CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


2017年10月CPは575ドルで9月比95ドル上昇

9月30日に10月のサウジアラムコCPが発表されました。9月の480ドルに対して575ドルで、95ドル(19.8%)上昇しました。7月に345ドルだったCPは、3カ月で230ドル(67%)上がりました。

9月=480ドル/トン
10月=575ドル/トン(19.8%↑)

サウジアラムコCP推移

575ドルというのは3年振り

グラフをご覧になればわかるように、CPはこの3年半ほどずっと下落傾向が続いてきました。2013年の12月には1,100ドルという高値を記録しましたが、翌月からは下がり続け、多少の上げ下げはあったものの下げ基調で推移し、2016年の平均は324.6ドルという記録的な安値になりました。しかし、プロパンガス会社は値下げもしないで我が世の春を謳歌してきました。

今回の高値の背景

毎年プロパンガスの需要期を迎える秋冬期になると、CPが上昇傾向になるのは恒例ですが、OPECと非OPECの産ガス国が歩調を合わせて減産強化で合意していて、国際的に需給のバランスが取れていると言われている中で、これほど上がるのも不思議な気がします。

その背景は2つあると言われています。

1つは、中国の9月の原油輸入量が増えたこと。具体的な数字はわかりませんが、7月・8月と低迷していた輸入量が一転して増加に転じたのと、9月の中国の貿易統計でドルベースでの輸出額が7カ月連続して前年同月を上回ったことから、中国経済が活発になり今後さらに原油輸入量が増えるのではないかとの期待が膨らんでいるようです。 もう1つの要因は、中東における地政学的なリスクの高まりです。

イラクでは、イラクからの独立を目指すクルド人自治区とイラク政府との対立問題があります。クルド人自治区にあるキルクーク油田地帯にイラク軍が戦車を展開しているとの情報が伝わり、原油の生産・輸出が減少するのではないかとの憶測が拡がっています。

さらに、アメリカのトランプ大統領が「イランが核合意を守っているとは認めない」との表明を行ったことから、再びイランの原油生産に影響が出るのではないかとの懸念が出てきました。イランは、経済制裁が解除されたのを受け原油の増産を続け、ようやく制裁前の水準に戻しつつあるのが現状です。

それがまた制裁対象になったら、という懸念がCP価格に出ているようです。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

spacer

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


集合住宅の方 一戸建ての方
spacer

2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP


spacer

spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer