• 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

0120-268-967

プロパンガスの使用量が少ないのに高い理由は〇〇!

プロパンガスの使用量が少ないのに高い理由は〇〇!

プロパンガスの使用量が多いからガス代が高いのかな?と気になっているのはあなただけではありません。自分の家のガス使用量が平均と比較して、少ないのにガス代が高い!という方はぜひこちらの解決策をおすすめします!

30

無料

無料

プロパンガスの平均使用量はどれくらい?

プロパンガス代が毎月高い理由は、他の家庭と比較して使用量が多いから?と思っている方に、目安として様々な観点からプロパンガスの平均使用量をご紹介していきますので、参考にしてください。

世帯の人数別プロパンガス平均使用量

家族の人数が多ければそれだけ使用量は増えます。1人暮らしや2人暮らし、3人暮らしなど、世帯人数によってガスの使用量はどれくらい違うのか、平均使用量を見てみましょう。

世帯人数 プロパンガス月平均使用量
1人暮らし・2人暮らし 6.5m3/世帯
3人暮らし 8.9m3/世帯
4人暮らし 11.3m3/世帯
5人暮らし 11.7m3/世帯
6人暮らし 12.0m3/世帯
7人暮らし以上 11.8m3/世帯

※エネ研・石油情報センター「プロパンガス消費実態調査」結果より

これを見て、4人を超えるとそれほど大きな違いは出てこないという印象です。

特に6人から7人に増えると逆に少なくなるというのも不思議ですね。おそらく、大家族になると皆が節約意識をもって生活できるからではないでしょうか。

季節別プロパンガス平均使用量

冬は使用量が上がるのはわかっているものの、どれくらい違うのか知りたいという方も多いので、関東地方の平均使用量を調べました。

関東地方の夏場の平均使用量は9.6m3、金額にすると6,913円。冬場の平均使用量は13.2m3、金額にすると8,853円 ですから、冬の方が約2,000円分高くなります。

ただし、冬のプロパンガス使用量が多くなるというのは、全国大体どこも同じですから、この数値を使って他のご家庭と比較するのは難しいかもしれません。

地域別プロパンガス平均使用量

北海道など寒冷地は冬の気温が低いので、プロパンガスの使用量も増えると考えるのではないでしょうか。

ところが、北海道のガスの使用量は、夏でも冬でも平均はおおよそ4m3と、関東の使用量と比較しても大変少ないことがわかりました。

こうした寒冷地のプロパンガスの使用量は、冬が逆に少ないのです。なぜかと言うと、寒冷地では暖房に灯油を使うのが一般的だからです。

このように、様々な観点から見た平均使用量と比べてみましたが、自宅の使用量はそれほど多くないのに、ガス代が高いのはなぜ?という方はぜひこの先をお読みください。

プロパンガスの使用量が少ないのにガス代が高いのはなぜ?

使用量で見た場合、他のご家庭と比べてそんなに多くないという方は、一度プロパンガスの請求書を確認してみることをおすすめします。そこにヒントが隠されているはず。

ガスの使用量を減らしても請求額は減らない!

ガス代が高いというご家庭であれば、おそらくガスの使用量を減らそうと日々努力されているのではないでしょうか。

それでも毎月請求が来るたびに、「高い」ことに変わりはなく、せっかくの努力が実を結ばないむなしさを覚えていることでしょう。

実は、使用量を節約しても思ったほど下がらないという声は、ガス代が高いほとんどのご家庭で聞かれます。

というのも、1m3ごとに決められているプロパンガスの単価が高ければ、使用量に気を付けても請求額をそれほど多くは減らせないのです。

プロパンガス代を下げるには料金の見直しが一番!

日々の使用量を抑えてもプロパンガス代が下がらない時は、ガスの単価を低くするのが一番です。

プロパンガスの単価って下げられるの?と驚く方もいますが、可能です。

一度現在契約しているガス会社の請求書を確認し、その金額を元に、以下の料金診断をお試しください。

ご自宅の地域でどれくらいプロパンガス代を下げることができるのかチェックしてみましょう!

30

無料

無料

プロパンガス料金の見直しには会社変更がおすすめ

それではいよいよガス単価の値下げ方法です。

もちろん今契約しているガス会社に交渉して値下げしてもらうということもできますが、その方法でうまくいったケースをあまり見たことがありません。

一度値下げに応じてくれた場合でも、1年後には、再び元の値段もしくは、それよりも上がってしまっていることがほとんどです。

最もおすすめの方法は、ガス会社の変更です。

適正価格でガスを供給する会社に変更すれば、毎月のガス代が30%安くなることも!

こちらの適正価格表も参考にしてください。

<参考ページ>:適正料金早見表 2022(一戸建)

プロパンガス会社の変更の流れ

それならば、さっそくガス会社を変更したいけれど、どうしたらよいかわからないという方は、こちらをご覧ください。

<参考ページ>:プロパンガス会社変更の流れ

新しいガス会社さえ見つけることができれば、あとはすんなりと変更ができるため、それほど難しくありません。

プロパンガス会社の変更なら協会へ相談!

ガス会社変更の流れは簡単なのですが、自分で新しいガス会社を探すのは大変かもしれません。

というのも、まず自宅の近辺で複数のガス会社に問い合わせをしなければなりません。問い合わせてもガスの単価を教えてくれないガス会社がほとんどです。

また、ガス会社を探す際に安さだけを目的にしてしまうと、最初は安くても後から値上げということがとても多いです。

<参考ページ>:プロパンガス料金格安のからくりとは?

協会が紹介するのは優良ガス会社のみ

その点、プロパンガス料金消費者協会は、適正価格でガスを供給してくれる優良な会社のみが会員になれる仕組みなので、相談すればすぐに最適な会社を紹介してくれます。

<参考ページ>:優良ガス会社の無料紹介

永久保証でずっと安心

また、協会が紹介するガス会社と契約すると、ガス料金見守り保証が付いてきます。これは、これから先、永久的に不当な値上げを行わないという保証です。

万が一不当と思われる値上げがあった場合でも、協会が間に入ってしっかり対応してくれるので安心。

<参考ページ>:ガス料金見守り保証

協会の実績は消費者のお墨付き!

そうは言っても初めて利用する場合には、本当に相談して大丈夫なのかな?何か費用を請求されるんじゃないかな?と心配な方もいるでしょう。

協会は、2009年の発足以来地道な活動をつづけ、消費者の信頼を勝ち取ってきました。Googleの口コミでも高い評価を得ています。



協会の運営は、会員ガス会社から毎月一定額の会費をいただいて運営しています。相談する消費者が今後、協会へ何かの費用を支払うことはありません。

使用量が少ないはずなのに、プロパンガス代が高いという方は、ぜひ一度相談をおすすめします。

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付
  1. 今のガス料金が高いか知りたい
  2. 信用できるガス会社を紹介してほしい
  3. 新築のガス会社選びがわからない
例えばこんなご相談 ▼
よくある質問
A.{{ item.num }}

プロパンガスの使用量が少ないのに高い理由は〇〇!まとめ

プロパンガスの平均使用量はどれくらい?

世帯別に見ると、1人暮らし~2人暮らしなら月に6.5m3、3人暮らしなら8.9m3となっています。季節で見ると冬の方が多くなりますが、寒い地域では暖房に灯油を使うところが多いため、プロパンガス使用量は逆に少ないです。詳細はこちら

プロパンガスの使用量が少ないのに、ガス代が高いのはなぜ?

ガスの単価はガス会社が好きなように決められるため、地域に関係ありません。ガス単価が高い会社を利用していれば、おのずとガス代が高くなってしまいます。詳細はこちら

プロパンガス料金を見直すにはどうしたらいいの?

適正価格でガスを提供する優良な会社に変更することで、ガス代を節約できる可能性が高いです。詳細はこちら

適正価格でガスを提供する優良会社はどうやって見つけたらいいの?

プロパンガス料金消費者協会に無料相談してみましょう!不当な値上げを防止する見守り保証も付いているので、契約後も安心です。詳細はこちら

(K→t)

この記事の執筆者

パソコン教室講師/WEBライター

Tanaka

3人の子を持ち、日頃から節約意識も高いことから、ガス代がお得になる仕組みにどっぷりとはまっています。多くの人に役立つ記事を心がけています。

 


30

無料

無料

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付
  1. 今のガス料金が高いか知りたい
  2. 信用できるガス会社を紹介してほしい
  3. 新築のガス会社選びがわからない
例えばこんなご相談 ▼

プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/