2021年1月のCP :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

2021年1月のCP



2021年1月CPは550ドルで12月比100ドル上昇

12月31日に1月のサウジアラムコCPが発表されました。12月の450ドルに対し100ドル上昇の550ドルです。パナマ運河の混雑でLPG船の到着遅れによる需給逼迫が影響とのことです。

12月=450ドル/トン
1月=550ドル/トン(22.2% ↑)

サウジアラムコCP推移

サウジアラムコCP推移

CP100ドル高騰の原因と小売り価格値上げの可能性

パナマ運河の混雑で貨物の到着に遅れ

正月早々キモを冷やしました。

何と、CPがいきなり100ドルも上がってしまったのです。プロパンガス関係者は、正直誰もここまで上がるとは予想もしていなかったと思います。

色々な情報を確認すると、今回CPが高騰したのはパナマ運河の混雑が原因だということです。確かにパナマ運河の通航量は新型コロナウィルス対策の影響で、通航待ちの渋滞も発生しており、通常1〜2日しかかからないのに2週間もかかるケースも珍しくないとのことです。

それは事実なのでしょうが、ここで疑問なのはそれでなぜCPが上がるのか?ということです。MBが上がるのなら分かるのですが・・・

ちなみに、MB(モントベルビュー:米国産プロパンガスの価格指標)は11月が285ドルで直近の12月は335ドルです。前月比50ドル・17.5%の上昇になっています。CPが22.2%でMBが17.5%というのは整合性は取れており、おかしいということではないです。

ということは、米国産のプロパンガスの供給がタイトになっていることを利用して、サウジアラムコが強気の価格設定を行ったということなのかもしれませんね。


では、今後消費者への価格転嫁はあるのでしょうか?

小売り価格の値上げはあるのか?

この記事を書いているのは1月18日です。

今日現在、消費者から「値上げ通知が来た」という情報はまだ1件ですが、これから増えてきそうです。消費者からはまだ1件ですが、それ以外に4社が値上げを考えているようだとの情報もあります。

今後CPとMBがどうなるのかは神のみぞ知るというレベルですが、アジアに寒波が襲ってきていること、新型コロナウィルスのワクチンに対する期待が高まっていることなどを考えると、2月も550ドル以上になる可能性が高いです。

そうなると、2月の検針時に各社がこぞって値上げに踏み切る可能性が高くなりそうです。


今後は、ワクチン普及の影響の他、OPECプラスの3月以降の減産幅に関する協議の状況もウォッチしていきたいと思います。



 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!




優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金 7:00~21:00
  • 土日祝 7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 ガス料金見守り保証 LPガス料金都道府県別ランキング大公開 クチコミを見る エリア別に見るプロパンガス料金 プロパンと都市ガスの違い 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 分譲マンション・社宅等にお住まいの方 アパートにお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集 利用者の声 今月のCP速報 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」

ページの先頭へ戻る

 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

| トップページへ戻る » |
戸建相談無料