賃貸経営のリスク「空室」を防ぐPR強化の最善策とは :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
空室対策

賃貸経営のリスク「空室」を防ぐPR強化の最善策とは


         
賃貸経営で心配されるのが「空室」のリスクです。築年数を経るごとに物件の魅力が失われ、空室が増えると家賃収入が減少します。競合物件との差別化を図り入居者を獲得するために、設備のグレードアップによるPR強化で空室を防ぐ最善策を紹介します。
        




利回りダウンを避けて物件の魅力をPRするには

利回りダウンを避けて物件の魅力をPRするには

アパート経営には、物件の老朽化、空室、家賃下落、金利変動、災害などさまざまなリスクが考えられます。その中でも重要なのが「空室」のリスクです。賃貸経営は空室が多いほど収入が減少するビジネスモデルです。空室率の増加、長期化はローンの返済計画を狂わせ赤字転落もあり得ます。

空室の原因のほとんどが立地と賃料設定にあるといわれています。しかし、すでに物件が立っている場所を悔やんでも始まりません。また、家賃を下げるのは空室対策の最終手段と考えるべきです。

そこで、空室増加の回避策として挙げられるのが「LPガス会社の乗り換え」です。この方法を取り入れれば、無償で入居者に人気の設備を充実させることが可能です。利回りダウンを避けて物件の魅力をPRできる最善策といえます。




集合住宅の空き家についての分析

集合住宅の空き家についての分析

全国で広がる深刻な空き家問題は、アパート経営の将来性を考えると見過ごせない事実です。総務省統計局データによると、平成30年住宅・土地統計調査の結果、空き家数は846万戸と過去最多となり、全国の総住宅数の約13.6%を占めていることが分かりました。

少子高齢化の進展や人口移動の変化などを背景に、空き家は増加の一途をたどっており、管理が行き届いていない空き家が、防災、衛生、景観等の面で人々の生活環境に影響を及ぼすという社会問題が起きています。およそ7軒に1軒が空き家になっており、空き家問題は今後さらに深刻化することは明白です。

さらに、空き家の内訳を物件種別で見てみると、アパートを含む「賃貸用の住宅」が50.9%と空き家全体の半数以上を占めているという衝撃の事実が判明しました。

その理由は、世帯数以上に新築物件が増え続けていること、それに伴い築古住宅の人気が落ちていること、さらに相続により引き継いだ物件の売却も取り壊しも難しくなっていることなどが挙げられます。




入居者アンケートによる人気設備を設置

入居者アンケートによる人気設備を設置

このような状況において、アパートの空室リスクを避けることができるのでしょうか?空室率の改善には、リフォームをする、広告を活用する、管理会社を見直す、建物の管理を見直す、賃料設定を見直すなど、さまざまな対策が考えられますが、比較的容易に取り組めるのが住宅設備の充実です。

とはいえ、手当たり次第に設備を揃えれば良いという訳ではありません。入居者が本当に望む設備を知る必要があります。ここで、どんな設備なら入居者に満足してもらえるのか人気ランキングを見てみましょう。

全国賃貸住宅新聞で発表されたアンケート調査によると、賃貸入居者のニーズが高い設備はファミリー向け物件、単身者向け物件ともに「インターネット無料」が1位になっています。ちなみに、単身女性はオートロックが1位、防犯カメラや宅配ボックスなどの設備が上位です。

周囲の競合物件と家賃が同じなら、ほとんどの入居希望者は魅力的な設備がある物件を選ぶでしょう。人気設備の導入は確実に集客力アップにつながる方法といえます。所有物件のターゲット層にマッチした住宅設備を導入して、入居者に満足してもらえる部屋作りを意識することが重要です。

人気設備の導入にかかる費用はどれくらい

気になるのが費用です。人気が高い「インターネット無料」、追い焚き給湯器、エアコンなどを一度に導入するとなれば、部屋数にもよりますが100万円単位の費用が必要です。設備に投資をしても必ずしも空室が埋まるという保証がないことを考えると、どうしても投資に消極的にならざるを得ません。

ここで「インターネット無料」について考えてみましょう。この分野は苦手という大家さんは、どれほどの予算を組むべきか本当に悩むと思います。相場としては8戸程度の一般的なアパートで初期費用30万円程度。毎月の通信費などの固定費がかかるというのが一般的です。

Wi-Fi導入費は空室に悩むオーナーにとって大きな出費です。だからといって費用を安く抑えてしまうと、インターネットの速度が遅くなり入居者の不満にもつながります。価格だけが安いことを売りにした名ばかりのプロバイダーも増えているので注意が必要です。「インターネット無料」の導入は、費用対効果を考慮して検討すべきでしょう。




設備費をタダにする最強の秘策

設備費をタダにする最強の秘策

そこで、大家さんに紹介したい秘策が「LPガス会社の乗り換え」です。「プロパンガス料金消費者協会」を通してガス会社を乗り換えすると、新ガス会社が住宅設備を無償で設置してくれるサービスです

人気設備1位の「インターネット無料」も大家さんの負担なしで導入できます。気になる通信速度は、業界最速の1Gbps(ギガビーピーエス)ですから、YouTube などで動画を好きなだけ閲覧してもまったく問題のないレベルです。また、コンパクトな壁面埋め込み型で、無線Wi-Fi の他有線LAN ポートも付いています。

協会がオススメする最新のサービスは「インターネット無料」初期導入費に加え、給湯器とエアコンがセットになった「三種の神器」無償取り付けサービスです。これなら利回りの悪化を心配する必要がありません。早速、手続き方法を確認して導入することをお勧めします。

対象はLPガス物件の大家さん、これからLPガス物件の建設を検討している大家さんです。ただし、物件が築8年未満であると、既存のガス会社が負担している設備費、配管工事費の償却が完了していないため対象から外れる場合もあるので、まずは協会に相談してみましょう。




まとめ

全国的に空室問題が深刻化している環境においては、新築アパートが増えてしまうと築古アパートでは経営が困難になるばかりです。とはいえ空室を回避するには「家賃を下げるしかない」と諦める必要はありません。

「プロパンガス料金消費者協会」の「三種の神器」取り付けサービスなら、「インターネット無料」初期導入費、給湯器、エアコンの設備が無償で導入可能です

人気設備の導入は、物件の魅力として自信をもってPRできます。大家さんの初期投資費が0円となれば、利回りダウンを気にする必要がないというのも大きなメリットです。「三種の神器」無償取り付けサービスを導入して空室リスク対策に備えてください。

(H)





ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート住居者の方からのご相談は受け付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| 賢い大家さんトップへ戻る » |