• 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

0120-268-967

横浜市旭区のプロパンガス(LPガス)適正料金と平均価格

ガス会社の変更で!
横浜市旭区の適正価格(協会価格)
基本料金:1500円(税込円)~

従量単価:280円(税込円)~
平均30%削減!
10m3の使用で請求額に大差が!
平均価格(相場) 適正価格(協会価格)
基本料金 1900 1650
従量単価
662.3 308
10m3使用時 6623 3080
請求額(月間) 8523 4730
請求額(年間) 102276 56760
削減率 −44.5%

出典:「エネ研・石油情報センター」横浜市旭区 平均価格(2023年12月現在)

※価格は税込み表示


当協会が横浜市旭区において適正と考えるプロパンガス(LPガス)料金は、基本料金1500円(税込 1650円)~、 1立方メートルあたりの従量単価280円(税込 308円)~です(2024年2月現在)。

ご家庭のガス代がどれくらい安くなるか、詳細を知りたい場合は、こちらのガス料金自動診断でチェックしてください!

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

横浜市旭区のプロパンガス平均価格は昔から高止まりしていますが、ガス会社の変更で平均30%下がります。当協会なら全国130社(営業所の総数は1,450か所/2024年2月現在)の会員ガス会社の中からベストなガス会社を一切無料でご紹介します。

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付

動画解説:平均価格と適正価格/ガス会社変更の流れ

    
    

ガス会社を切替えた消費者インタビュー動画

プロパンガス料金が安くなった事例

※事例内の価格は税込み表示

変更前

ガス会社変更日:2022年12月
【ご相談者】

神奈川県横浜市旭区の山川さん(仮名)

【当協会に相談した理由】

ガス料金が値上がりしたので、インターネットでいろいろ調べていたら協会のホームページを見つけました。内容がしっかりしていたので問い合わせました。

【相談内容】

「昨年末にガス料金が40円上がりました。以前からガス料金が高いと思っていましたが、忙しくて詳しく調べていませんでした。今回消費税が上がったことによりインターネットで検索を始めました。

今のガス会社は数年前に地元のガス会社が販売をやめると言うことで、前のガス会社から引き継がれた会社です。

3年前ぐらい前になると思います。地元のガス会社の時もガス料金は高いなとは思っていましたが、昔からの付きあいだったので仕方ないと思っていました。

3年前に今のガス会社に変わった時も料金はずっと高かったですが、詳しく調べて比較したりはしませんでした。

しかし、電気や都市ガスが自由化されたことを機に光熱費の見直しをすることにしました。その時に『神奈川県横浜市 プロパンガス料金』と検索したら最初に出てきたのが協会のページでした。

ホームページを見たらプロパンガスについて詳しく書かれていたので、話を聞いてみようと思いました。ガス料金を安くする方法を教えて欲しいです」

【従来料金】

使用量:10m3、請求額:8,050
基本料金:1,650円、従量単価:640

変更後

【概 要】

神奈川県横浜市旭区の適正料金は1立方メートルあたり308円ですが、山川さんの現在のガス料金は1立方メートルあたり640円になっています。

差額は332円以上あり、現在のガス料金はかなり高いと言えます。山川さんがお住まいの横浜市旭区は神奈川県でも比較的平均価格が安い地域です。640円という単価は「適正価格」より高い設定となっている「平均価格」よりもさらに高い価格設定です。

ここ数年、小さなガス販売店は経営難から大手ガス会社に買収されるというM&Aが加速しています。「大手ガス会社になれば安心!」と思いきや、多くの場合、ガス会社移譲のお知らせが届くと同時に料金が値上げされる場合が多いようです。

山川さんの場合もまさにこのパターンであると考えられます。 残念ながら、このように原油の輸入価格に関係なく値上げのきっかけを待っているガス会社は多いように見受けられます。

ガス料金を安くする方法として、まずは使用量を家族で協力して抑えることが一番です。しかし、使用量を減らしても1立方メートルあたりの単価が高くては「焼け石に水」です。

協会では「適正料金」の維持こそが安心してプロパンガスを使い続けるための最も重要なポイントだと考えています。そして、それを遂行するために「ガス料金見守り保証」制度を設けて消費者の保護に徹しています。

【対応策】

当協会の会員ガス会社は適正料金を守っていますので、山川さんのご自宅から一番近い営業所があるガス会社をご紹介することにしました。

【成 果】

今まで高いガス料金を支払っていましたので、1立方メートルあたり332円も安くなりました。使用量はそれほど多くありませんが、月3,320円の節約になりました。

年間にすると約39,840円の削減になるため、大きな節約につながったと大変喜んでいらっしゃいました。

【新規の料金】

基本料金:1,650円 従量単価:308

【変更後の差額】
月間=約3,320円 
年間=約39,840

(従来の請求額8,050円→変更後の請求額4,730円)

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

神奈川県でプロパンガス料金が安くなるエリア

横浜市

川崎市

相模原市

その他の市エリア

郡町村エリア

よくある質問
A.{{ item.num }}

横浜市旭区のプロパンガス適正料金は平均相場からここまで安くなる!まとめ

横浜市旭区のプロパンガス平均価格(基本料金、従量単価)はいくらか?

平均価格(基本料金、従量単価)は、2か月おきに「エネ研・石油情報センター」から発表されます。横浜市旭区の最新平均価格は こちら

横浜市旭区のプロパンガス適正価格はいくらか?

当協会が横浜市旭区において適正と考えるプロパンガス料金は、 基本料金 1500円(税込 円)~、1立方メートルあたりの従量単価 280円(税込 円)~です (2024年2月現在)。適正価格にする方法についてはこちら

横浜市旭区では、現在のプロパンガス料金からどれぐらい安くなるの?

当協会が紹介する会員ガス会社への変更で、平均30%安くなります。横浜市旭区の適正価格と平均価格を比較した削減率など、詳しくはこちら

〈監修者〉 監修者
一般社団法人
プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男
・1950年 
群馬県伊勢崎市生まれ。
・1980年 
ソード株式会社(後の東芝パソコンシステム株式会社)に入社。
・2010年 
一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会を設立して理事に就任。
・2011年 
同代表理事に就任。現在に至る。
・2023年 
BSテレビ東京「マネーのまなび」で、不透明なプロパンガスの料金について取材を受け、番組内で解説。

 設立当時、プロパンガスは都市ガスに比べて約1.8倍も高い状況にも関わらず、消費者が相談できる団体は皆無であった。そこで、鈴木は消費者の立場に立って、不透明なガス代について料金面から取り組む団体として協会を設立した。

 それまで存在しなかったプロパンガス料金の“適正価格”の設定に奔走。大手供給業者の賛同を得て、設立10年足らずで”適正価格“を共通言語として全国展開を達成し、130社以上のプロパンガス会社とパートナー契約している。

 現在はプロパンガスの”適正価格“の指標になる「CP速報」を毎月執筆し、ガス料金の適正価格での供給に貢献している。

もっと見る ▼
戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付