CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP価格(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。

3月CPは855ドル。前月から115ドルも下落

 3月31日に4月のCPが発表されました。3月の855ドルからは85ドル下がりました。昨年の12月に1,100ドルの高値を付けて以来、4月が770ドルと4ヶ月で330ドル、丁度30.%も下がりました。これは値上がり前の昨年10月頃の水準まで戻ったことになります。

3月=855ドル/トン
770ドル/トン(9.9%↓)
サウジアラコムCP推移

市場の動向

日本や韓国など極東市場の需要期が終了したことと、中国の経済成長率が冴えないことなどが原因でサウジアラムコCPが大きく値下がりしました。ただ、4月CP発表時点での5月CP先物が4月CPを上回ったことから、このまま夏に向けて下がり続けるかどうか不透明な状況になっています。順調に下がり続ければ消費者価格にも好影響が出るものと思われます。

消費者価格は5月から下がりそう

サウジアラムコCPが770ドルまで下がってきて、値上げ前の昨年10月頃の水準になったことから、プロパンガス卸売り各社と大手販売会社の値下げの動きが出てきました。当協会のリサーチでは、5月から6月にかけて一斉に値下げの動きが出てきそうです。まだ方針を決定していないところも、今月末に発表される5月のCPを見て値下げを決めるところが多くなりそうで、プロパンガスの利用者からは早急な対応が待たれるところです。

値下げ幅ですが、まだ具体的な数字が見えてきていないので何とも言えません。昨年12月に1,100ドルになった時は、上げ幅の少ないところで40円から、大きなところでは70円くらい上がりました。これがそのまま下げる方向に行くかどうかというと1回では無理かも知れないです。5月?6月に30円程度下がり、このままCPが下がり続けるようなら夏場にもう一度値下げがあるかも知れません。

5月から6月にかけて下がる会社は良心的な会社です

プロパンガスの業界は、CPが上がった際は値上げするのに、下がった時はスルーしてしまって値下げをしない会社が多いです。あるいは、40円上げておいて元の水準に戻っても20円しか下げないという会社もあります。利用者から見て、この数ヶ月は契約しているプロパンガス会社が良心的な会社かどうか判定するのに絶好の機会かも知れません。

CP価格とは

CP価格(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCP価格の速報を見ることができます。
 

プロパンガスの料金はCP価格に連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCP価格を参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP価格・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CP価格が極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。
 
ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。
集合住宅の方一戸建ての方

2014年のCP価格


2013年のCP価格


2012年のCP価格

ガス料金見守り保証集合住宅にお住まいの方集合住宅にお住まいの方 大家さん・管理会社の方 店舗・業務用でご利用の方
お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集今月のCP速報エリア別に見るプロパンガス料金対象エリア