• 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

0120-268-967

川崎市宮前区のプロパンガス(LPガス)適正料金と平均価格

ガス会社の変更で!
川崎市宮前区の適正価格(協会価格)
基本料金:1500円(税込円)~

従量単価:280円(税込円)~
平均30%削減!
10m3の使用で請求額に大差が!
平均価格(相場) 適正価格(協会価格)
基本料金 1900 1650
従量単価
662.3 308
10m3使用時 6623 3080
請求額(月間) 8523 4730
請求額(年間) 102276 56760
削減率 −44.5%

出典:「エネ研・石油情報センター」川崎市宮前区 平均価格(2023年12月現在)

※価格は税込み表示


当協会が川崎市宮前区において適正と考えるプロパンガス(LPガス)料金は、基本料金1500円(税込 1650円)~、 1立方メートルあたりの従量単価280円(税込 308円)~です(2024年2月現在)。

ご家庭のガス代がどれくらい安くなるか、詳細を知りたい場合は、こちらのガス料金自動診断でチェックしてください!

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

川崎市宮前区のプロパンガス平均価格は昔から高止まりしていますが、ガス会社の変更で平均30%下がります。当協会なら全国130社(営業所の総数は1,450か所/2024年2月現在)の会員ガス会社の中からベストなガス会社を一切無料でご紹介します。

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付

動画解説:平均価格と適正価格/ガス会社変更の流れ

    
    

ガス会社を切替えた消費者インタビュー動画

プロパンガス料金が安くなった事例

※事例内の価格は税込み表示

変更前

ガス会社変更日:2021年11月
【ご相談者】

神奈川県川崎市宮前区に住む佐伯さん(仮名)

【当協会に相談した理由】

1月から50円値上げになったので気になっていました。また、昨年の1月に比べて節約しているので使用量は確実に減りましたが、金額は逆に増えてしまったので調べてみました。

【相談内容】

「はっきり覚えていませんが、何年か前にプロパンガス会社を替えました。確か230円くらいだったと思いますが、大分安くなったのでその後プロパンガスのことは忘れていました。

しかし今年の1月に原料費が高騰したという理由で単価が50円上げられてしまいました。

さらに昨年の1月分の検針票と比べてみたら、いろいろ使い方を工夫しているので使用量は減ったのに、請求額は逆に増えてしまいました。これってどうなんだろう?って思い、ネットでプロパンガスについて調べているうちにこのサイトにたどり着きました。

今までに値上げの連絡は「50円上がります」という今回の1回だけですが、契約した時の単価は230円くらいだったので、今回以外に何回も値上げされているのではないかと疑問に感じています。

適正価格の優良ガス会社を無料で紹介してくれるサイトだということなので、ぜひお願いしたいと思います。

【従来料金】

使用量:22.2m3、請求額:13,860
基本料金:1,650円、従量単価:550

変更後

【概 要】

佐伯さんの検針票に書かれていた数値から単価を割り出してみました。

すると1立方メートルあたりちょうど550円になりました。神奈川県川崎市で550円というのは『かなり高い』部類になります。

全国でも神奈川県埼玉県はプロパンガス会社間の競争が一番激しく、その影響か価格が日本一安いエリアなのです。

その一番安いエリアで550円というのは高過ぎます。当協会なら川崎市の適正価格である308円で紹介できるエリアです。

ちなみに佐伯さんは5年前に230円くらいでガス会社を変更していますが、5年で320円も上がってしまったことになります。まさに不透明な値上げです。

【対応策】

230円といった「激安価格(売り込み価格)」で契約した方に共通しているのは、3~4年で変更前の価格かそれ以上の価格になってしまうという点です。だいたい1回につき20~40円ずつ年に数回上がってしまいます。

佐伯さんの場合は5年で230円から550円へ上がってしまいました。不透明なことが頻繁に起こるプロパンガス業界の中でもここまで露骨なやり方もあまり例がないです。

当協会では、200~230円でセールスが来た時点でこういうパターンは予め予想できますが、一般の方では難しいと思います。この場合、適正な価格を長く維持できる優良なガス会社へ変更するしか対応策はないので、佐伯さんへは会社をご紹介しました。

【成 果】

基本料金は1,650円で、1立方メートル当たりの単価は308円です。直近の使用量が22.2立方メートルだったので、これで計算し直すと5,372円節約できることになります。

月間で5,372円なら年間で64,469円にもなります。夏場は使用量も下がるので実際の計算はこの通りにはならないかも知れませんが、相当な額が節約できることだけは事実だと思います。

【新規の料金】

基本料金:1,650円 従量単価:308

【変更後の差額】
月間=約5,372円  
年間=約64,469

(従来の請求額13,860円→変更後の請求額8,488円)

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

神奈川県でプロパンガス料金が安くなるエリア

横浜市

川崎市

相模原市

その他の市エリア

郡町村エリア

よくある質問
A.{{ item.num }}

川崎市宮前区のプロパンガス適正料金は平均相場からここまで安くなる!まとめ

川崎市宮前区のプロパンガス平均価格(基本料金、従量単価)はいくらか?

平均価格(基本料金、従量単価)は、2か月おきに「エネ研・石油情報センター」から発表されます。川崎市宮前区の最新平均価格は こちら

川崎市宮前区のプロパンガス適正価格はいくらか?

当協会が川崎市宮前区において適正と考えるプロパンガス料金は、 基本料金 1500円(税込 円)~、1立方メートルあたりの従量単価 280円(税込 円)~です (2024年2月現在)。適正価格にする方法についてはこちら

川崎市宮前区では、現在のプロパンガス料金からどれぐらい安くなるの?

当協会が紹介する会員ガス会社への変更で、平均30%安くなります。川崎市宮前区の適正価格と平均価格を比較した削減率など、詳しくはこちら

〈監修者〉 監修者
一般社団法人
プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男
・1950年 
群馬県伊勢崎市生まれ。
・1980年 
ソード株式会社(後の東芝パソコンシステム株式会社)に入社。
・2010年 
一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会を設立して理事に就任。
・2011年 
同代表理事に就任。現在に至る。
・2023年 
BSテレビ東京「マネーのまなび」で、不透明なプロパンガスの料金について取材を受け、番組内で解説。

 設立当時、プロパンガスは都市ガスに比べて約1.8倍も高い状況にも関わらず、消費者が相談できる団体は皆無であった。そこで、鈴木は消費者の立場に立って、不透明なガス代について料金面から取り組む団体として協会を設立した。

 それまで存在しなかったプロパンガス料金の“適正価格”の設定に奔走。大手供給業者の賛同を得て、設立10年足らずで”適正価格“を共通言語として全国展開を達成し、130社以上のプロパンガス会社とパートナー契約している。

 現在はプロパンガスの”適正価格“の指標になる「CP速報」を毎月執筆し、ガス料金の適正価格での供給に貢献している。

もっと見る ▼
戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付