CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


2016年5月CPは325ドルで4月比5ドル上昇

4月28日に2016年5月のサウジアラムコCPが発表されました。前月4月の320ドルに対して325ドルと前月比5ドル(1.6%)上昇しました。しかし、現在の水準はかつてなかったほど低い状態が続いていることに変化はありません。

4月=320ドル/トン
5月=325ドル/トン(1.6%↑)

サウジアラムコCP推移

堅調な原油価格に釣られてCPがわずかに上昇

サウジアラムコのCP価格は、今年2月には過去10年間で例を見なかった285ドルまで下げました。その後徐々にわずかながらも上昇して、5月は325ドルまで上がってきました。相変わらずの原油供給過剰の中にもかかわらず、サウジアラビアは増産姿勢を変えず、経済制裁が解除されたイランは着々と増産体制を築き、アメリカのシェールオイルも企業の倒産件数は増えながらも産油量は減る様子はありません。

このような状況下では、原油もプロパンガスのCPも値上がりする要素はないように見えますが、実際には上がってきています。原油先物(WTI)価格は、2016年2月に30.32ドルまで下落しましたが、翌3月には7ドル強上げて37.55ドルまで戻しました。そこで、3月に何があったのか調べてみました。

ロイターによると、原油反騰のきっかけを作ったのはIEA(国際エネルギー機関)のようです。IEAは、「原油価格が底を打った可能性がある」との見解を表明し、その根拠として2つのポイントを挙げました。

①アメリカと他のOPEC(石油輸出国機構)非加盟国の原油生産量が急激に減少し始めた。
②イランの増産が予想ほど大規模なものではなかった。
ことの2点です。

WTI原油先物が46ドル台まで上昇、今後は?

IEAが3月11日に公表した「石油市場月報」の効果は絶大で、WTI先物価格は徐々に値上がりを始め、5月15日現在では46.30ドルまで上昇しています。さらに直近では、5月10日にEIA(米国エネルギー情報局)が今年平均(2016年)と来年平均(2017年)のWTI予測価格を発表しました。それによると、2016年平均が40.3ドル、2017年は10ドル強上昇して50.7ドルになると予測しています。

EIAの予測通りに原油価格が上がっていくのか、それとも再度下落していくのか非常に興味深いです。それは単にCP価格がどうなるのかプロパンガス価格がどうなるのか、という問題ではなく世界の経済のみならず日本の経済がどうなるのか、非常に関連性が強いからです。

今後の原油価格を占う意味で転換点となりそうなのは、6月2日(木)に予定されているOPEC(石油輸出機構)の総会です。増産凍結で合意することができるのか、あるいは4月の会議と同様決裂して終わるのか、注視してみたいと思います。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

spacer

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


集合住宅の方 一戸建ての方
spacer

2016年のCP


2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP


spacer


spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer