fb
利用者の声(驚きのプロパンガス体験記):ガス料金相談センター

利用者の声(驚きのプロパンガス体験記)

横浜市の主婦A子さんがプロパンガス会社の変更を通じて経験した、信じられないような事実を基にした体験談を本サイトで独占公開。それは、ある日ポストに投函された1枚のチラシから始まりました。

横浜市の主婦M子さんは、ある日、こんなチラシが
ポストに入っているのを見つけました。


悪徳な業者にだまされないように!

最近この地区の我が社のお客様宅を訪問し、
「今よりもっと低価格のガス会社に替えませんか?」という某ガス会社のブローカーが出没しています。

かなりの低価格を提示して切り替えの勧誘をしていますが、低価格なのは契約当初だけで、必ず値上げをするので騙されないようご注意下さい。
今後も我が社(A社)とのお付き合いを継続して頂きたく心よりお願い申し上げます。


横浜市の主婦M子さん

M子さんはこれまで12年間ずっとガス会社のA社と契約をしていましたが、特に不満もありませんでした。今さらガス会社を変えるのも手続きなどが面倒くさそうだし、もし変えてしまってトラブルが起きるのも怖ろしい。
そもそも、プロパンガスの料金を下げる方法なんてあるの?
などと思って、チラシを見たときは、別にこのままでいい!
と考えていました。

その後、こんなチラシのことなどすっかり忘れていたある日、M子さんの家にピンポーンと、誰かが訪問してきました。
「今よりもっと低価格のプロパンガスを供給できる我がB社に替えませんか?」
意外にも20代前半の若い女の子の営業さんです。
ついに来たか!これが噂の悪徳業者か!!とM子さんは思いながらも、庭先で軽く応対してさっさとお断りするつもりでした。
しかし、彼女の人懐っこくなれなれしい感じに圧倒され、いろいろ話し込んでいるうちに、M子さんはこれまで知らなかったいろいろな事実を知るに至りました。

えぇっ!ショック!うちってこんなに損してたの?

B社営業:奥様のお宅は1m3あたりのガスの単価はお幾らぐらい?
M子さん:え?なんですか、単価って?
B社営業:(ガスの単価×使用量)+基本料金の合計が請求されるけど内訳をご存知?
M子さん:請求金額の合計はそのつど見るけど細かい内訳は見てなかったわね。
B社営業:お宅が利用しているA社は平均よりもかなり高いという評判ですよ。
M子さん:そーなの?ほかの会社と比べたこともないし、平均も知らないわ。
B社営業:では私が奥様に成りすましてA社に電話をして、現在の単価と基本料金を調べてあげましょう。

なんと彼女はM子さんに成りすまし、A社に電話して住所と名前を告げ、M子さん宅に供給されているガスの単価と基本料金を聞き出してくれました。そして電話が終わると、

B社営業:奥さん!!なんと、1m3あたりの単価455円でしたよ!今までいろんなお宅を訪問したけど、高くても380円ぐらいですからこんな金額って滅多に聞きませんよ!よくこんな高い単価で長年払っていましたね!損していますよ!

そもそも、プロパンガスは公共料金ではなく自由料金なので、地域や販売店によってプロパンガスの料金設定には開きがあります。M子さんもこれくらいのことは知っているつもりでしたが、まさか自宅のガス単価がこんなに高いとはつゆ知らず、かなりのショックを受けてしまいました。
ここから、ガス会社B社の営業さんの真骨頂ともいうべき怒涛の営業攻勢が始まります。

モーレツな営業攻勢にたじたじ。

B社営業:うちの会社と契約すると1m3単価230円+基本料は1,500円ですから、うちとの契約料金なら6,308円になります。先月A社に払ったガス代10,420円と比べてその差額は4,112円。コレ、年間だと約5万円近くも節約できることになりますよ~!

しかし、M子さんは、先日ポストに入っていた現在契約中のガス会社A社から届いたチラシを思い出しました。最初は230円という安い値段で勧誘しておいて、その後すぐに値上げするという事実。
しかしこれに対するB社の言い分としては、原油価格が上がればどこのガス会社も同じように値上げしますが、決してうちはA社ほど高くなることはありません・・・ということでした。
ガスは毎日使うものです。冬ともなると特にたくさん使います。M子さんは1日でも早く切り替えないとどんどん損するような気がしてきました。

そういうわけで、M子さんはなんとその日のうちに、「ガス供給申込書・切り替え業務委任状」というものに印鑑を押してしまったのです。 しかし、この段階ではまだ、単なる申し込みであって正式な契約ではありません。このことが幸いしてM子さんは後々、救われることになるのですが・・・・・・

でもそのLPガスの料金、信じていいの?

さて、印鑑を押した書面をB社の営業さんが持って帰ってから、M子さんはすぐに、これから新しく契約しようとしているガス会社B社の評判をネットで検索してみました。すると、なんとこのB社へのクレームがネット上で火を噴いていたのです。M子さん、ビックリ仰天です。

  • 新聞記事になっている・・・
  • 裁判になっている・・・
  • 社長が辞任している・・・

そしてM子さんは、はたと気づくのです。
そういえば口頭では、単価230円で基本料金1,500円ですと言ってくれたけれど、B社の営業さんはそのことを書面に一切残してはくれませんでした。これはいわゆる口約束です。当たり前ですが、あとあと何かあったときにはなんの効力も持ちません。
不安になったM子さんはすぐに、さっきの営業さんにもらった名刺を取り出してB社に電話をかけました。ネットで調べて知ったB社の悪評を話し、とても信用できないからハッキリと230円と書かれた契約上の書面を持ってくるように頼みました。
飛んで戻って来たB社の営業さんは、平身低頭しながら料金の書かれた書面とやらをM子さんにおずおずと差し出してきましたが、なんとそれは、玄関先で電卓片手に料金計算をしたメモの紙切れなのでした!!!

開いた口が塞がらないとはこういうことをいうのでしょうか?
M子さんはしばらくあっけにとられていましたが、すぐさま落ち着きを取り戻してこう切り出しました。

M子さん:こんな手書きのメモ1枚で済ますなんてどんだけアマチュアな仕事してるんですか?私が出された書面に「印鑑」を押す以上は、B社からも正式な書類に金額を記載して「社印」が押されていないと信用できないでしょ。事前告知無しで値上げを数十円ずつ繰り返していつの間にか法外なプロパンガスの料金単価にされているなんて金輪際まっぴらごめんです!
スーパーで何か買うのだって値段が書かれているし、ネットショッピングだって値段が必ず記載されているじゃない?新聞購読だって半年~1年先の期間で金額が一定していて捺印した上で契約している。もしも新聞が値上がりすることがあっても、当然事前に告知はするものです。だから私は値段の分からないものを買ったり長期契約したりはできませんよ!

それでも営業の彼女はしつこく食い下がってきます。
本当にうちは230円で皆さんに契約していただいているんですから信用してくださいよ!ともっともらしくたたみかけてきます。
そこで、M子さんはとうとうネットで調べたB社の悪評を本人にぶちまけてみました。すると、さすがに悪評高いB社だけあって、消費者からのクレームにも備えは万全です。裁判沙汰になった事件の読売新聞のコピーをファイリングして携帯しており、M子さんに見せながら、こんなうまいことを言うのです。

B社営業:新聞に載った通りですが、実は原告側にライバルのガス会社の社員がいてその人が先頭に立ってみんなを煽って裁判に発展してしまったのですよ。ライバル会社の嫌がらせなので今後はこのようなことがないよう気をつけます。

そんな話が信じられますか?
嫌がらせが本当なら裁判で分かるでしょう!
そもそも、手書きのメモ用紙1枚で誰が信用するのでしょうか?
M子さんは心からそう思いました。

頼れる駆け込み寺「プロパンガス料金消費者協会」へ相談

結局、どんなにB社と話し合いを重ねても、

  • 原油価格が原因以外の不当な値上げはないのか?
  • 230円はいつまで続くのか?2ヶ月なのか半年なのか?
  • B社と契約している人で一番高い単価を払っているのは幾らぐらいなのか?

というこれらの質問に、B社からの明確な回答は得られませんでした。
そんなわけで、M子さんはこの申し込みを白紙に戻したいと強く思いました。

プロパンガス原価の驚くべき事実

Bガス会社との契約を白紙に戻したいのと、Aガス会社との契約も打ち切りたいのとで、板ばさみになってしまったM子さん。しかし、ガスに関しては全くの素人にしかすぎません。いったいどうすればよいのか見当もつかないまま、M子さんはトラブル回避のために色々と解決策を探しました。ネットでいろいろ調べてみるとプロパンガスの料金がいかに法外な設定をしているのかということがたくさん暴かれていました。そこでやっと、私たち一般社団法人であるプロパンガス料金消費者協会を見つけたのだそうですが、電話で問い合わせをしてくれたばかりのM子さんにとっては、私たちのお話しするプロパンガス会社のだましのテクニックはまるで信じられないような話ばかりだったそうです。

そもそも、M子さん宅にとび込み営業をかけてきた営業の女の子はB社の社員などではありません。彼女は別会社のブローカーにすぎないのです。販売店が特別に安く設定した見せかけの安価なプロパンガスの料金を提示することで、新規のお客さんと契約するのが仕事なので、契約さえとったらその後は我関せず。値上げに気づいたお客さんから「約束が違う!」と苦情がきてもB社のことなので「うちはカンケーありません」と知らんぷり。

B社にしてみても、最初の安い単価では赤字価格なので経営が成り立つはずはありあません。「ブローカーが勝手に設定した価格なので値上げします!」と言ってお客さんの苦情は一切受け付けないという強硬なスタンスのまま一歩も譲りません。

M子さんはプロパンガスの価格設定にこんな巧妙なからくりがあるとは想像もつきませんでした。ましてや、自分がこんな悪徳ガス会社の餌食になってしまうとは思いもよらなかったので、もう怒り心頭です。
ともかくもこうしてM子さんは、当協会のスタッフのアドバイスもあって、これから果敢に撤回行動を起こす勇気がわいてきたのです。

申し込みの撤回はどうすればいいの?

さて、当協会のスタッフの助言とは、次のようなことでした。

  • まず、B社へ電話をかけて今回の申し込みを毅然とした態度で断ること。
  • 次に、現在契約中のガス会社A社も適正価格の枠からかなりかけ離れた高い単価なので、解約する方向で手続きをすすめる。
  • そして、新しいガス会社さんを当協会から紹介してもらい、あらためて新規契約を結ぶ。

新しいガス会社さんは、プロパンガス料金消費者協会の趣旨に賛同している良心的なガス会社さんを私たちが紹介いたします。いくら良心的なガス会社さんとはいえ、あらためて新規契約となると、なんだかやっぱりめんどうくさいような気がしますが、ご安心ください。これらのことはすべて電話一本で対処できますので、M子さんのような忙しい主婦でも大丈夫。さまざまな確認事項などはすべて一般社団法人のアドバイザーが懇切丁寧に電話で指導いたします。

例えばM子さんの場合、

  • ガスの配管はA社が設置したものですが、減価償却期間(10年)を過ぎているので大丈夫とか、
  • 新しいガス会社に変更してもガスボンベからメーターまでを取り替えるだけで一切お金は発生しない・・・などなど。

基本的にはすべて電話対応でガス会社を切り替えられることを思えば、日中の空き時間をやりくりして安いプロパンガス料金になれば、家計はうんと節約できます。

いざ!申し込みの撤回へ!

こうしてM子さんはまず、B社へ断りの電話をかけることから始めました。

M子さん:営業さんとBガス会社への切り替えの申し込みをした者ですが、この件は白紙に戻したいので、捺印した委任状を郵送で返していただけませんか?
B社窓口:はい。ご住所とお名前をどうぞ。
M子さん:コレで切り替え申し込みの件はなかったことに出来ますか?
B社窓口:はい。
M子さん:では必ず委任状の郵送返還を宜しくお願いします。
B社窓口:ガチャ(電話の切れる音)

この間の会話は2分とかからず終了~。
かなり手ごわいとですよとの評判とはうってかわって、意外にも電話でのB社の応対はあっさりと終わってしまいました。M子さんはちょっと拍子抜けでしたが、あくどいB社のこと、このまますんなりといくはずがないと、それなりの覚悟はしています。ここはひとまず、なんとか無事にクリアできたということで、とりあえず次へ駒をすすめます。

良心的なLPガス会社さんを紹介してもらう!

