0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

2020年12月のCP

2020年12月CPは450ドルで11月比20ドル上昇

11月30日に12月のサウジアラムコCPが発表されました。11月の430ドルに対して20ドル上昇の450ドルです。ワクチン開発進展の期待感やOPECプラスの協調減産が相場を支えています。

11月=430ドル/トン
12月=450ドル/トン(4.7% ↑)

サウジアラムコCP推移
サウジアラムコCP推移

経済復活期待や協調減産などでCPが堅調

ワクチン開発進展の期待感が相場を押し上げ

日経平均が1991年以来29年ぶりの高値を記録しました。

景気が悪いのになぜ株価が上がるのかわかりませんが、最近の日経平均株価の特徴としてワクチン開発関連のニュースが出る度に大きく上がっている気がします。

今朝(12月6日)のニュースでも、モスクワで新型コロナウィルスのロシア産ワクチンである「スプートニクV」の一般市民への大規模接種が始まったとされています。

また、イギリスでもワクチンの接種が明後日の8日から始まるようです。これは医薬品メーカーのファイザーとドイツのビオンテック社が協同開発したものです。ロンドンの50の病院で行われるとのことです。

このワクチンに関するニュースは株価を押し上げるだけでなく、当然ながら原油やプロパンガスの価格が上がることにも関連しています。

また、OPECプラスのオンラインによる閣僚級会合が3日に開催されました。この会合で、来年1月の原油生産量を1日あたり50万バレル増やす方針が決まったようです。

このところ、ワクチンの普及期待から原油価格が上昇基調にありますが、生産量の調整によって価格の安定化を狙っているとの報道があります。

感染拡大やワクチンの実用化懸念が下押し要因

現在米国では、感染者の累計が1,430万人で死者も27万8,000人以上出ているそうです。

それだけに、開発の進展に関するニュースが流れれば原油やプロパンの価格も上がる一方、感染拡大やワクチンの生産計画に関する悪いニュースなら当然価格は下がります。通常のワクチン開発には10年もかかるのに、今回は1年ほどで実用化まで進めようというのですから予定通りに行かないことも十分あり得ると思います。

そして暫くの間は、ワクチンの実用化のニュースと感染拡大のニュースのそれぞれを注視していくいく必要があると思います。

一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス会社探しをお手伝い