fb
鹿児島県プロパンガス料金の適正と相場:ガス料金相談センター

鹿児島県プロパンガス料金の適正と相場

鹿児島県のプロパンガス利用者の方へ。プロパンガス料金は徐々に値上がりするのをご存知ですか?鹿児島県の適正価格より高い場合、プロパンガス料金の値下げ対策をご提案。相談料・手数料等一切無料|プロパンガス料金消費者協会

※価格は税抜き表示です。
鹿児島県
平均価格(相場)

基本料金1,519

従量単価564円/㎥

※出典:「石油情報センター」鹿児島県平均価格(2018年8月現在)
鹿児島県
協会紹介価格(適正)

基本料金1,500

従量単価380円/㎥〜

削減額(差額)

基本料金-19

従量単価-184円/㎥

月間、年間だとこんなにお得(プロパンガス料金消費者協会で実施)

鹿児島県のプロパンガス料金の比較表

平均価格と協会価格の比較 10㎥使用時合計額 20㎥使用時合計額
鹿児島県
平均価格

7,159

12,799

鹿児島県
協会紹介価格

5,300

9,100

月間削減額(差額)

1,859

3,699

年間削減額(差額)

22,308

44,388

今すぐクリック!料金自動診断

集合住宅の方 一戸建ての方

鹿児島県内各市区町村の「変更事例」


鹿児島県の「平均価格(相場)」のからくり

「平均価格」というと、競争によって磨かれた標準価格をイメージすると思いますが、それは誤解です。プロパンガスの平均価格は、長い歴史の中で談合によって生まれた、業界にとって都合の良い割高価格のことです。ガス会社の「平均価格ですよ」に安心してはいけません。

当協会が「適正価格」の優良ガス会社をご紹介します

当協会がご紹介するのは、「適正価格」で安定供給する優良ガス会社です。適正価格とは、公共料金である都市ガスの料金を基に当協会が独自に定めた価格です。当協会の会員ガス会社の協力で、都道府県別に都市ガスに遜色のない価格を設定することが実現しました。

当協会がご紹介するガス会社なら不透明な値上げはありません

一般的に、プロパンガスは契約後に徐々に値上げされることが多いです。しかし、当協会がご紹介するガス会社ではそのようなことが起こりません。このことは「ガス料金見守り保証」に明記されており、協会経由の利用者は不透明な値上げの不安から解放されます。


プロパンガスに関するご相談事例(一戸建ての場合)

変更前

ガス会社変更日:2017年5月
【ご相談者】

鹿児島県鹿児島市に住むOEさん(主婦)

【当協会に相談した理由】

福岡市内に住む息子から協会のことを教えてもらったので連絡しました。

【相談内容】

「18年前に鹿児島市内の分譲地の建売を購入して住んでいますが、最近家族が少なくなったにも関わらず、ガス代が高いような気がして息子に相談したところ、協会のホームページを教えてくれました。

早速拝見して、プロパンガスが会社やエリアによって料金設定がばらばらであることを知りました。家を購入したときはすでにガス会社が決まっていたので、

何の疑問も感じずに使い始めましたが、気になり始めて過去の引き落とし額を見てみると、他の光熱費に比べてかなり高額になっていたことに気が付きました。ただ、今と違って子供たちがいたので使用料がただ多かったため、あまり気にせず諦めていたのだと思います。

しかし、子供たちが独立して夫婦二人の生活になり、間もなく年金暮らしになるため一度家計を見直している中で気になり始めました。

ホームページでは優良なガス会社を紹介していただけるとのことですが、本当にこの鹿児島でも見つかるでしょうか」

【従来のガス会社】

鹿児島市内で営業するガス販売会社

【従来料金】

使用量:18.5m3、請求額:12,545円(税抜)
基本料金:2,000円(税抜)、従量単価:570円(税抜)

変更後

【概 要】

鹿児島市は、九州地方では、福岡市、北九州市、熊本市についで世帯数の多い都市になっています。しかし、都市ガスの普及率は全国平均を下回っており、プロパンガス利用率がまだまだ高いエリアです。

18年前に建売を購入したOEさんですが、一般的に建売の場合はほとんどガス会社が決まっています。しかし、ガス配管にかかる工事費用が物件の販売価格に含まれていれば、法的にはいつでも自由にガス会社を変更できますが、もしその費用が含まれていない場合、ガス会社との最初の供給契約時に別途15年程度の「無償貸与契約」を結ぶことになります。

本来はそのことを売買契約時に販売会社は購入者に事前に説明する必要があるのですが、なかなか徹底されていないため、途中でガス会社を変更しようとした時に、簡単にはできないことを初めて消費者の方が知るということも多いようです。

しかし、今回は18年経過ということでその契約は存在したものの、すでに契約期間が終了しているため、何の問題もなくガス会社を変更できるわけです。

もちろんどの家もこのような契約があるわけではないので、購入当時の契約書を確認するか、協会にご相談いただければ確認方法をご案内できると思います。

ただ、鹿児島県に限らず九州地方や北海道、中国地方等では、自由料金であるはずのプロパンガスの自由競争が遅々として進んでいません。それは関東地方などと異なり、いまだにガス会社同士の横のつながりが強く、他社の顧客を奪うことを積極的に行ってこなかったからのようです。

ようやく、経産省などもこの業界の状況に対して動き出す中、ガス会社の世代交代等も相まって、プロパンガス料金の不透明さを打開すべく、ガス会社変更希望者に対応するガス会社も、少しずつ増えている状況です。

調べると、OEさんのプロパンガス料金は年々値上がってほとんど下がらなかったようです。ここに1,2年はそれ以前に比べて原油の輸入価格も最高値の半分以下になっているにも関わらず、長い付き合いである顧客に高い料金を請求していたことになります。

【対応策】

協会が考える鹿児島県の「適正価格」は1立方メートル当たり380円から400円程度です。鹿児島市内のOEさん宅に配送ルートを持つ協会の会員ガス会社を選定してご紹介しました。

【成 果】

1立方メートルあたり200円近く下がりましたので月間請求額は大きく下がりました。ガス会社変更に関しては一切費用はかかりませんでしたのでさらに喜んでいただきました。 OEさんは節約できた金額で給湯器のリニューアルを検討するとのことでした。

【新規のガス会社】

鹿児島県内に配送ルートを持つプロパンガス会社

【新規の料金】

基本料金:1,500円(税抜) 従量単価:380円(税抜)

【変更後の差額】

月間=約4,015円(従来の請求額12,545円→変更後の請求額8,530円)
年間=約48,000

各都道府県の「変更事例」



一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

ページの先頭へ戻る