2020年7月のCP :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

2020年7月のCP



2020年7月CPは360ドルで6月比10ドル上昇

6月30日に7月のサウジアラムコCPが発表されました。6月の350ドルに対して10ドル上昇して360ドルです。上げ下げの要因が交錯する中わずかに上昇しました。

6月=350ドル/トン
7月=360ドル/トン(2.8% ↑)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

上げ要因と下げ要因が交錯

上げ要因は米国石油掘削リグ数減とOPECプラス協調減産延長

上げ要因としては、米国の石油掘削リグ数の低下が大きいです。

6月26日のロイターによりますと、ベーカー・ヒューズ社が発表した米国の石油掘削装置(リグ)の稼働数が激減しています。6月26日までの週は、米国内のリグ稼働数は188基で、これは2009年6月以来の低水準だそうです。

リグ数グラフ

出典:Investing.comサイトより

ニューヨークの原油先物市場では、4月20日にWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)が、1バレルあたりマイナス37.63ドルという史上最低価格を記録したことは先月お知らせしました。その後6月9日には38ドル台まで回復し、本日(7月10日)現在では39ドル台半ばで推移しています。

このように徐々に値を戻しつつあるので、近い将来掘削リグ数が再び増加に転じるとは思われますが、米国の産油量の減少が需給のバランスにつながり7月CPの上昇につながっています。

もう一つの上げ要因は、OPECプラスの協調減産の延長です。

OPECプラスは現在、日量970万バレル規模の協調減産を続けています。当初は6月末までの予定でしたが7月も延長することで決まっています。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で広く世界の経済活動が制限されており、原油需要の回復が遅れていることに対応するものです。

下げ要因は武漢ウイルスによる経済停滞と米国原油在庫の増加

一方、下げ要因も2つあります。
一つは米国における新型コロナウイルスの影響です。米国では再び感染者数が急増してきたために、景気の先行き不透明感が高まり原油価格の下押し要因になっています。

二つ目は、米国の原油在庫の増加です。
6月10日付けロイターによると、米エネルギー情報局(EIA)は、原油在庫が5億3,810万バレルと過去最高を記録したと発表しました。

上げ要因と下げ要因が交錯している現状では、少なくとも今年の夏は大きな動きはなさそうですが、引き続きOPECによる減産の動きと、米国シェールオイル・ガス生産量や新型コロナウイルスには注視したいと思います。






ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート入居者の方からのご相談は受付しておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| トップページへ戻る » |