fb
京都府プロパンガス料金の適正と相場:ガス料金相談センター

京都府プロパンガス料金の適正と相場

京都府のプロパンガス利用者の方へ。プロパンガス料金が京都府の適正価格よりも高い場合は、当協会の優良ガス会社をご紹介します。年間相談実績数約1万件は国内最大級!料金相談・手数料一切無料|プロパンガス料金消費者協会

※価格は税抜き表示です。
<平均価格(相場)>
京都府 基本料金=1,707円 従量単価=538
※出典:「石油情報センター」京都府平均価格(2018年4月現在)

<協会価格(適正)>※一戸建ての場合
京都府 基本料金=1,700円~ 従量単価=380円~

京都府のプロパンガス料金の比較表はこちら

京都府のプロパンガス料金の比較表

平均価格と協会価格の比較 10m3使用時合計額 20m3使用時合計額
京都府〈平均価格〉 7,087円 12,467円
京都府〈協会価格〉 5,500円 9,300円
月間削減額 1,587円 3,167円
年間削減額 19,044円 38,004円

集合住宅の方 一戸建ての方

京都府内各市区町村の「変更事例」


京都府の「平均価格(相場)」のからくり

平均価格のからくり

京都府のプロパンガス事情(一戸建ての場合)

2014年12月

京都府では22万世帯強でプロパンガスが使用されています。これは京都府全世帯数の20%程度にあたります。都道府県別で見ても京都府のプロパンガス使用世帯比率は低く、大阪府東京都に次いで3番目です。ただし、人口が多いため世帯数としては他県並みです。

都市ガスと比較されがちなプロパンガスですが、そもそも組成の違うエネルギーですから両者の比較自体にあまり意味はありません。それでも「プロパンガスは都市ガスに比べて高い」というイメージがあるため、プロパン利用者からすると料金の比較が気になるようです。

都市ガスは1立方メートルあたりの単価がプロパンガスの平均単価より安いというのは事実です。ただし、誤解されやすいのですが、単価だけを比べても実際の差額はわかりません。なぜなら、カロリーが違うからです。一般にプロパンガスは都市ガスよりも約2倍のカロリーがあると言われます。当協会ではこの数値を2.18倍としています。ですから、プロパンガスと都市ガスの料金比較には数値を換算することが必要になります。

さらに問題は、プロパンガスの場合、会社が違えばもちろん、同じ会社でも料金体系が違うことが珍しくないことです。これはプロパンガスが自由料金制であるためで、現実問題として正確な平均価格というものは誰も知り得ません。一応の参考になるのは石油情報センターが発表している数値ですが、データの元が各ガス会社の自己申告であるため、客観性に若干疑問が残ります。

とは言え、石油情報センター発表のデータが唯一平均料金の目安となるのも事実ですので、これをもとに京都府で一番供給世帯数の多い都市ガス会社の料金と、平均的なプロパンガス料金の比較をしてみます。


■京都府の都市ガス料金......7,849円(税抜)
■京都府の平均的なプロパンガス料金......12,627円(税抜)
■月間差額......................................................4,778
■年間差額......................................................43,002
※都市ガス43.6m3、プロパンガス20m3使用時の料金


数字を並べて比較すると、やはりプロパンガスは高いという結論になります。ただし、その差額はプロパンガス会社によって変わってきます。上記は平均的なプロパンガス料金で比較しましたが、同じプロパンガスでも適正価格に基づく料金であれば都市ガスとの差はかなり縮まります。


■京都府の適正なプロパンガス料金......9,500円(税抜)
■都市ガスとの差額......1,651円(税抜)
※2014年12月のデータ
※適正価格は地域によって若干異なります


上は適正料金のプロパンガスと都市ガス料金の比較ですが、プロパンガス同士で比べた場合、適正料金は平均的な料金よりも3,127円安くなります。

各都道府県の「変更事例」



一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

ページの先頭へ戻る