プロパンガス代は約30%節約できる! :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 節約

プロパンガス代は約30%節約できる!

         
高いプロパンガス(LPガス)代を平均で約30%節約する方法がありますが、ご存知でしょうか?都市ガスと比べ2倍も高いプロパンガス代を簡単に節約できる方法をご紹介。知らない方必見!確実に節約できる方法を今すぐ実践しましょう。
        

プロパンガス代は約30%節約できる!

LPガス代節約で平均約30%も下がる!

平均で約30%ガス代を下げる方法とは?

ガス代を節約する方法は、大きく分けて2つあります。

  1. 節約法① ガスの使い方を工夫する。
  2. 節約法② ガス会社を変更する。

どちらも、高いプロパンガス代を安くできる方法ですが、より効果的なのは2番目の「ガス会社を変更する」ことです。

プロパンガスの節約はいつもやっているけど、ガス代は少しも安くならないという方は、契約しているガス会社に問題があります。このような方は、節約生活を続けるより思い切ってガス会社を変更してしまった方が、手っ取り早くガス代を節約できます。

実際、適正価格のガス会社に変更したことで、月々のガス代を平均約30%も節約することに成功した方はたくさんいます。

ガス会社を変更してみたいと思われた方は、この記事の後半の「ガス会社を変更してガス代を節約する方法」から読み進めてください。

けれど、現在契約しているプロパンガス会社をわざわざ解約して、別のプロパンガス会社に変更するのはちょっと・・・・という方は、当協会がおすすめするとっておきのガス代節約術を紹介します。

 
 

風呂のプロパンガス節約術

家庭でガスをいちばん多く使う場所は、なんといってもお風呂です。

効率的にガス代を節約したいなら、まずはガスの消費量が一番多い、給湯器を使ってお湯を沸かすお風呂の使い方から工夫すべきです。

LPガス代節約の技1.お風呂に入れるお湯の量を減らす

LPガス代節約の技1.お風呂に入れるお湯の量を減らす

お風呂のバスタブにお湯を張る行為は、ガスの使用量を増大させます。バスタブに毎日お湯をためて入っている家庭では、シャワーで済ませる家庭よりも多くガスを使うことになります。

このお風呂にかかるガス料金を減らすには、浴槽にためるお湯の量を少なくすることです。 お湯の量を減らすことで水道代の節約にもなるので一石二鳥と考えましょう。

お湯に浸かるとリラックスできるメリットもありますが、必要以上に大量のお湯をお風呂に張るのは無駄です。お湯を少なくしても、工夫すれば肩までしっかり入って温まることは可能なので、適正量を見直してみましょう。


LPガス代節約の技2.お風呂の追い炊きをしない

LPガス代節約の技2.お風呂の追い炊きをしない

なるべくお風呂の追い炊きをしないようにしましょう。
追い焚きの回数を少しでも減らすことは、ガス代節約のためのテクニックです。

お湯をたくさん張ると、一定温度を維持するために追い炊き回数が増えてしまいます。バスタブに毎日お湯を張りたいという人は、追い炊きをしないようにするだけでも大幅な節約が見込めます。

できるだけガスを使わないようにするには、お湯を張ったらすぐに入浴することがポイントです。特に自動追い炊き機能がついている場合は、風呂の蓋を閉めるなどしてお湯の温度を下がりにくくすることも大事です。

