プロパンガスのメリットとデメリット :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 知識

プロパンガスのメリットとデメリット


         
プロパンガスは都市ガスより高いとされますが、優良なガス会社と契約をすることで料金面はカバーできます。プロパンガスはどこでも利用でき、安全性が高いというメリットを持ちます。プロパンガスのメリットとデメリットを解説。

プロパンガスのメリットとデメリット


プロパンガスとは?

プロパンガスとは?

プロパンガスとは「プロパン」を主成分とする液化石油ガスです。液化石油ガスはプロパン・ブタン・プロピレン・ブチレンなどの混合物ですが、家庭用として販売されるものにはプロパンが多く含まれているため、プロパンガスと呼ばれます。

また、プロパンガスはLPガスとも呼ばれますが、その理由は液化石油ガスを英語で「Liquefied Petroleum Gas」と表記するためです。プロパンガスを利用する世帯数は年々減少する傾向にありますが、それでも2019年現在、2,200万世帯で使用されています。プロパンガスは、ガスコンロや給湯器など私たちの生活に欠かせない燃料として長年利用されてきました。

プロパンガスの性質・特徴

プロパンガスは空気より1.5倍も重いので、空気中に放たれると床を這うように広がります。一般的な換気扇は空気より軽い都市ガスを基準に天井部に近いところに設置されていますが、プロパンガスをご利用中の方は床に近い部分での換気が必要です。

また、プロパンガスは加圧や冷却をすることで簡単に液化できます。液化されたプロパンは気体時より1/250も圧縮されますので、各家庭に供給するときには効率を重視し、液化した状態で充填・配送される点も特徴です。

ちなみに、プロパンガスは本来無臭の物質ですが、万が一ガス漏れが起きた場合、すぐに気が付くよう、あえて臭いを付けています。プロパンガスに付けられた臭いはタマネギの腐敗臭と似ているので、ガス漏れのときはすぐ気付きやすくなります。

プロパンガスのメリット

プロパンガスのメリット

プロパンガスのメリットは、以下の5点です。

  • 都市ガスより熱量が大きい
  • ガス管の通っていない地域でも設置できる
  • 災害が起きても復旧が早い
  • 安全性が高い
  • 身体や環境にやさしい

各メリットを詳しく解説していきましょう。

熱量が都市ガスの2倍以上

1m3あたりの熱量をプロパンガスと都市ガスで比べると、以下のようになります。

都市ガス プロパンガス
約10,750kcal 約24,000kcal

このように同量のガスを使用しても、プロパンガスは2倍以上の強い火力を出せるのです。

当協会の計算によれば、東京都では、プロパンガスは従量料金280円が適正価格となっています。都市ガス(東京ガス)の従量料金が約130円(2019年3月現在)ですので、料金だけを見ると都市ガスのほうが安く思えますが、両者の熱量を揃えると価格差はほぼなくなります。


<参考記事> 適正価格早見表

プロパンガスを適正価格で契約さえすれば、「プロパンガスは都市ガスより高い」という理論は一概にいえないのです。

ガス管の通っていない地域でも設置できる

都市ガスで使用するガス管は都市部を中心に整備されているため、少し郊外に行けばガス管が通っていない場合も少なくはありません。都市ガスはガス管が自宅まで通っていなければ使用できないので、全国どこでも利用できるとは限りません。

しかし、プロパンガスはガスボンベやメーターといった設備を自宅に取り付ければどのような地域でも使用できるため、たいへん便利です。

災害時の復旧が早い

プロパンガスは、自宅に配送されたガスボンベから直接ガスが供給されます。万が一、地震などの災害が起きたときも、各ご家庭に設置されているガスボンベ周辺を修理および点検するだけで迅速に使用が再開できます。

一方の都市ガスは、ガスホルダーに貯蔵してあるガスを地中のガス管を通じて各家庭に供給するので、災害が起きるとガス管が破損していないか掘り起こして検査したり、破損していれば大掛かりな修理が必要となります。

2011年に起きた東日本大震災でも一番に復旧したライフラインがプロパンガスでした。災害時でも、ガスが復旧すればお風呂や調理といった生活に欠かせない部分がいち早く使用できるようになるので安心です。

安全性が高い

プロパンガスはガスボンベがむき出しになっているため、「突然ボンベが爆発するのではないか」と危険に感じる方もいるでしょう。しかし、プロパンガスのガスボンベは非常に耐久性が強く、地震などで転倒したとしても平らな場所であれば破損することはありません。

また、ガスボンベにつながっている供給ホースは一定の圧力がかかるとガスの放出が止まる仕組みとなっているタイプもあり、業界では普及に努めています。

また、プロパンガスが原因となる事故は都市ガスよりも少なく、平成29年の事故発生状況を確認しても、プロパンガスを使用している2,200万世帯のうち、何らかの事故が起きた世帯はわずか185世帯となっています。しかも、その185世帯の事故では大きな爆発が起こっておらず、負傷者も0人となっていますので、いかにプロパンガスが安全かわかっていただけるでしょう。
(出典元:平成29年のLPガス事故発生状況 経済産業省 産業保安グループ ガス安全室)

身体や環境に優しい

プロパンガスは、石炭やガソリンといった化石燃料の中でも二酸化炭素排出量が少ないエネルギーの一つです。そのため、地球温暖化やオゾン層破壊といった環境問題に寄与します。

また、プロパンガスはガスボンベへ充填する前に硫黄や残渣分などの不純物が含まれていないことが十分チェックされています。不純物が含まれていないということは、調理やお風呂など、室内でガスの使用時も安心できるということです。

ここまでプロパンガスは身体にも環境にも優しいとお話してきましたが、プロパンガスの臭いが気になる方もいらっしゃると思います。そもそも、プロパンガスは無臭の物質です。プロパンガスの臭いは万が一ガス漏れが発生した場合にもすぐに気付けるよう人工的に付けているだけなので、プロパンガス自体に毒性はありません。

プロパンガスのデメリット

プロパンガスのデメリット

このようにメリットの多いプロパンガスですが、以下のデメリットもあります。

  • 料金を不当に値上げされるリスクがある
  • 初期費用が無料でも安心できない

プロパンガスの契約時には、上記の2点について、トラブルとなりやすいので注意が必要です。しかし、それぞれのデメリットには解決方法がありますので、ご安心ください。

料金を不当に値上げされるリスクがある

プロパンガスは自由料金制なので、ガス会社によって料金を自由に設定できます。そのため、プロパンガス業界ではこの仕組みを利用し、「価格間競争をしない」「他社の顧客を取らない」といった独自ルールで高止まりした料金を利用者に提示してきました。



しかし、ガス会社によっては、多くの顧客を獲得するため、250円前後といった非常に安い従量単価で契約を迫ってくるところもあります。従量単価の安さは、顧客には非常に魅力的ですが、プロパンガス会社にとっては、200円程度の従量単価では赤字経営となってしまいます。

このようなガス会社は契約時に「絶対に値上げはしません」などと言ってきますが、契約後は「仕入れ価格が高騰した」などの理由を付けて値上げをしてくることが多いので、注意が必要です。

契約後の値上げに注意!

現在日本で利用しているプロパンガスは、その多くを輸入に頼っています。そのため、仕入れ価格が高くなれば従量単価を上げなくてはならないこともあるでしょう。しかし、仕入れ価格は需要の高まる冬に高騰し、需要が低くなる夏ごろには元の価格へ戻ることが多いです。通常であれば、仕入れ価格が下がるタイミングで値上げされた従量単価も元に戻るべきですが、プロパンガス業界のほとんどは値下げを行いません。それどころか、しばらく経つと再び同じ理由で値上げをしてきます。

利用者の多くは仕入れ価格が1年の中で上下することを知らないので、「仕入れ価格が上がりました」と言われれば、何の疑問も抱かず値上げを受け入れてしまう人が多いのです。

現在は「液石法」が改訂されたため、事前通告なしの値上げはできなくなりました。しかし、多くのガス会社では未だに、検針票の端に小さな字で記載しているだけで通告義務を果たしたと思っているのです。本来なら"案内文書"で告知すべきですが、検針票は"価格改訂の文書"ではないでしょう。

プロパンガスは悪質な会社と契約をしてしまうと不透明な理由で値上げを繰り返されてしまいます。そこで、当協会ではプロパンガス業界透明性促進のために、「適正価格」という概念を導入しました。


<参考記事> 適正価格早見表

プロパンガスは都市ガスより人件費や管理費などがかかるため、従量単価を同じにすることは無理でも、都市ガスの2割増し程度までは下げたいと思っています。これが私たちの定める「適正価格」の定義です。

当協会に所属するプロパンガス会社は、いずれも「不当な値上げをしない」ことを約束した優良なガス会社です。当協会までご相談いただけましたら、紹介料などの費用は一切無料で適切なガス会社をご紹介させていただきます。お気軽にお声がけください。


初期費用が無料でも安心できない

プロパンガスを契約すると、ガス管工事やメーター機器などにかかる初期費用が発生します。多くのガス会社ではこれらの初期費用を「無償貸与」としていますが、無償貸与は無料ではありません。無償貸与は、ローンのように費用を払い込んだ後に自分の物となるという約束です。

無償貸与期間はガス会社によってまちまちですが、多くの場合15年となっています。そのため、契約後まもなくガス会社を変更もしくは解約してしまうと、ガス管工事費やメーター機器設置費用などの残債を支払わなければならないので注意をしましょう。


<参考記事> 無償貸与契約

無償貸与システムの過剰な上乗せに注意!

さて、無償貸与システムで最も注目したい点が、上乗せされる金額です。

通常であれば、ガス管工事費やメーター機器設置費用のみが毎月の料金に上乗せされ、請求されます。しかし、ガス会社によっては必要以上に料金を上乗せしてくるところもあるようです。
ガス管工事費用のみの場合、純粋な上乗せ金額は50円前後ですが、悪質なガス会社と契約をしてしまうと、毎月100円前後の料金を上乗せされることがあります。

過剰な上乗せを防ぐためには、優良なガス会社との契約が不可欠です。しかし、全国には約2万社のガス会社が存在しますので、その中から個人で優良なガス会社を見つけ出すことは難しいことでしょう。

万が一、不透明な値上げや上乗せ請求が見られた場合には当協会が責任を持って対応し、適正価格の範囲内までの値下げ交渉を行います。もちろん交渉にかかる費用は無料です。プロパンガスの無償貸与契約を安心して結びたい方は、ご契約前に一度当協会までご相談ください。皆様のお話を伺った上で最適なガス会社を無料で紹介させていただきます。

プロパンガスのデメリットは解決できます!

プロパンガスのデメリットは解決できます!

プロパンガスは料金面でデメリットがあるとお話してきましたが、これらのデメリットはガス会社を変更することで解決できます。

料金が高いと感じたらガス会社の変更を

プロパンガス会社は一度契約をすると変更できないと思われがちですが、基本的にいつ解約をしても問題ありません。ただし、現在契約をしているガス会社に変更の申し出を行うと、非常に高い確率で強い引き留めを受けます。その場合、ガス会社からは以下のような提案を受けるかもしれません。

  • 従量単価を大幅に値下げします
  • 今後一切値上げをしません

しかし、これらの提案はいずれも一時的なものです。適正価格より低い従量単価ではプロパンガス会社に利益が出ないので、大幅な値下げ後は必ず値上げのリスクが高まります。利用者に怪しまれないよう、値下げから半年~1年の間でじわじわと値上げを行い、いつの間にか以前より高い料金に戻すのです。

ガス料金の大幅値下げは非常に魅力的ですが、下がった料金は再び値上げをされると考えていた方が良いと思います。もし、ガス会社解約時に値下げの提案を受けたとしても、断ることが大切です。

とはいえ、一人の力でガス会社の強い引き留めを断りつつ新しい優良ガス会社を探すことは、非常にハードルの高い作業になります。そこで、当協会では利用者の皆様に変わってプロパンガス会社変更のお手伝いをしております。私どもと一緒に行うプロパンガス会社変更の流れは次項で詳しく解説していますので、ガス会社の変更をご希望の方は、ぜひご覧ください。

当協会が安心の優良ガス会社をご紹介

当協会が安心の優良ガス会社をご紹介

プロパンガス料金消費者協会では、紹介料を一切いただくことなく、利用者の皆様へ優良なガス会社をご紹介しています。紹介料等をいただかないのは、ガス会社からの月会費でまかなっているためです。
当協会からご紹介するガス会社には、不当な値上げをさせない「ガス料金見守り保証」を付けていますので、紹介後の保証も万全です。


<参考記事> ガス料金見守り保証

この項目では「ガス料金見守り保証」の内容や、プロパンガスの会社変更を当協会でお手伝いさせていただくときの流れを解説していきます。

不当な値上げをさせない「ガス料金見守り保証」

「ガス料金見守り保証」とは、プロパンガス料金の不当な値上げを防ぐことを目的とし、当協会が業界に先駆けて導入した独自の保証システムです。当協会に所属するガス会社は「ガス料金見守り保証」の規約に則り、以下のことをお約束しています。

  • 適正価格を守ること
  • 仕入れ価格の高騰または為替レートの大幅な変動以外の理由で値上げをしないこと
  • 上記の理由で値上げをした場合、仕入れ価格や為替レートが以前の水準に戻ったときは元の価格へ戻すこと

このように、私どもがご紹介するガス会社は不当な値上げを行わないプロパンガス会社のみとなっていますが、万が一ということも考えられるでしょう。
その場合、下記連絡先までご連絡をいただけましたら私共が責任を持って値上げ前の価格まで戻すように交渉いたしますので、ご安心ください。


当協会でのプロパンガス会社変更の流れ

当協会では一切の手数料をいただくことなく、プロパンガス会社の変更手続きをお手伝いしております。優良ガス会社の選定から解約までの手続きをすべて代行いたしますので、「どのガス会社を選んだらよいのか分からない」「解約の申し出を言い出しにくい」という方も安心です。

現在ご契約中のプロパンガス会社を変更したい方は、以下の手順で手続きを進めてください。

step1

プロパンガス料金消費者協会へ「ガス会社探し」を依頼

ガス会社探しのご依頼は電話およびメールで承っております。

フリーダイヤル 0120-268-967
一戸建ての方の無料相談
step2

ガス会社のご紹介

お客様のご要望をお伺いした上で、お申込みから1~3日以内に当協会へ所属するガス会社の中から最も条件の良い1社をご紹介させていただきます。

step3

同意確認

ご紹介させていただいたガス会社でご納得いただけた場合、ご提案から1週間以内に同意の旨をご連絡ください。このとき、現在ご契約中のガス会社へ解約の連絡を入れていただく必要はございません。解約の申し出は新しいガス会社が行います。

step4

新ガス会社との打ち合わせ

ご紹介させていただいたガス会社でご納得いただけた場合、1~2日以内に担当者から電話連絡が入ります。訪問打ち合わせを行う日時を決定してください。

step5

申込書(兼委任状)への署名・捺印を行う

新ガス会社との打ち合わせで契約内容にご納得いただけた場合、申込書へ署名・捺印を行い、契約に進んでください。

この申込書は、旧ガス会社との解約手続きを新ガス会社に委託する「委任状」の役目も持っています。
この委任状が現在供給中のガス会社にFAXで送られると、ガス会社がビックリして飛んできます。

step6

現在のガス会社の引き留めを断る

プロパンガス会社の切替で最も大切なのは、「現在のガス会社の引き留めを断る」ことです。

これが出来ないと、同じ事の繰り返しになってしまいます。現在のガス会社が引き留め目的で言ってくることは大体どこも一緒です。それは、

  1. 新しいガス会社の金額と同じにします
  2. 2カ月間タダにします
  3. 新しいガス会社の評判は良くないです
  4. 新しいガス会社は、最初だけ安くてすぐに値上げします
  5. ガスファンヒーターを1万円の特別価格で提供します
  6. 丁度来月から値下げしようと思っていたところです
  7. 今後は絶対に値上げしません

などなどです。

ここで相手の口車に乗ってしまうと、半年くらいからまた徐々に値上げが始まります。なぜなら、プロパンガスの原価は中東情勢などで年に何回かは高騰するのと、ガス会社が値上げする時はすべてのお客様を一斉に上げるから、あなただけを除外することはできないのです。

では、相手のガス会社から電話があったり、アポ無し訪問があったりした時どう対応すればいいの、と不安になりますよね。

ご安心ください。当協会には、これまで2万件以上の切替を行ってきた実績とノウハウがあります。カドの立たない上手な断り方を伝授させていただきます。

step7

ガスボンベ・メーター機器の交換

申込書(兼委任状)が旧契約先ガス会社へ届きますと、約1週間後に今まで使用していたガスボンベやメーター機器の交換が行われます。この切り替え工事は30分~1時間程度ですので、最後の点火テスト時には必ず立ち会ってください。

step8

点検完了後、ご利用開始

切り替え工事完了後、点火テストに問題がなければすぐにご利用を開始いただけます。

上記変更手続きは、申込から再開まで約2~3週間程度です。その間ガスが使用できなくなることもありませんし、無償貸与サービスを受けていない限り、特別な支払いが発生することもありません。

当協会を通じたガス会社変更は非常に手間も少なく簡単です。現在ご契約中のガス会社を変更したい方は、ぜひお気軽に当協会までご相談ください。




まとめ

プロパンガスは災害時に強く安全性も高い上、日本中どこでも使用できるといった大きなメリットを持つ熱エネルギーです。
自由料金制なので料金面が安心できないといったデメリットも考えられますが、優良なガス会社と契約することで不当な値上げを防ぐことができます。

ただし、数多くのガス会社からお一人で優良ガス会社を見つけ出すことは非常に困難です。
プロパンガス料金消費者協会では、相談料や手数料などを一切いただくことなくお客様にとって最適なガス会社をご紹介しています。
当協会に属しているガス会社はいずれも「ガス料金見守り保証」の対象なので、契約後も安心です。「プロパンガスの料金がいつの間にか高くなってしまった」「ガス会社を変更したいがスムーズに解約できるか心配」という方は、お気軽に当協会までご相談ください。








一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |