CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP価格(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。

3月CPは855ドル。前月から115ドルも下落

 2月27日に3月のCPが発表されました。2月の970ドルからは115ドル下がりました。昨年の12月に1,100ドルの高値を付けてから、1月が1,010、2月は970、3月が855ドルと3ヶ月で22.3%も下がりました。この調子で下がり続ければ消費者価格も下がってきそうです。

2月=970ドル/トン
3月CP=855ドル/トン(11.9%↓)
サウジアラコムCP推移

市場の動向

大きな動きとしては、産油国からの供給がトラブっているような国がなく比較的生産が順調なことと、日本をはじめとする極東市場が需要期から非需要期に向かっていることが要因と思われます。ただ、日本、中国、韓国などアジアの主要な消費国の潜在的なニーズは高いので、一気に下落するかというとそうでもないようです。


為替レートとプロパンガス価格の関係

プロパンガスの販売価格はCP価格と為替レートによって変わります。CPの変動についてはここで毎回取り上げていますが、為替レートについてはあまり書いたことがないので今回はこれについて触れてみたいと思います。

昨年12月1日に円は102円42銭を付け、今年1月には104円台を記録しました。多くの関係者が今後の円安を予想し、近々105-110円くらいになるだろうと騒がれていました。しかし、その後急激な円安とはならず、これを書いている3月14日の前日の終値は101円72銭でした。現在110円になるだろうという予想は影を潜めてしまった感があります。

これには大きく分けて3つの要因があるという方がいます。

第一に、これまでずっと右肩上がりだったアメリカ経済に、力強さを期待する声が小さくなってしまったこと。2月に発表された雇用統計でも予想を大幅に上回る雇用増とはなっていません。

第二は、新興国不安です。このところずっと高成長だった新興国ですが、1月にアルゼンチンペソの急落で始まった通貨不安により円やドルが買われ、円安の流れに歯止めがかかりました。

第三は、ウクライナ情勢の緊迫化です。アメリカのケリー国務長官は、ウクライナから独立しロシアに編入するための住民投票が行われた場合、欧米がロシアへの制裁を実施することを表明しました。このような情勢を受けて円はドルに対して上げつつあります。

プロパンガスの消費者価格はいつ下がる?

プロパンガスの消費者価格は、昨年12月のCP高騰を受けて1月から2月にかけて大方のガス会社が値上げしました。そして1月から3ヶ月連続してCPが値下がりしています。では、これが消費者の価格に反映されるのはいつになるのでしょうか?

業界関係者によるとどうも下がるのは5月告知の6月検針分くらいになりそうです。

できれば5月検針分くらいから下げてもらえるよう、大いに期待したいところです。

CP価格とは

CP価格(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCP価格の速報を見ることができます。
 

プロパンガスの料金はCP価格に連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCP価格を参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP価格・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CP価格が極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。
 
ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。
集合住宅の方一戸建ての方

2014年のCP価格


2013年のCP価格


2012年のCP価格

ガス料金見守り保証集合住宅にお住まいの方集合住宅にお住まいの方 大家さん・管理会社の方 店舗・業務用でご利用の方
お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集今月のCP速報エリア別に見るプロパンガス料金対象エリア