうか。6%はとても少ないように思えますが、人口の密集している都心部を中心に整備されているので、世帯数で言えば全世帯数の約半分をカバーしていることになります。

プロパンガスは、都市ガスを引き込めない地域で普及

ただ、都市ガスは地域によって普及率に差があります。東京、大阪では利用率が80%を超えるものの、それ以外では10%にも満たない県もあるのです。人口の少ない地域での都市ガスの普及はまだまだ進んでいないのが現状です。

そこで、都市ガスの導管網がない地域や、導管の引き込みができない特殊な場所では、必然的にプロパンガスが広く利用されてきました。



自由料金制ゆえの深い闇

自由料金制なのに、価格競争はナシという矛盾

プロパンガス会社は全国で約2万社も存在しますが、そのほとんどは地域密着型の中小企業です。

意外かもしれませんが、このプロパンガス業界は過去40年以上もの間、価格競争をほとんどしてこなかった特殊な業界であることはあまり知られていません。

プロパンガスはずっと以前から自由料金の業界だったにもかかわらず、なぜ、競争がなかったのでしょうか。それは、単刀直入に言うと、純粋に会社が儲けたかったからです。

儲けたいガス会社同士が結託

利益追求型のプロパンガス会社にとって、自由料金の名のもとにやみくもな安売り競争をすると、顧客の食い合いになりかねません。

ガス会社同士、お互いに不毛な競争を避けるためにも、基本料金や単価はあえて公開せず、また顧客の取り合いもしないという暗黙のルールを敷いて、高値安定の営業を続けてきたのです。



高い料金を設定する巧妙なからくり

しかも、高い料金で販売するガス会社の価格設定方法は非常に巧妙です。さきほども述べたように、プロパンガスは個別配送が主体なので、都市ガスと違って人件費がかかります。

そのため、プロパンガスは都市ガスに比べ2.23倍も高い熱量を持っているという利点がある反面、配送などに手間がかかるので約20%ほど割高にはなってしまいます。

ところがプロパンガス会社はこれを逆手にとって、30%も40%も、さらには倍以上の高い料金設定で販売するところもあるのです。

料金を高くする方法はいくらでもあります。

  • 1.毎月少しずつ分からないように値上げする
  • 2.原油高騰時以外にも不透明な理由で値上げする
  • 3.無償貸与制度の悪用
  • 4.値上げあっても値下げなし e.t.c
<参考記事> 無償貸与契約


もし、利用者がプロパンガスも1社独占の一律料金だと勘違いしていたらどうでしょう。ガス代が少し高いなと思っても、今月はたくさんガスを使ったのかも ....と考えてしまうのがオチです。

そもそも、ガス会社の変更をしようなどと思う人は皆無に違いありません。地域ごとに決められたガス会社を使わなければならないと純粋に思い込んでいるからです。


自由料金制だからできること

ガス代が高いのは、適正価格ではないから

プロパンガスが自由料金制だと知っていたら、こんな大損はしなくても済みます。

都市ガスが自由化されたとき、各社が掲げる多種多様な料金プランには目を見張るものがあったと思います。電気とのセット割やポイント付与など、消費者にとっては選択の自由が一気に広げられた瞬間です。

でもプロパンガスは関係ないと思っていませんか。そんなことはありません。プロパンガスはずっと前から自由料金なのです。

このメリットを最大限に受け入れる必要があります。エネルギー自由化のこの時代、一方的に押し付けられた高い販売価格を鵜呑みにする必要はありません。

ガス代が高いのは、あなたが契約しているガス会社の単価が適正価格ではないからです。



因習の是正を促す「LPガス販売指針」

幸いなことに、電気や都市ガス自由化の影響で、最近では、プロパンガス業界の因習も少しずつ是正される傾向になってきました。

資源エネルギー庁の指導を踏まえ、全国LPガス協会は、取引適正化・料金情報提供のルールである「LPガス販売指針」を改定し、全国2万社のプロパンガス事業者に対して、標準的な料金体系を開示するよう周知・徹底しています。

これは画期的な判断だったと言えるでしょう。しかし、不透明な料金体系を顧客に強制するアンモラルなプロパンガス会社が淘汰されていくには、まだまだ時間がかかりそうです。

まずは、1㎥あたりの単価を知ることから

これまでプロパンガス代が高いと思っていた人は、いますぐガスの検針票を確認してください。1㎥あたりの単価はいくらになっていますか?地域の適正価格より高いという結果であれば、今契約しているガス会社は料金が高すぎる可能性があります。

なぜガス料金がこんなに高いのか、疑問に思ったら、すぐに下記の料金自動診断でガス料金の単価を調べることから始めましょう。不当な値上げが何年も続いているなら、ガス会社の変更を今すぐ考えるべきです。自由料金制だからこそ、消費者はこういったアクションを自由に起こすことができるのです。

 
 


プロパンガス料金を安くしたいなら、ガス会社の変更が最短最善

良心的なガス会社を選ぶには

ただし、自力で料金交渉をしたり、ガス会社の変更を試みるのは、数多いガス会社の中から選び出すことなど、素人では決してうまくいきません。

さきほども述べましたように、プロパンガス会社は非常にしがらみの強い世界です。単価の開示もせず、他社への乗り換えも各社横並びで敬遠しているような業界の中で、良心的なガス会社を見つけ出すことは一般消費者には難しいと言わざるを得ません。

個人的に交渉したところで、やんわりと拒否されるか、あからさまな嫌がらせを受けるかのどちらかです。



ガス会社の変更はプロにおまかせ

適正価格のガス会社に変更することが大事

私たち一般社団法人プロパンガス料金消費者協会は、「プロパンガス料金を適正価格で継続的に供給する」ことに賛同してくれた約115社(2019年10月現在)ほどの優良ガス会社を会員としています。

業界の悪しき慣習から消費者を守ろうという趣旨で活動しているので、当協会の会員ガス会社は、ガス会社には負担がなく、利用者にとっては、都市ガスと遜色ない納得できる適正価格でプロパンガスを提供することを約束しています。



「ガス料金見守り保証」で適正価格を維持

適正価格は決して格安ではありませんが、その代わり「ガス料金見守り保証」という、不透明な値上げをブロックする無料の保証制度を付けることで、利用者は長く継続的に適正価格でプロパンガスを利用いただけるしくみになっています。

ガス料金見守り保証

エネルギー自由化のこの時代、本当の自由を享受するには、知らなかったでは済まされません。自由には常に自己責任が伴うことは、プロパンガス会社の選択でも言えることなのです。まずは自分が契約しているガス会社の単価を正確に知ることから、ガス代の節約は始まるということを心得たいものです。

<参考記事> ガス料金見守り保証










一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |