CP速報 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

CP速報



 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2019年7月CPは375ドルで6月比55ドル下落

6月30日に7月のサウジアラムコCPが発表されました。6月の430ドルに対して55ドル下落の375ドルです。世界景気の鈍化や米国産シェールオイル増産が影響しているようです。

6月=430ドル/トン
7月=375ドル/トン(12.8.% ↓)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

世界景気の悪化と米国産シェールオイル増産で原油価格が下落

プロパンガスのCPは6月に95ドルも下がりましたが、7月はさらに55ドル下がっています。

原因は、中国をはじめとする世界景気の悪化と米国産シェールオイルの増産です。なぜ世界景気が悪化しているかと言えば、米中貿易摩擦の影響です。世界最大の原油輸入国である中国の経済悪化が止まらないようです。

これまで中国は、不正な貿易で稼いだ莫大な資金を使って軍事力を強化し、アジアで侵略的な行動を拡大してきた(日高義樹著、「アメリカに敗れ去る中国」より引用)とされ、これを阻止するために米国のトランプ政権から貿易戦争を仕掛けられ、今も真っ只中にいます。

そんな中国の外貨パワーが陰ってきたようです。

中国の外貨パワーが陰ってきた。行方のわからない資金流出で中国の対外純資産は頭打ち傾向になっており、国際通貨基金(IMF)の予測通り経常収支が赤字になれば減少に転じる

上記の引用は、日本経済新聞「チャートは語る」(2019年6月23日)からの引用ですが、同記事によりますと、このまま経済が悪化すると中国経済は2022年には経常収支が赤字に転落するとのことです。

これまで中国は10年以上もの間、年間20兆円から40兆円もの経常利益を稼ぎ出してきましたが、貿易戦争が始まった2018年からは急激に悪化しています。原油の輸入量にしても、5月は前月と比較して日量100万バレル(1バレル=約158リットル)以上減少しています(JBpress)。

また、米中が貿易摩擦を巡る協議に合意してアメリカからの輸入が増えれば貿易黒字は減少するし、合意しなければ米国が関税を強化するので、いずれにしても貿易黒字は減ることになります。

中国の経済が悪くなれば世界に及ぼす影響も大きく、原油需要も減ることを予測しているからこそプロパンガスのCPが下がっているのです。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。


賃貸住宅の方 一戸建ての方


2019年のCP

2018年のCP


2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP

 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2019年7月CPは375ドルで6月比55ドル下落

6月30日に7月のサウジアラムコCPが発表されました。6月の430ドルに対して55ドル下落の375ドルです。世界景気の鈍化や米国産シェールオイル増産が影響しているようです。

6月=430ドル/トン
7月=375ドル/トン(12.8.% ↓)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

世界景気の悪化と米国産シェールオイル増産で原油価格が下落

プロパンガスのCPは6月に95ドルも下がりましたが、7月はさらに55ドル下がっています。

原因は、中国をはじめとする世界景気の悪化と米国産シェールオイルの増産です。なぜ世界景気が悪化しているかと言えば、米中貿易摩擦の影響です。世界最大の原油輸入国である中国の経済悪化が止まらないようです。

これまで中国は、不正な貿易で稼いだ莫大な資金を使って軍事力を強化し、アジアで侵略的な行動を拡大してきた(日高義樹著、「アメリカに敗れ去る中国」より引用)とされ、これを阻止するために米国のトランプ政権から貿易戦争を仕掛けられ、今も真っ只中にいます。

そんな中国の外貨パワーが陰ってきたようです。

中国の外貨パワーが陰ってきた。行方のわからない資金流出で中国の対外純資産は頭打ち傾向になっており、国際通貨基金(IMF)の予測通り経常収支が赤字になれば減少に転じる

上記の引用は、日本経済新聞「チャートは語る」(2019年6月23日)からの引用ですが、同記事によりますと、このまま経済が悪化すると中国経済は2022年には経常収支が赤字に転落するとのことです。

これまで中国は10年以上もの間、年間20兆円から40兆円もの経常利益を稼ぎ出してきましたが、貿易戦争が始まった2018年からは急激に悪化しています。原油の輸入量にしても、5月は前月と比較して日量100万バレル(1バレル=約158リットル)以上減少しています(JBpress)。

また、米中が貿易摩擦を巡る協議に合意してアメリカからの輸入が増えれば貿易黒字は減少するし、合意しなければ米国が関税を強化するので、いずれにしても貿易黒字は減ることになります。

中国の経済が悪くなれば世界に及ぼす影響も大きく、原油需要も減ることを予測しているからこそプロパンガスのCPが下がっているのです。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。


2019年のCP

2018年のCP

2017年のCP

2016年のCP

2015年のCP

2014年のCP

2013年のCP

2012年のCP







2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート入居者の方からのご相談は受付しておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |