プロパンガスと都市ガスの違いは何?料金や使えるコンロなど :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
  • HOME
  • >
  • お役立ち情報
  • >
  • プロパンガスと都市ガスの違いは何?料金や使えるコンロなど
 

プロパンガスと都市ガスの違いは何?料金や使えるコンロなど




プロパンガスと都市ガスは料金が違うけれど、なぜ?といった疑問にお答えするべく、性質や供給方法などの違いをまとめました。特に賃貸などで自宅のガスがどちらなのかわからないという場合の見分け方もご紹介します。

プロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスの違いについて、原料や性質など特徴ごとに見ていきます。

原料

プロパンガスはLPガスとも呼ばれますが、これは液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)のことです。石油の原料となる原油が材料となっています。

一方、都市ガスはLNGと呼ばれますが、これは液化天然ガス(Liquefied Natural Gas)のことです。天然ガスが原料となっています。

成分・臭い・重さ

プロパンガスの主成分はプロパンですが、ブタンなども含まれます。空気よりも重いため、床付近にたまります。

一方、都市ガスの主成分はメタンです。空気より軽いので、天井周辺にたまります。

重さにより、プロパンガスはガス漏れ警報器が床から30cm以内の場所に設置され、都市ガスは天井に直接、または天井から30cm以内の高さに設置されます。

ガス漏れ警報器を見れば自宅でどちらのガスを使っているのか見分けることができます。

また、どちらのガスも本来は無味無臭ですが、そのままだとガス漏れに気づきにくいため、わざと人が嫌う臭いを付けています。

発熱量

プロパンガスの発熱量は24,000kcal/m3で、東京ガスや大阪ガスなど大手都市ガスの発熱量(カロリー)は10,750kcal/m3です。1m3あたりのカロリーは、都市ガスよりプロパンガスのほうが2.23倍高いといえます。

ただ、実際には都市ガス用のガスコンロでは、圧力を高め火力を調整するようになっているため、調理時間が2倍かかるということではありません。

使用機器

「発熱量」の項でご説明したように、プロパンガスと都市ガスとでは火力が2.23倍も違います。そのため、同じガスコンロを使うことができません

ガスコンロの見分け方は、ガスホースの色です。プロパンガスの場合はオレンジ都市ガスの場合はベージュのホースが使われています。

プロパン用コンロを都市ガスで使うと、不完全燃焼から一酸化炭素中毒が起こる可能性があります。

逆に都市ガス用コンロをプロパンで使うと、想定外の炎の大きさからやけどをする恐れがありますので、必ず各ガスの種類に合った機器を使用してください。

供給方法

どちらのガスも元々は気体ですが、プロパンガスは液体にするのが比較的簡単です。その方が体積を大幅に縮めることができるので、運搬が楽になります。

各家庭に供給されるプロパンガスボンベの中には、気体ではなく液体が入っています。

都市ガスは、超低温(-162℃)で液化しますが、常温では液体化させることができないため、各拠点となるLNG基地のタンクからは、巨大なガスホルダーを通じ、気体のまま地中に埋められた配管を通って、各家庭まで直接供給されています。

プロパンガスと都市ガスの料金の違い

プロパンガスは都市ガスと比べて料金が高いと言われていますが、どのくらい違いがあるのか、またその理由について見ていきます。

プロパンガスと都市ガスの料金を比較

プロパンガスの料金は、「輸入価格連動方式」によって決定されます。

これは、サウジアラビアの国営石油会社であるサウジアラムコが、毎月通告してくるガス料金指標と、米国産ガス料金の指標を掛け合わせて計算されます。

掛け合わせて出た数字が原価で、それに固定費(利益と販管費)を加えて販売価格が決まります。

一方、都市ガスの料金は、「総括原価方式」によって決定されます。総括原価方式とは、都市ガスを安定供給するために必要な原価(費用の総額)によって決める方式です。

コストをすべてガス料金に転嫁できるため、非常に透明性の高いシステムです。反面、値下げの意識が希薄になることが懸念されています。

こうしたことからも、全国平均で都市ガスの料金を1とするとプロパンガスの料金が1.8~2.0倍となっています。

プロパンガスと都市ガスの料金比較については、こちらの記事にも詳しく書かれていますので、参考にしてください。

プロパンガスの方が高い理由

それでは、なぜそれほどプロパンガスが高いのでしょう。1つ目の理由は、プロパンガスの料金がずっと自由料金制をとってきたことです。

ガス会社の経営方針や都合で、自由に料金を決めることができるし、簡単に値上げできてしまうのです。

2つ目の理由は、プロパンガス業界が長年競争を避けてきたことです。

暗黙の談合で高価安定を維持すれば、全社が黒字という協力体制ができます。プロパンガス業界ではこのようなことを半世紀もの間続けてきたのです。

3つ目の理由は、料金比較をできる環境がなかったことです。

プロパンガス業界には適正価格という概念自体がなく、あるのは都道府県毎の平均価格だけでした。平均価格というのは、各ガス会社が言い値で申告した高値を平均した価格です。

プロパンガスの適正価格と平均価格の違いについては、こちらの記事もご覧ください。

プロパンガス料金を都市ガス並みに下げる方法

それでは、約2倍と言われるプロパンガス料金を都市ガス並みに下げる方法はないのでしょうか?おすすめの方法をご紹介します。

プロパンガス料金消費者協会は、都市ガスとの価格の違いを是正するため、発足と同時にプロパンガスの「適正価格」を定めました。

この時、都市ガス価格の1.2倍を目標にしました。供給方式が全く異なるので1倍は不可能なので、1.2倍ならできると考えたのです。

地道な普及活動の甲斐あって、現在では適正料金での供給に、北海道から九州まで130社(2021年4月調べ)のプロパンガス会社からご協力いただいています。

高いと思われているプロパンガスですが、「適正価格」にすれば平均30%プロパンガス代が下がります。

地方都市では都市ガスの価格も高いので、場合によっては都市ガス以下になることもあります。

このように、高いプロパンガス料金を都市ガス並みにすることに興味のある方は、このような事実を把握して、下記の記事も参考にしてください。


 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

プロパンガスと都市ガスの違いは何?料金や使えるコンロなど
-まとめ-

プロパンガスと都市ガスはどう違いますか?

プロパンガスの原料が原油なのに対し、都市ガスの原料は天然ガスです。プロパンガスは、主な成分がプロパンで、空気よりも重いため、ガス漏れの際は床付近にたまります。一方、都市ガスの主成分はメタンなので、天井付近にたまります。詳細はこちら

プロパンガスと都市ガスの供給方法の違いは?

プロパンガスは、液体化したガスをボンベで各家庭に運んでいます。都市ガスは、地中に埋めた配管を通って、気体のまま直接各家庭に供給されています。詳細はこちら

プロパンガスの方が都市ガスより料金が高いのはなぜですか?

プロパンガスはガス会社が自由に料金を決めることができることから、お互いに値下げしない取り決めをして価格競争を避けてきました。詳細はこちら

高いプロパンガス代を都市ガス並みに下げる方法はありますか?

プロパンガス料金消費者協会では、適正価格でガスを供給してくれる優良ガス会社を無料でご紹介しています。平均30%のガス代値下げが実現します。詳細はこちら


 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

この記事の執筆者

パソコン教室講師/WEBライター

Tanaka

3人の子を持ち、日頃から節約意識も高いことから、ガス代がお得になる仕組みにどっぷりとはまっています。多くの人に役立つ記事を心がけています。

 

 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!


優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金 7:00~21:00
  • 土日祝 7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 ガス料金見守り保証 LPガス料金都道府県別ランキング大公開 クチコミを見る プロパンと都市ガスの違い 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安のプロパンガス料金は必ず上がる プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 分譲マンション・社宅等にお住まいの方 アパートにお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」 2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ 引越し達人

ページの先頭へ戻る

戸建相談無料