• 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

0120-268-967

横浜市のプロパンガス(LPガス)適正料金と平均価格

ガス会社の変更で!
横浜市の適正価格(協会価格)
基本料金:1500円(税込円)~

従量単価:280円(税込円)~
平均30%削減!
10m3の使用で請求額に大差が!
平均価格(相場) 適正価格(協会価格)
基本料金 1900 1650
従量単価
662.3 308
10m3使用時 6623 3080
請求額(月間) 8523 4730
請求額(年間) 102276 56760
削減率 −44.5%

出典:「エネ研・石油情報センター」横浜市 平均価格(2023年12月現在)

※価格は税込み表示


当協会が横浜市において適正と考えるプロパンガス(LPガス)料金は、基本料金1500円(税込 1650円)~、 1立方メートルあたりの従量単価280円(税込 308円)~です(2024年2月現在)。

ご家庭のガス代がどれくらい安くなるか、詳細を知りたい場合は、こちらのガス料金自動診断でチェックしてください!

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

横浜市のプロパンガス平均価格は昔から高止まりしていますが、ガス会社の変更で平均30%下がります。当協会なら全国130社(営業所の総数は1,450か所/2024年2月現在)の会員ガス会社の中からベストなガス会社を一切無料でご紹介します。

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付

動画解説:平均価格と適正価格/ガス会社変更の流れ

    
    

ガス会社を切替えた消費者インタビュー動画

プロパンガス料金が安くなった事例

※事例内の価格は税込み表示

変更前

ガス会社変更日:2022年1月
【ご相談者】

神奈川県横浜市に住む松田さん(仮名)

【当協会に相談した理由】

横浜市のガス会社について調べていたところ、協会のホームページを見つけたので相談しました。

【相談内容】

「神奈川県横浜市に住んで20年になります。新築時から同じガス会社を使っていましたが、数年前に別のガス会社の訪問営業を受けました。

その時に見せられた料金表では1立方メートルあたりの単価が230円でした。単価を比較すると200円以上安くなる計算だったと思います。

あまりに安いので若干不安もありましたが、営業マンの『値上げはありません』という言葉を信じて、ガス会社の変更をしました。ところが最近になってどうもガス料金が高くなった気がしまして、調べてみたところ単価が430円まで上がっていました。

こういったことはプロパンガス業界では当たり前なのでしょうか。

横浜市に供給するガス会社で、こういった値上げのない会社があれば紹介していただきたいと思います」

【従来料金】

使用量:35m3、請求額:16,700
基本料金:1,650円、従量単価:430

変更後

【概 要】

人口100万を超え、大都市のイメージがある横浜市、川崎市はもとより、相模原市横須賀市藤沢市厚木市などでも多くの世帯でプロパンガスが使われています。

横浜市内には都市ガスが供給されている地域もありますが、この事例の瀬谷区を始め、青葉区旭区泉区神奈川区港南区などからのお問い合わせが多数あります。

横浜市におけるプロパンガスの平均単価は約574円で、松田さんの契約している会社の430円という単価は一見安いように見えます。

しかし、当協会が横浜において適正と考える単価は308円ですので、こちらと比較すると『高い』といわざる得ません。

松田さんが「ガス会社を紹介して欲しい」と思われたのは、数年で1.5倍以上も高くなった単価に対して、ガス会社への不信感を持ったからと言います。

松田さん宅の異常なガス料金上昇には根拠が無く、考えられるのは、数年前の230円という単価が売り込み価格だったということでしょう。

その分の赤字を取り返すために、急激な値上げが繰り返されたと思われます。

松田さんは「最初だけ安くてもこんな調子ではどこまで金額が上がるかわからないし、騙されたようで気分が悪い。極端な安価でなくてよいので、良心的な会社を紹介して欲しい」とご希望でした。

【対応策】

横浜市に供給する、協会の会員ガス会社を紹介いたしました。

【成 果】

当協会にはガス料金見守り保証があり、継続した適正価格が維持されるため、納得してガス会社の変更が出来るとお喜びいただけました。

【新規の料金】

基本料金:1,650円 従量単価:308

【変更後の差額】
月間=約4,270円 
年間=約51,240

(従来の請求額16,700円→変更後の請求額12,430円)

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

神奈川県でプロパンガス料金が安くなるエリア

横浜市

川崎市

相模原市

その他の市エリア

郡町村エリア

よくある質問
A.{{ item.num }}

横浜市のプロパンガス適正料金は平均相場からここまで安くなる!まとめ

横浜市のプロパンガス平均価格(基本料金、従量単価)はいくらか?

平均価格(基本料金、従量単価)は、2か月おきに「エネ研・石油情報センター」から発表されます。横浜市の最新平均価格は こちら

横浜市のプロパンガス適正価格はいくらか?

当協会が横浜市において適正と考えるプロパンガス料金は、 基本料金 1500円(税込 円)~、1立方メートルあたりの従量単価 280円(税込 円)~です (2024年2月現在)。適正価格にする方法についてはこちら

横浜市では、現在のプロパンガス料金からどれぐらい安くなるの?

当協会が紹介する会員ガス会社への変更で、平均30%安くなります。横浜市の適正価格と平均価格を比較した削減率など、詳しくはこちら

〈監修者〉 監修者
一般社団法人
プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男
・1950年 
群馬県伊勢崎市生まれ。
・1980年 
ソード株式会社(後の東芝パソコンシステム株式会社)に入社。
・2010年 
一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会を設立して理事に就任。
・2011年 
同代表理事に就任。現在に至る。
・2023年 
BSテレビ東京「マネーのまなび」で、不透明なプロパンガスの料金について取材を受け、番組内で解説。

 設立当時、プロパンガスは都市ガスに比べて約1.8倍も高い状況にも関わらず、消費者が相談できる団体は皆無であった。そこで、鈴木は消費者の立場に立って、不透明なガス代について料金面から取り組む団体として協会を設立した。

 それまで存在しなかったプロパンガス料金の“適正価格”の設定に奔走。大手供給業者の賛同を得て、設立10年足らずで”適正価格“を共通言語として全国展開を達成し、130社以上のプロパンガス会社とパートナー契約している。

 現在はプロパンガスの”適正価格“の指標になる「CP速報」を毎月執筆し、ガス料金の適正価格での供給に貢献している。

もっと見る ▼
戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付