2017年8月のCP:ガス料金相談センター

2017年8月のCP

2017年8月CPは420ドルで7月比75ドル上昇

7月31日に8月のサウジアラムコCPが発表されました。7月の345ドルに対して420ドルで、75ドル(21.7%)上昇しました。

7月=345ドル/トン
8月=420ドル/トン(21.7%↑)

サウジアラムコCP推移

75ドル上昇は業界の予想外

8月のCPが前月比75ドル上がって420ドルになりました。

8月はまだ不需要期なので、一気に75ドルも上がるとは業界では予想していなかったようです。なぜ急騰したかというと、中国やインドからの需要拡大に牽引されているようです。特にインドは、GDPの伸び率が2017は前年比7%超が予想され、新興国の中では最も経済成長が期待されています。中国の原油輸入量も増加しているようです。

また、米国産のプロパンガスのFOB価格であるMB価格(モントベルビュー市場価格)が上昇していることも影響しているようです。

さらに、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、7月24日にロシアのサンクトペテルブルクで開催されたOPECと非OPEC産油国の会合のあとで、サウジの原油輸出を8月は、前年同月比100万バレル引き下げて、日量660万バレルに抑えることを表明しました。このこともCPの大幅上昇の一因になった模様です。



spacer

spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer