「インターネット無料」導入によるアパート経営改善策 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
インターネット無料

「インターネット無料」導入によるアパート経営改善策


         
人気設備「インターネット無料」の導入は、今やアパート経営には必須の改善策となっています。しかし有効な空室対策とはいえ、膨大な導入コストを掛けるのでは費用対効果が合いません。コストゼロの空室対策とその仕組みを紹介します。
        


アパート経営改善のために入居者のニーズを知る

これまで単身者向け物件には必須の設備だった「インターネット無料」ですが、インターネットの需要が年々高まる中、ファミリー向け物件でも人気設備第1位に上昇してきました。最近の部屋探しをする入居希望者は、同じ家賃であれば「インターネット無料」が導入されている物件を選択する傾向にあります。

安定したアパート経営を続けていくためには、入居者のニーズを知ることが不可欠です。今や不動の人気を誇る「インターネット無料」導入を無視できない時代になっています。ここでは、その導入メリットと賢い空室対策について解説します。アパート経営改善のヒントにしてみてはいかがでしょうか。


なぜ「インターネット無料」物件が人気なのか?

昨今のスマートフォンやタブレットの普及によりパソコンを持たない人が増えています。また、テレビを見る代わりにYouTubeなどの動画コンテンツを見る傾向が強まり、自宅での「Wi-Fi」のニーズが高まっています。

このような入居者のニーズは、自宅に限ったことではありません。駅や空港などの公共施設はもちろん、カフェやコンビニに至るまで「Wi-Fi」が使える時代です。賃貸物件の入居者からすると、無料でインターネット回線を使うのが一般化されている中で、自宅でネット費用を払うことに抵抗感を持つ人が増えてきているのです。

昨今の入居者ニーズを分析すれば、おのずとアパート経営の見直し策が見えてきます。逆にいえば、賃貸物件でもインターネットが無料で使えて、動画をスムーズに視聴できる環境を作れば「空室対策」につながるというわけです。


物件探しのチェック項目で対象外になっては損!

賃貸物件探しの際に入居希望者は、物件検索サイトの条件チェック項目でニーズに近い物件を絞り込み、家賃や間取り、こだわり条件から希望にぴったりの部屋情報を検索します。

ここでもし、あなたの物件に人気の「インターネット無料」の項目がなければ問題外。土俵に乗れないとなればアパート経営の最も大きな空き室リスクにつながってしまいます。

少々極端ですが、その行く末は「設備は揃っていないが家賃が安い」という枠組みでしか競争ができない物件になりかねません。賃貸経営する上でこのような価格競争に巻き込まれるのは避けたいものです。

ビジネスは競争という意味において、ライバルを出し抜かなければ業績を上げることも難しくなります。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と言われるように、競争に勝ち残るためには、周辺のライバル物件を知り、そしてライバルを上回る形で入居者のニーズに応えて支持を得ることが求められます。


コストゼロで実現できる唯一の空室対策

いつまでたっても入居者が決まらずこの先が不安・・・こんな空室対策に悩む大家さんは本当に多いです。

あなたが所有する賃貸物件の築年数は何年ですか?築10年も経過すると、ガス給湯器の故障も多くなり、維持費や修繕費を想定しなければ赤字リスクが高まります。ただでさえ木造アパートは、老朽化すると見た目が悪くなり入居希望者を遠ざけます。

入居者に敬遠されないようアパートをきれいに見せるためには「築古物件だから大掛かりな設備投資をしないとダメだ」と思い込んでいませんか?

しかし、アパートの修繕費用はかなりの重荷になってきます。屋根や壁の塗装費だけでなく、部屋ごとのエアコンや給湯器の修理もとなれば、下手をすると数百万円単位での負担になります。

おしゃれにリフォームすれば外観も内装もいくらだってきれいにできますが、やみくもに家賃を上げられない中では現実的な空室対策とはいえません。不動産投資はリスクを少なくし確実に収入が得られるやり方をとるべきです。

その方法とは、プロパンガス料金消費者協会が提携するLPガス会社に切り替えることで、設備をタダで導入できる無償貸与契約です。入居者に一番人気の設備をコストゼロで拡充し、継続的な入居者獲得を実現可能とする画期的な方法です。


コストゼロの空室対策の仕組み

なぜ、そんなことが可能なのでしょうか。無償で設備を支給してくれるといっても、LPガス会社がその費用を実際に負担するわけではありません。LPガス会社は大家さんとの間で設備の「無償貸与契約」を結び、大家さんには無償で設備を支給します。一方で、設備費用を入居者のLPガス料金に上乗せして回収する仕組みです。

リースと似たような形態ですが、あくまで大家さんからは費用を取らずに、設備を貸し付ける契約なので、途中解約する場合は、設備の残存金額を大家さんが精算する義務が発生します。

ここで重要なのは、あくまでも協会と提携するLPガス会社を利用することで受けられるサービスだということです。協会は大家さんのメリットはもちろんですが、入居者のガス料金に上乗せする金額に無理がないか、供給するLPガス会社に利益は出るかなど、三者のバランスを考慮して提案内容を確定します。

このバランスを崩せば、入居者のガス料金が大幅に上がってしまい、クレームになりかねません。無償で設備を支給してもらえるからといって、大家さんが不要な欲を出してしまうと、最終的に入居者は退去し空室問題は悪化してしまうでしょう。

なお近年、インターネット上にはLPガス事業者を絡めた類似サービスが存在していますが、提供できる設備や入居者のガス料金の格安提示など、非現実的な提案を持ち掛けるケースも見受けられます。協会のポリシーと大きく異なるので十分注意をしてください。


「インターネット無料」初期導入費やガス設備が無償に

現在利用中のLPガス会社を切り替えることによりガス設備が無償で導入できるサービスについては、すでにご存じの大家さんも多いと思います。

給湯器とエアコンなら従来もあったLPガス会社のサービスですが、ここで紹介する協会の設備サービスは、かつてどこのLPガス会社も実現不可能だった画期的な内容です。

アパート経営の「三種の神器」無償貸与は業界に先駆けて協会が初めて可能にした内容です。ガス会社変更のほか、新築のタイミングでも導入可能です。

主なサービス内容

●「インターネット無料」初期導入費

※別途通信回線使用料が必要です。

※1棟8戸以上が条件となります。

※インターネット事業者は協会指定であることが条件です。

●ガス給湯器

●エアコン(またはTVモニター付きドアホン、温水洗浄便座)

「インターネット無料」の初期導入費用はインターネット会社が無料で設置するので大家さんの負担はゼロです。

「給湯器」「エアコン」などの設備導入はLPガス会社が行いますが、この2つの設備導入であれば大きな負担がかからないので、入居者のガス料金に設備費用を大幅に上乗せする必要がありません。

その結果、大家さん、入居者、LPガス会社の三者にメリットがあるバランスの取れたサービスが実現します。

1K、10戸のアパートでサービスの総額を計算してみましょう。

設備 1戸あたり
の設備費
1棟(10戸)
の合計
「インターネット
無料」
初期導入費
5万円 50万円
給湯専用器 10万円 100万円
エアコン 10万円 100万円
総額 25万円 250万円

なんと、入居者のクレームを受けることなく、250万円相当の設備が無償で導入可能となります。大家さんにとってまたとないサービスです。

空室にお悩みの大家さん!アパート経営の「三種の神器」無償貸与の導入検討をおススメします。

ただし、エリアや物件の状態(築古で損傷がひどい等)によっては、対象にならない場合があります。あらかじめご了承ください。まずは協会に相談してみましょう。


まとめ

今や「インターネット無料」導入はアパート経営には必須項目になりつつあります。当たり前の設備になってしまう前に、ライバル物件に先んじて導入したいが費用が出せない・・・そんな悩みをかかえている大家さんは多いと思います。特に築古の賃貸アパートは空室対策に苦労するはずです。

コストをかければいくらでも設備は付けられますし、大掛かりなリフォームだってできるでしょう。しかし、費用対効果が合わなければアパート経営として失敗です。大掛かりなリフォームをするだけが空室対策ではありません。色々な角度から空室対策を考えるべきです。

「インターネット無料」のほかにも、給湯器、エアコン、温水洗浄便座、TVドアホンなど魅力的な設備を導入することで、競合物件との差別化を図り入居者を確保しましょう。

それには、プロパンガス料金消費者協会が提供している設備をタダで入れてくれる無償貸与の導入が有効です。コストゼロで実現できる空室対策をとることで、入居者に選ばれる人気の物件に変身する可能性が高まります。


(H)





ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート住居者の方からのご相談は受け付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| 賢い大家さんトップへ戻る » |