プロパンガス料金は値下げ交渉可能? :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

プロパンガス料金は値下げ交渉可能?


         
プロパンガス料金は値下げ交渉可能です。とはいえ、一時的な値下げ交渉が成立したとしても、知らぬ間に値上げされてしまうのでは意味がなく、根本的な解決にはなりません。結論、値下げ交渉をするよりもプロパンガス会社の切り替えをしましょう。

プロパンガス料金は値下げ交渉可能?


プロパンガスは値下げ交渉が可能

ご存じですか?プロパンガス料金はガス会社が自由に決定することができます。本来、消費者の方もプロパンガス会社を自由に選択できる立場にあります。その点でいうと、値下げ交渉の余地があると考えてよいでしょう。プロパンガスは八百屋さんで売っている野菜と同じように「商品」 です。たとえば、旬の野菜を多めに買った時に値切ってもらえるなど、極端な話、ガス料金は売買の当事者双方が合意すれば契約は成立してしまうのです。

しかし、プロパンガスの料金が自由料金制であるがゆえ「○○〇円以上だと高い」という判断基準がありません。ガス会社は利益を考えて料金を決めていますから、ただ"ガス料金が高い"と根拠なく話を持ちかけても「うちは平均価格です」「お宅だけ値下げはできません」と簡単に断られてしまうでしょう。

では、どのように値下げ交渉すれば成立しやすいかポイントを見ていきましょう。

値下げ交渉のポイント

(1)現在のガス料金を確認する

ガス料金の価格交渉を行う前に、まずは現在のガス料金が「適正価格」なのかどうかを確認しましょう。元々の価格が高すぎることを知らないまま、運よく値下げ交渉が成立したとしても、実際には「適正価格」よりもはるかに高いという結果になりかねません。月々ご自宅に届く料金明細または請求書から「基本料金」「使用量」「合計請求額(税込)」が分かれば簡単に従量料金を割り出すことができます。

プロパンガスは消費者宅までの配送費や人件費によってガス料金が異なります。そのほか、消費者の平均ガス使用量によって料金設定が異なる場合もあります。例えば、ガスコンロだけ利用するお宅では月間平均使用量はわずか2〜3m3です。ガス会社からすると、給湯器を利用するお宅の10分の1程度の使用量にもかかわらず配送や検針などの手間はさほど変わりません。この理由から使用量が少ない利用者はガス料金が割高なケースもよくあります。

また、プロパンガス料金はそのエリアにおいてガス会社同士の競争があるかないかによっても左右されます。仮に競争がなければ、ガス会社に都合がいい高値安定の料金設定をしているでしょう。その点、関東地方のように競争が激化している地域はガス料金が比較的安い傾向にあります。



 
 

豆知識

プロパンガスの料金体系

値下げ交渉をする際にはプロパンガスの料金体系を正しく理解することが大切です。一般的な料金体系は、二部料金制で「基本料金」と「従量料金」に分けて計算されています。

「基本料金」には供給設備や保安などに関する費用が含まれています。ガスの使用量の多少にかかわらず請求される固定費です。

主に下記が挙げられます

  • ガスボンベの配送にかかる費用
  • 検針作業にかかる費用
  • ガス漏れ等の緊急対応時にかかる費用
  • ガスメーター等ガス器機の費用
  • 警報機等のリース費用

「従量料金」にはガス原料費が含まれており、使用したガスの量に応じてかかる金額です。1m3あたりの価格が設定されているので、使用量が増えた分だけ従量料金は高くなります。

例えば、基本料金が1,500円、従量料金が450円の料金プランで10m3を使用した場合(税抜)は以下のとおりです。

基本料金

従量料金

×

使用量

合計金額

1,500円

450円

×

10m3

6,000円

「基本料金」「従量料金」がいくらになっているか現状の把握ができたら、次にその料金が適正かどうか(高いのか安いのか、または適正か)を見極めることが重要です。先ほど述べたとおりプロパンガス料金は自由料金制のため「適正価格」という基準値はどこにも存在しません。プロパンガス料金消費者協会が独自で定めた「エリア別プロパンガス適正価格」を基準に比較することをお勧めします。



 
 

(2)「平均価格」と「適正価格」の違いを知る

プロパンガスの「平均価格」と「適正価格」の違いを理解されている利用者は少ないでしょう。プロパンガスの値下げ交渉をするにあたり、この違いを知っておくと大変有効です。

平均価格

一般財団法人 日本エネルギー経済研究所「石油情報センター」(以下「エネ研・石油情報センター」)が公表している一般小売価格液化石油(LP)ガス偶数月調査によるプロパンガスの価格です。都道府県毎に公表されています。この「エネ研・石油情報センター」は公平かつ公正な立場で一般消費者、産業界の石油製品ユーザー、石油関連事業者などに石油に関する情報をさまざまな形で提供している団体です。

とはいえ「平均価格」がどのように調査されたデータかというと、プロパンガス会社が自己申告したガス料金を平均化したものです。各社が高く申告すれば「エネ研・石油情報センター」で公表される「平均価格」は自ずと高くなります。ガス会社にとっては「平均価格」を引き合いに出して「当社は相場」と主張できるのでとても都合がいいわけです。

よって「平均価格」は現在のガス料金が高いか安いかを比較するための目安にはなりません。「平均価格」が適正な相場だと鵜呑みにしないで、あくまで参考数値として理解しておくべきです。

適正価格

私たち「プロパンガス料金消費者協会」が独自に設定した価格です。プロパンガスも都市ガスも、ガスコンロや給湯器で使うエネルギーとして購入し光熱費を支払うことには何ら違いがありません。それなのに、いくら自由料金制とはいえ、プロパンガス料金については、ガス会社が利用者ごとに料金を調整できるのですから、消費者にしてみれば、大変分かりにくい業界です。



そこで当協会は、都市ガスと同額程度であれば消費者にも納得のいく価格と考え「適正価格」を都市ガス料金の2割増し程度に収まるように設定しています。プロパンガスの熱量は都市ガスの約2.23倍あることから、都市ガスとプロパンガス料金を比較する際の熱量換算に応用しています。

それでも、ガス会社の適正な利益率のほかに配送費や人件費を考慮しているため、プロパンガスの方が都市ガスより多少割高になる傾向にありますが、平均すると「適正価格」は「平均価格」に比べ、3、4割も安くなる結果が出ています。

当協会では都道府県ごとに「平均価格」と「適正価格」を詳しく紹介しています。



 
 

(3)ガス会社と交渉する

既存客から値下げ交渉を持ちかけられると、ガス会社としては他社への乗り換えを食い止めたいがために、簡単に値下げに応じるケースがあります。しかし、上記でもお話したとおり下調べがなければ値下げ交渉は思いのほか難しいものです。交渉相手は山ほどクレーム対応をしてきている担当者です。ただ単に"安くしてほしい"と依頼するだけでは、ほとんどの場合応じてもらえないと考えておくべきです。

では、どうしたら値下げ交渉が成立するのかを考えましょう。

まず「こちらにも他の選択肢がある」ということを主張して交渉するのが効果的です。プロパンガス会社は自由に価格設定できるわけですから、消費者にもガス会社を自由に選ぶ権利があります。プロパンガス料金が高くて納得できなければ他社に乗り換えればいいのです。

この点を伝えれば、ガス会社としても既存客を逃すより値下げ交渉に応じた方が利益になると判断するでしょう。

ただし、覚えておいてください。値下げ交渉が成立したとしても長くは続きません。今よりも料金を安くすることでガス会社にとっては薄利になるわけですから、消費者に気が付かれないように半年~1年かけて元の高い料金に戻してしまうことがほとんどです。


根本解決はガス会社乗り換えが一番

一時的な値下げ交渉が成立しても、知らぬ間に値上げされてしまうのでは意味がありません。結論、値下げ交渉をするよりもプロパンガス会社の切り替えをすることをお勧めします。当協会では消費者の条件にマッチしたガス会社を無料でご紹介します。協会独自の「ガス料金見守り保証」を付けておりますので、契約後の不透明な値上げの心配がありません。

ガス料金見守り保証

「ガス料金見守り保証」とはガス料金の不当な値上げを防ぐことを目的とし、当協会が業界に先駆けて導入した独自の保証システムです。当協会が紹介するガス会社は、以下のことを約束しています。

  • 当協会の考え方である「高いプロパンガスを"適正価格"で継続的に安定供給できる環境を整備したい」というに趣旨に賛同していただいたガス会社だけが、当協会の会員ネットワークに加盟することができます。

  • 仕入れ価格の高騰または為替レートの大幅な変動以外の理由で値上げをしない。

  • 上記の理由で値上げをした後、仕入れ価格や為替レートが以前の水準に戻った際は元の価格に戻す。

万一、約束と異なる事態が発生した場合には、当協会までお問い合わせください。当協会が事実確認し「適正価格」に戻すよう責任を持って交渉します。


<参考記事> ガス料金見守り保証


まとめ

いかがでしたか。プロパンガスは自由料金制であるため、消費者がガス会社に対して値下げ交渉をすることは可能です。ただし、「現在のガス料金」や「平均価格と適正価格の違い」を正しく把握しておかなければ、値下げ交渉が成立したとしても適正な価格まで下がっていないケースも多々あります。

また、多くのガス会社は、他社に乗り換えられてしまうよりも値下げに応じて引き留めた方が得策と判断します。利益を取り返そうと半年、1年もすれば元の高いガス料金に戻してしまうでしょう。

それでも、値下げ交渉しながら同じガス会社を使い続けますか?

ガス料金を値下げしたければプロパンガス会社を変更するのが一番の解決策です。当協会では「適正価格」でプロパンガスを供給するガス会社を無料で紹介しております。協会独自の「ガス料金見守り保証」が付くので契約後の不当な値上げを心配することがなく、安心して「適正価格」で利用し続けることができます。

まずは、当協会の「料金自動診断」で現在のガス料金が適正かどうかをお調べください。ガス料金がよくわからないけれど気になっている...という方でもお気軽にご相談ください。

 
 








一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |