CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報


プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


2018年10月CPは655ドルで9月比55ドル上昇

9月30日に10月のサウジアラムコCPが発表されました。9月の600ドルに対して55ドル高の655ドルです。5月の500ドルから5カ月で155ドル(31%)上昇しました。

9月=600ドル/トン
10月=655ドル/トン(9.2% ↑)

サウジアラムコCP推移

CPが5月の500ドルから10月655ドルで31%も上昇しています

プロパンガスの原料は原油です。

ですので、原油が上がればプロパンガスのCP(輸入価格)も上がります。10月4日の産経新聞朝刊の「ガソリン155円突破 3年10カ月ぶりの高値」という記事が目に留まりました。プロパンガスのCPも10月の655ドルは4年ぶりの高値です。

4年前の2014年10月が735ドルで、その後は下落基調が続き最近は上がったり下がったりを繰り返し、今年の5月からは5カ月で155ドルも上げています。この原因と今後の動向を予想してみたいと思います。


12月からCPは下落に向かうのではないだろうか

当協会では、プロパンガスのCPは11月から下落に向かうのではないかとみています。その根拠は2つあります。


(1)そのそもは米国によるイラン経済制裁再発動から上昇が始まった

米国のトランプ大統領選がイラン核合意からの離脱を表明したのは5月でした。5月のCPは500ドルでしたが翌6月は560ドル、7月555ドル、8月580ドル、9月600ドル、10月655ドルと推移してきました。

この間のCP上昇は、イラン産原油が市場に出回らなくなれば世界の市場で供給不足になるだろうとの思惑から起きているとの見方が一般的です。

米国は、各国に対して11月4日までにイランからの原油輸入を停止するよう要求しています。そして、11月6日には米国で中間選挙が行われます。民主国家では誰でも選挙は怖いですが、トランプさんと言えども同様でしょう。

イラン問題が選挙のための人気取りだとすれば、中間選挙が済めばこの問題は一旦は収束するのではないでしょうか?


(2)イランの供給量が減っても世界では供給不足にはならない

2018年10月6日に配信されたブルームバーグのWebサイトによると、サウジアラビアのムハンマド皇太子は「米国がサウジと他の石油輸出国機構(OPEC)加盟国に要請したのは、イランからの供給が失われた場合、その分を確実に供給するということだ。それは行われている」と語ったとのことです。

ムハンマド皇太子が言うには、OPECと非OPEC産油国は最近産油量を日量で150万バレル増やしたそうで、これは失われているイラン産原油日量70万バレルの2倍に相当します。

現在過剰に反応している市場も、11月になって供給不足が実際には起こらないことに気づけば、相場は崩れプロパンガスのCPも下落に向かうのではないかと思います。

そういう意味で、当協会は11月末に発表される予定の12月CPに注目しています。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


賃貸住宅の方 一戸建ての方


2018年のCP


2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP



ページの先頭へ戻りる