0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

2022年4月のCP

2022年4月CPは940ドルで3月比45ドル上昇

3月31日に4月のサウジアラムコCPが発表されました。3月の895ドルに対し45ドル上昇の940ドル。主な要因は、ウクライナ情勢の悪化によるものです。

3月=895ドル/トン
4月=940ドル/トン(5.03%↑)

サウジアラムコCP推移
サウジアラムコCP推移

ウクライナ情勢の悪化を受け8年2カ月ぶりの高値

需給を左右する材料が出るたびに上下

4月のCPは8年2カ月ぶりの高値です。

CPは、2014年2月に970ドルを記録しましたが、今回4月の940ドルはそれに次ぐものです。

ウクライナがロシアの理不尽な侵攻を受けてから40日ほど経過しました。世界の誰もが予想していなかった長期戦になり、信じられない悲惨な状況になっています。ここでは戦争について触れることは当協会としては控え、CPの動きについてのみお伝えしていきます。

この1カ月で、需給を左右するする出来事がいくつかあり、その度に市場の原油取引相場が高騰したり急落したりしました。

サウジアラムコが決めるCPは、決定値が月末に通告されてくるだけですが、世界にいくつもある原油の取引市場では毎日価格が動いています。

その市場の代表的なものが、米国のニューヨーク・マーカンタイル取引所で取引されるWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)の先物相場です。当協会でもこのWTIの値動きを毎日チェックしています。

その大きな動きとしては、日米欧の原油の備蓄放出の合意です。3月2日に放出が決まるとWTIの相場が数パーセント下落しました。その後徐々に上昇していましたが、中国の上海市でコロナ感染拡大のために都市封鎖が開始されるとWTIも下がっています。

4月6日現在では、101ドルから102ドルの間で小刻みな動きになっています。早く80ドルを割り込んで欲しいものです。

このように先の読めない状況が続いていますが、今後どうなるかは非常に気になります。


今後どうなるのか?

今後どうなるかは、神様でもわからないのかもしれません。ただ、行方を左右するだろう項目がいくつかあります。

❶ウクライナとロシアの停戦交渉の行方

❷EUが経済制裁の一環として、ロシア産原油の輸入禁止をどの程度徹底するのか?

❸中国のコロナ感染拡大がどうなるか?上海市の封鎖は続くのか?

❹米国シェールガス・オイル生産増産がどの程度進むか?

❶〜❸は、どうなるかまったく予測がつきません。しかし、当協会としては❹については、方向性がある程度発表されているので期待および注視しています。

このまま原油高・CP高が続くと大変なことになるので、❹について何か顕著な動きがあれば報告させていただきます。



一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス会社探しをお手伝い