その後、M子さんからすぐにプロパンガス料金消費者協会へお電話をいただいたので、私たちはさっそく、現在のガス会社を解約し、良心的な新しいガス会社さんを紹介してもらいたいとのM子さんの意思を正式な通知としてお受け付けいたしました。当協会としても、この種のトラブルについてはクイックに対処すべく、早急に新しいガス会社さんをお探しいたしました。

当協会スタッフ:現在M子さんがお住まいの地域でのプロパンガスの適正価格は、単価300~330円の範囲で、基本料金は平均1,500円です。この地区で信用のあつい良心的なガス会社さんを探してみますと、Cガス会社がお勧めですね。こちらは単価300円で基本料金は1,500円で契約することが出来ますが、いかがでしょうか。今後万が一不当な値上げがあった場合は、私たち協会が責任をもって対処しますからご安心して、変更していただけると思います。

これまで泣き落としのような営業攻勢をしかけられていたM子さんは、当協会の紳士的な対応に、胸のすく思いだったそうです。私たちとしましても、ホームページにも謳っているとおり、「消費者保護の観点から公正な競争を促進し、適正価格の維持をめざします。」との方針で、無償でプロパンガスの高い料金に苦しめられている消費者の救世主になれることは最大の喜びですので、このようなことは特別なことではありません。

現在のLPガス会社とのやり取り

さて、気がかりなのは、B社の動き。解約を電話で申し出てから5日も経っているのにM子さんの元へ委任状らしきものはいっこうに返却されてきません。どうやらB社は電話でのキャンセルを無視して委任状を返却せず、そのまま工事を強行するつもりのようです。

そんなM子さんの不安を知ってか知らずか、またまたM子さん宅のインターホンをピンポーンと鳴らす人があらわれたのです。

それは誰あろう、なんと、現在契約中のAガス会社の男性二人組でした。Aガス会社の存在などすっかり忘れていたM子さん。きっと解約の引き止め作戦に来たに違いないと一瞬ひるみますが、ここは毅然とした態度できっぱり縁を切るべく再び闘志をふるいたたせました。

A社二人組:Bガス会社さんから切り替え委任状が届きましたが奥さんのお宅はBガス会社さんと契約なさるんですか?
M子さん :いいえ!B社との切り替えはすぐにキャンセルしました。委任状はウチに返却する約束なのに、B社は勝手にAガス会社さんに送ってしまったんですね!
A社二人組:あ、ではBガス会社さんと切り替えるのはやめたと言うことですね?
M子さん :はい。Bガス会社は悪徳業者と分かったので切り替えの件は電話で断わりました。委任状を返してくれる約束は破られましたが、私の意志は変わりません。
A社二人組:あ~、それは良かったです。あそこはかなり評判悪くてですねぇ~。うちの会社としてはお客様と今後も継続して頂こうと本日お伺いしました。金額の方もBガス会社の言ってきた金額に近づけますんで。どうぞひとつ宜しくお願いします。(二人で頷きあっているご様子)

Aガス会社と12年間付き合ってきたM子さん、ついつい色々なことを想い出してしまいます。今まで何も知らずにどんだけ高いプロパンガス料金の単価でこの人たちを儲けさせてきたのだろう・・・。
今さらBガス会社に近い単価に落すといわれてもねぇ、230円じゃ赤字なんでしょ?

M子さん :いいえ!(キッパリ)もう、うちはおたくのAガス会社さんとも解約させていただき、今後は他の新しいガス会社さんに変更することにしました!良心的な適・正・価・格!の金額のガス屋さんが見つかったのでね。
A社二人組:え!?っと、それはどちらのガス会社さんでしょう?
M子さん :Cガス会社さんです!いずれCガス会社さんから切り替え工事の委任状が行くと思いますので。
今日は寒い中ご足労かけました。では失礼します!!!

どっちもどっち!?悪徳LPガス会社の悪あがき。

ちょうど現在のAガス会社と解約するつもりだったM子さんでしたので、A社の方からわざわざ訪問してきてくれたのは飛んで火にいる夏の虫。良心的なガス単価を提供しているとは思えない現在のAガス会社をその場でキッパリと解約してしまいました。
とはいえ、5日経っても委任状をいっこうに返そうとしないB社の不穏な動きに対するイヤな予感はやはり的中していたようです。M子さんはまた不安になってきました。
Bガス会社がそうやって委任状を活かし続けるつもりなら、そのうち工事の担当者から「明日8日に工事をしますね」って確認の電話がくるはず。
印鑑ついた以上キャンセルの効力なし。と言われたらどうすれば良いのだろうか。
心配になったM子さんからまたまた、当協会に電話が入りました。

当協会スタッフ:電話でBガス会社への切り替えの申し込みをキャンセルしてから5日も経っているのにまだ委任状が返送されてこないのなら、明らかに非はBガス会社にあります。ですから、白紙に戻した委任状を返さずに勝手にAガス会社に送ったことへの説明も求めて強気に出てもよいでしょう。それと、今後契約を結ぶCガス会社が打ち合わせのため、午後からそちらにお伺いする約束となっていますので、そのことについてもCガス会社が相談にのってくれるはずです。

なるほど!
今度新しく契約するガス会社さんが本日午後、契約のためにM子さん宅へ来る予定なので、そのときに相談すればよい!というアドバイスを得たM子さんはホッとしました。良心的なガス会社さんだけあって、こんなことにも相談にのってもらえるなんて感激です。
M子さんはとりあえず、ひと安心しました。

そうこうするうち、案の定、Bガス会社の工事担当の男性から、「明日午前中に工事にうかがいます!」という、なんとものんきな電話がM子さん宅へかかってきました。
思ったとおりB社は切り替え工事の人にキャンセルの話を伝えていませんでした。
M子さんは当協会のアドバイスどおり、さっそく強気の行動に出ました。

M子さん:もうとっくにキャンセルの電話入れてますけど。
工事の人:え?そうなんですか?(絶句)

これっきり、Aガス会社もBガス会社も何も言っては来なくなり、何のトラブルもなく永遠のサヨナラとあいなったそうです。

良心的なLPガス会社さんと、新規契約を結ぶ!

さてさて、ぼったくりAガス会社からの引き止め営業の二人組が帰ったあと、午後には今後お世話になるCガス会社の営業さんがM子さん宅をご訪問。

悪徳ガス会社たちとはうって変わって、当協会が提携しているガス会社さんは、M子さんたち一般消費者にご安心いただけるようにと、詳細料金の一覧表をお渡ししているほどの手厚いビジネススタイルで営業しています。M子さんはシビレてしまいました。手書きメモの紙切れ1枚でごまかしたBガス会社とは大違いです。しかも、後日、郵送でお届けする「念書」には、ガス提供料金をはっきりと記載しています。Bガス会社のように、プロパンガスの悪徳な料金値上げや事後報告もないのでご安心いただけます。M子さんにとって何よりも嬉しいのは、これまで長年契約していたぼったくり料金のAガス会社に比べたら安いこと!安いこと!

契約の際には、このCガス会社の営業さんから、M子さんは数々の安心条件を保証いただいたそうです。ついでに悪徳業者のプロパンガス料金のカラクリも聞かせてもらい、今度こそM子さんは気持ちよく委任状に印鑑を押せたのです。

あとは1週間後の切り替え工事を待つばかりです。プロパンガス業界には、「1週間ルール」というのがあり、それは、現在使っているガス会社に切り替え通達してから新ガス会社が実際に切り替え工事するまでの間、まるまる1週間の猶予を設けなければならないのです。ですので、M子さん宅が新料金体系でガスを使えるのは一週間後からとなります。M子さんは今から1週間後が楽しみでならなくなりました。

M子さん曰く、この一週間はとても勉強になったということです。今まではガスの検針票をもらうと、請求される合計金額だけを見て「今月は高いな」と思うことがあっても、「使用量が多かったんだ!」とだけ考えていたそうです。ガスの1m3あたりの単価や基本料金などのカラクリに何の疑問も持つことなく、ガス会社の請求どおりに毎月自動引き落としされるがまま。

今まで何も考えずにガスを使ってきたけれど、これからの私は違うわよ!とM子さんは決意しました。実際、自宅のガスメーターの数字をちょくちょく見て1日の使用量を知ると、今日は昨日より0.1m3でも節約するっ!という気になるそうです。
とにかく、今後はC社にガスを供給していただくことになり、ほっとひと安心。
来月からガス料金の請求書を見るのが楽しみです♪

悪徳LPガス会社よ、さようなら

新しいガス会社さんの工事を心待ちにいている間、これまで12年間の長きにわたって契約していたAガス会社からM子さん宅へ、最後の検針票が届きました。

先週、M子さん宅のガス会社変更の情報を聞きつけるや早々と引き止め営業に飛んできたぼったくりのAガス会社でしたが、M子さんがキッパリ「縁を切ります」と通告すると、「値下げしますから今後もお付き合いをお願いしますよ~」と言ってすがりついてきたはず。なのに、解約が決定するとどうでしょう。安くするどころか、逆に、1m3当たりなんと、3円値上がっていたのです!!!

M子さんはプロパンガス会社の汚い料金設定のやり口に今さらながら呆れ果ててしまいました。

M子さん:(ひとりごと)ガスを値上げする理由が、嫌がらせのほかに思いつかないわ! 今月って原油価格上がってないよね?むしろ円高だし。

そもそも、検針票のどこにも「値上げします」という文言は記載されておらず、「基本料金+使用量」の合計金額だけがアッサリと記載されているだけだったそうです。もちろん1m3あたりのプロパンガスの単価など、検針票のどこにも書かれてはいません。

M子さん:(ひとりごと)これって、自分で単価を割り出して先月分と比べないと、値上げに気がつかない仕組みだわね。きっと今までも知らない間にこうやって徐々に上がって来てたんだろうなあ。

ちなみに、今月のM子さん宅のガス使用量は、31.1m3で、請求金額は、15,733円。
試しにこれを、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会のホームページにある料金自動診断ページで診断してみると、こういう結果になります。


M子さん:(ひとりごと)それにしても31.1m3も使っていたなんて。
ウチはガス使いすぎの家なのかぁ~??
30m3越えると単価が上がるとか?
だいたいそんな仕組みがあるんなら事前に教えといてくれないと・・・
ガス料金の仕組みって今まで考えたことなかったから、まるっきりナゾだわ~、この検針票!
そもそも、Bガス会社のブローカーが「こんな高いの聞いたことがない」って言った通り、Aガス会社単価の単価もこの地域で一番高いんじゃない?
Bガス会社が予告もなく値上げして裁判になってるけど、Aガス会社も同じことしてるじゃん。お互いの会社が「あそこは悪徳業者です」って言い合ってるのが笑えるわ。Aガス会社使って高い単価払ってる人がいたら私は躊躇なく「変えた方がいいよ」ってアドバイスしちゃうもんね!まずはお向かいの奥さんからだ!

結局、M子さんは、もういっそのこと、値上げされたガス代は手切れ金として払いましょう!と考えることにして腹立つ気持ちをなんとか沈めたのでした。

やったー!プロパンガス切り替え工事完了!

さて、ちょうど1週間後の今日は、待ちに待ったプロパンガスの切り替え工事日です。予定通り、Cガス会社の若い営業さんと工事の男性がM子さん宅を訪れましました。

大掛かりな工事を予想して、ほうきや雑巾をたくさん用意して待機していたM子さんでしたが、プロパンガスの切り替え工事自体は1時間足らずで、あっという間に終了。今まで契約していたAガス会社のガスボンベが撤去された場所に、Cガス会社のガスボンベが立ちました。もちろん、ガスメーターも新しくなりました。
ボンベが設置されてから約24時間後にガスメーターを覗いてみると、たった1日で1.7m3使っていました。
やっぱり我が家は一ヶ月30m3以上使ってしまうのかと、M子さんは反省しきりです。たとえ良心的なガス単価になったとはいえ、賢い主婦のM子さんは俄然、今後もガスの節約を決意するのでした。
けれども、こんなふうにガス料金にシビアになったことがこれまで一度もなかったM子さんにとっては、当協会に相談して本当によかったとつくづく思われたということです。

関係者に感謝

後日M子さんから、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会のスタッフへ、これまで本当に信頼できる味方のような存在で支えてくださったことを心より感謝いただいたときには、私たち一同、恐縮しきりでした。
M子さんは、ボンベの切り替え工事も滞りなく終了し、晴れて良心的な新ガス料金でプロパンガスを使用できることの喜びと感謝を丁重に述べられましたが、私たちとしましても、消費者保護の観点から一般社団法人としての活動をしている手前、このようなガスのトラブルがひとつひとつ解決されることは、まるで自分のことのようにうれしく思います。

そうそう、そのときに、ふと、M子さんが、「毎月、我が家のガス使用量は30m3を越えてるんです・・・」とおっしゃったので、私たちはさっそくガスの節約術をFAXで送信してさしあげました。

さてさて、このようなことは珍しいことなのでしょうか?いえ、そうではありません。似たようなことは頻繁に起こっていることなのです。皆さんも格安料金での売り込みにはくれぐれもご注意ください。そうそう、こちらも是非読んでおいてください。



spacer


spacer
一戸建ての方集合住宅の方
ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer