プロパンガスを安くする方法 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

プロパンガスを安くする方法

         
プロパンガスは安くすることができます。ガス代が高いのなら、安いガス会社に変えましょう。適正価格の優良ガス会社を紹介できるのは、当協会だけ。これに気付いた方だけが、ガス代を安くすることに成功しています。
        


プロパンガスは「安くならない」という思い込み

プロパンガスは安くならない?

「プロパンガスは都市ガスより高いのが当たり前」と勝手に思い込んでいませんか。

でもそんなことはありません。プロパンガスでも都市ガス並みの安い料金で利用することは十分可能です。

それを知らずに、高いプロパンガス料金を何年も払い続けているとしたら、あなたは大変な大損をしていることになります。

実際、当協会に相談をされた方のほとんどが、ガス会社を変えたことでプロパンガス料金を20~30%ほど安くすることに成功しているのですから。


高いガス代を放置しているのは大損害!

しかし残念なことに、世の中には、高額なプロパンガス料金を何年も払い続けている方がたくさんいます。

詳しい説明は後ほどしますが、一般的なプロパンガス料金の平均価格は、適正な料金より20~30%ほど高い設定になっていることがほとんどです。

平均価格は適正料金より20~30%ほど高い

これはどれくらい損しているかと言うと、例えば、ひと月のガス代が1万円だったとすると、その30%に当たるおよそ3千円もの料金を、毎月余分に払っているということです。

安いガス会社に変えれば、ひと月3千円も安くなるのに、プロパンガス料金に無頓着であるばかりに、年間にして3万6千円もの大損をしているのです。




長い付き合いのガス会社ほど安くならない

プロパンガス料金の損失額

この損失は、1年に限った話ではありません。そもそもガス代で損をしている人は、長年同じガス会社を利用していることが多く、その損失額は積もり積もって数十年単位で膨らんでいる可能性があります。

上記の例で言えば、月額3千円の損失でも、10年なら36万円の損害、20年なら72万円の損害と、その損失額は莫大になっていてもおかしくはありません。

プロパンガスでも都市ガス並みに安く利用できることを知らないと、軽自動車が1台買えるほどの大金を失ってしまいかねないのは、恐ろしい話です。


自分でプロパンガスを安くしようとしても無理

ガス会社に安くしてと懇願してもムダ

とはいえ、日ごろから光熱費の節約に気を配り、高いプロパンガス料金をなんとか安くしようと、積極的に行動する方もいます。

一番多いのが、ガス会社に「もっと安くしてほしい」とクレームを入れること。しかし、この場合、たとえクレームが受け入れられたとしても、本当の意味でガス代が安くなることはありません。

そもそも、一介の消費者が「ガス代が高い」とガス会社に文句を言ったところで、簡単には受け入れてもらえません。




「平均価格」より安いと言われてしまう

「平均価格」より安いと言われてしまう

たいていのガス会社は、
「とんでもない、これがこの地域の平均価格ですよ」とか、
「お宅のプロパンガス料金は、平均価格よりも安い方ですよ」などと顧客を諭して、やんわり拒絶します。

ガス会社が比較に挙げるこの「平均価格」には、特に注意しなければなりません。

というのも、この平均価格は、「エネ研・石油情報センター」が定期的に発表している指標ですが、当協会が適正と考える価格帯よりも20~30%ほど高いからです。

なぜ高い設定になっているかと言うと、この平均価格は、全国のプロパンガス会社の自己申告によって算出しているまやかしの指標に過ぎないからです。

つまり、高い料金を請求したいガス会社にしてみれば、平均価格が高ければ自社の高い料金も説明がしやすいので、意図的に高く申告している可能性が否定できないからです。




簡単に安くしてくれるガス会社はもっと危険

「安くしますよ!」は危険!

ガス会社に「もっと安くならないのか」とクレームを入れると、会社によっては、「はいはい、分かりました、値下げしますよ!」と、簡単に応じてくれることもあります。一見、良心的な対応に見えますが、実はこのようなガス会社も悪質なので注意が必要です。

簡単に値下げしてくれるガス会社というのは、逆にいえば、簡単に値上げもするということ。そのため、一時的な値下げに応じても、その後、また徐々に値上げを繰り返し、結局はもとの高額な料金にまで値段を吊り上げていくのは時間の問題です。

一時的にガス料金が安くなっても、その後どんどん値上げされるようでは、長い目で見て、ガス代を安くすることに成功したとはとても言い切れません。

そもそも、プロパンガスは自由料金制なので、ガスの単価はガス会社が自由に決められます。また、ガス料金は原油の高騰や為替の変動を反映して、多少の料金変動があるのもまた事実です。

しかし、悪質なガス会社はこの慣習を悪用して、世界情勢とは関係のない自分勝手な値上げを繰り返します。

プロパンガスを安くしたい消費者にとってはまさに大敵、こんなガス会社には特に注意しなければなりません。




プロパンガスを安くするにはガス会社を変える

適正価格のガス会社なら、安くなる!

適正価格のガス会社なら、安くなる!

さて、ここまで読んできた方なら、プロパンガス料金を安くするには、ガス会社を変えること、それも、ただやみくもに安い料金のガス会社などではなく、適正価格のガス会社に変更することが大事だとお分かりいただけたと思います。

この「適正価格」とは、プロパンガスを都市ガス並みの料金で利用できるよう、プロパンガス料金消費者協会が業界に先駆けて定めた独自の料金基準です。

プロパンガス会社の中には、契約中に値段をどんどん吊り上げる悪質な業者が後を絶たないため、協会が率先して立ち上がったのが、適正価格を設けたきっかけです。




適正価格が長く続けば、さらにお安く!

さらに、この適正価格が長く維持されることで、絶大な節約メリットが得られます。世の中には適正価格よりも大幅に安い、格安な料金で販売するガス会社も多いです。けれども、このようなガス会社の格安料金は決して長続きしません。

例えば、訪問販売をするガス会社はよくありますが、このような会社は契約を取ることだけが目的のブローカーです。こういう会社の営業マンはたいてい、200円台前半という超格安な料金を提示してきます。

しかし、だまされてはいけません。これはいわゆる売り込み価格と言って、契約を取るためだけの見せかけの料金です。こんな格安料金で販売していては、そもそも会社の経営が成り立たないので、契約後、必ずと言っていいほど、値上げをしてきます。



最初だけ安くても、その後どんどん値上げされてしまえば、トータルでは高いガス料金を払っているのと同じことになってしまいます。

適正価格を維持

プロパンガスを安くしたいなら、この適正価格を長く継続して維持してくれる良心的なガス会社と契約しなければ、何の意味もないということを理解してください。




適正価格のガス会社に変更できるのは、当協会だけ!

そして、数あるプロパンガス会社の中から、適正価格のプロパンガス会社を紹介できるのは、プロパンガス料金消費者協会だけです。

しかも、協会の会員ガス会社は、この適正価格を長期的に維持することをモットーとしています。

協会会員ガス会社は、協会の趣旨に賛同してくれたガス会社だけで構成されているので、契約後、徐々に単価が上がっていくようなことはありません。



世界的によほどの情勢変化があった場合は、やむなく値上げする場合もありますが、再び情勢が戻ったときは、値段を元に戻す処置がきちんとなされます。

それを保証するために「ガス料金見守り保証」という特別な保証制度を設けているので、さらに安心です。

「ガス料金見守り保証」でずっと安心

この「ガス料金見守り保証」は、協会経由でガス会社を変更した方だけに無料でお付けしている特別な保証制度です。

ガス料金見守り保証

この保証は、万が一、契約後に不透明なガス料金の値上げがあった場合は、プロパンガス料金消費者協会が利用者に代わり責任を持ってガス会社へ交渉をするという内容になっているので、とても安心です。

利用者は永続的に適正価格でプロパンガスが使えるので、プロパンガスを安く利用したい方にはうってつけの制度であり、協会屈指のサポート体制として長く信頼を得ています。




まずは、料金診断を!

届いた検針票を見て「高い!」と感じたあなた、「使用量が多かったのかも?」と反省してやりすごすのは、間違っています。反省するより、現在契約しているガス会社の料金設定を疑ってみるべきです。

検針票を見てもガスの単価が分からないという方は、下記の料金自動診断を今すぐやってみましょう。お宅のガスの単価が一発で分かります。

 
 



料金自動診断の結果が「かなり高い!」と出た方は、要注意!そのガス会社は、割高なガス会社かも知れません。いくらガスの使用量を減らしたところで、お宅のプロパンガス代は安くはなりません。

それどころか、どんどん上がっていく危険性すらあることを認識しましょう。その高いプロパンガス料金は、時間をかけて徐々に値上げされた結果であり、今後もその値上げは続くと推測されるからです。

以上、説明したとおり、プロパンガスを安く使うには、適正価格を維持できる良心的なガス会社に変更することが一番の解決策であるということがお分かりいただけたと思います。

プロパンガスを安くしたいなら、今すぐプロパンガス料金消費者協会へ連絡して、適正価格のガス会社に変更してしまうのが一番の近道です。

電気もガスも自由化された時代です。ガス会社を変えないという選択肢には何のメリットもないということを、しっかり自覚してほしいと思います。



(K)









一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証LPガス料金都道府県別ランキング大公開 エリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| トップページへ戻る » |