CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


2017年8月CPは420ドルで7月比75ドル上昇

7月31日に8月のサウジアラムコCPが発表されました。7月の345ドルに対して420ドルで、75ドル(21.7%)上昇しました。

7月=345ドル/トン
8月=420ドル/トン(21.7%↑)

サウジアラムコCP推移

75ドル上昇は業界の予想外

8月のCPが前月比75ドル上がって420ドルになりました。

8月はまだ不需要期なので、一気に75ドルも上がるとは業界では予想していなかったようです。なぜ急騰したかというと、中国やインドからの需要拡大に牽引されているようです。特にインドは、GDPの伸び率が2017は前年比7%超が予想され、新興国の中では最も経済成長が期待されています。中国の原油輸入量も増加しているようです。

また、米国産のプロパンガスのFOB価格であるMB価格(モントベルビュー市場価格)が上昇していることも影響しているようです。

さらに、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、7月24日にロシアのサンクトペテルブルクで開催されたOPECと非OPEC産油国の会合のあとで、サウジの原油輸出を8月は、前年同月比100万バレル引き下げて、日量660万バレルに抑えることを表明しました。このこともCPの大幅上昇の一因になった模様です。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

spacer

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


集合住宅の方 一戸建ての方
spacer

2017年のCP


2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP


spacer

spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer