CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


2016年9月CPは295ドルで8月比10ドル上昇

8月31日に2016年9月のサウジアラムコCPが発表されました。前月8月の285ドルに対して3.5%上昇しました。今後は、プロパンガスの非需要期が終焉を迎え、徐々に需要期に移行することから少しずつ上がっていくことが予想されます。

8月=285ドル/トン
9月=295ドル/トン(3.5%↑)

サウジアラムコCP推移

「脱石油」を目指すサウジアラビア

サウジが脱石油に向けて活発に動いています。

9月2日付け産経新聞によると、サウジアラビアが「脱石油」に向けて活発な外交を展開しています。9月1日には、日本貿易振興機構(JETRO)が開催したフォーラムに、サウジと日本の企業トップや政府関係者など500人ほどが参加し、協力関係を結ぶ覚書を交わしました。

これは、サウジのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が主導する「サウジ・ビジョン2030」に基づいて行われたものです。ムハンマド副皇太子は、原油収入にあぐらをかく"石油依存症"からの脱却を目指し、経済改革路線を進めています。

原油安による財政不足に悩むサウジアラビアでは、2016年6月だけで外貨準備高が60億ドル(約6,000億円)も減少して、5,550億ドルにまで減ってしまいました。このペースで減少していったら、8年ほどでゼロになってしまいます。サウジにとって財政改革は急務なのです。

サウジと日本は、再生可能エネルギーや製造業、金融など幅広い分野で協力関係を結ぶようですが、日本がサウジを経済関係を強化することのメリットは大きいです。

日本は、輸入原油の約30%をサウジに頼っているので、関係強化により安定供給を確保できます。また、原油以外でも、昭和シェル石油はサウジアラムコと太陽光パネルの現地生産を検討しており、東京電力もサウジ電力会社とスマートグリッド(次世代送電網)の構築で協力するようです。住友商事もサウジアラムコと共同で、石油・ガス掘削用のパイプなどを作る金属製造業の育成を図るとのことです。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

spacer

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


集合住宅の方 一戸建ての方
spacer

2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP


spacer


spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer