CP速報:プロパンガス料金消費者協会

CP速報

プロパンガスの原料である原油のCP(サウジアラビアでの船積み価格)は常に変動しており、プロパンガス会社もこれをベースに値上げしたり値下げしたりしています。


5月CPは465ドルで4月比5ドル上昇

4月30日に5月のサウジアラムコCPが発表されました。前月4月の460ドルに対して5ドル高の465ドルです。このところのCPは最低レベルで安定していますが、米国のシェールガスの生産量の減少やイラン核合意など、今後は上がるのか下がるのか微妙な情勢です。

4月=460ドル/トン
5月=465ドル/トン(1.0%↑)

サウジアラコムCP推移

4月はシェールオイル減産情勢でWTIが上昇

2014年1月以降ほぼ一本調子で下げ続けてきたプロパンガスのCP。しかし、2015年4月になると、WTI(米国産標準油種)が2015年3月の43ドル台から50ドル台後半の60ドル台に迫るまで上昇しました。この背景には、米国のシェールオイルの減産情勢があるようです。シェールオイルの開発コストは中東産原油のそれよりも高く、最近は開発業者が採算割れを起こしてオイル掘削装置(リグ)が激減し、開発の停滞が鮮明になっていました。この結果が60ドル近くまで上昇したということです。

イラン核合意で価格下落か

5月2日にスイスのローザンヌで、イランと6カ国(米国、英国、フランス、ロシア、中国、ドイツ)が核問題をめぐっての枠組みが合意に達したことを受けて、価格が流動的になってきました。イランへの経済制裁が解除されてイランからの原油輸出が増えれば、シェールオイルの減産によって上昇気味だった原油価格がまた下がる可能性が高まるからです。

現在世界の原油は過剰気味で、ここ1年以上ずっと価格下落を続けてきました。OPECの盟主サウジアラビアも昨年11月のOPEC総会で減産を見送り原油安を容認しました。これは米国のシェールオイル潰しとの憶測を呼んでいました。現実にシェールオイル開発業者の減少を招いた訳ですので、サウジの戦略は功を奏しつつあったのですが、世界の動きは予測がつきません。 また、6月にはOPECの定例総会が控えています。現状では現行の政策を維持するだろうとの見方が強いですが、減産ということにでもなれば価格上昇は必至です。

自宅のプロパンガス価格は下がっていますか?

CPが下落して400ドル台が続いていますが、皆さんの自宅のプロパンガス価格は下がっているでしょうか?プロパンガス会社はCPの上昇時は間髪入れずに販売価格を値上げしますが、下落時はあまり反応しません。下げたとしても微々たるものです。当協会の地域別適正価格を参考にしていただき、ガス会社の見直しも必要かもしれません。


CPとは

CP(Contract Price)とは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ社が決める通告価格です。CP(≒FOB)は輸出国の港で渡される価格で、$/tという単位で取引されています。CPには日本までのタンカー運賃と保険料などは含まれていません。

http://www.astomos.com/business/lpg_trend/supply/c0401009.html
↑こちらでCPの速報を見ることができます。


プロパンガスの料金はCPに連動します

日本のプロパンガス料金は、上記サウジアラムコ社のCPを参考に決めるガス会社が多いようです。ただし、連動させる会社でも「原料費調整制度」を採用して、CP・輸入船運賃・為替の動きを毎月のプロパンガス料金に反映させるガス会社と、CPが極端に上下した時にだけ料金をいじる会社とがあります。

spacer

ご自分の料金が適正料金かどうかは簡単に調べることができます。


集合住宅の方 一戸建ての方
spacer

2015年のCP


2014年のCP


2013年のCP


2012年のCP


spacer


spacer

ページの先頭へ戻りる

spacer