家族の入浴時間を合わせて、お湯が温かいうちに続けて入るようにするなど、できるだけ追い炊きをしないで済む工夫をしましょう。

また、自動追い炊きモードにするなら、お湯の設定温度を高くしすぎないことも大事です。設定温度が高いと、お湯がさほど冷めていないのに追い炊きを繰り返してしまいます。

特に、冬場などお湯の温度が下がりやすい季節では、頻繁に追い炊きをすることになってしまうので注意しましょう。適温に設定しておくことが大事です。


LPガス代節約の技3.風呂の設定温度を下げて給湯器の負担を減らす

LPガス代節約の技3.風呂の設定温度を下げて給湯器の負担を減らす

お風呂の設定温度を低く設定することも、ガスの消費量を削減できます。

ふだん何気なく入っているお風呂ですが、その設定温度を見直すことで、ガス代節約につながることもあります。

一般的に適温だと言われるお風呂の温度は、42度程度とされています。これを、38度~40度くらいに下げれば、それだけ給湯器の負担が減り、ガス代の節約になります。

高齢者のいる世帯は、風呂の温度が高めになりがちです。けれども、高温の入浴は健康面の観点からもあまりおすすめできません。

熱いお風呂に入ると、汗がたくさん出るので身体が温まったような錯覚を起こしますが、実は体内はそれほど温まってはいません。それどころか、血圧が急激に上昇し、ヒートショックの原因にもなりかねません。

38度~40度くらいの低めの風呂の温度なら、血圧もゆるやかに低下し、内臓も活発になって筋肉もゆるみ、全身リラックス状態になって一日の疲れが一気にほぐれます。

寒い冬に温度を下げて入るのが難しいなら、夏だけでも風呂の温度を下げることで、給湯器の負担を減らすこともできます。ガス代節約のためというより、健康増進のために無理なくできる節約法としておすすめします。


LPガス代節約の技4.シャワーの節約方法

LPガス代節約の技4.シャワーの節約方法

温水シャワーの使いすぎにも注意が必要です。

シャワーを使う時にも給湯器でお湯を作ることになるので、出しっぱなしにせず、こまめに止めるよう心がけることが大切です。

お風呂はシャワーだけで済ませているという人も、長時間使用すれば、やはりプロパンガスの使用量はかさみます。

特に一人暮らしの若者や年頃の女性などは、朝に髪を洗う習慣が定着しています。夜は浴槽にためたお湯にじっくり浸かり、朝も身だしなみのためにシャワーで洗髪するというような生活スタイルだと、とてもガス代節約にはつながりません。

シャワーを使う時間を短くするか、思い切って朝のシャワー習慣を止めることもプロパンガスの節約のためには必要な決断です。


LPガス代節約の技5.シャワーヘッドを変えてみる

LPガス代節約の技5.シャワーヘッドを変えてみる

シャワーヘッドを交換することで、節水することができます。

どうしてもシャワーの使用量を減らせないという方は、節水機能のあるシャワーヘッドを使うという節約法もあります。

最近では、節水だけでなく、水道水の塩素を除去するものや、節水しながら水圧アップもできるさまざまなシャワーヘッドが売られています。

このような多機能なシャワーヘッドなら、プロパンガスの節約だけでなく、水道水の節約も同時にできるので、節約アイテムとしてはとても有効です。


キッチンのプロパンガス節約術

次によくガスを使う場所としてあげられるのが、キッチンです。

ガスコンロでの調理や下ごしらえなどを工夫することで、ガスの消費量はまだまだ抑えられます。

LPガス代節約の技1.鍋底の大きい鍋を使う

LPガス代節約の技1.鍋底の大きい鍋を使う

大きすぎる鍋が不経済な理由は2つあります。

  1. 理由① 大きな鍋に合わせて火力を大きくするから
  2. 理由② 火が回るまで時間がかかるから

大きい鍋で調理をすると、ついつい火力を大きくしてしまいがちです。また大きな鍋は容量が大きい分、長時間火を使うことになるので、ガスの使用量も自然と増えてしまいます。

そこで、小さな火力でも調理ができるような鍋を使ったり、短時間で調理できるよう工夫することが大切になります。

小さな火力でも済むようにするためには、底の大きい鍋を使う方法もあります。鍋底が大きいと熱効率が良くなり、無駄なく熱を使うことができます。

また、鍋底の大きさに合わせた火力にすることも大事なポイントです。 鍋底からはみ出した炎は無駄になるので、必ず鍋底に収まる程度の火力にしましょう。

また、火力は強火にせず、中火を心がけるだけでもガス代節約につながります。 熱効率に優れた鍋やフライパンを使うのも効果的です。熱効率が良いと小さな火力でも美味しく調理ができ、かつ節約効果も見込めます。

鍋を火にかける際には、水滴を拭き取ってから火にかけることも大切です。水滴がついていると、蒸発させるために余分な火力を使うことになるからです。

LPガス代節約の技2.ガスコンロの使用時間を減らす

LPガス代節約の技2.ガスコンロの使用時間を減らす

ガスコンロを使う時間そのものを短くするというのもポイントです。

たとえば、煮込み料理などで長時間鍋を火にかけていると、それだけガス代はかさみます。

調理時間を短縮する方法としては、圧力鍋や保温調理器を使う方法もあります。

保温調理器は高い保温性を誇る鍋なので、短時間火にかけるだけで、火から下ろした後も一定温度を長時間保ち続けます。余熱で調理することができれば、ガス代節約にはとても有効です。

ガスの使用時間を抑えたいなら、電子レンジや炊飯器、電気ケトルのような調理家電を使うことも効果的です。電気代はかかりますが、ガス料金が高い場合には、電気のほうが安く済む場合もあります。

また、電子レンジを使えば、ガスコンロよりも時間短縮できます。便利な製品を上手に利用して、賢くガス代を節約しましょう。

家電の中でも特に炊飯器は、電子レンジ以上に優秀です。

炊飯器はご飯を炊くのに1回あたり数円しかかかりません。しかもご飯だけでなく、おかずを調理したり、パンを焼いたりすることもできるので、電子レンジと同じくらい活用範囲が広いのが特長です。

このように電子レンジや炊飯器など、便利な家電アイテムを使ってレシピを工夫すれば、ガス代を節約しつつ美味しい料理が作れるでしょう。

 
 

LPガス代節約の技3.ガスのバーナー部分を掃除する

LPガス代節約の技3.ガスのバーナー部分を掃除する

ガスバーナーの汚れや詰まりも、プロパンガス浪費の原因になります。

プロパンガスの節約方法としては小さな節約術ですが、これもガス代が上がる原因の1つです。

バーナー部分が詰まっていると熱効率が悪くなって、無駄にガス代がかかります。安全面でも問題があるので、バーナー部分は常にきれいに掃除をしておくようにしましょう。

掃除方法は、バーナーの炎が出る穴の部分に詰まっている汚れを、竹串を使って取り除きます。ガスコンロの使用頻度が高い家庭や、いため物や揚げ物など、油を使う料理をよくする家庭は詰まりやすい傾向があります。

定期的にチェックして、掃除するよう心がけましょう。


LPガス代節約の技4.食材や水は常温に

LPガス代節約の技4.食材や水は常温に

食材を常温にしておくことも、ガスコンロの使用時間を短くする大事な節約術です。

たとえば、お湯を沸かすときに、常温の水道水を沸かすのと、冷蔵庫に入っていたペットボトルの水を沸かすのとでは、お湯が沸騰するまでの時間が大きく異なります。

冷たいものを調理するほうが時間がかかり、ガス代がかさんでしまうので、食材や水などはできるだけ常温に戻してから使うようにすれば、ガス代節約の助けになります。

特に、凍ったままの食材を使うと、温めるのに時間がかかるので余計なガスを使ってしまいます。

冷凍した食材は、あらかじめ解凍してから使いましょう。 時間があるときは、冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍し、時間がない場合は、電子レンジの解凍機能などを使います。

調理に使う水は、冷蔵庫で保存した冷水ではなく常温の水を使いましょう。冷やしていないものを使うことで家事を効率化できます。


LPガス代節約の技5.調理法を工夫する

調理法によってもガスの消費量を抑えることはできます。

ガス代節約のためには、手早く調理できるような料理を選ぶことも重要です。

一般的な調理方法としては焼く、いためる、蒸す、煮る、ゆでる、揚げるといった方法があり、それぞれ調理時間が異なります。

基本的には、煮るよりも蒸したり、いためたり、焼いたりといった調理法のほうが、使う水の量が少ないので調理時間が短くて済み、ガスの消費量も少ないという傾向があります。

プロパンガスの節約方法としては、こうした調理時間が短い調理法で作ることができる料理のレパートリーを増やすよう心がけましょう。

煮たりゆでたりするときには、できるだけ調理時間が短くなるように、きちんと鍋に蓋または落とし蓋をするようにします。蓋をすることで、鍋から熱が逃げにくくなり、調理効率が上がるからです。

煮物や揚げ物はガスコンロの使用時間が長くなりがちなので、できるだけ控えたほうがよいですが、作る場合はひと工夫しましょう。

たとえば、揚げ物をするなら、時間短縮できる方法を考えることが大事です。具材は火が通りやすい大きさにカットしたり、あらかじめ火を通しておいて衣にサッと火を通すだけで済むようにしておけば、短時間で揚げ物が作れます。


LPガス代節約の技6.同時調理や保温調理を活用する

LPガス代節約の技6.同時調理や保温調理を活用する

日頃からスピーディーな調理法や手順の工夫をしておきましょう。

ガスコンロを使う時間をなるべく短くするためには、作り方や手順に気を配ることも大切です。

たとえば、複数の食材を一つの鍋で同時に調理したり、余熱を使って保温調理をしたりすると、ガスの使用時間を減らすことにつながります。同時調理をするためには、調理の段取りや順番も大事です。

肉と野菜を調理するなら、まずはアクの少ない野菜からゆでて、その後に肉をゆでれば、同じ鍋のお湯で一気に完了することができます。そのお湯でスープなども作ってしまえば、あっという間に一品追加できます。

ガス代節約には、作りおき調理やまとめ調理もおすすめです。毎日こまめに調理するよりも、一度にまとまった量を作ったほうが、調理の回数が減ってガス代が安く済むからです。まとめて作れば熱効率もよく、美味しく仕上がるのもメリットです。

具体的には、前日の夜のうちに翌朝のごはんのおかずも一緒に調理してしまえば、朝はガスを使わずに済ませることができます。

週末に副菜などの小さなおかずをまとめて作り置きしておき、平日はメインディッシュを調理するだけにしておくのもよいプロパンガスの節約術です。ガスコンロを使う時間だけでなく、調理にかける時間そのものも短縮できます。

料理に使う野菜を、ガスコンロではなく電子レンジであらかじめ下ゆでしておくのもよいでしょう。電子レンジの活用はガス代節約ができるだけでなく、鍋を使わないので洗い物も少なくて済みます。


LPガス代節約の技7.便利グッズを使う節約法

LPガス代節約の技7.便利グッズを使う節約法

市販されている便利グッズをフル活用して、ガスを効率的に使いましょう。

たとえばお風呂の追い焚きを減らしたい場合には、お湯の温度が下がらないようにする保温シートなどが使えます。

風呂上がりにシートをのせてから風呂蓋をするだけで、お湯の温度が下がりにくくなるので、無駄な追い焚きが防げます。お湯の中に入れて使う保温器や、追い焚きに似た機能を持つ電気製品なども使えるでしょう。

キッチンのガス代を減らすには、手持ちの鍋に被せるだけで簡単に保温調理ができる鍋帽子という便利グッズを使うのもよい方法です。

冬場は水が冷たいので、油汚れなどをきれいに落とすために食器をお湯で洗うことがあります。しかし、このような場合は給湯器を使うことになるので、お風呂を沸かすのと同じく、ガス代がかさんでしまうので特に冬は注意が必要です。

ガス代節約のためには、冬でも洗い物はできるだけ水で済ませるようにしましょう。

どうしても水の冷たさが気になるときは、冬だけでもゴム手袋をはめるなどして対処することもできます。

汚れが落ちにくい場合は、洗いおけにつけおくなどして、汚れが落ちやすいように工夫しましょう。水を出しっぱなしにして洗わないので、水道代の節約にもなります。

以上のように、プロパンガスを節約するには、さまざまなテクニックがあることが分かりました。

お風呂やキッチンでガスを使う際には、上記のような工夫をすることで、ガスの使用量そのものを節制できるのですから、これは試してみる価値ありです。

優良ガス会社のご紹介はお気軽に!



ガス会社を変更してガス代を節約する方法

節約前に知ろう!LPガスの基本料金はいくらが適正?

さて、次に紹介するのは、ガス会社を変更することでガス代を節約する究極の方法です。

その方法とは、現在契約しているプロパンガス会社を解約して、当協会の会員プロパンガス会社に変更することです。

冒頭にも書きましたが、ガスを使い過ぎているわけでもないのに、やたらとガス代が高い...という悩みのある方もいます。このような方は、契約しているガス会社の料金設定がもともと高いのです。

プロパンガスは自由料金なので、不当に高いガス料金を知らず知らずのうちに請求されていることはよくあることです。

まずは自宅のガス料金がどれくらい高いのか、チェックすることから始めましょう。

 
 


節約の前に知っておこう!LPガス料金を診断する

節約の前に知っておこう!LPガス料金を診断する

自宅のガス料金を分析するには、下記の料金自動診断ツールが便利です。

お住まいのエリアにおける適正価格と比較して高いのか安いのか、1分でチェックできます。

 
 

診断結果で「かなり高い」という結果が出た方は、現在契約しているガス会社の料金設定が高いということです。

高いガス会社と契約していると、ガスの使い方を一生懸命工夫したところで、ガス代を大幅に安くすることはできません。

このような場合、当協会では別のガス会社変への切り替えをおすすめしています。実際、適正価格のガス会社に変更したことで、ガス代を約30%も節約できた方はたくさんいます。


節約の前に知っておこう!LPガス料金のしくみ

そもそも、プロパンガスの料金が「高い」とは、一体どういうことでしょうか。

実はプロパンガスの料金はとても複雑なしくみになっているので、ここで少し勉強してみましょう。

LPガスの基本料金と従量料金

LPガスの基本料金と従量料金

プロパンガスの料金は、基本料金従量料金の合算で請求されます。

基本料金は毎月決まった一定額ですが、従量料金は月々の使用量に応じて計上されます。そのため、使用量が多ければ多いほど、それだけ従量料金もかさみます。

この従量料金は、従量単価×使用量(m3)で求められますが、この従量単価をおろそかにしてはいけません。従量単価は1立方メートルあたりのプロパンガスの料金ですが、この価格はガス会社が自由に決めているからです。

そもそもプロパンガスは自由料金なので、ガス会社ごとに従量単価がバラバラなのは当たり前です。差が大きいところでは、倍近く違うことも珍しくありません。

プロパンガス代が高くて困っているという方はたいてい、この従量単価が異常に高いという傾向があります。

従量単価が高いと、同じ使用量であっても高いプロパンガス代を払わなくてはならなくなるので、ガス代が高くなるのは当然です。

ガスの使用量を減らして涙ぐましい節約生活を続けても、従量単価そのものが高ければプロパンガスの節約効果は全くありません。適正価格のガス会社に切り替えるような抜本的な対策を打たなければ、ガス代は永遠に安くはならないでしょう。


LPガスの適正価格

従量単価を常にチェックしてLPガス代を節約

ではどうすれば、適正価格のガス会社に変更できるのでしょうか。

そもそも、適正価格のガス会社ってどこにあるの?

このような疑問を感じた方は、ぜひ、当協会にご相談ください。

当協会の会員ガス会社は、適正価格でプロパンガスを供給することを約束してくれている優良なガス会社ばかりです。

前述したように、プロパンガスの従量単価は、ガス会社によってそれぞれ異なります。高いガス会社もあれば良心的なガス会社もあるわけで、素人判断で良心的なガス会社を見極めるのは至難の業です。

例えば、プロパンガス料金には、エリアごとに標準的な平均価格というものがあります。

「うちは平均価格だから大丈夫ですよ」と言うガス会社なら安心だと思うかもしれませんが、それは大間違いです。

プロパンガスの平均価格は適正価格より高いことがほとんどなので注意してください。

この平均価格は、分かりやすく言うと談合価格のようなものです。都道府県によって違いがあるものの、プロパンガス業界の利益を優先した価格なので当然高くなっています。


LPガス代を節約したいならガス会社の変更を!

プロパンガスの従量料金の節約方法とは?

自宅の従量単価が平均価格だからといって安心してはいけません。

その平均価格は、当協会が提唱する適正価格に比べて20~30%ほども高い料金格差があります。

自宅のプロパンガスの従量単価が分からないという方は、今すぐ下記の料金自動診断ツールで調べてみましょう。ご利用中のプロパンガスの価格が適正かどうか、無料で自動診断できます。

 
 

たとえば、関東地方であれば、1m3あたり330円を超えるような従量単価になっている場合は注意が必要です。

全国的に見ても、従量単価が500円を超えるようであれば、その料金設定はハッキリと「高い」といえるので、ガス会社の乗り換えを検討すべきです。

ガス会社を見直せば、その分ガス代を安くできるのです。ぜひ当協会に相談してください。

プロパンガス料金が平均相場より高い方は、現在契約しているガス会社の料金設定に問題があるのです。

このような方は、プロパンガスの節約方法を考えるより、適正価格で供給してくれる良心的なガス会社に変更することが一番の節約術になるということをアドバイスしておきます。

優良ガス会社のご紹介はお気軽に!


プロパンガス代は約30%節約できる! -まとめ-


ガス代節約でなぜ30%も下げられるの?

たいていの方は、プロパンガスを適正な価格よりも高い平均価格で契約しています。適正価格のガス会社に変更することで、平均30%プロパンガス代を節約できます。詳細はこちら

LPガス代節約のためにガス会社の変更をしてもいいの?

ガス会社を変更するのは自由です。プロパンガスの料金は自由料金制なので、高いガス会社といつまでも契約しているのは損です。

高いガス会社かどうかは、従量単価をチェックすればすぐ分かります。従量単価が分からない人は今すぐ、料金自動診断で調べてみましょう。ガスの使用量を控えるより、適正価格のガス会社に変更することが、実は一番簡単なガス代節約術なのです。

プロパンガス代を節約するにはどこに注意すればいいの?

ガス代が高い原因としてチェックすべきは、使用量と従量単価の2つです。ガス料金は使用量が多くなれば当然、高くなります。しかし、従量単価そのものが高いために高額なガス料金になっている場合もあります。

従量単価が高い場合は、使用量を減らすことより、適正価格の単価で供給してくれるガス会社に変更することが一番の節約方法となります。詳細はこちら

LPガスの従量単価を簡単に調べる方法はある?

当協会の「ガス料金自動診断」ツールを利用すれば、ひと月のガス使用量と請求額を入力するだけで、簡単に調べることができます。

しかもこの診断ツールは、割り出された従量単価をもとに、お住まいのエリアの適正価格との違いを計算し、年間の節約額をシミュレーションしてくれるので、ガス代節約にはおおいに参考になる優れたツールです。

(K)





 
 

優良ガス会社のご紹介はお気軽に!



優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金 7:00~21:00
  • 土日祝 7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証LPガス料金都道府県別ランキング大公開クチコミを見るエリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

戸建相談無料