CP速報 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

CP速報



 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2019年9月CPは350ドルで8月比20ドル下落

8月29日に9月のサウジアラムコCPが発表されました。8月の370ドルに対して20ドル下落の350ドルです。夏場で消費量が低迷していることに加え米国からの潤沢な供給が原因です。

8月=370ドル/トン
9月=350ドル/トン(5.4% ↓)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

アジアのプロパンガス需要が増加

エネルギー情報ネットワーク社のレポートによると、世界のプロパンガス需要は2018年に3億トンを超え、2025年には3億5千万トンになるそうです。かなりのスピードで需要が増えています。

需要が増加するのは主にアジアで、中でもインド・中国・インドネシアがメインです。日本はどうかというと、既に経済が成熟しているので残念ながら急速には伸びません。そしてプロパンガスの供給量を大幅に増やしているのは米国です。米国は今や世界一の原油生産量を誇る国になっていますが、内需はそれほど増加していないので増加した分の多くは需要が増えているアジアの国々に輸出されます。

プロパンガスは原油を精製する段階で随伴として生産されるので、原油を精製してガソリンだけを取り出すという訳にはいきません。ガソリンやプロパン、ナフサ、重油、軽油などが一定の比率で一緒に精製されます。

ですので、米国が世界一の原油産出国であるということは世界一のプロパンガス産国でもあるのです。

米国のプロパンガス供給が潤沢なためCPは下落

このところ原油価格が1バレル(約159リットル)50ドル台と低迷しているので米国では原油開発に対する投資熱は高くはないようですが、それでも2018年は日量1,095万バレルの産油量で45年ぶりに世界一を達成しました。さらに、20年代の初めには1,400万バレル/日まで増加する見込みです。


プロパンガスと言うと我々は主に、お風呂の給湯器用やタクシー用燃料、カセットボンベとしての鍋料理用などのイメージしかありませんが、石油化学応用分野でも使われます。

特に中国ではプロパンから水素を抜きプロピレンを精製するプラント用としてかなりの量が輸入されているようです。プロピレンはポリエステル樹脂の原料になり、身近なとことではペットボトルの原料として活用されています。

プロパンガスの用途は意外に広いことを再認識しました。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。


賃貸住宅の方 一戸建ての方


2019年のCP

2018年のCP


2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP

 
プロパンガスの輸入価格であるCP(サウジアラビアでの船積み価格)は毎月変動しています。日本全国のプロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしているので、消費者の方もウォッチすることが大事です。

2019年9月CPは350ドルで8月比20ドル下落

8月29日に9月のサウジアラムコCPが発表されました。8月の370ドルに対して20ドル下落の350ドルです。夏場で消費量が低迷していることに加え米国からの潤沢な供給が原因です。

8月=370ドル/トン
9月=350ドル/トン(5.4% ↓)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

アジアのプロパンガス需要が増加

エネルギー情報ネットワーク社のレポートによると、世界のプロパンガス需要は2018年に3億トンを超え、2025年には3億5千万トンになるそうです。かなりのスピードで需要が増えています。

需要が増加するのは主にアジアで、中でもインド・中国・インドネシアがメインです。日本はどうかというと、既に経済が成熟しているので残念ながら急速には伸びません。そしてプロパンガスの供給量を大幅に増やしているのは米国です。米国は今や世界一の原油生産量を誇る国になっていますが、内需はそれほど増加していないので増加した分の多くは需要が増えているアジアの国々に輸出されます。

プロパンガスは原油を精製する段階で随伴として生産されるので、原油を精製してガソリンだけを取り出すという訳にはいきません。ガソリンやプロパン、ナフサ、重油、軽油などが一定の比率で一緒に精製されます。

ですので、米国が世界一の原油産出国であるということは世界一のプロパンガス産国でもあるのです。

米国のプロパンガス供給が潤沢なためCPは下落

このところ原油価格が1バレル(約159リットル)50ドル台と低迷しているので米国では原油開発に対する投資熱は高くはないようですが、それでも2018年は日量1,095万バレルの産油量で45年ぶりに世界一を達成しました。さらに、20年代の初めには1,400万バレル/日まで増加する見込みです。


プロパンガスと言うと我々は主に、お風呂の給湯器用やタクシー用燃料、カセットボンベとしての鍋料理用などのイメージしかありませんが、石油化学応用分野でも使われます。

特に中国ではプロパンから水素を抜きプロピレンを精製するプラント用としてかなりの量が輸入されているようです。プロピレンはポリエステル樹脂の原料になり、身近なとことではペットボトルの原料として活用されています。

プロパンガスの用途は意外に広いことを再認識しました。


プロパンガスの料金はCPとMBに連動します

従来は、プロパンガスの料金はCPに100%連動していましたが、2017年からはCPに加えてMBに連動するようになりました。2019年4月現在のそれぞれの比率は、概ねCPが70%でMBが30%です。

ただし、この比率は元売り会社(プロパンガスを海外からタンカーなどで輸入し、卸業者に販売する会社。アストモスエネルギー、エネオス、ジクシスなどがある)の方針で若干異なります。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/t(トンあたりのドル建て)という単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。


MBとは

MB(Mont Bellevue)とは、米国テキサス州モントベルビュー市にあるプロパンガス基地における取引価格です。米国全土で生産されたプロパンガスの原料はモントベルビューに集められて精製されるので、モントベルビューでの取引価格が世界三大指標の一つになっています。CPは月単位での価格だが、MBは毎日取引されているので前月の平均値が確定値として利用されています。


2019年のCP

2018年のCP

2017年のCP

2016年のCP

2015年のCP

2014年のCP

2013年のCP

2012年のCP







2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート入居者の方からのご相談は受付しておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |