fb
プロパンガスの料金は高い?:ガス料金相談センター

プロパンガスの料金は高い?

プロパンガス料金が高い理由の一つに「自由料金」が挙げられます。公共料金とは異なりプロパンガス会社ごとに料金は千差万別です。逆に言うと、会社選びは利用者の権利。優良ガス会社を選べば、都市ガス並みの適正価格でプロパンガスを使えます。

1.高いのは公共料金ではなく自由料金だから

プロパンガスは自由料金

一般的にプロパンガスは高い。都市ガスは安いといわれています。それはプロパンガスの場合には、現地までプロパンボンベを輸送する手間がかかることが考えられますが、高くなる最も大きな理由は、プロパンガスが公共料金ではなく自由料金の商品であるということです。

都市ガスや電気、水道などの公共料金は、国や自治体などへの届出・許可制になっているため、価格が大きく変動することがありませんが、プロパンガスは、料金に関する法的な規制が課せられていないため、ガス会社ごとに独自の計算方法に基づいて料金を設定することができます。

 

まず、輸入したプロパンガスは一連の流通経路を経て利用者の家庭にと届きますが、一般的に流通段階で発生する費用としては、輸送運賃、充填費用などがあります。これらの費用は、地域により大きな格差が生じているのが実態です。

また、プロパンガスはガソリンや灯油と同様に大半が海外の輸入に頼っています。価格は、産ガス国から通告される価格で輸入しなければならず、また為替レートによっても左右されるものです。このように輸入価格は毎月変動するため、多くのガス会社は原油の高騰を理由に値上げを行うのです。

都合のよいことに、検針票には従量単価の記載がないので、不適切なガス会社はこれをいいことに原油が上がっていない時期にも値上げをしてしまします。このことを知らない消費者は、料金表を見て「今月はちょっと使い過ぎたな」と思うだけ・・・。この手口を年に数回使えば、契約 時の倍近くの高い価格に値上げすることも容易にできるのです。


2.競争が少なく高いままになっている

プロパンガス料金が高い理由の一つに「価格競争がないこと」が挙げられます。業界は、長きにわたり高値安定料金の維持を優先してきました。これまでの慣習にとらわれないプロパンガス会社が増えれば、適正価格での安定供給が一般化されるでしょう。

ずっと価格競争なし

プロパンガスの業界では、40年以上の長きにわたり「同業者同士顧客の取り合いはやめよう」、「高い料金を維持しよう」といったように、競争が制限された閉鎖的で売り手本位の古い体質で固められていました。

1997年4月には、プロパンガス供給についての法律「液石法」が改定され、ガス会社は販売価格やサービスを利用者にわかりやすく開示し、価格の透明性を確保するよう旧通産省より指導が入ったものの、残念なことに業界にはまったく浸透しませんでした。

 

ここ10数年で、ようやく関東地方を中心に業者間での競争が行われるようになり、ガス会社の変更も始まってきました。しかし、まだまだ正常な競争とはいえない状態です。

このような状況の中、今度は新たな問題が発生しています。それは、「単価250円で供給できます。ガス会社を変更しませんか?」と"格安料金"を餌に利用者を勧誘するガス会社のブローカーが出没していることです。

そもそもガス会社としては、一戸建てに供給する単価が250円ぐらいでは利益が出せませんから、これは、契約後に徐々に不当な値上げを繰り返すことを前提にしたセールス手法です。

切替えるために勧誘に回っている人の多くは正社員ではなく、名刺や制服をガス会社から支給され勧誘をする専門のセールスマンで、歩合で報酬を受け 取っています。雇っている側のガス会社は、支払いを考えると契約後になるべく早く値上げをはじめて採算を合わせたいと考えるわけです。今後も、こういった 格安セールスにまつわる問題が増えてくるかもしれません。

ちなみに、セールスマンは契約することが目的で営業しますので、その後のガス料金や消費者については一切関心を持っていません。契約後のクレーム対応は全て社員にバトンタッチされるのです。


3.ガス会社を自由に選定できることが知られていない

プロパンガス料金が高い理由の一つとして「利用者が正しい情報をもっていないこと」が挙げられます。優良ガス会社の見極めも難しく、大半の利用者がプロパンガス会社の言いなりです。しっかり適正価格を把握し、無駄なくガス料金を払いたいものです。

ガス会社は変更できる

利用者の多くは、プロパンガスを公共料金だと思っているでしょうから、ガス会社を変更できるなど想像もしていないと思いますが、実はガス会社は利用者自身の責任で選択することができるのです。

ここ数年でようやく関東エリアを中心に、東北、甲信、東海エリア(一部を除く)で徐々にガス会社の変更が行われるようになってきていますが、一般的に周知されているレベルにはなっていないのが現状です。

ただし、一般の消費者が優良ガス会社を探すのは大変難しいでしょう。簡単な見分け方があるわけでもなく、優良ガス会社だと思って契約しても、不透明な値上げが繰り返されることが多々あります。特に、訪問・電話セールスは"格安価格"を餌にした不当な手口で、契約後に値上げをされてしまいますから十分 注意が必要です。

重要なのは「プロパンガスを適正価格で利用する」ことです。そうすることで、プロパンガスは都市ガスと比較しても決して高くないエネルギーとなるわけです。

当協会は不透明な値上げをしない優良ガス会社をご紹介することができます。会員のガス会社には「原油の高騰や為替レートに大幅な変動がない限り値上げをしない」ことを誓約いただいていますので、安心してご利用いただくことが可能です。是非、お問い合わせください。

「知らないうちにガス料金が上がっていた!」という経験をされた方は少なくないでしょう。この手のご相談は毎日のように当協会に寄せられます。

どう考えても通知なしで値上げは非常識で不適切な対応です。当然、法律面から見ても違法です。このような通知なしでの値上げに関しては、消費者から訴訟を起こされるケースもあるようですが、優良なガス会社であれば、値上げ・値下げする前には「料金値上げのお知らせ」などの事前通知が当然行われます。




コラム記事

人気記事ランキング人気記事ランキング



spacer


spacer
一戸建ての方集合住宅の方
ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 引越し達人
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer