0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00
プロパンガスから都市ガスへの変更より効果的な節約法は?

プロパンガスから都市ガスへの変更より効果的な節約法は?

プロパンガスから都市ガスに変更するには、ガス導管を敷地に引き込む工事費が約10~20万円、そのほかにガス器具購入と設置費用もかかります。そこで、都市ガスに変更するより効果的なガス代節約方法をご紹介します。

都市ガスへの切り替え工事費はいくら?

都市ガスへの切り替え工事費はいくら?

プロパンガス料金が高いことから、自宅近くに都市ガスの本管が通っていれば、都市ガスに変更してガス代を節約したいと考える方も多いでしょう。

プロパンガスから都市ガスへの切り替え工事費用は、自宅周辺の都市ガス本管の敷設状況によって大きく異なります。

ガス本管の敷設状況

都市ガス導管引き込み費用

都市ガスの供給には、公道に埋められた本管から、敷地内への導管引き込み工事が必要です。

東京ガスのデータによると、標準的な一戸建て住宅の配管工事費用の概算額は142,600円とありますが、あくまでガスの本管が家の敷地の前面道路まで通っている場合です。

※ガス工事の流れ|東京ガス「ガス工事の費用例」より



仮にガス本管が近くにあっても、自宅立地やガス本管との位置関係、建物の構造によっても費用は異なります。そのため、都市ガスの引き込みにかかる具体的な金額は見積もりを取るまで分からないのが本当のところです。

都市ガス用器具への変更・設置費用

プロパンガス(LPガス)と都市ガスは発熱量が違うため、今まで使っていたLPガス用の給湯器やガスコンロなどをそのまま都市ガスで使用すると、故障や一酸化炭素中毒などのリスクもあるのでたいへん危険です。

部品を交換するか、都市ガス用のガス器具に買い換える必要があります。

部品交換費用は、ガスコンロで1万円、給湯器で3万円程度かかることが多いようです。ただし、古いガス器具になると、メーカーが交換部品を取り扱っていないことがあります。

さらに古い給湯器は熱効率が良くないため、その場合にはエコジョーズなどの省エネ給湯器に交換するのもいいでしょう。

ちなみに24号エコジョーズの定価は30~35万円前後ですが、メーカーから安く購入することもできます。複数から見積もりを取って比較することをおすすめします。

プロパンガス途中解約に違約金がかかることも

知らない方が多いのですが、現在使用中のプロパンガス会社と無償貸与契約を結んでいると、途中解約時には違約金が発生します。

無償貸与契約は15年間で15万円ほどを支払うケースが一般的です。違約金がいくらになるかは、満了まで何年残っているかによって異なります。契約書を確認しましょう。

適正価格で使えばプロパンガスも都市ガス並み

適正価格で使えばプロパンガスも都市ガス並み

プロパンガス(LPガス)から都市ガスへの変更については、予想以上に費用が高いと驚いた方も多いのではないでしょうか。

プロパンガスから都市ガスに切り替えて毎月のガス代を安くすることができたとしても、そのために数十万円の費用を支払うのは割に合うのかと疑問に思う方もいるはずです。

そこで、都市ガスへの変更をせず、適正価格のLPガス販売店への切り替えでガス代を節約する方法をおすすめします。

プロパンガス適正価格の考え方

LPガスは都市ガスと同じエネルギーでありながら料金差は大きく、消費者にとって非常に不利な状況です。そこでプロパンガス料金消費者協会は、LPガスと都市ガスのカロリー(発熱量)差に着目し、適正水準を算出しました。

LPガスの発熱量が都市ガスの2.23倍あることから、都市ガス価格を約2.2倍しLPガスの「適正価格」としています。

※あくまで基準であり、地域特性や時世によって異なる場合があります。

ちなみに、エネ研・石油情報センターが公表するLPガス料金の平均値である平均価格(相場)は、実際に販売されているLPガスの販売価格の平均値ですから割高な価格になっています。

平均価格は適正価格より割高

適正価格のガス会社への変更でガス代が安くなる

適正価格のガス会社への変更でガス代が安くなる

都市ガス変更より「適正価格」でガス代節約

都市ガスへ変更せずプロパンガスのまま、平均価格と適正価格で利用した場合でのガス代の違いを見ていきましょう。

ここでは埼玉県を例に挙げて比較してみます。都市ガス料金とプロパンガス(LPガス)の平均価格との差は3,402円、LPガス料金は都市ガス料金の約1.9倍になっています。

ところが、LPガスを適正価格で利用したとすると、都市ガス料金との差は1,094円と約1.3倍に収まります。

プロパンガスを平均価格で利用するのと適正価格で利用するのとでは2,308円の差が出ることが分かります。プロパンガスの適正価格は、平均価格に比べて約33%も安くなるという驚きの結果です。

プロパンと都市ガス料金 変更前と変更後 注1.発熱量の違いから都市ガス料金を2.23倍してプロパンガス料金に換算
注2.プロパンガスの平均価格:エネ研・石油情報センター参照(2021年4月現在)
注3.都市ガス料金:東京ガス 2021年4月検針分の料金表B参照



埼玉県に限らず、適正価格のLPガス会社を使うことで大幅なガス料金節約が実現します。一般的にLPガス料金は割高ですが「適正価格」のガス販売店なら、都市ガスと遜色ないガス料金でプロパンガスを利用できます。

「適正価格」のガス会社乗り換え無料相談

通常、ガス料金の安いガス販売店を自力で見つけるには、お住まいの地域にあるガス販売店を複数探して料金比較をする必要があります。

しかも各店のホームページに公開されている料金表は割高設定になっていることが多いので、正しく判断することは簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが「プロパンガス料金消費者協会」のガス会社乗り換え無料相談サービスです。

高いといわれるLPガス料金が、都市ガス並みの適正価格になるので、高額費用をかけて都市ガスに切り替える必要がなくなります。

サービスは完全無料です。まずは、現在のガス料金を診断の上、フリーダイヤル、または下記ご相談フォームからお問合わせください。

一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス会社探しをお手伝い

プロパンガスから都市ガスへの変更より効果的な節約法は?まとめ

都市ガス導管引き込み費用は?

東京ガスのデータによると、標準的な一戸建て住宅の配管工事費用の概算額は142,600円とありますが、あくまでガスの本管が家の敷地の前面道路まで通っている場合です。都市ガスの引き込みにかかる具体的な金額は見積もりを取るまで分からないのが本当のところです。詳細はこちら

都市ガス用器具はそのまま使える?

プロパンガス(LPガス)と都市ガスは発熱量が違うため、LPガス用の給湯器やガスコンロなどをそのまま都市ガスで使用するとたいへん危険です。部品を交換するか、都市ガス用のガス器具に買い換える必要があります。詳細はこちら

プロパンガス途中解約には違約金はかかる?

現在使用中のプロパンガス会社と無償貸与契約を結んでいると、途中解約時には違約金が発生します。詳細はこちら

都市ガスへの変更費用が高いので別の節約方法はある?

都市ガスへの変更をせず、現在利用している適正価格のLPガス販売店への切り替えでガス代を節約する方法をおすすめします。詳細はこちら

(H)


一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス会社探しをお手伝い

プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/