CP速報 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

CP速報



 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2020年6月CPは350ドルで5月比10ドル上昇

5月31日に6月のサウジアラムコCPが発表されました。5月の340ドルに対して10ドル上昇して350ドルです。先月同様OPECプラスの協調減産や米国の減産が影響しているようです。

5月=340ドル/トン
6月=350ドル/トン(2.9% ↑)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

OPECプラスの協調減産や米国の減産がCPを下支え

6月のCPは350ドルで、前月比10ドル上昇しました。5月から大きな変化はありません。

6月8日の産経新聞によると、OPECプラス(石油輸出国機構加盟・非加盟の連合体)は、日量970万バレルの協調減産を7月も継続することで合意しました。当初は6月末までとされていたものです。これが大きな価格下支えになっています。

先月もお伝えしましたが、970万バレルは世界総需要の約10%です。そして世界は中国発のコロナウィルスの影響から復活途上にあり、原油需要が概算で30%減少していることもお伝えしました。

であれば、差し引き20%がまだダブついていることになります。しかし実際は、米国シェールオイル由来の原油生産量が大きく減少しているので、需給のバランスは思ったほど悪くはなさそうです。

原油暴落の影響で米国産原油が減少

4月20日(月)のニューヨーク原油先物市場ではWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)が、1バレルあたりマイナス37.63ドルという史上最低価格を記録しました。

この原稿を書いている6月9日現在では、1バレル38ドル台まで回復していますが、米国のエネルギー産業はこの暴落により大打撃を受けました。シェールオイルやガスを掘削すればするだけ赤字が累積する状況の中で多くの企業が撤退し、従業員を一時解雇しています。

テキサス労働力委員会は、テキサス州で石油・天然ガス業界に従事する労働者のレイオフ(一時解雇)された人数を表で公開していて、合計で2,525人に及んでいます。

米テキサス州における石油&ガス業界のレイオフ状況(2020年4月24日現在)
企業名 レイオフ数
NexTier Oilfield Solutions 1,041
Pro Petro 584
Baker Hughes 184
U.S. Silica 105
Diamond Offshore 102
Black Mountain Sand 87
Covia 82
Enterprice Offshore Drilling 76
Sun Coast Resouces 70
Shawcore Pipe Protection 65
FTS International 59
Sunoco LP 55
Halliburton 15
Total 2,525
出所:The Texas Workforce Commission

このレイオフによって、世界一の産油量を誇る米国の石油とガスがどれだけ減少するのか不明ですが、米国の主要生産地であるバーミアン盆地だけでもシェール開発に関わる企業の約60%が、リグ(石油掘削装置)の稼働停止に追い込まれているとのことです。


これからプロパンガスの需要が減少する夏季シーズンに入りますが、世界の経済が少しずつ回復していく中で米国シェール産業がどうなっていくのか注視したいところです。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。


賃貸住宅の方 一戸建ての方


2020年のCP

2019年のCP

2018年のCP


2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP

 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2020年6月CPは350ドルで5月比10ドル上昇

5月31日に6月のサウジアラムコCPが発表されました。5月の340ドルに対して10ドル上昇して350ドルです。先月同様OPECプラスの協調減産や米国の減産が影響しているようです。

5月=340ドル/トン
6月=350ドル/トン(2.9% ↑)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

OPECプラスの協調減産や米国の減産がCPを下支え

6月のCPは350ドルで、前月比10ドル上昇しました。5月から大きな変化はありません。

6月8日の産経新聞によると、OPECプラス(石油輸出国機構加盟・非加盟の連合体)は、日量970万バレルの協調減産を7月も継続することで合意しました。当初は6月末までとされていたものです。これが大きな価格下支えになっています。

先月もお伝えしましたが、970万バレルは世界総需要の約10%です。そして世界は中国発のコロナウィルスの影響から復活途上にあり、原油需要が概算で30%減少していることもお伝えしました。

であれば、差し引き20%がまだダブついていることになります。しかし実際は、米国シェールオイル由来の原油生産量が大きく減少しているので、需給のバランスは思ったほど悪くはなさそうです。

原油暴落の影響で米国産原油が減少

4月20日(月)のニューヨーク原油先物市場ではWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)が、1バレルあたりマイナス37.63ドルという史上最低価格を記録しました。

この原稿を書いている6月9日現在では、1バレル38ドル台まで回復していますが、米国のエネルギー産業はこの暴落により大打撃を受けました。シェールオイルやガスを掘削すればするだけ赤字が累積する状況の中で多くの企業が撤退し、従業員を一時解雇しています。

テキサス労働力委員会は、テキサス州で石油・天然ガス業界に従事する労働者のレイオフ(一時解雇)された人数を表で公開していて、合計で2,525人に及んでいます。

米テキサス州における石油&ガス業界のレイオフ状況(2020年4月24日現在)
企業名 レイオフ数
NexTier Oilfield Solutions 1,041
Pro Petro 584
Baker Hughes 184
U.S. Silica 105
Diamond Offshore 102
Black Mountain Sand 87
Covia 82
Enterprice Offshore Drilling 76
Sun Coast Resouces 70
Shawcore Pipe Protection 65
FTS International 59
Sunoco LP 55
Halliburton 15
Total 2,525
出所:The Texas Workforce Commission

このレイオフによって、世界一の産油量を誇る米国の石油とガスがどれだけ減少するのか不明ですが、米国の主要生産地であるバーミアン盆地だけでもシェール開発に関わる企業の約60%が、リグ(石油掘削装置)の稼働停止に追い込まれているとのことです。


これからプロパンガスの需要が減少する夏季シーズンに入りますが、世界の経済が少しずつ回復していく中で米国シェール産業がどうなっていくのか注視したいところです。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。


2020年のCP

2019年のCP

2018年のCP

2017年のCP

2016年のCP

2015年のCP

2014年のCP

2013年のCP

2012年のCP







ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート入居者の方からのご相談は受付しておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| トップページへ戻る » |