0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00
ガス代が高い原因は何?あわせて節約方法もご紹介

ガス代が高い原因は何?あわせて節約方法もご紹介

ガス代が高い原因は何でしょう?他のご家庭に比べ、ガス代が高いのでは?と思われる方や、最近急にガス代が高くなってどうしたらよい?という方のため、原因解明と節約方法をまとめました。ガス代を安くする方法もご紹介します。

ガス代が高い一番の原因は?

ガス代が高い一番の原因は?

毎月の光熱費の中でも、ガス代が高いことにお悩みの方も多いと思います。

都市ガスに関しては、2017年4月の小売全面自由化に伴い、一般家庭でも、地域で決められていた既存の都市ガス会社だけではなく、新規参入者からも自由に販売事業者を選べるようになりました。

とはいえ、地域によっては適正な競争が行われない供給区域も出てくることで、消費者の不利益につながりかねません。そのため適正な競争関係が認められるまでは、経過措置規制によりある程度の料金バランスを保つようになっています。

一方、同じガスでもプロパンガスに関しては、都市ガスが公共料金であった頃も含め、価格競争のない自由料金制を貫いてきました。

販売事業者の増加により、競争が激化した地域であっても、互いの顧客を取り合わないプロパン業界暗黙のルールにより、プロパンガス料金は業界主導の高値安定を維持しているのです。

各ガス会社が独自の料金表を持ち、世帯ごとに自由に料金設定できるだけではなく、値上げの理由、タイミング、値上げ幅すべてを規制なく自由に決められます。

プロパンガスが自由料金制である結果、ガス代が異常に高くなっているケースは大変多く、消費者はプロパンガスを利用する上で、まずその事実を知る必要があります。

高いプロパンガス代を安くする方法

高いガス代を安くする方法

それでは、高いプロパンガス代を安くする方法について見ていきます。

都市ガスの方が安いのなら、都市ガスに変更すればよいのでは?と思う方もいるのですが、プロパンガスから都市ガスへの変更は、お住まいのエリアによっては都市ガスの導管が通っていないというケースもありますし、都市ガスの供給エリアだとしても初期費用が非常に高いので、結果的に元が取れないというケースも多いです。

ガスは使わずに電気を使用するオール電化の料金プランも魅力的ですが、やはり給湯システムの導入に多額の費用がかかるため、使用年数によっては元を取るのが難しくなります。

そこでおすすめするのが、プロパンガス料金消費者協会が紹介するプロパンガス会社への変更です。

アパートやマンションなどの賃貸住宅は、自分の世帯だけガス会社を変更することができませんが、一戸建てのご自宅なら、プロパンガス会社を変更して高いガス代を安くできる可能性が高くなります。

なぜプロパンガス会社を変更するとガス代が安くなるかというと、「平均」や「相場」と呼ばれているプロパンガス料金は、そもそも自由料金制により割高に設定されたものを平均しているため、高くなってしまっているからです。

同じプロパンガスでも高いガス会社と安いガス会社があるということに気づいてください。消費者は自由にガス会社を選べるのです。

プロパンガス料金消費者協会では、都市ガスとプロパンガスのカロリー差に着目し、それをもとにプロパンガスの適正価格を設定しました。

自由料金制のプロパンガス業界において、都市ガスより高いといわれるプロパンガス料金を安くするため、適正価格での供給に賛同する会員ガス会社の協力を募り、消費者のプロパンガス料金に関するアドバイスと、優良ガス会社の無料紹介を行っています。

日々のガス代が高いということでお悩みなら、ぜひ一度プロパンガス料金消費者協会までご相談ください。

ガス代が高いかな?と思ったら今すぐ!

また、ガス会社の変更でご自宅のプロパンガス代がどれくらい安くなるか気になる方は、こちらの料金診断で一度チェックしてみてください。

一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス代が高いその他の原因と節約方法

プロパンガス会社を変更することで、ガス代を大きく節約できることはお分かりいただけたと思いますが、それ以外の原因も確認しておきましょう。

家族の人数が多いとガス代も高い


ガス代が高い原因には、家族の人数が多いということもあります。世帯人数ごとにガスの使用量がどれくらいかかるのか、目安を見ていきましょう。


世帯人数 プロパンガス月平均使用量
1人暮らし・2人暮らし 6.5m3/世帯
3人暮らし 8.9m3/世帯
4人暮らし 11.3m3/世帯
5人暮らし 11.7m3/世帯
6人暮らし 12.0m3/世帯
7人暮らし以上 11.8m3/世帯
※エネ研・石油情報センター「プロパンガス消費実態調査」結果より

上の表は全国世帯人数別によるプロパンガスの月平均使用量です。

1人暮らしか2人暮らしかではガスの使用量はそれほど変わりませんが、3人以上だとプロパンガスの使用量は少しずつ増えていきます。5人暮らし以上の世帯では、使用量に大きな差はなくなります。

プロパンガス料金消費者協会が定めるプロパンガスの適正価格では、関東地方で1m3あたり308円、基本料金が1,650円です。たとえば月の使用量が10m3なら308円x10m3+1,650円=4,730円になります。

この結果、全国平均使用量から見ると、3人暮らし以下で5,000円を超えてくる場合はガス代が高いといえるでしょう。

以下の記事では、ガス代が高いご家庭の特徴を説明していますので、思い当たる場合はぜひご覧ください。

ガス代が高い原因は季節要因もある

ほかにガス代が高い原因として次に考えられるのは、季節要因です。夏と冬でどれくらいガス代が違うのか、関東地方の場合で見てみましょう。

関東地方の夏と冬のプロパンガス代比較 平均価格※2 で利用の場合


月平均使用量(m3※1 基本料金(円) 従量単価(円/m3 請求額(円)
夏場 9.6m3 1,749円 547円 7,000円
冬場 13.2m3 1,749円 547円 8,969円
※価格は税込み表示
※1:「エネ研・石油情報センター」プロパンガス消費実態調査を参照
※2:「エネ研・石油情報センター」平均価格(2021年10月現在)を参照

大体冬のプロパンガス使用量は夏の1.5倍になっています。そのためプロパンガス代が高くなります。

冬のガス代が高いのは、給湯器の使用量が増えるのが主な原因です。そのため、お湯をなるべく使わないようにするのが一番の節約になります。

とはいえ、冬の寒いときにお湯を使わないわけにはいきませんので、たとえば家族の人数が多い場合、お風呂に入るときは時間を空けないで済ませ、なるべく追い炊きをしないといった工夫をするのがおすすめです。節水のシャワーヘッドを使用し、こまめに止めることも節約につながります。

こちらの記事では、詳しい節約方法などに触れていますので、参考にしてください。

ガス代が高い原因はガス機器の使い方にもある

季節要因と関係しますが、ガスファンヒーターやガスエアコン、ガスストーブなど、冬場の暖房にガス機器を使用していることが、ガス代の高い原因となっているご家庭も多いです。

家の断熱対策がしっかり行われていない場合、暖めた空気がすぐに逃げ、冷気が入ってきてしまいます。冬場の高いガス代を考慮し、断熱効果を上げる対策を取った方が長い目で見れば得策かもしれません。

ガス代が高い原因は何?あわせて節約方法もご紹介まとめ

ガス代が高い一番の原因は?

都市ガスと比較してプロパンガス料金の方が高いのは、プロパンガスが自由料金だからです。詳細はこちら

高いプロパンガス代を安くする方法は?

プロパンガスを使用しているのであれば、プロパンガス料金消費者協会が紹介するガス会社に変更することで平均30%ガス代が安くなる可能性があります。詳細はこちら

ほかにガス代が高い原因はある?

家族の人数が多い、気温が低い、住宅の断熱性が低いことなどが考えられます。詳細はこちら

この記事の執筆者

パソコン教室講師/WEBライター

Tanaka

3人の子を持ち、日頃から節約意識も高いことから、ガス代がお得になる仕組みにどっぷりとはまっています。多くの人に役立つ記事を心がけています。

 


一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス代が高いかな?と思ったら今すぐ!

プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/

戸建相談無料