fb
プロパンガス料金の計算方法:ガス料金相談センター

プロパンガス料金の計算方法

ご利用のプロパンガスの計算方法、
ご存知ですか?

プロパンガスの料金形態は、1種類ではありません。各ガス会社の考え方の違いで、基本的には4種類あります。ご自身が利用しているガス会社が4つのうちのどの形態を採用しているかを知ることで、正しいガス単価の計算方法がわかります。
●プロパンガス料金「4つの形態」
圧倒的に多いのは二部料金制
No. 名 称 特 徴
1 二部料金制 基本料金+従量料金
2 スライド制 基本料金+従量料金(使用量に応じて変動する)
3 三部料金制 基本料金+従量料金+設備使用料
4 原料費調整制度 基本料金+従量料金(原料費に連動して毎月変動する)

4つの料金形態について


1. 二部料金制

4種類の中では一番シンプルな料金形態で、最も多くのプロパンガス会社が採用していると思われます。計算方法は下記の式で表されます。

二部料金制の計算方法


2. スライド制

二部料金制では、従量単価が固定なのに対して、スライド制は使用量に応じて料金が変動します。それ以外は、二部料金制と同じです。

スライド制の計算方法


3. 三部料金制

基本料金と従量料金に「設備使用料」が加算されます。設備使用料の内訳としては、ガスメーター、自動切り替え式圧力調整器、集中監視システムなどがあります。二部料金制と比較すると、基本料金に含まれていた設備使用料の内訳を明示することで、より透明性を高めることにもつながります。

三部料金制の計算方法


4. 原料費調整制度

原料費調整制度は、プロパンガスの輸入価格を一般利用者への販売価格に毎月連動させる料金形態です。原料費調整制度のメリットは、透明性が高いことです。二部料金制や三部料金制で起こりがちな、作為的な値上げや値下げを防ぐことが可能です。この制度は公共料金である都市ガスで採用されている料金形態で、4つの中ではもっとも理想的な料金形態だと思われます。

三部料金制の計算方法


どの形態でも対応可能な当協会の自動診断

当協会の「料金自動診断」は、上記4つの料金形態のいずれでも診断可能です。どのような料金形態であっても、プロパンガス料金の計算方法は「基本料金」と「従量料金」で構成されているからです。もしご不明な点等があれば、フリーダイアルまたはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。


料金自動診断で「高い」と出た方

プロパンガスは自由料金です。高い価格を我慢して使い続ける必要はありません。当協会へご相談いただければ、会員ガス会社の中からお住まいのエリアにピッタリのプロパンガス会社をご紹介いたします。ただし、条件等によりご希望に添いかねる場合もありますのであらかじめご了承ください。

また、プロパンガス会社変更にはいくつか条件がありますので、下記をクリックしてご確認しておくことをお奨めします。



spacer



spacer
一戸建ての方集合住宅の方
ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer