プロパンガス1m3あたりの料金 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

プロパンガス1m3あたりの料金


         
プロパンガス1m3(1立方メートル)あたりの料金がいくらで、現在お使いのプロパンガス料金が適正な価格なのか?まずはプロパンガス(LPガス)の料金構成やしくみ、エリアごとに料金が異なることなど、しっかりと知り、賢い消費者になりましょう。


意外と知られていないプロパンガス料金のしくみ

基本料金と従量料金の合算

プロパンガスは自由料金です。料金構成においてもいくつかパターンがあります。ここでは、もっとも一般的な「二部料金制」について解説しましょう。

プロパンガス料金は「基本料金」と「従量料金」の2つを合算した価格で成り立っています。電気や都市ガスなどと似たイメージです。

【基本料金】
必ず発生する固定料金です。設備利用料や保守・検針といった人件費なども含みます。

【従量料金】
プロパンガスの使用量に応じてかかる料金で、1m3(1立方メートル)あたりの金額に使用量を乗じて計算します。

このほかの料金構成に、5m3ごと、10m3ごと、20m3ごとなどと使用量に応じて単価が分かれている「スライド制」は、使用量が多いほど単価は安くなる傾向があります。

また、基本料金に含まれる設備利用料金を別に明記した「三部料金制」などもあります。




プロパンガス1m3(1立方メートル)あたりの料金相場を把握しましょう

プロパンガス1m3あたりの料金は?

プロパンガス1m3(1立方メートル)あたりの料金相場を、全国(沖縄県除く)の平均料金を元に算出してみましょう。

全国(沖縄県除く)のプロパンガス平均料金(税抜)

基本料金 5m3 10m3 20m3
1,733円 4,646円 7,451円 12,713円

(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター参照 2019年6月現在)


全国のプロパンガスの平均料金は、基本料金は1,733円。その世帯で5m3使用した場合の請求金額は4,646円、10m3では7,451円、20m3では12,713円という料金データがあります。

これは合算なので、それぞれ基本料金を引いて立方メートルで割ると、5m3では583円、10m3では572円、20m3では549円と、1m3あたりの料金が出ます。

その結果、プロパンガス1m3あたりの料金は570円前後で、ガス使用量が増えると段階を追って単価が安くなっていることがわかります。

※これは、経済産業省の外郭団体「一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」に全国約3,000社から寄せられたデータをもとに、発表されたものです。




各地域、各会社、各世帯でプロパンガス料金はバラバラ

地域によって異なるプロパンガス料金

プロパンガス1m3あたりの料金は570円前後とわかりました。お手元の検針票と比べると、いかがでしょうか? 大きく異なる場合があるかもしれません。それにはいくつか要因があります。

全国エリア別プロパンガス平均料金(税抜)

エリア 基本料金 10m3 20m3
北海道 1,944円 9,106円 15,648円
東北 1,713円 7,908円 13,763円
関東 1,622円 6,726円 11,583円
中部 1,704円 6,991円 11,866円
近畿 1,711円 7,008円 11,905円
中国 1,797円 7,550円 12,744円
四国 1,705円 7,095円 12,101円
九州 1,668円 7,226円 12,092円

(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター参照 2019年6月現在)※九州は沖縄県除く


上述の平均料金表を読み解くと、北海道や東北地方は高くなっています。プロパンガスは人の手でガスボンベを直接配送するため、事業所から遠い場合や配送が困難な地域など、どうしてもコストがかかってしまいます。

しかし、同じ地域であるにもかかわらず、大きく料金差がある場合があります。

会社、販売店ごとにも異なるプロパンガス料金

プロパンガスは自由料金です。そのため、料金にはガス各社それぞれの仕入れ価格や人件費などが反映され、経営方針、経営状況の違いでプロパンガス1m3あたりの料金も違ってきます。



また、悪質な会社になると、さまざまな理由をつけては値上げを繰り返し、たとえ契約時には安くてもいつの間にか高くなっている場合もあります。



まずは目安として、上述の地域ごとの平均料金と比べてみましょう。そこで、疑問が生じたら、それは適正価格で利用できていないのかもしれません。

平均価格より安くても要注意。平均という落とし穴

これまで、「一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」のデータによる平均価格でお伝えしてきました。しかし、このデータにも落とし穴があります。

高めの料金で申告した会社があったとしたら、自然と平均値は上がります。お住まいの地域に、もっと安い料金設定のガス会社がある可能性は否めません。



賢い消費者となるためには、そこから疑っていくことも必要です。平均価格より安くても、適正な価格よりも高く支払っているかもしれません。



ご自身のガス料金に疑問を持った方は、まずは、下記の料金自動診断を試してみてください。検針票をご覧になって、今月の使用量と支払い額を入力するだけで、お使いのプロパンガス従量単価を簡単に割り出すことができます。


 

上記バナーから料金自動診断ができますが、診断のやり方がわからないという方は、下記記事に詳しく説明しています。





より賢く安くプロパンガスを使用する方法

思い込みを捨てましょう!プロパンガスは自由料金

プロパンガスは公共料金のようなもので、どの会社も一律だと考えている方や、不満があってもガス会社の変更はできないと思い込んでいる利用者が多いのも現状です。

再三お伝えしたようにプロパンガスは自由料金です。また、条件さえ整えばガス会社の変更は自由にできます。納得できないのに我慢して利用し続けることはやめましょう。



素人には難しい優良なガス会社探し

ガス料金が高く、ガス会社を変更しようと思っても、いざ自力で優良なガス会社を探すのは至難の業です。プロパンガス会社は、全国約2万社ほどあり、その多くが料金を公表しているわけではないからです。

ガス会社を乗り換えるのは、当協会のようなプロに任せるのが一番ベストな方法です。

平均価格より当協会設定の適正価格

当協会は、「販売事業者間の競争促進と利用者が納得する市場環境整備」を目的に発足した団体です。



販売事業者だけでなく、消費者が納得できる価格を、独自に都市ガスの料金を基に算出し、適正価格として設定。全国110社(2019年9月現在)ものガス会社と連携を取り、消費者に適正料金で提供できるよう活動しています。

また、その地域の平均価格とともに適正価格も掲載しているので、あなたのプロパンガス料金が適正なのか、あるいは、どのくらい高いのかが簡単にわかります。




<参考記事> 適正料金早見表

ガス会社変更は専門家に任せれば簡単、安心

お手元のガス料金が高いと診断されたら、どうすればいいでしょうか。

一番簡単な方法は、プロパンガス会社を変更することです。しかし、ガソリンスタンドと違い、料金やサービスを看板などに掲げているわけではないので、どの会社が安くて、しかも良心的な会社かを判断するのは容易ではありません。



当協会はプロパンガスに関する相談を無料でお受けするほか、ご要望に応じて適正価格で安定供給できる優良ガス会社を無料で紹介しています。

当協会は一般社団法人です。手数料は一切無料、安心して任せていただける便利なサービスです。勧誘なども一切ありせん。お気軽にご利用ください。

また、紹介したガス会社が万一不透明な値上げをした場合、当協会が事実関係を確認し、不適切と判断した際には元の料金に戻すよう責任を持って交渉することを約束した「ガス料金見守り保証」というシステムも策定しました。


<参考記事> ガス料金見守り保証

これは、契約後も安心してプロパンガスを使い続けられるよう、当協会が業界で初めて実現させました。

ガス料金見守り保証




まとめ

プロパンガスは自由料金であるにもかかわらず、消費者に不利な料金設定をされている場合が多々見られます。

相場を知り、地域や会社でも料金が異なるという現状をしっかりと把握し、適正料金のガス会社に変更することで、今よりプロパンガスを安く使える可能性が充分にあります。

料金に関して、不信感や不安を抱かれている方は、お気軽に当協会までご相談ください。








一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |