2019年4月のCP :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

2019年4月のCP



2019年4月CPは515ドルで3月比25ドル上昇

3月31日に4月のサウジアラムコCPが発表されました。3月の490ドルに対して25ドル上昇して515ドルです。米国の石油関連施設での火災が影響しているようです。

3月=490ドル/トン
4月=515ドル/トン(5.1% ↑)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

米国ヒューストンの火災が原因で中東産CPが上昇

4月CPは3月に比べて25ドル上昇しました。主な原因は米国テキサス州ヒューストンでの火災のようです。ヒューストンにはガルフ石油の石油化学プラントがあります。そこで発生した火災のため原油輸出が落ち込みそれが原因でCPが上昇したようです。

火災の影響でヒューストンでは出荷停止になったことから、アジアへは米国産の原油が減少。アジア諸国としては当然中東産に頼らざるを得なくなり、OPEC諸国へのニーズは高まります。

サウジアラビアとしては絶好の好機を逃すはずはありません。加えて、インドや中国、インドネシアなどの需要が旺盛だったため25ドル高となりました。


今後はどうなるか?

例年だと、春先から夏にかけてはCPは下がっていきます。需要がピークを越えるからです。4月は米国の石油化学プラントでの火災という要因がありましたが、5月CPは下がりそうです。

ヒューストンでの火災の影響が一段落すれば、米国産の豊富な原油がアジアに大量に流入するでしょうし、気候も温暖になり原油の消費量も減少します。

ただし、上がる要素もあります。

4月5日に米国労働省が発表した3月の雇用統計が予想以上だったことです。非農業部門の雇用者数が予想の18万人増を超えた19万6,000人でした。このように米国の景気が堅調だと確認されれば、当然原油価格は上がります。

あと、6月25・26日にはオーストリアのウィーンでOPECの会合が予定されているようです。現在の協調減産は6月末までとなっていますが、これがさらに継続されることになれば上昇基調になるでしょう。

いずれにしても注目ですね。






2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート入居者の方からのご相談は受付しておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |