2020年11月のCP :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

2020年11月のCP



2020年11月CPは430ドルで10月比55ドル上昇

10月29日に11月のサウジアラムコCPが発表されました。10月の375ドルに対して55ドル上昇の430ドルです。アジアでの暖房需要の増加が期待されています。

10月=375ドル/トン
11月=430ドル/トン(14.7% ↑)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

欧州で感染拡大もアジアの暖房需要で上昇

アジアやインドの需要増で55ドル上昇

11月のプロパンガスCPが10月比55ドル上昇して430ドルまで上がりました。

コロナウイルスの影響で4月に230ドルという異常とも言える安値を付けたプロパンガスCPでしたが、プロパン産業新聞によればこれは16年ぶりだそうです。CPが暴落する前の3月のCPが430ドルだったので、8カ月ぶりに暴落以前の水準に戻ったとも言えます。

アジアでは暖房用の消費が増えてきましたが、インドでは、政府の方針で二酸化炭素排出量が他の化石燃料に比較して少ないプロパンガスの利用が推奨されており、最近消費量が増えています。

インドやアジアには日本のプロパンガス会社が進出しています。大手のサイサンは、インドやベトナム、インドネシアなど9カ国で積極的に活動しているようで、殆どは現地の法人とジョイントベンチャーを立ち上げて事業活動を行っています。

欧州の感染者数拡大でこれ以上の高騰は疑問

フランスを初めとして、欧州の新型コロナウイルス感染が急拡大しています。

春に続いて再度ロックダウンに踏み切ったフランスでは、急激に拡大しており11月6日、1日の新規感染者が何と6万人を超えました。日本ではまだ1,000人を超えたらニュースになるくらいなので、フランスの凄まじさがわかります。

この急拡大はフランスだけではなく、イタリアでも同じ6日に4万人近くまで増えて過去最大を記録したようです。

このような状況の中で経済に与える悪影響が懸念されていて、OPECプラスが協調減産で必死に価格の下支えをしていますが、これ以上の高騰はないのではないかという意見がネット上では優勢に思われます。

9日に、米国のファイザーが高い有効性を示すコロナのワクチンデータを公表し、その期待から株価が上昇していますが、一日でも早くワクチンが完成することを願うばかりです。



優良ガス会社のご紹介は、こちらからお気軽にどうぞ

電話で相談する 0120-268-967

  • 月~金7:00~22:00
  • 土日祝7:00~20:00




優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金7:00~22:00
  • 土日祝7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 ガス料金見守り保証 LPガス料金都道府県別ランキング大公開 クチコミを見る エリア別に見るプロパンガス料金 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 分譲マンション・社宅等にお住まいの方 アパートにお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集 利用者の声 今月のCP速報 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」

ページの先頭へ戻る