プロパンガス代は約30%節約できる! :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 節約

プロパンガス代は約30%節約できる!


         
都市ガスと比較すると2倍ほど高いプロパンガスですが、この方法ならば平均で約30%ガス代を節約することができます。各戸の料金がバラバラなため一律ではありませんが、平均30%というのは当協会で実証された節約率です。

プロパンガス代は約30%節約できる!

平均で約30%ガス代を下げる方法とは

平均で約30%ガス代を下げる方法とは

ガス代を節約する方法はネット上にもたくさん紹介されています。
このページもその一つです。ただ、他のサイト等で紹介されている多くの方法は、高いガス代が安くなるには程遠い方法ばかりで、あまり効果的とは言えないものばかりです。

そこで、当協会がお奨めするとっておきの方法を伝授しましょう。簡単で、費用もかからず、手間も不要の方法です。私たちがアドバイス料を請求することもありません。

その方法とは、現在契約しているプロパンガス会社を解約して、当協会の会員プロパンガス会社に変更することです。


「えっ!そんなことできるの?」と思いませんでしたか?

私たちがこの方法をお教えすると「そんな上手い話しは信じられない!」と言う人もたくさんいます。


実は、世の中のほとんどの方はそう思っていますが、そうではありません。プロパンガス会社は自由に変更できる(「プロパンガス業者選択の自由」参照)のです。

プロパンガスは公共料金でもありませんし、エリア別にガス会社が区割りされて決まっている訳でもないのです。

まだ信じられない方は、「プロパンガス代節約方法」を読めばご納得いただけると思います。

毎月のガス代はどれくらい?

毎月のガス代はどれくらい?

毎月の光熱費としてかかるものとしては、電気代、ガス代、水道代などがあります。その中でも、ガス代は大きな割合を占める項目の1つです。キッチンでガスコンロを使用して調理したり、お風呂にお湯をためたり沸かしたり、家庭によってはガス代がかなり高くなってしまいます。

ガス代を節約する方法を知る前に、そもそも自宅のガス代が他の家庭と比べて高いのか安いのかを知っておくことが重要です。

関東地方の一般家庭の平均的なプロパンガス代は、2人暮らし世帯の場合で1ヶ月平均約6,100円、3人家族では約8,300円程度となっています(「プロパンガス料金の平均と相場」参照)。※価格は全て税抜き。

ガス代が高い理由として、使用量の違いだけではなく、契約しているのがプロパンガスであることが原因になっている場合が少なくありません。一般的に、都市ガスよりもプロパンガスのほうが割高なので、同じような家族構成や使用量であっても、プロパンガス利用の方が料金が高くなってしまう傾向があります(「プロパンガスと都市ガスの料金比較」参照)。

ガスにはどんな種類がある?プロパンガスと都市ガスの違いとは

ガスにはどんな種類がある?プロパンガスと都市ガスの違いとは

家庭用には、プロパンガスと都市ガスの2種類があり、供給方法や料金体系に違いがあります。

都市ガスは、2017年4月に自由化され、プロパンガスと同じように利用するガス会社を選べるようになりました。複数のガス事業者の中から自分に合った料金のプランのガス会社を自由に選べるようになったのです。

プロパンガスはずっと以前から自由料金であり、契約する会社も利用者が自由に選ぶことができます。事業者が自由に料金を設定しますので、できるだけ安い事業者を選んで契約することが大切になります。

プロパンガスは、ボンベを業者が自宅まで配送してくれます。発熱量は都市ガスの約2倍で高い火力を誇ります。使用量に応じた利用料金のほかに、導入コストとして別途請求されることはないので安心です。災害時の復旧も早く、3日~1週間程度で復旧が行われるのが一般的です( 「地震に強いプロパンガス」参照)。

プロパンガスはボンベを設置して供給されますが、都市ガスは地中のガス管を通して供給されます。そのため、引き込みをする導入コストとして、距離に応じて10~30万円程度かかるのが一般的です(「都市ガスの引き込み費用が高い3つの理由」参照)。

災害時の復旧には時間がかかり、1~2ヶ月かかってしまうというデメリットもあります。


高すぎるプロパンガス代を節約するには?

高すぎるプロパンガス代を節約するには?

プロパンガス料金は、使用量に関係なくかかる基本料金(「プロパンガスの基本料金」参照)と、使用量に応じた従量料金(「基本料金と従量料金」参照)の合計となっています。

従量料金は、従量単価×使用量で求められます。ですから、プロパンガス代が高いと思うなら、まずは基本料金と1立方メートル当たりの従量単価がいくらなのかを確認することが必要です。

これらが高いと、同じ使用量でも高いプロパンガス代を払わなくてはなりません。プロパンガス代の節約を考える際には、基本料金と従量料金の設定がそもそも高くないかを確認し、さらに使用量が多すぎないかを見直すという2段階のチェックが必要です。

プロパンガスも自由料金なので、契約しているガス会社の従量単価が他よりも高いケースがありえます。そのような場合は、契約を見直してガス会社を変更することで料金を安くできる可能性が出てきます(「プロパンガス会社変更のメリット」参照)。

プロパンガスの基本料金はいくらが適正?

プロパンガスの基本料金はいくらが適正?

では、プロパンガスの基本料金としては、いくらくらいが適正なのでしょうか。プロパンガスの基本料金には、都道府県によって全国的な地域差も大きくあります(「プロパンガスエリアの価格比較」参照)。

一般的に、九州地方や北海道の方が、関東地方や甲信越地方よりも高めの設定となっています。また、戸建てよりも賃貸住宅のほうが若干高めであり、中でも一人暮らし向けのワンルームなどでは高い傾向です。

基本料金は地域ごとに違いますが、関東地方の場合、戸建て住宅で1,500円程度、賃貸住宅で1,800円程度が適正料金といえるでしょう。基本料金は使用していなくても支払わなければならないので、特に使用量の少ない夏場には影響が出てきます。支払わなければならないものだと諦めずに、他のガス会社と比較して、見直した方がよいでしょう。


プロパンガスの従量料金を節約するためには?

プロパンガスの従量料金を節約するためには?

プロパンガスの従量料金を節約したいなら、2つの点を見直さなければなりません。プロパンガスの従量料金は、従量単価×使用量(m3)という計算式で求められます。

つまり、プロパンガスの従量料金が高くなってしまう原因としては、ガスの使いすぎで使用量が多いか、従量単価そのものが高いという2つの原因が考えられるというわけです。

プロパンガスの使いすぎが原因で料金が高いなら、使用量を減らす工夫をしなければなりません。従量単価が高すぎて料金も高くなっているなら、従量単価が安いガス会社に切り替えるといった対策が考えられます。

プロパンガスは自由料金ですから、事業者によって従量単価はそれぞれ異なります。差が大きいところでは、倍近く違うケースもあるので注意が必要です。

いくら使用量を抑えても、従量単価そのものが高ければ節約効果は望めません。現在の供給契約状況と、他社で契約した場合の差を一度しっかりチェックしてみるとよいでしょう。


従量単価をチェックしよう

従量単価をチェック

ガスや電気などの料金は、あらかじめ決まっていて選びようがないと思っている人も少なくありません。しかし、多くのサービスが自由化される中、どの事業者と契約するかで、光熱費の負担は大きく変わってくることを認識しましょう。

プロパンガスの従量単価は基本料金と同じように、ガス会社によってそれぞれ異なります。そのエリアの標準的な設定料金があるので、住んでいる地域の標準的な従量単価を調べてみましょう(「プロパンガスエリアの価格比較」参照)。

たとえば、関東地方であれば、1m3あたり330円を超えるような従量単価になっている場合は注意が必要です。全国的に見ても、従量単価が500円を超えるようであれば料金設定が『高い』といえ、事業者の乗り換えを検討すべきです。


ガスの使いすぎにも注意して

ガスの使いすぎにも注意

基本料金も従量単価も平均並みなのに、ガス料金が高い場合は、単純に使いすぎという可能性があるでしょう。ガスの使い方は家族の人数や生活の仕方によっても大きく異なりますが、標準的な家庭よりも使用量が多い場合は、やはり使い方を見直すことが重要です。

ガスの使用量は、ライフスタイルによっても異なりますし、住まいが戸建てか賃貸住宅によっても多少の差が出てきます。一般家庭でガスを使う場面は、ガスコンロでの調理とお風呂などです。

特に、お風呂は冬場に毎日お湯を沸かすようになると、ぐんと使用量が上がるので注意しなければなりません。年平均のガス使用量は、一人暮らしで5m3、4人暮らしで15m3程度です。

これよりも多いようであれば、無駄づかいをしている可能性があります。一度、検針票や請求書に書かれている使用量をチェックしてみましょう。

とはいえ、ガスの使用量は季節によっても差が出るもので、平均して節約するのが難しい場合もあります。ガス料金を安く抑えたい場合は、やはり従量単価の安いガス会社を選ぶことが大事だといえるでしょう。


ガス代節約のためのテクニック9選

ガス代節約のためのテクニック9選

ここからは、ガス代を節約するための方法について紹介していきます。節約のポイントは、ガスを多く使う場所を知って、できるだけ効率よく使うように工夫することです。

一般家庭内で主にガスを使うのは、お風呂のお湯などを沸かす給湯器とガスコンロ部分になります。したがって、ガス代が高い場合は、給湯器やガスコンロの使い方にどこか問題があるということを意味します。

そこで、ここでは、ガスの無駄遣いをやめて、ガス代を節約するためのテクニックを具体的に紹介します。


1.浴槽にためるお湯の量を減らす

1.浴槽にためるお湯の量を減らす

一般家庭でガス代を多く使うのは、お風呂です。給湯器のお湯を沸かすためには、ガスを大量に使わなければなりません。

シャワーでも給湯器でお湯を作る必要がありますが、使用量に影響が大きいのはバスタブにお湯を張ることです。バスタブに毎日お湯をためて入っている家庭では、シャワーで済ませる家庭よりも多くガスを使うことになります。

お風呂にかかるガス料金を減らすためには、浴槽にためるお湯の量を少なくすることが大事です。お湯の量が多ければ多いほど、ガス代も余計にかかるからです。

お湯の量を減らすことは、ガス代の節約だけでなく水道代の節約にもなるので一石二鳥です。お湯に浸かることにはリラックス効果などのメリットもありますが、必要以上の量を張っていることも少なくありません。お湯を少なくしても、工夫すれば肩までしっかり入って温まることは可能なので、適正量を見直してみましょう。

さらに、温水シャワーの使いすぎにも注意が必要です。出しっぱなしにしないで、こまめに止めるよう心がけることが大切です。


2.お風呂の追い焚きをしない

2.お風呂の追い焚きをしない

お風呂に関しては、お湯の量を減らすほかに、追いだきをしないようにすることも、節約のためのテクニックです。

お湯をたくさん張ると、一定温度を維持するために追いだきしてその都度ガスを使うことになるので注意しなければなりません。バスタブに毎日お湯を張りたいという人は、追いだきをしないようにするだけでも大幅な節約が見込めます。

できるだけガスを使わないようにするためには、お湯を張ったらすぐに入浴することがポイントです。

特に自動追いだき機能がついている場合は、お風呂の蓋をしめるなどしてお湯の温度を下がりにくくすることも大事です。家族の入浴時間帯を合わせて、お湯が温かいうちに続けて入るようにするなど、できるだけ追いだきをしないで済む工夫をしましょう。

自動追いだきではお湯の設定温度を高くしすぎないことも大事です。設定温度が高いと、お湯がさほど冷めてもいないのに追いだきを繰り返してしまうことにつながります。特に、冬場などお湯の温度が下がりやすい季節では、頻繁に追いだきをすることになってしまうので注意しましょう。適温で設定しておくことが大事です。


3.鍋底の大きい鍋を使う

3.鍋底の大きい鍋を使う

ガスをよく使う場所として、次に多いのがガスコンロのあるキッチンです。火力が大きい場合と長時間火を使う場合の2つのケースで、ガスの使用量が増えてしまいます。そこで、小さな火力でも調理ができるようにすることと、短時間で調理できるよう工夫することが大切になります。

小さな火力でも済むようにするためには、たとえば、底の大きい鍋を使う方法があります。鍋底が大きいと熱効率が良くなり、無駄なく熱を使うことが可能です。また、鍋底の大きさに合わせた火力に調節することも大事なポイントです。

鍋底からはみ出したぶんの炎は無駄になってしまいますから、必ず鍋底に収まる程度に火力を合わせるようにしましょう。また、火力は強火にせず、中火を心がけるだけでも節約につながります。

熱効率に優れた鍋やフライパンを使うのも効果的です。熱効率がよいと小さな火力でも美味しく調理ができ、かつ節約効果も見込めます。鍋を火にかける際には、水滴を拭き取ってから火にかけることも大切です。水滴がついていると、蒸発させるために余分な火力を使うことになるからです。

4.ガスコンロの使用時間を減らす

4.ガスコンロの使用時間を減らす

ガスコンロを使う時間、そのものも短くするというのもポイントです。

たとえば、煮込み料理などで長時間鍋を火にかけていると、それだけガス代がかさんでしまいます。

調理時間を短縮する方法としては、圧力鍋を使ったり、保温調理器を使ったりする方法があります。保温調理器は高い保温性を誇る鍋で、短時間火にかけるだけで、火から下ろした後でも一定温度を長時間保ち、余熱で調理ができるので節約につながります。

ガス火の使用時間を抑えたいなら、電子レンジや炊飯器、電気ケトルのような調理家電を使うことも効果的です。電気代はかかりますが、ガスの基本料金などが高い場合には、電気のほうが安く済む場合も少なくありません。

また、電子レンジでの調理は、ガスコンロでの調理よりも時間短縮できるということもよくあります。便利な製品を上手に利用して、賢くガス代を節約しましょう。

家電の中でも炊飯器は非常に優秀で、ご飯を炊くなら、1回あたり数円しかかかりません。ご飯を炊くだけでなく、おかずを調理したり、パンを焼いたりすることもでき、活用範囲が広いのが特徴です。いろいろなレシピを工夫すれば、ガス代を節約しつつ美味しい料理が作れるでしょう。


5.ガスのバーナー部分を掃除する

5.ガスのバーナー部分を掃除する

小さな点ですが、ガス代を上げてしまっている原因の1つとして、ガスのバーナー部分が詰まっていることがあります。

バーナー部分が詰まっていると熱効率が悪くなってしまい、無駄にガス代がかかることになるのです。安全面でも問題があるので、きれいに掃除しておくようにしましょう。

掃除方法は、バーナーの炎が出る穴の部分に詰まっている汚れを、竹串を使って取り除きます。ガスコンロの使用頻度が高い家庭や、いため物や揚げ物など、油を使う料理をよくする家庭は詰まりやすい傾向があります。定期的にチェックして、掃除するよう心がけましょう。


6.食材や水は常温に

6.食材や水は常温に

食材を常温にしておくことも、ガスコンロの使用時間を短くする大事なポイントです。

たとえば、お湯を沸かすときに、常温の水道水を沸かすのと、冷蔵庫に入っていたペットボトルの水を沸かすのとでは、お湯が沸騰するまでの時間が大きく異なります。

冷たいものを調理するほうが時間がかかり、ガス代がかさんでしまうので、食材や水などはできるだけ常温に戻してから使うようにしましょう。

特に、凍ったままの食材を使うと、温めるのに時間がかかるので余計なガスを使ってしまいます。冷凍した食材は、あらかじめ解凍してから使いましょう。

時間があるときは、冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍し、時間がない場合は、電子レンジの解凍機能などを使います。

調理に使う水は、冷蔵庫で保存したものではなく常温の水を使いましょう。冷やしていないものを使うことで家事を効率化することも可能です。


7.調理法を工夫する

7.調理法を工夫する

調理法によってもガスの消費量が変わることにも注意しておきましょう。ガス代を節約するには、手早く調理できるような料理を選ぶことが大きなポイントになります。

一般的な調理方法としては焼く、いためる、蒸す、煮る、ゆでる、揚げるといった方法があり、それぞれ調理時間が異なります。

一般的には、煮るよりも蒸したり、いためたり、焼いたりといった調理法のほうが、使う水の量が少ないので調理時間が短くて済み、ガスの消費量も少ないという傾向があります。節約するなら、こうした調理時間が短い調理方法で作れる料理のレパートリーを増やすよう心がけましょう。

煮たりゆでたりするときには、できるだけ調理時間が短くなるように、きちんと鍋に蓋または落とし蓋をするようにします。蓋をすることで、鍋から熱が逃げにくくなり、調理効率が上がるからです。

煮物や揚げ物はガスコンロの使用時間が長くなりがちなので、できるだけ控えたほうがよいですが、作る場合はひと工夫しましょう。

たとえば、揚げ物をするなら、時間短縮できる方法を考えることが大事です。具材は火が通りやすい大きさにカットしたり、あらかじめ火を通しておいて衣にサッと火を通すだけで済むようにしておけば、短時間で揚げ物が作れます。


8.同時調理や保温調理を活用する

8.同時調理や保温調理を活用する

ガスコンロを使う時間をなるべく短くするためには、作り方や手順に気を配ることも大事です。

たとえば、複数の食材を一つの鍋で同時に調理したり、余熱を使って保温調理をしたりすると、ガスの使用時間を減らすことにつながります。同時調理をするためには、調理の段取りや順番も大事です。

肉と野菜を調理するなら、まずはアクの少ない野菜からゆでて、その後に肉をゆでれば、同じ鍋のお湯で一気に完了することができます。そのお湯でスープなども作ってしまえば、あっという間に一品追加することも可能です。

節約には、作りおき調理やまとめ調理もおすすめです。毎日こまめに調理するよりも、一度にまとまった量の物を作ったほうが、調理の回数が減るぶんガス代が安くて済むからです。まとめて作れば熱効率もよく、美味しく仕上がるのもメリットです。

具体的には、前日の夜のうちに翌朝のごはんのおかずも一緒に調理してしまえば、朝はガスを使わずに済ませることができます。

週末に副菜などの小さなおかずをまとめて作り置きしておき、平日はメインディッシュを調理するだけにしておくのもよい方法です。ガスコンロを使う時間だけでなく、調理にかける時間そのものも短縮できます。

料理に使う野菜を、ガスコンロではなく電子レンジであらかじめ下ゆでしておくのもよい方法です。ガス代を節約でき、鍋を使わないので洗い物も少なくて済みます。


9.便利グッズを使う

9.便利グッズを使う

ガス節約には、市販されている節約グッズも大いに活用できます。

たとえば、お風呂の追いだき回数を減らしたい場合には、お湯の温度が下がらないようにする保温シートなどが使えます。お風呂上がりにシートをのせてから風呂蓋をするだけで、お湯の温度が下がりにくくなるので、無駄な追いだきが防げます。お湯の中に入れて使う保温器や、追いだきに似た機能を持つ電気製品なども使えるでしょう。

入浴時に使うお湯の量を減らしたい場合は、節水シャワーヘッドなどもよいでしょう。水の勢いはそのままで、お湯の量だけを減らすことが可能です。キッチンのガス代を減らすには、手持ちの鍋に被せるだけで簡単に保温調理ができる鍋帽子という便利グッズを使うのもよい方法です。

キッチン周りでガス代を節約には、洗い物をするときにお湯を使わないというのも大事なポイントです。

冬場は水が冷たい、汚れをきれいに落としたいなどということで食器をお湯で洗うことがあります。しかし、給湯器を使うため、お風呂を沸かす場合と同じく、ガス代がかさんでしまうことがあり注意が必要です。ガス代節約のためには、洗い物はできるだけ水でするようにしましょう。

水の冷たさが気になるときは、ゴム手袋をはめるなどして対処します。汚れ落ちが気になる場合は、洗いおけにつけおくなどして、汚れが落ちやすいように工夫しましょう。水を出しっぱなしにして洗わないので、水道代の節約にもなります。


まずは現状を分析してみて

まずは現状を分析してみましょう

プロパンガスの料金を節約するための方法はいろいろあります。お風呂やキッチンのガスコンロの使いすぎなどに心あたりがある場合は、ガス量を節制することで、ガス料金を節約することは可能です。

ただし、使いすぎでもないのに、なぜガス料金が高いのかがわからない場合には、まずは現状の料金体系が適正なのか確認することをおすすめします。

プロパンガスは自由料金なので、基本料金や従量料金がそもそも高すぎるというケースも十分ありえます。実際どれくらいガス料金が安くなるか気になる方は、料金自動診断でシミュレーションをしてみましょう。

お住まいのエリアで、いくらくらい安くなるのか1分でチェックが可能です。(「プロパンガスエリアの価格比較」参照)現在のガス料金が相場より高くなってしまっている場合には、より安いガス会社へ契約の切り替えサポートもあるので安心です。

 
 
 
都道府県を選ぶ
 

なぜ月々のガス料金が高いのかがわからないと、効果的な対策が立てられないので、まずは現状を分析して原因を探してみましょう。そこからご自身の状況にあわせた節約対策を行うことがポイントです。








一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |