プロパンガスの基本料金 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
 

プロパンガスの基本料金



プロパンガスの基本料金は、地域やガス会社によってバラバラです。従量単価ともなれば、料金格差は数倍になることも。ここではプロパンガス料金の基本を知ることで、適正価格のガス会社と契約することがいかに大事か、解説していきます。


皆さんは、毎月請求されるプロパンガスの料金がどのように算出されているか、ご存知でしょうか?

「そんなの、毎月決まっている基本料金に月額の利用料を足した合計でしょ!」と、自信満々で答える人がほとんどだと思います。

でも、住んでいる地域や契約しているガス会社によって基本料金に大きな差があることを知ったら、どうでしょう?

少しでも安い基本料金のガス会社に変えたいと思うのが本音でしょう。

このように、プロパンガスの料金の基本を知っているのと知らないのとでは、家計の節約に大きな差が出てくることになります。

ここでは、なぜプロパンガスの基本料金がバラバラなのか、安すぎる単価はどうして危険なのかなど、プロパンガス料金の基本を分かりやすく紹介していきます。

高いガス代に悩んでいる人、契約しているガス会社を変更したい人、引越しで新しいガス会社を探している人など、ぜひ参考にしてください。


基本料金ってなに?

「プロパンガスの基本料金ってなに?」
「なぜ払わなければならないの?」

このような疑問を抱く方は少なくないと思います。

そもそもプロパンガスは、都市ガスのように地中に張り巡らされた配管網から供給されるのではなく、建物脇に設置された大きなガスボンベによって供給されます。

そのため、ガス会社はボンベが空になる頃を見計らって、その都度ボンベを交換しに行かなければなりません。ここが都市ガスと大きく違うところです。

プロパンガスは、ボンベの配送に人員を手配する必要があるため、基本料金は都市ガスよりも割高に設定されています。

ボンベの配送に手間のかかる山間部や坂の多い地域など、環境が厳しいエリアに住んでいる場合には、さらに高めに設定されていたりもします。

ボンベの配送費以外にも、下図にあるとおり、ガス漏れ対応への保安管理費や、ガスメーター、自動切換え調整器の維持費、さらには、月一回の検針のための家庭訪問など、さまざまな経費がかかっていることが分かります。

現在の基本料金の内訳

  • ボンベの配送費
    ボンベの
    配送費
  • 保安管理費(ガス漏れ対応)
    保安管理費
    (ガス漏れ対応)
  • 検針費用(月一回)
    検針費用
    (月一回)
  • ガスメーター維持費
    ガスメーター
    維持費
  • 自動切換え調整器費用
    自動切換え
    調整器費用

なぜ基本料金はバラバラ?

しかしこの基本料金、実は地域やガス会社によって料金に違いがあることはあまり知られていません。

下記の表を見れば一目瞭然ですが、「都道府県別の平均」をみると、プロパンガスの基本料金は1,500円~1,900円と幅があり、その差は約400円ほども開きがあることが分かります。

2019年8月現在(消費税別)
● プロパンガス基本料金の平均と適正料金 ●
関東地方=ほとんど1,500円でご案内中!
エリア都道府県の平均※一戸建ての適正基本料金賃貸住宅の適正基本料金
北海道 1,953円 1,600円 1,800円
東 北 1,717円 1,600円 1,800円
関 東 1,591円 1,500円 1,800円
甲信越 1,696円 1,500円 1,800円
東 海 1,677円 1,550円 1,800円
北 陸 1,749円 1,600円 1,833円
近 畿 1,716円 1,667円 1,883円
中 国 1,805円 1,600円 1,800円
四 国 1,703円 1,600円 1,800円
九 州 1,650円 1,586円 1,871円
プロパンガス基本料金の平均と適正料金
(2019年8月現在・消費税別)
関東地方(戸建)1,500円でご案内中!
※各エリア別の詳細情報はこちら
エリア 都道府県
平均※
一戸建て
適正基本料金
賃貸住宅
適正基本料金
北海道 1,953円 1,600円 1,800円
東 北 1,717円 1,600円 1,800円
関 東 1,591円 1,500円 1,800円
甲信越 1,696円 1,500円 1,800円
東 海 1,677円 1,550円 1,800円
北 陸 1,749円 1,600円 1,833円
近 畿 1,716円 1,667円 1,883円
中 国 1,805円 1,600円 1,800円
四 国 1,703円 1,600円 1,800円
九 州 1,650円 1,586円 1,871円
※ 出典:都道府県の平均=エネ研・石油情報センター(2019年8月)

ただ、この表はあくまでも、住んでいるエリア別の基本料金です。各家庭ごと、ガス会社ごとの料金のバラつきまでは分かりません。

しかし、当協会は2009年から今日まで、およそ10年間もの長きにわたって多くの相談者の料金体系を検証してきました。この経験から言えることは、関東圏における各家庭やガス会社ごとの基本料金にはだいたい300円程度の開きがあることが分かっています。

例えば、関東の一戸建ての場合、プロパンガスの基本料金は多くが1,500円ですが、ガス会社によっては1,600円台~1,700円台であったりと、その料金設定は各社でバラバラです。

当協会に相談してきた方の中には、1,800円という高額な基本料金を毎月請求されている利用者もいました。

なぜこれほどまで基本料金にバラつきがあるのかといえば、それは、プロパンガスが自由料金制であるからにほかなりません。

つまり、プロパンガスの基本料金や単価などの販売価格は、ガス会社が独自で決定することが許されているということです。これが、自由料金制です。

プロパンガスは自由料金制

さて、皆さんは「プロパンガスは自由料金!」と聞くと、「え?」と驚かれる方がほとんどだと思います。というのも、プロパンガスは地域ごとに同じ料金だと勘違いしている方が意外と多いからです。

最近は、電気や都市ガスが自由化されたおかげで、プロパンガスユーザーも家計の光熱費にはとてもシビアになってきました。現在契約しているガス会社の料金体系が気に入らなければ、別のガス会社に乗り換えようと考える人も増えています。

けれどその一方で、いまだに「プロパンガスの料金体系は一律」と信じて疑わない人がいることも事実です。

勘違いしてはいけません。プロパンガスはずっと以前から自由料金制です。

これはどういうことかというと、プロパンガスの基本料金や単価などは、各ガス会社が独自に決めて販売してもよいということです。つまり、高い値付けをするガス会社もあれば、安く売ってくれるガス会社もあるというわけです。

関東を例に上げるなら、当協会が適正とする一戸建てのプロパンガスの基本料金は1,500円だと考えます。けれど、ガス会社によっては、適正を大きく超えて1,800円近くもの高い基本料金を設定しています。

いくら自由料金制とはいえ、こんなに高い基本料金を請求されるのでは、利用者にとってはたまったものではありません。

本来なら1,500円が適正価格であるところを、1,800円も請求されれば、月々300円も余計に払っていることになります。年間だと3,600円、10年間では36,000円もの大損です。

さらに、プロパンガスの料金は基本料金だけではありません。毎月の請求額の大半を占めるのは従量料金です。この従量料金を算出する1m3あたりの従量単価にいたっては、なんと契約しているガス会社によって数倍以上もの違いがあるのが普通です。

これが、自由料金制の怖いところなのです。

実は単価もバラバラ

従量単価について、もう少し詳しく検証してみましょう。

プロパンガスの従量料金は、使用量1m3あたりの従量単価をもとに算出されます。この従量単価も、当然、自由料金制の名のもとに、各ガス会社は自由に値段を設定しています。

ただ基本料金と違うところは、プロパンガスの単価は、輸入原価をもとに決定しているので、CPや為替の影響を受けて変動することがあるという点です。

よくあるのは、「原油の高騰による値上げ」です。プロパンガスは輸入によって賄われているエネルギーなので、 輸入価格が上がると原価高になります。そうなるとガス会社としては、これまでと同じ利益を確保するためには、販売価格を上げるしかありません。

多くのガス会社が「原油高騰のため」という理由でやむなく単価を上げるのはこのためです。

しかし、高騰した原油価格は、しばらくすると元の水準に戻ります。良心的なガス会社であれば、原価が元の価格に戻れば、値上げした単価もきちんと元に戻してくれます。けれど、そのような良心的な配慮をしないガス会社も多いので、単価のバラつきはどんどん加速してしまいます。

当協会への相談で、ガス代が高くて困っているという利用者のほとんどがこのケースです。契約時の単価は300円くらいだったのに、その後、単価がどんどん値上げされ、気づいたら倍以上の650円だった、なんていう方もざらにいます。

基本料金の料金格差はせいぜい300円程度ですが、単価の格差の幅は倍以上に広がることもあるので、月々のガス代は、下図のように、ほぼ倍近く違ってくることになります。

自由料金制の名のもとで、このような単価の値上げという悪弊がまかり通ってしまうのは非常に残念です。けれども最近は、条例で料金表示を徹底するような指導もされ始めてきているので、徐々にこのような悪弊はなくなっていくでしょう。

それまでは、自己防衛しか方法はないと考え、賢いガス会社選びが大切になってきます。

ガス料金のしくみ

このように、プロパンガス料金は、契約するガス会社によってずいぶん差があることが分かりましたが、実は、料金の計算方法にも、いくつかの種類があります。

自分の契約しているガス会社がどの計算方法を採用しているかを知ることは、ガス料金を正確に把握するためにも必要な知識です。

詳しく解説していきましょう。

4つの料金体系

二部料金制

4種類の計算方法のうち、この二部料金制を採用しているガス会社が一番多いと言われています。計算方法は下記の式で表されます。

請求額=基本料金+従量料金 20m3使用の計算例

これは、毎月固定の基本料金と、使用量に応じて支払う従量料金の二つを合算した計算方法なので、二部料金制と呼ばれます。
二部料金制の従量料金は、使用量に単価を掛けたシンプルな計算方法なので、使用量が多ければ多いほど、従量料金は高くなります。

スライド制

スライド制も、二部料金制と同じく、毎月固定の基本料金と従量料金の合算です。しかし、スライド制の従量料金は、二部料金制とは違って、ガスの使用量に応じて従量単価が変化するところに大きな違いがあります。

スライド制の計算方法

請求額=基本料金+従量料金 20m3使用の計算例

スライド制の従量料金の計算方法は、上図のように、使用量が多くなればなるほど1m3当たりの従量単価がだんだん安くなる、つまり、スライドしていくという計算方法です。
使用量が多くなればなるほど単価が安くなるので、プロパンガスの使用量が多い家庭や業務用としてプロパンガスを使う店舗(飲食店、美容室、陶芸・ガラス工房など)で多く採用されています。

三部料金制

三部料金制は、基本料金と従量料金の上に、さらに「設備使用料」を加算する方法です。

三部料金制の計算方法

請求額=基本料金+従量料金+設備使用料 20m3使用の計算例

この三部料金制は一見すると、二部料金制の計算方法にさらに「設備使用料」が上乗せされているように見えますが、決して二部料金制より高くなるわけではありません。

この設備使用料の内訳には、配管工事代やガスメーター、ガス漏れ警報器、集中監視システムなどがありますが、これは本来、二部料金制では基本料金に含まれていたものです。あえてこの部分の内訳を別に明示して分かりやすく請求しているだけなので、より透明性の高い計算方法であるといえます。

原料費調整制度

原料費調整制度は、プロパンガスの輸入価格を一般利用者の販売価格に毎月連動させる料金体系です。

三部料金制の計算方法

請求額=基本料金+従量料金 20m3使用の計算例

この計算方法のメリットは、なんといっても透明性が高いことです。二部料金制三部料金制だと、単価はガス会社のいわば言い値なので、悪いガス会社に捕まってしまうと、作為的な値上げや値下げを防ぎきれません。

しかし、この原料費調整制度は、原油価格が上がると、2円、4円というレベルで1m3当たりの従量単価も値上げされますが、原油価格が元に戻れば、従量単価もそれに応じてきちんと値下げされます。

プロパンガスの輸入価格が毎月正確に反映されるので、4つの料金体系の中ではもっとも透明性の高い料金体系だと考えられています。


このように、プロパンガスの料金は、その計算方法においても顧客やガス会社によって、4つの計算方法が任意で採用されていることが分かります。

こうしてみると、プロパンガスの料金は、基本料金や従量単価、またその計算方法にわたるすべてにおいて、ガス会社の意向が強く反映されるものであることがよく分かります。
悪質なガス会社と契約してしまうと、乱脈な料金体系の餌食になる恐れがあるということです。

さらに紛らわしいことに、プロパンガスの料金には、次のようなさまざまな種類の料金が乱立しており、これが消費者を惑わせる要因ともなっているので注意が必要です。

いろいろなガス料金

プロパンガスの料金についてちょっと調べてみると、「平均価格」「適正価格」、はたまた、「売込価格」など、さまざまな種類の「料金」が出てきて、なんのことかさっぱり分からないという方も多いでしょう。

次に説明するのは、そんな、色々なプロパンガスの「料金」についてです。自分のエリアの「適正価格」を知らないと、「売込価格」「平均価格」にすぐだまされてしまいます。そうなると、ガス代の節約は一生できません。プロパンガスユーザーなら、ぜひ覚えておいて欲しい知識です。

激安価格=売込価格

ここでは、プロパンガス会社の営業が自宅を訪問してきたAさんを例に、分かりやすく解説していきましょう。

埼玉県の大都市に住んでいるAさんは、新築時からずっと同じガス会社を使っています。ある日、Aさん宅によそのガス会社の営業マンが訪ねてきて、こう言い放ちました。

「お宅のガス料金、高くないですか?」
「うちのガス会社に乗り換えれば、もっと安くなりますよ!」

「ガス代が高い」と言われたAさんはびっくりして、思わず今月の検針票を渡してさらに詳しく話を聞いてみました。

その営業マンによれば、Aさんのプロパンガス料金の単価は、現在、560円でした。
もし、このガス会社に変更すれば、単価は250円にしてくれるとのこと。

なんと、今のガス会社の半額以下の激安価格です。

Aさんは、こんなオトクな買い物はないとばかりに、すぐ新しいガス会社に変更したそうです。

さて、このAさんは、ガス料金の節約に成功したといえるでしょうか。いいえ、これは成功どころか、節約の大失敗です。

なぜなら、250円は安いと思って契約したAさんの単価は、その後、徐々に値上げされ、数年もしないうちにもとの560円に戻る可能性が非常に高いからです。悪質なガス会社だとそれ以上の単価に値上げされる可能性だって否定できません。

先にも述べたとおり、プロパンガスは自由料金です。基本料金や単価など、プロパンガスの料金設定はすべてガス会社の自由裁量です。
単価の設定から値上げのタイミング、その頻度まで、すべてガス会社が独自で決めることが許されているのです。

Aさんに営業マンが提示した激安価格は、顧客にとってはとても魅力的ですが、これにだまされてはいけません。これは契約を取るためだけに設定された一時的な安値、つまり「売込価格」なのです。

こんな安値ではプロパンガス会社も経営が成り立ちませんから、契約後は当然、さまざまな理由を付けて値上げをくり返してきます。
最初は安かったのにその後どんどん値上げされてしまえば、結局は高いガス会社と契約しているのと同じになってしまいます。

これが、激安価格のおそろしいところです。訪問営業の安すぎる売込価格にはくれぐれも注意してください。

平均価格

次に、平均価格について解説します。

ここでは、千葉市に住む大家族のBさんを例に説明しましょう。

Bさんの家は、育ち盛りの子ども3人に加えて祖父母とも同居している大家族世帯です。そのため、月々のプロパンガスの使用量はいつも20m3近くになり、毎月のガス代の高さには頭を抱えていました。

そんなある日、Bさん宅のポストにガス会社からのチラシが入っていました。そこには、「原油高騰のため、来月から値上げします」とあります。Bさんはもう我慢できないと思い、ガス会社に値下げ交渉をしてみました。

すると、Bさんはガス会社にこう言われたそうです。
「お宅のガスの単価470円は、この地域の平均価格の486円より安いんですよ!」

「大家族を考慮して平均より安くしてあげてるのに・・・」というガス会社に、暗にたしなめられたかっこうのBさんは、なんだか恥ずかしくなりました。
「それなら仕方がない、これからは使用量を減らすことでガス代を節約しよう」と心に決めたということです。

さて、Bさんのガス代の節約方法は、本当に使用量を減らすことだけなのでしょうか。

そんなことはありません。

「平均価格より安い」というこの殺し文句には、大きな落とし穴がひそんでいることを理解してください。実はこれも、ガス会社によって操作された「まやかしの数字」に過ぎないからです。

詳しく検証してみましょう。
現在のBさんの単価は470円です。ちなみにBさんが住むこの地域のプロパンガスの平均価格は486円です。ガス会社の言う通り、確かにBさんのプロパンガス単価は、平均価格に比べて16円ほど安いです。

けれども、後ほど説明する「適正価格」280円に比べると、Bさんの現在の単価はなんと、190円も高いのです。

誰でも、自分のガス代が平均より安いと分かれば、安心するものです。ガス会社はそんなBさんの気持ちに漬け込んで、料金交渉を突っぱねたのです。

そもそも、平均価格とはいったい何でしょうか。
これは、一般社団法人である日本エネルギー経済研究所の石油情報センター(以下、エネ研・石油情報センター)が、市況調査という名目で各プロパンガス販売店へ調査をして算出した、LPガスの小売価格のことです。

公平かつ公正な立場であるエネ研・石油情報センターが算出した平均価格であれば、なんの問題もないと皆さんは思うかもしれません。その証拠に、この平均価格はエネ研・石油情報センターのホームページに毎月公表されているので、誰でもチェックすることができます。

けれど問題なのは、この平均価格の算出方法にあります。つまり、エネ研・石油情報センターの平均価格は、全国のプロパンガス会社の自己申告をもとに地域ごとの平均を出しているので、まったく信ぴょう性がありません。平均価格を高くしておけば、高い利益が取れるので、意図的に多くのガス会社が自社の単価を高く申告している可能性があるからです。

なぜこんなことがまかり通っているかというと、自由料金制の名のもとに各ガス会社がやみくもに安値合戦をしてしまうと、業界全体が儲けの薄い商売しか出来なくなってしまうからです。

そうならないために、プロパンガス業界「平均価格」という、いわば談合のような業界横並びの高い料金設定を推奨することで、過度な価格競争を避けてきたのです。

プロパンガスはずいぶん前から自由料金制でしたが、これが世間に浸透してこなかった理由は、この「平均価格」が隠れ蓑のように作用していたことも原因の一つです。

このように、プロパンガスの平均価格は、ガス代を判断する指標としてはまったくあてにならないということが、よく理解できたと思います。

では、AさんやBさんはいったいどうすれば、ガス代の節約ができるのでしょうか。

結論から言うと、格安価格平均価格ではなく、適正価格のガス会社に変更すればよいのです。
どういうことか、説明していきましょう。

適正価格

これまで説明してきたように、プロパンガスの料金には、さまざまな種類や計算方法があることが分かりました。その上、契約しているガス会社の方針によっても、料金格差はさらに広がってゆく理不尽な現実も理解できたと思います。

プロパンガスは自由料金なので、料金がバラバラでも決して違法ではありません。けれども不当に高い料金を払わされている利用者がいる現実は憂慮すべきことです。

そこで、当協会が業界に先駆けて導入したのが、「適正価格」です。

これは、当協会が独自に定めたプロパンガス料金の価格帯で、不当な値上げや高額な単価に悩まされることの多いプロパンガスの利用者でも、安心して利用できる価格環境を整えるため、当協会が独自に取り決めたものです。

当協会の会員ガス会社は、この適正価格の趣旨に賛同してくれているので、よほどの情勢変化がない限り、継続的に安定した金額で供給することができます。

適正価格は、決して格安ではありませんが、その代わり、長く安定して適正価格が維持されることで、長期的なガス代の節約につながります。

それを保証するのが「ガス料金見守り保証」です。

ガス料金見守り保証

これも当協会がオリジナルで設けた保証制度です。この「ガス料金見守り保証」があれば、不透明な値上げをブロックすることができるので、利用者は長く継続的に適正価格でプロパンガスを利用できるというわけです。

もし、AさんやBさんが、プロパンガスの料金についてこのような正しい知識を持っていたら、ガス会社の詭弁をすぐに見抜き、次のような賢明な判断ができたはずです。

Aさんの場合

  • 営業マンが提示してきた「激安料金」は、別名「売込価格」
  • 契約後には必ず値上げされることが前提なので、いずれ高くなる!
  • 激安料金を平気で提示するあやしいガス会社ではなく、適正価格のガス会社に変更しないと、料金メリットはないも同然!

Bさんの場合

  • ガス会社は平均価格を基準に「安い」と弁明しているが、平均価格はもともと高めの料金設定。
  • うちのガス代は平均価格より安くても、適正価格より高いので、アウト!
  • 適正価格のガス会社への変更を検討すべし。

このように、AさんとBさんにとってベストなガス代節約方法は、適正価格のガス会社に変更すること、これが究極の節約方法なのだということが、お分かりいただけたと思います。

「でも、適正価格のガス会社ってどうやって探すの?」と思った方のために、簡単に説明しておきましょう。

ガス会社の選び方

プロパンガス会社を選ぶ際は、適正価格を長く維持してくれる良心的なガス会社と契約しなければ、ガス代の節約メリットは得られません。

そこでまず初めにやることは、現在あなたが契約しているガス会社が、適正価格のガス会社かどうか、チェックすることです。

従量単価を知る

あなたは、自宅のプロパンガス料金の従量単価がいくらか答えられますか?

従量単価は、プロパンガス料金の内訳の中でもっとも重要な指針となるものです。実はこれを把握していない方が非常に多いのはとても残念です。けれど、ほとんどのガス会社は検針票に従量単価を記載していないので、これは仕方がないことです。

しかし、自宅のガス代が妥当かどうか判断するには、この従量単価をきちんと把握しているか否かが重要なポイントなので、常に把握するように心がけてください。

従量単価を知るには、なにも難しい計算はいりません。
当協会の料金自動診断で簡単に判明するので、ぜひ、これでチェックしましょう。

料金自動診断でチェック

まず、お手元に検針票を用意してください。

次に、下記の料金自動診断バナーのプルダウンメニューからあなたがお住まいの都道府県を選び、緑色の「無料料金自動診断をする」ボタンをクリックします。

 
 

すると、料金自動診断ページが表示されるので、お手元の検針票を見ながら、使用量と合計の請求金額を入力します。

あとは「診断する」ボタンをクリックするだけ。すぐに診断結果が表示されます。

この料金診断バナーのすごいところは、自宅のプロパンガスの単価適正価格を瞬時で診断してくれることです。
しかも、当協会の会員である適正価格のガス会社に変更すれば、月間と年間でどれくらいガス代が安くなるか、シミュレーションもバッチリやってくれるので、とても便利です。

ぜひ活用してください。

適正価格のガス会社に変更

さて、料金自動診断でガス代が「高い!」と診断された方は、あなたが現在契約しているガス会社が適正価格ではない可能性があります。

また逆に「かなり安い!」と診断された方も、要注意です。その激安価格は、今後、どんどん値上げされ、法外に高い単価で高止まりし、延々と高いガス代を請求される可能性も考えられます。

どちらの場合でも、適正価格のガス会社に契約変更することで、ガス代が今より安くなる可能性は十分にあるので、当協会へぜひご相談ください。
無料でガス会社の乗り換えサポートをいたします。

適正価格の維持と保証

最後に、当協会の会員ガス会社に変更した場合のメリットを簡単に紹介します。

メリット1.値上げの心配がない

当協会の会員ガス会社は、適正価格でプロパンガスを供給できるガス会社ばかりです。ガス会社に負担がなく、利用者も納得いただける適正価格でプロパンガスを提供しているので、よほどの情勢変化がない限り、継続的に安定した金額で供給することができます。

メリット2.適正価格が維持される

当協会経由でガス会社を変更した方には、「ガス料金見守り保証」という無料の保証制度が付きます。契約しているガス会社に万が一不透明な値上げが見られた場合、当協会にご相談いただければ、利用者に代わって交渉するシステムとなっているので安心です。

ガス料金見守り保証

メリット3.ガス代が節約できる

適正価格のガス会社に変更できれば、値上げの不安から解消されるだけでなく、長期的なガス代の節約につながります。年間のガス料金を大幅に節約できることを考えれば、一日も早く当協会の会員ガス会社に変更することをおすすめします。

いかがでしょうか。

プロパンガスの料金の基本を知ることは、ガス代の浪費、ひいては家計の浪費を防ぐうえでとても大事なことだとお分かりいただけたと思います。ガス代節約の第一歩は、何よりもまず、適正価格のガス会社と契約することから始まります。悪質なガス会社のカモにならないためにも、ぜひ参考にしてください。







一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安のプロパンガス料金は必ず上がる プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 分譲マンション・社宅等にお住まいの方 アパートにお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声 2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ 引越し達人

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート入居者の方からのご相談は受付しておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |