プロパンガスを安くする方法 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

プロパンガスを安くする方法


         
プロパンガスを安くするには、ガス会社を変更するのが一番簡単な方法です。ではなぜガス会社を変更するとガス代は安くなるのでしょうか。ここでは、単価、適正価格、初期投資の3つの視点から分かりやすく解説してみたいと思います。


単価を意識する

プロパンガスを安くしたいと考えている人に限って、自宅のプロパンガスの単価を全く把握していないという方が少なくありません。

ガスの単価は、毎月の検針票にきちんと明示されているわけではないので、これは仕方がないことかもしれません。でも、プロパンガスを安い料金で利用したいなら、ガスの単価にはもっと敏感になる必要があります。

単価はガス会社を判断する上で、とても重要な指標の一つです。これをよく理解していないために、月々のガス代で損をしてしまうのは非常に残念なことです。

なぜ私たちは、ガスの単価にこれほどまでに無頓着なのでしょうか。それはガス業界がたどってきた歴史的な経緯と深い関係があります。



時代は自由料金制へ

3大光熱費の「電気、都市ガス、水道」は、すべて公共料金ですが、ここ数年のうちに、電気と都市ガスが一気に自由化されました。

今や都市ガスも、電気とのセット割などさまざまな料金プランが提案され、消費者が自由に選択することが可能になりました。

一方でプロパンガスは、都市ガスが自由化されるずっと以前から公共料金ではなく自由料金制であったことはあまり知られていません。

消費者は、自分でプロパンガス会社を自由に選ぶことができます。そして、その料金もガス会社がそれぞれ独自に設定しています。 値上げのタイミングも値上げ幅にも制限はありません。


届いた検針票を見て「高い!」と感じたあなた、「使用量が多かったのかも?」と反省してやりすごすのは、もう古い。反省するより、ガス会社の料金設定を疑ってみるべきです。

プロパンガスを安くしたいなら、今より安くなるような料金設定のガス会社を選び直せばいいだけの話です。

検針票を見ても単価が分からないという方は、下記の料金自動診断を今すぐやってみましょう。お宅のガスの単価が一発で分かります。

 
 


料金自動診断の結果が「かなり高い!」と出た方は、要注意!そのガス会社は、割高なガス会社かも知れません。いくらガスの使用量を減らしたところで、お宅のプロパンガス代は安くはなりません。

それどころか、どんどん上がっていく危険性すらあることを認識しましょう。その高い単価は、時間をかけて徐々に値上げされた結果であり、今後もその値上げは続くと推測されるからです。


悪質なガス会社に要注意

そもそも、プロパンガスは自由料金制なので、ガスの単価は販売事業者が自由に決めています。また、ガス料金は原油の高騰や為替の変動を反映して、多少の料金変動があるのもまた事実です。

しかし、悪質なガス会社はこの慣習を長年悪用して、世界情勢とは関係のない自分勝手な値上げを繰り返します。プロパンガスを安くしたい消費者にとってはまさに大敵、こんなガス会社には要注意です。

でも一般消費者に注意を促したところで、どのガス会社が悪徳でどこが良心的か、見抜くことはほぼ不可能でしょう。

というのも、多くのガス会社は、例えばガソリンスタンドのように、店頭にガスの単価を公開しているわけではないからです。



当協会の意義

2017年4月にガス自由化がスタートしてからというもの、当協会へ相談を寄せられる方の多くが、次のように言っています。

「プロパンガスが自由料金制だとは知らなかった.....」

このような方は、常々ガス代が高いと感じながらも、プロパンガスも公共料金だと勘違いしていたため、積極的に声を上げることをしてきませんでした。プロパンガス代が高くても我慢して払い続けてきた真面目な方ばかりなのです。

プロパンガス業界には、昔から自由料金制の名のもとに、単価の吊り上げやクレーム潰し、業者横並びの高い料金設定など、悪しき慣習がはびこっていました。


そこで当協会は、このような現状に一石を投じるべく、「適正価格」という基準を業界で初めて設けました。高いガス代に困っている方々が都市ガス並みの料金でプロパンガスを利用できるような環境を目指して、現在も活動を続けております。


さて、この「適正価格」、これがプロパンガスを安く利用できる2つ目のポイントとなるものです。


適正価格を維持する

「適正価格」とは、プロパンガスを都市ガス並みの料金で利用できるよう、当協会が業界に先駆けて定めた独自の料金基準です。

プロパンガス会社の中には、契約中に値段をどんどん吊り上げる悪質な業者が後を絶たないため、当協会が率先して立ち上がったのがきっかけです。



格安料金のからくり

この適正価格は、長く維持されない限り、メリットは得られません。世の中には適正価格よりも大幅に安い、格安な料金で販売するガス会社も多いです。しかし、このようなガス会社の格安料金は決して長続きはしません。


例えば、訪問販売をするガス会社はよくありますが、このような会社は契約を取ることだけが目的の、いわばブローカーです。そういう会社の営業マンはたいてい、200円台前半という超格安な料金を提示してきます。

<参考記事> ブローカー

しかし、これにだまされてはいけません。これはいわゆる売り込み価格と言って、契約を取るためだけの見せかけの料金です。こんな格安料金で販売していては、そもそも会社の経営が成り立たないので、契約後、必ずと言っていいほど、値上げをしてきます。

<参考記事> 売り込み価格

最初だけ安くても、その後どんどん値上げされてしまえば、トータルでは高いガス料金を払っているのと同じことになってしまいます。

プロパンガスを安くしたいなら、長い目でみて適正価格を長く維持してくれる良心的なガス会社と契約しなければ、何の意味もないということを理解してください。


良心的なガス会社

さて、その適正価格の維持ですが、当協会の会員ガス会社なら、それが可能です。

そもそも当協会の会員ガス会社は、協会の趣旨に賛同してくれたガス会社だけで構成されているので、契約後、徐々に単価が上がっていくようなことはありません。

世界的によほどの情勢変化があった場合は、やむなく値上げする場合もありますが、再び情勢が戻ったときは、値段を元に戻す処置がきちんとなされます。

ガス料金見守り保証

ガス料金見守り保証

また、当協会経由でガス会社を変更した方には、「ガス料金見守り保証」という特別な保証制度も付くので、さらに安心してお使いいただけます。

この保証は、万が一、契約後に不透明なガス料金の値上げがあった場合でも、当協会が利用者に代わり責任を持ってガス会社へ交渉をするというシステムです。

利用者は永続的に適正価格でプロパンガスが使えるので、プロパンガスを安く利用したい方にはうってつけの制度であり、当協会屈指のサポートとして長く信頼を得ています。

<参考記事> ガス料金見守り保証


初期投資が少ない

設備費はタダ

プロパンガスは、都市ガスに比べて設置費用が少なくて済むと言われます。これも、プロパンガスが安い理由の一つと言えます。液石法にあるとおり、ボンベやメータなどの設備はガス会社の占有物です。(「液石法第16条の16号」)

ガス会社を変更する場合でも、設置工事費も含めてすべてガス会社持ちで済ますことができるので、利用者としては大助かりです。

特にプロパンガス業界には、新築時における「無償貸与契約」という長期リースのような契約方法があります。プロパンガスの初期投資を安くしたい方にとって、このメリットは絶大です。

無償貸与契約

ただ注意しなければならないのは、便利なはずのこの「無償貸与契約」も、ガス会社によっては悪事の温床になっている場合が少なくないことです。

そもそも、新築時のガスの配管工事費用は、施主が負担すべきところです。しかし、この「無償貸与契約」のおかげで、工事費の全額をガス会社に負担してもらうことができるので、本来なら、とてもありがたいシステムのはずです。

<参考記事> 配管工事費用

負担してもらった配管工事費用は、もちろんタダというわけではありません。
その後、約15年ほどの契約期間中に、毎月のガス料金に合算して少しずつ償却していくことになります。出費がかさむ新築家庭には大変な助けになっていることは確かです。

<参考記事> 無償貸与契約

けれども、悪いガス会社は、もともと高い単価の上に、さらに相場以上の高額な配管工事費用を上乗せして高いガス代を請求してきます。

それだけでなく、利用者がクレームを言ったり、会社を変更しようとすると、さらに法外な違約金まで請求してくるのです。便利なシステムであるはずの「無償貸与契約」も、ガス会社によっては、顧客を逃がさないための足かせにすぎません。

「無償貸与契約」を必要とする方は、ぜひ、当協会へご相談ください。

当協会の会員ガス会社なら、適正価格のガス料金を提示した上で、さらに透明性の高い上乗せ価格を提案し、利用者とガス会社の双方が納得できるかたちで「無償貸与契約」を結んでいます。

最低でも15年は続くガス会社との契約です。悪質で不明朗なガス会社と契約してしまうと、プロパンガスを安く利用できるどころか、長きにわたって高いガス代に苦しむハメになります。

プロパンガス代を安くしたいなら、「無償貸与契約」のワナにはまらないことも大前提だといえるでしょう。

都市ガスの工事費は莫大

「プロパンガスは高いので、いっそ都市ガスにしたい」という相談も最近は多くなってきました。

しかし、都市ガスを引き込むには、 宅地の境界から建物までの配管工事が必要になります。しかも、都市ガスの場合はそのすべてを自費で賄わなければなりません。

引き込む距離が十数メートルにも及び、敷地内を掘り返したりするような大工事の費用は莫大です。隣り近所の敷地にもひっかかるとなれば、ご近所トラブルにもなりかねません。

いくら都市ガスが安くても、初期投資に何十万、何百万円ものコストがかかるようでは、いつまでたってもペイできません。

都市ガスへの燃転は、プロパンガス代を安くするための対策としては、あまり現実的ではないと言えるでしょう。


以上、説明したとおり、プロパンガスを安く使うには、常に単価を意識し、適正価格を維持できる良心的なガス会社に変更することが一番の解決策であるということがお分かりいただけたと思います。

また、そういうガス会社は、たいてい初期投資もかからないので、さらにプロパンガスを安く使えて一石二鳥というわけです。

ガス代が高くて困っている方は、今すぐプロパンガス会社を変更しましょう。電気もガスも自由料金制のこの時代、ガス会社を変えないという選択肢はないのではないでしょうか。



(K)









一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |