CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報


プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


2017年12月CPは590ドルで11月比15ドル高

11月30日に12月のサウジアラムコCPが発表されました。11月比15ドル高の590ドルです。本格的な需要期を迎えて上昇が続いています。

11月=575ドル/トン
11月=590ドル/トン(0.6% ↑)

サウジアラムコCP推移

11月末のOPEC総会で2018年末までの減産継続を決定

OPEC(石油輸出国機構)は、11月30日のオーストリア・ウィーンでの半年に1回の総会で2018年12月までの減産継続を前回一致で合意しました。また、それに続くロシアなどを主とするOPEC非加盟国との全体会議でも同様の合意を得ました。

具体的な減産量は、OPEC加盟国の合計が日量120万バレルで、非加盟国は日量60万バレル。全体では日量180万バレルになります。原油価格は、OPEC総会での減産延長の期待感から9月からジワジワと上昇を続けてきました。

ただ、原油高が続けば米国のシェール企業が生産を増やす傾向にあることから、このまま一本調子で上昇が続くかどうかは不透明です。

CPも原油高に連動

CPも7月は345ドルだったものが、8月420ドル、9月480ドル、10月575ドル、11月575ドルと上げ続け、12月は590ドルと600ドルが視野に入ってきました。ただ、アストモスエネルギーはCPのピークは今で、今後春先から夏に向けて徐々に下がっていき、2018年の平均では527ドル程度と見ているようです。

プロパンガスの販売価格はどうなるのか?

CPの上昇に一番早く反応したのは関東のプロパンガス会社で、10月から11月にかけて続々と値上げ通知を行いました。値上げ幅は1立方メートルあたり20円から80円です。

その後、東海地方や東北地方のプロパンガス会社が続き、大手の多くが値上げを行っています。

CPが上がった際に販売価格を値上げするのは一見妥当なことのように見えますが、問題はCPが下がった際簡単には販売価格を下げないことです。

このことに関する記事も合わせて読んでいただければと思います。 ↓↓↓ プロパンガスの値上げは無責任

今回CPが600ドル近くまで上がったことで各社が一斉に値上げを行いましたが、夏になって400ドル台まで下落した時に、販売価格を下げる"正直"なガス会社が現れるかどうかに注目したいと思っています。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

spacer

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


賃貸住宅の方 一戸建ての方
spacer


2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP


spacer

spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer