ガス代が高い原因を解説 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

ガス代が高い原因を解説


         
ガス代が高い原因をご存知ですか?プロパンガス料金が都市ガスと比較して高いことを認識していても、その理由を正しく理解している人は驚くほど少ないです。ここではなぜプロパンガス料金が高いのか解説すると共に効果的な下げ方を紹介します。


プロパンガス料金が高い理由

(1)自由料金だから高い

意外に知られていませんが、プロパンガスは「公共料金」ではなく「自由料金」です。

プロパンガス販売店は自由に料金設定をしますから、安い販売店もあれば高い販売店もあるというわけです。

さらに、同じ販売店を利用して同じ量のガスを使ったとしても、料金が違うことすら当たり前にあるのです。



本来ならば、消費者はプロパンガスの購入にあたり、どの販売店から購入しても構わないし、いつでも他社に乗り換えすることも可能です。

しかし、多くの利用者がプロパンガスは「公共料金」だと思い込み、高くても仕方ないと諦めて使っているのが現状です。

これはプロパンガス会社にとって好都合であり、ガス販売店が強気の料金で商売をしてきた最大の理由ともいえます。


プロパンガス料金が自由料金制であるがゆえの悪弊といえるでしょう。


(2)人件費がかかるから高い

プロパンガス料金が高い理由には、都市ガスとプロパンガスの「供給方法の違い」があります。



都市ガスは地下を通るガス配管から直接供給されるのでガス代に影響しませんが、プロパンガスはガス容器を配送員が各家庭まで配達します。

その他にもガス容器とガスメーターをつなぐ高圧ホースや圧力調整器などの点検、検針も人の手で行われるので人件費がかさみます。


プロパンガス販売店は経費や利益を考慮してガス料金を決めますが、この人件費については、毎月の「基本料金」の中に含まれています。



基本料金に含まれる主な項目は以下です。


  • ・ガス容器の配送費
  • ・ガスメーター維持費
  • ・保安管理費
  • ・自動切替調整器費用
  • ・検針費用

基本料金は、都道府県によってもガス販売店によっても異なりますが、全国的に見ると1,500~2,600円ほどです。

一戸建の家庭は安く、アパート、マンションなどの賃貸住宅は平均的に高い傾向にあります。

また、北海道や各地域の山間部などでは、積雪が多いこと、家と家が離れているなどの理由から基本料金は高くなる傾向にあります。




(3)設備工事費が上乗せされるから高い

プロパンガスの導入にあたっては、ガス会社が配管工事費や給湯器等の設備費用を無償にするケースがあります。


<参考記事> 無償貸与契約

「15年間契約することを前提にガス配管工事費用を無償で請け負う」という内容です。

一見、良心的な話のようですが、実際はガス配管工事を販売店が無料で引き受けたのではなく、その分は利用者の月々のガス単価に上乗せして請求されています。

10~20万円の工事費を分割払いするようなイメージです。


<参考記事> 配管工事費用

ここで問題なのは、ガス販売店が消費者に契約内容を正しく説明していないケース、設備工事費が割高にされてしまう可能性があることです。

当然、説明を受けていない消費者からすると「ガス代が高い」と不審に思います。

他にも「他社への切り替え手続き中に、配管工事費の残存金を請求されて初めて契約内容を知る」というケースも多く、トラブルの原因になっています。


<参考記事> 残存

そもそも、この契約は他社への乗り換えを阻止するためのガス販売店側の防衛策が習慣化されたものです。

月々の請求明細書にはいくら上乗せされているのか、残金がいくらかなどの情報は一切記載されていません。はっきりと価格を公表することなく契約されていることが多いのです。

ガス料金が適正かどうか、設備工事費がいくらなのか、しっかり確認することが必要です。


ガス料金が高いのでは、と心配な方は当協会の「料金自動診断」をご利用ください。

 
 



知られざるプロパンガス業界の真実

プロパンガス料金が高い原因

プロパンガス料金が自由料金にもかかわらず、価格競争がないことに不信感をいだく方も多いでしょう。

本来、価格競争とは企業の商品やサービスの性能や品質の差が小さいときに起こります。また、市場における需要と供給のバランスが崩れた場合に価格競争が起こることもあります。

供給が需要を上回れば企業間の競争が激しくなり、価格競争が起こってもおかしくありません。


では、なぜ性能や品質の差別化ができないプロパンガス業界で、顧客の奪い合いや広告宣伝などが行われてこなかったのでしょうか。


家庭用燃料としてプロパンガスが使われ始めたのは1953年頃、その後、生活必需エネルギーとして急速に普及し国内生産だけでは追い付かず、海外からの輸入も開始されました。

1967年にプロパンガスの取引を適正にするための法律である「液石法(液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律 )」が制定されました。

そして、1996年3月の改正、1997年4月施行まで、プロパンガス業界には価格競争がありませんでした。基本料金や単価料金を公開せず、高値安定の環境を築き、互いに利益を得ようという暗黙のルールが存在したからです。


プロパンガス会社変更の歴史

「液石法」改正によって業界は大きく変化しました。これまで認可制だったプロパンガス業界への新規参入が規制緩和され、届け出をするだけで参入できるようになりました。当時の通産省(現在の経済産業省)の競争促進によるプロパンガス料金の値下げ策と考えられます。



これを機に、東海地方のプロパンガス会社が関東地方に新たな営業拠点を次々に設立、ブローカーを使った新規顧客開拓を精力的に行ったことから「プロパンガス会社変更」がスタートしました。


<参考記事> ブローカー

その後、ガス会社変更の動きは全国へと広がっていきます。


関東地方に次いで、愛知県を中心とする東海地方、宮城県を中心とする東北地方の一部などが比較的早い時期から切り替えの動きがみられました。




一方、同じ東北でも秋田県や青森県などは保守的傾向が強く、2019年現在でも消費者が自由にプロパンガス業者を選定できる水準にはほど遠い状況です。

北海道や近畿、中国、北陸、四国、九州地方はどうかというと、後発ではあるもののガス会社変更が行われるようになりました。

ただし地域格差は大きく、九州の福岡県では活発に切り替えが行われていますが、他県ではまだまだ積極的な活動とは言えません。




中国地方は最も格差が大きく、岡山県では非常に活発に切り替えが行われているものの、広島県や山口県ではほとんど行われていないという特徴があります。





ガス会社変更でガス代は安くなる

「プロパンガス料金消費者協会」の活動

当協会は、都市ガスと違いプロパンガスが自由料金制のため「適正価格」が存在しないことを問題視し、独自に「適正価格」を設定してウェブサイトでの掲示を通じ、消費者が支払っている現在の料金がどのレベルにあるか、客観的に判断できるよう指標を提案しています。

そして、2009年にNPO法人として立ち上げ、2010年一般社団法人として設立以来、当協会が主張する「適正価格」でガス供給を行えるプロパンガス会社を紹介する活動をしています。




2019年現在、会員ガス会社数は全国110社まで増加しました。
対象エリアは、北は北海道、南は鹿児島県まで、ほぼ全国対応(沖縄県は除く)です。



この活動を通じて、関東地方ではプロパンガスの会社変更が現在では日常的に行われるようになりました。

しかし、先にも紹介しましたが地域密着の零細企業が多いプロパンガス業界全体を見ると、エリアによっては安売りしないという体質自体がまだまだ変わっていないようです。

そのため、当協会へ相談いただく方に対してどうしてもガス会社を紹介できないという地域が、残念ながらまだ存在しています。


このようなケースを少しでも減らしたい、プロパンガス会社変更による料金の適正化を望む消費者の期待に応えたいと、協力会社の開拓など更なる環境の充実を図るべく日々活動しています。




プロパンガス会社の変更は専門家に任すべき

プロパンガス会社の解約および変更は全て個人で行うこともできますが、全国2万社以上のガス会社から条件を満たす業者を選び契約することは容易ではありません。

利用中のガス会社に解約の旨を伝えても引き留められてしまいます。



変更ができたとしても、その後のガス料金が安定するのかという保証はどこにもありません。

ガス会社の変更を迅速にスムーズに進めるには、私たちのようなプロパンガス変更の専門家に手続きの仲介を頼むことが得策です。


当協会では、以下2点のルールを守る優良会員ガス会社を無料で紹介しています。


  • ・当協会の理念である「プロパンガス料金を適正価格で継続的に供給する」に賛同すること

  • ・原油仕入れ価格の高騰および為替レートの大幅な変動以外の理由でガス料金の値上げを行わないこと

プロパンガスの料金を安くしたい、ガス会社をスムーズに解約・変更したい、また、契約後も適正価格でプロパンガスを利用したいという方は「プロパンガス料金消費者協会」までお気軽にご相談ください。





無料でガス会社変更ができるのはなぜか

当協会のガス会社変更サービスがなぜ無料でできるのか、疑問がある人は多くいるかもしれません。


「消費者のメリットばかりで逆に心配」という声もよく聞きます。
しかし、他の業界でも同じようなケースはたくさんあります。例えば保険業界です。

損害保険や生命保険に加入する際に保険の代理店を通じて契約することもありますが、契約者に対して相談料や仲介手数料などを請求しません。保険会社からの手数料で経営が成り立っているからです。


同じように、当協会もプロパンガス会社からの会費をいただけるので消費者から手数料を請求することなく運営できるのです。安心してご相談ください。




まとめ

「ガス代が高い原因と理由」を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

プロパンガス料金が高い理由には「自由料金だから高い」「人件費がかかるから高い」などがありますが、消費者に分かりやすい、料金制度がなく、価格競争を避けてきたプロパンガス業界の体質こそが、消費者によるガス会社の自由選択の道を閉ざした原因といえます。


ガス代を安くするにはガス会社を変更することが一番の解決法です。

自力で行うのはなかなか容易ではありません。私たちのような専門家を経由して行えば、苦労せずに優良ガス会社に変更し「適正価格」でプロパンガスを使うことができます。




プロパンガス消費者の皆さん、当協会を活用して信頼できるガス会社に乗り換えましょう。










一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |