CP速報 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

CP速報



 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2021年11月CPは870ドルで10月比70ドル上昇

10月31日に11月のサウジアラムコCPが発表されました。10月の800ドルに対し70ドル上昇の870ドル。世界的なエネルギー需要の回復や冬季の需要増の懸念などから高騰しています。

10月=800ドル/トン
11月=870ドル/トン(8.75% ↑)

サウジアラムコCP推移

サウジアラムコCP推移

世界的なエネルギー需要の回復などで6か月連続上昇

ついに6か月連続での上昇です。

これは、2014年の2月に970ドルを記録して以来、実に7年9か月ぶりの高値です。

今回6か月連続での上昇になってしまったのには理由が2つあります。

CP高騰の2つの要因

1つは、世界的なエネルギー需要の回復によるエネルギー全般の価格上昇です。10月の本欄でも書きましたが、コロナ禍が下火になったことによる経済回復と相まって、脱炭素の動きが世界中で拡がっています。欧州で顕著なのは、火力発電所の燃料を従来の石炭から液化天然ガス(LNG)へ切り替える動きが高まっています。

ご存知の通り、液化天然ガス火力発電は、石炭火力発電よりも1キロワット当たりのCO2排出量を示す排出係数が約半分と非常に低いのです。

その液化天然ガスの需要が増えて価格が高騰している煽りで、原油やプロパンガスも高騰しているのです。

もう1つの要因は、これからプロパンガスの需要期を迎えることです。平均的に冬季と夏季とでは一般家庭におけるプロパンガスの使用量は約2〜3倍の違いがあります。

特に今年の冬は、世界的に厳冬になるとの報道の影響が、既にプロパンガスの価格に出ているようです。

今後の見通し

7年9か月ぶりの高値となったCPですが、今後どうなるのでしょうか?

実は、OPECプラス(石油輸出国機構の加盟国とロシアなど非加盟国とで構成される)が11月4日に開いた会議で12月からの追加増産が見送られてしまいました。

本来、これだけ高騰しているということは、需要が供給を上回っているという状況ですので、減産規模の緩和を加速すべきだと思います。実際、日本や米国などもそういう要請をしています。

しかし、OPECの盟主であるサウジアラビアからすれば、現在の状況は千載一遇のチャンスな訳です。こんなに美味しいお金儲けのチャンスを自ら手放すようなことはするはずがありません。

ですので、しばらくはこのような状況が続きそうです。

ただ、来春になればプロパンガスの非需要期になるので、落ち着いてくることが期待できます。また、これだけ原油価格が高い状態が続けば、米国産のシェールガスの採掘量が増加することも期待できます。そうなればサウジもCPを下げざるを得なくなります。


現在、全国のプロパンガス会社は今年に入って平均3回も値上げしています。

そして、いつもの業界の慣例ですが、多くのプロパンガス会社はCPが下がっても販売価格は下げません。また、1立方メートルあたりの従量料金を50円値上げすれば原価の上昇分を吸収できる場合でも、80〜100円など必要以上に上げているガス会社も多いです。

ドサクサに紛れた便乗値上げにはご注意ください。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。

 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!


2021年のCP

2020年のCP

2019年のCP

2018年のCP


2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP

 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2021年11月CPは870ドルで10月比70ドル上昇

10月31日に11月のサウジアラムコCPが発表されました。10月の800ドルに対し70ドル上昇の870ドル。世界的なエネルギー需要の回復や冬季の需要増の懸念などから高騰しています。

10月=800ドル/トン
11月=870ドル/トン(8.75% ↑)

サウジアラムコCP推移

サウジアラムコCP推移

世界的なエネルギー需要の回復などで6か月連続上昇

ついに6か月連続での上昇です。

これは、2014年の2月に970ドルを記録して以来、実に7年9か月ぶりの高値です。

今回6か月連続での上昇になってしまったのには理由が2つあります。

CP高騰の2つの要因

1つは、世界的なエネルギー需要の回復によるエネルギー全般の価格上昇です。10月の本欄でも書きましたが、コロナ禍が下火になったことによる経済回復と相まって、脱炭素の動きが世界中で拡がっています。欧州で顕著なのは、火力発電所の燃料を従来の石炭から液化天然ガス(LNG)へ切り替える動きが高まっています。

ご存知の通り、液化天然ガス火力発電は、石炭火力発電よりも1キロワット当たりのCO2排出量を示す排出係数が約半分と非常に低いのです。

その液化天然ガスの需要が増えて価格が高騰している煽りで、原油やプロパンガスも高騰しているのです。

もう1つの要因は、これからプロパンガスの需要期を迎えることです。平均的に冬季と夏季とでは一般家庭におけるプロパンガスの使用量は約2〜3倍の違いがあります。

特に今年の冬は、世界的に厳冬になるとの報道の影響が、既にプロパンガスの価格に出ているようです。

今後の見通し

7年9か月ぶりの高値となったCPですが、今後どうなるのでしょうか?

実は、OPECプラス(石油輸出国機構の加盟国とロシアなど非加盟国とで構成される)が11月4日に開いた会議で12月からの追加増産が見送られてしまいました。

本来、これだけ高騰しているということは、需要が供給を上回っているという状況ですので、減産規模の緩和を加速すべきだと思います。実際、日本や米国などもそういう要請をしています。

しかし、OPECの盟主であるサウジアラビアからすれば、現在の状況は千載一遇のチャンスな訳です。こんなに美味しいお金儲けのチャンスを自ら手放すようなことはするはずがありません。

ですので、しばらくはこのような状況が続きそうです。

ただ、来春になればプロパンガスの非需要期になるので、落ち着いてくることが期待できます。また、これだけ原油価格が高い状態が続けば、米国産のシェールガスの採掘量が増加することも期待できます。そうなればサウジもCPを下げざるを得なくなります。


現在、全国のプロパンガス会社は今年に入って平均3回も値上げしています。

そして、いつもの業界の慣例ですが、多くのプロパンガス会社はCPが下がっても販売価格は下げません。また、1立方メートルあたりの従量料金を50円値上げすれば原価の上昇分を吸収できる場合でも、80〜100円など必要以上に上げているガス会社も多いです。

ドサクサに紛れた便乗値上げにはご注意ください。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。

 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!


2021年のCP

2020年のCP

2019年のCP

2018年のCP

2017年のCP

2016年のCP

2015年のCP

2014年のCP

2013年のCP

2012年のCP



 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!




優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金 7:00~21:00
  • 土日祝 7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 ガス料金見守り保証 LPガス料金都道府県別ランキング大公開 クチコミを見る エリア別に見るプロパンガス料金 プロパンと都市ガスの違い 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 分譲マンション・社宅等にお住まいの方 アパートにお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集 利用者の声 今月のCP速報 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」

ページの先頭へ戻る

 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

| トップページへ戻る » |
戸建相談無料