2018年4月のCP :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

2018年4月のCP



2018年4月CPは475ドルで3月比5ドル下落

3月31日に4月のサウジアラムコCPが発表されました。3月の480ドルに対して5ドル安の475ドルです。今後は、暖かくなるにつれて徐々に下がると思われます。

3月=480ドル/トン
4月=475ドル/トン(1.04% ↓)


サウジアラムコCP推移


サウジアラムコCP推移

原油相場が下がり気味です

原油相場が落ち着いてきました。

CPも2カ月連続で400ドル台後半で留まっています。この要因としては大きく2つあると思います。1つづつご説明しましょう。

(1)米中貿易摩擦懸念が再燃

4月3日に、米通商代表部が対中国制裁関税対象品リストの原案を公表。それに対して中国も一歩も引かず、報復することを公表しました。心配されていた「貿易戦争」の懸念が再燃したのです。産経新聞などでは、貿易量が減少すれば世界経済も停滞することを報じています。

また、市場ではリスクを避け、安全資産と言われる円が買われる可能性が高まります。そうなれば日本製品が割高になって、輸出が落ちるだけでなく株安も招くでしょう。実際、米国市場では貿易戦争への懸念から6日のNYダウが572ドルも下落しています。

今後為替は円高になり、日本のGDP(国内総生産)も1.4%程度押し下げられるそうです。そうなれば当然原油の消費量が減少し原油が余ってきます。プロパンガスのCPも上がる傾向にはならず下落の可能性が高いです。

(2)シェールオイルのリグ件数が増加

米国のベーカー・ヒューズ社によると、シェールオイルのリグ件数が先週(3/30)発表と比較して今週(4/07)は808となり、10基増加しました。

リグ数が増加したからといって、すぐに産油量が激増する訳ではないかもしれませんが、原油価格が上がる方向に影響しないことは確かです。原油価格の下落で、一時は急激に落ち込んでいたリグ数が徐々に回復しています。






0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート入居者の方からのご相談は受付しておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |