CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


2017年2月CPは510ドルで1月比75ドル上昇

1月31日に2月のサウジアラムコCPが発表されました。1月の435ドルに対して510ドルで、75ドル(17.2%)上昇しました。

1月=435ドル/トン
2月=510ドル/トン(17.2%↑)

サウジアラムコCP推移

CPが約2年振りに500ドルを突破!

CPは、このところずっと安値が続いていましたが、2月は約2年振りに500ドルを突破して510ドルを付けました。CP推移を遡ると、2015年の3月に500ドルを記録しています。

それでも4年前の2013年の平均は857ドル。3年前の2014年は790ドルですので、今回500ドルを突破したと言っても決して高い水準ではありません。まだまだ非常に低いのが実情です。

今回CPが上がった原因

今回CPが500ドルを超えた原因は大きく2つあるそうです。

1.昨年11月に合意したOPECの減産合意が守られていること

OPEC加盟国と非加盟国が減産した合計が、日量で150万バレルに達したことが市場で好感さ れて値を上げたようです。

2.ヒューストンで濃霧が発生したため

石油都市、米国南部のテキサス州ヒューストンで、2016年12月末濃霧が発生しました。その 影響で荷役作業が遅れ、結果として買い手ばかりで売り手が減少したので市場価格が上がって しまったということのようです。

今後の見通し

OPEC合意は、サウジアラビアを中心に守られているようですが、イラクが原油生産量を高めているという情報もあります。また、原油価格の値上がりを受けて米国のシェールガスが生産量を増やしているようです。このような微妙なバランスの中ではイタチごっこになるので、大きな上昇はないのかと思います。

あとは、世界第二位(2015年度)の原油輸入国である中国の経済状況が気になるところです。公式発表ではGDPの伸び率が年間7.6%とか言われていますが、これを本当だと思っている方はほどんどいないそうなので、実態がわかりません。

2014年原油輸入額=2,640億ドル 2014年原油輸入額=1,612億ドル

直近2年の中国の原油輸入額は、前年比39%減です。2016年度の輸入額は不明ですが、かなり落ち込んでおり、これでGDPが成長しているなど簡単には信じられません。以上の理由から今後の急激なCPの上昇はないのではと思っています。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

spacer

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


集合住宅の方 一戸建ての方
spacer

2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP


spacer


spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer