fb

0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

アパート経営の効率化

アパート経営の効率化を考えた時、入居率の改善は欠かすことができません。ここでは、その入居率に大きく影響するプロパンガスの料金を適正にすることを検討してみたいと思います。

アパート経営の効率化は入居率改善から

アパート経営の効率化の一丁目一番地は、何といっても入居率の改善です。これが悪いのに他の何を改善したところで仕方ありません。企業経営に例えれば、売上が全然上がらないことを補うために、交際費や交通費など経費の削減に血道を上げても本末転倒です。

LPガス料金が高さが"退去" 原因の現実

昨今のインターネット環境の広がりによって、アパートの入居者が入手できるプロパンガスに関する情報量は膨大なものがあります。掲示板などを注意深く読めばプロパンガス業界で何が起きているのか大体のことはわかってしまいます。

このような環境の中、入居者の方は自分のアパートのプロパンガス代が平均なのか高いのかを知る手段が以前に比べて格段に多くなり、自分で高すぎると判断したら都市ガスのアパートへ引っ越してしまう人も増えてきました。

退去防止は適正価格のLPガス会社変更

「プロパンガス代が高いから退去する」という方を減らすには、プロパンガス会社を変更するのが一番です。平均的には変更によって30~20%ほど安くなることが多く、一般的な家庭で冬場に1万円~2万円ほどかかっていることを考えると節約効果は非常に大きいです。

プロパンガス会社の変更は、入居者だけでなく大家さんにとってもメリットはあります。一例を挙げると

  • 退去する理由がなくなるので入居率が改善される。
  • 給湯器やエアコンなどの設備をプロパンガス会社が負担してくれることがあり、メンテナンス費の削減につながる。

ただし、やみくもにプロパンガス会社を変更すると思わぬ問題が起こりかねません。

提案書の無料作成はお気軽に!

適正価格で安定供給する会社を選びましょう

プロパンガスの場合、いつでも値上げできる自由料金なだけに契約時の単価は当てになりません。原油の高騰や為替レートの変動を理由にどんどん値上がりすることは業界の常識です。

しかし、当協会の会員ガス会社なら当協会との約束で不透明な値上げはできないので、本当に経済情勢が大きく変わった時にしか値上がりしないし、値上げの原因が解消した際には元に戻ります。

当協会がご紹介するプロパンガス会社なら安心して末永くご利用いただけます。

都市ガスからプロパンに変更でメンテナンス費削減可能

都市ガスの場合は、ガス代は安くていいのですがメンテナンス費はすべて大家さん負担になってしまいます。最近はメンテナンスを節約するために、都市ガスからプロパンガスへ燃料転換(変更)する大家さんが増えてきました。

従来、都市ガスからプロパンガスへの変更は引き受けてくれるガス会社が少なくあきらめていた大家さんが多いのですが、当協会のプロパンガス会社ネットワークなら可能なケースが多いです。

都市ガス並みの価格で給湯専用器とビルトインコンロ他が無償貸与などの切替実績が豊富にあるので安心です。

絶対不可能なケースは、敷地内にボンベ(またはバルク容器)を置くスペースがない場合です。このケースはどうにもなりませんが、スペースさえあればあきらめずに当協会に一度ご相談されることをお勧めします。

この記事の執筆者

一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

代表理事 鈴木 秀男

  • 2009年04月 NPO法人プロパンガス料金適正化協会を設立し理事に就任
  • 2010年10月 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会を設立。代表理事に就任。

1980年広告代理店勤務を経て、東芝パソコンシステム(旧:ソード電算機システム)に入社。営業推進部部長として勤務する傍ら、1990年より世界最大の人材教育機関「デール・カーネギー・コース」のニューヨーク本部公認トレーナーとしてセールスパーソンの教育に20年間従事。官公庁や大手企業を中心に約3千人を指導。また、ヤフージャパンで4年間広報宣伝ディレクーを兼務した。

提案書の無料作成はお気軽に!

大家さん相談無料