fb
wi-fiインターネット無料をアパートに導入:プロパンガス料金消費者協会

プロパンガスのアパート大家さん必見!
wi-fiインターネット無料をアパートに導入

プロパンガスのアパートにwi-fiインターネット無料やエアコン・給湯器・ウォッシュレット・TVモニタ付ドアホンなどを無料で設置して、利回りや入居率を改善しませんか?ガス会社の採用で実現します。

プロパンガス会社の採用で豪華3点セット無料

※物件のエリアや戸数、残存金額、築年数などの物件内容により切替の可否やサービス内容が異なります。ご相談ください。

入居者に人気の設備ランキング

1.無料インターネットのメリット・デメリット

1-1.インターネット無料が3年連続人気No.1

全国賃貸住宅新聞社が調査した「入居者に人気の設備ランキング」が発表されました。
今回の調査は、2018年9月3日から10月5日までの間に全国322社の不動産会社からのアンケート結果です。

「インターネット無料」が、3年連続で「ファミリー向け」と「単身者向け」の両部門で1位になっています。
いまやアパートには欠かせない設備になっています。

同紙によりますと、「賃貸アパートにインターネット無料は最低条件であり、年令や性別に関係なく必要で、付いていない物件には客付けができない」とのことです。
インターネット無料でない物件では、駅近の高物件であってもなかなか客をみつけるのが難しいと書いています。

1-2.無料インターネット導入のメリットとデメリット

メリット

最大のメリットは入居率がアップすること

これは、当協会がプロパンガス会社をご紹介した大家さんの例です。この大家さんは築15~20年のアパートを4棟で合計40戸ほどの物件を所有していましたが、入居率が70%ギリギリにさがっており危機感を持っていました。

入居率70%ギリギリ

当協会で、適正価格を維持しつつ給湯器とインターネットを無償で提供できるプロパンガス会社への変更を提案して導入したのですが、効果はすぐに現れました。


先日電話で状況を伺ったところ、入居率が改善され80~85%くらいを維持しているとのことでした。インターネットの導入以外は特に何もしていないので、これが貢献しているのは明白ですね。

最近はどこでも外国人の方を頻繁に見かけるようになりましたが、彼らにとってもインターネットはとても重要なライフラインです。この大家さんのエリアでも外国人労働者がため、インターネットは必須条件だとおっしゃっていました。

デメリット

一番のデメリットは、速度に関する不満が出ること

デメリットとして注意すべきは、通信速度の問題です。最近のインターネットユーザーはYou Tubeなどで動画を楽しむ方が多いですが、日中は問題なくても夜間(特に21:00~24:00)は多くの人のアクセスが集中するので格段に遅くなることがあります。

速度が遅くなる原因としては、一本の回線に複数のユーザーが一気に大量のデータ通信を行うことがあります。

通信速度の問題

1-3.マンション・アパートのインターネット普及率は?

カフェや図書館などでも今やwi-fiが無料で利用できる施設が増えています。
ホテルではごく当たり前になっています。では、マンションやアパートではどうでしょうか?

ある調査会社によると、2018年7月時点でのマンション・アパートのインターネット普及率は37.4%です。
ただし、これは「全戸一括型マンションISP」によるものですので、マンションやアパートの入居者が自室用として契約した数字は含まれません。

<集合住宅におけるインターネット導入比率>

集合住宅におけるインターネット導入比率

2018年7月時点で全国にはマンション・アパートなどの集合住宅が6,031,949戸あり、その内2,256,000(37.4%)にインターネットが導入されているとのことです。
この記事を書いている2019年3月では当然もう少し増えているはずです。

また、同じインターネットでもこの調査では2種類に分けています。有料インターネットと無料インターネットです。これは、プロバイダーとの契約主が入居者かアパートの大家さんか、ということです。

有料インターネットに23.7%の入居者の方々が契約しているということは、時間の経過と共に無料インターネット物件に、入居が片寄っていくことが容易に予想できます。

また、62.6%のインターネット未導入層についても、スマホ、タブレットのさらなる高速化と共に、ニーズの高まりが想定されます。

冒頭で書きましたが、賃貸アパートでは入居率対策として「インターネット無料」を売りにする物件が非常に増えています。ただ、無料インターネットと一言で言っても導入コストやランニングコスト、通信速度、セキュリティレベルなどには大きな差がありますのでこれから詳しく解説したいと思います。

2.当協会が自信を持ってお奨めする無料インターネットの概要

2-1.初期導入費用は0円

大家さんとして、アパートに無料インターネットを導入して入居率を改善したいと考えた場合、高額な初期導入費用を考えると躊躇するのは当然です。そこで当協会がご紹介するのが“初期導入費用ゼロ円プラン”です。

初期導入費用=0

毎月のランニングコスト=1,000円 (税別)/ 1戸あたり

※上記は12戸の場合であり、戸数の増減によりランニングコストは変動します。詳しくは当協会へお問い合わせください。

入居者の方に毎月かかるランニングコスト(通信料)は12戸の場合で月々1,000円ですので、大家さんとしては家賃に組み込んでも管理費の中に入れても良いと思います。いずれにしても入居者の方に大変喜んでいただけることは確かです。

ちなみに、「インターネット無料」と無料といってもその実態はさまざまです。

<無料wi-fi インターネットの実態はさまざま>(12戸の場合で比較)

当協会 A社 B社 C社 D社
初期導入費 0円 40万円 80万円 50万円 60万円
月額通信費 1,000円/戸 1,000円/戸 900円/戸 1,030円/戸 1,000円/戸
プロトコル IPv6 IPv6 IPv6 IPv6 IPv6
回線の速度 1Gbps 1Gbps HP未記載 1Gbps 1Gbps

※2-5「業界最先端のIPv6に対応」を参照

<2019年 2月協会調べ>

例え有名なブランドでも、初期導入費用は12戸のアパートの場合で40~80万円ほど必要です。
ただホームページに明記されている例は少なく、大家さんが見積もり依頼しないと提示されないのが一般的です。

その40~80万円の費用をどうするかというと、大家さんが払える場合は大家さんが払い、無理な時はプロパンガス会社が自社に変更してもらうことを条件に肩代わりすることもあります。

本当の意味で初期導入費用が0円なサービスは少ないです。

2-2.「有線LAN+wi-fi無線ルーター方式」が最強の組み合わせ

当協会が推奨する無料インターネットは、有線LANとwi-fi無線ルーターがセットになったシステムで、これが現在の最強の組み合わせだと思います。

スマホユーザーならwi-fiで問題ありませんが、パソコンユーザーには安定性の面で有線LANが適しています。ですから、スマホ、パソコンユーザーの両方に対応できるこの方式が適しているのです。

また、パソコンなどによっては無線LANに対応していな機種もまだまだあります。その場合はLANカードを用意しなければなりません。

では、最強の「有線LANとwi-fi無線ルーター」システムの構成図を下記にご紹介します。

2-3.最強の「有線LAN+wi-fi無線ルーター方式」の構成図

当協会が提供する無料wi-fiインターネットの構成イメージは下図の通りです。
アパート・マンションのMDF室まではOCN やSo-netなどのプロバイダーを通じてNTT東 / 西の1ギガバイトの高速インターネット環境を利用します。

MDF室と言っても、別にアパートやマンションの横に部屋がある訳ではありません。
日本語では「主配電盤」と呼ばれていて、最近の集合住宅であれば建築時に棟内の共用スペースに設置するのが常識になっています。

<当協会推奨の無料wi-fiインターネットの構成図>

当協会推奨の無料wi-fiインターネットの構成図

MDF室の光回線終端装置(モデムのようなもの)で、電話のアナログ信号とパソコンのデジタル信号が変換され、ルーターとスイッチングハブによって各部屋の壁面埋設型wi-fiルーターに接続されたパソコンやスマートフォンでインターネットが利用できるようになります。

従って、パソコンを利用する場合は壁面の埋め込み型wi-fiルーターに付いている差込口にLANケーブルを差し込めば、より安定性に優れたあインターネット環境を楽しむことが可能です。

2-4.通信速度は高速1Gbps

インターネットが快適に閲覧できる速度とは

最初に当協会がお奨めするシステムの通信速度ですが、高速の1ギガバイトです。ただ、補足しますと常時その速度が出る訳ではありません。理想の利用環境であれば可能であるということです。これは他社のサービスでも同じことが言えます。

インターネットの場合はユーザーの利用条件に強く左右されます。曜日や時間帯、ネットに何人が接続しているかなどによって大きく変わってきます。例えば、土曜の夜10時くらいにアパートの入居者の多くの方が映画などの動画を見ているなら極端に遅くなることもあると思います。

動画閲覧に必要な速度は?

筆者は、2019年正月の箱根駅伝をインターネットのリアルタイム配信で見ましたが、画像が頻繁に止まってしまって快適とは言えませんでした。ちなみに通信速度は最大100Mbpsの環境でした。その時の速度を計測することは失念しておりましたが、体感的には1~2Mbps程度しか出ていなかったのではないでしょうか?

来年の箱根駅伝は1Gbpsで見て比較してみようと思っていますが、箱根駅伝のように大勢の方が同時にアクセスすれば最大100Mbps環境では遅いと思います。やはり1Gbpsの環境があれば、どのようなアクセス状況であっても不満は出ないのではないかと感じました。

<インターネット速度計測方法>

あと、ご参考までに速度の測り方をご紹介します。
Google などで「インターネット 速度」と検索すると下のように表示されます。

インターネット速度計測方法

次に、画面右下の「速度テストを実行」という青いボタンを押すだけです。
すると1分もかからずに以下のような計測結果が出ます。

テストA

インターネット速度計測結果A

テストB

インターネット速度計測結果B

テストABはいずれもLAN 接続ではなく、wi-fi接続での結果です。

同じwi-fi接続でこれだけ速度が変わっているのは、wi-fiネットワークのアクセスポイントの違いです。テストAとBでは速度が1桁違います。アクセスポイントをどれを選ぶかによって使用感が激変するので注意が必要ですね。

ちなみに、テストBでyoutubeの動画を見ると停止することが頻繁にありました。もちろん、テストAではまったく問題ありません。

テストC

インターネット速度計測結果C

また、テストC はLAN 接続です。LAN接続の場合はテストA とほぼ同じような速度が出ています。このテストからわかることは、適切なアクセスポイントを選択すれば、wi-fi接続であってもLAN 接続に遜色ないということですね。

ただ、wi-fi 接続の場合はルーターからの距離が遠くなると遅くなりますので、注意が必要です。

どんな用途にはどれくらいの速度が必要か、目安を下図にしましたので参考にしてください。ただし、契約者の商品・サービス仕様に謳われている最大速度と実効速度は、利用環境によって非常に大きな差がきるので、あらかじめご了承ください。

<インターネットの用途別必要速度>

インターネットの用途別必要速度インターネットの用途別必要速度

2-5.業界最先端のIPv6に対応

次に、通信プロトコルのについて説明します。通信プロトコルとはネットワーク上での通信に関する規約です。
現在の主流はIPv4ですが、今後は次世代型のIPv6が主流になることが確実視されています。

2つの違いをごく分かりやすく例えれば、IPv4通信では渋滞している“一般道”を通らなければならないのに対し、IPv6なら“高速道路”を通行できるようなものだと理解していただければと思います。

業界最新のIPv6に対応
業界最新のIPv6に対応

IPv4のIPアドレスは限界にきている
IPv4のIPアドレスは限界にきている

IPv6はなぜ速いのか

はじめに、誤解のないように申し上げますと、IPv6なら速くてIPv4は遅いということではありません。

まず、遅くなる原因を先に説明しますと、IPv4PPPoE接続でNTTの基地局からプロバイダーにつなぐときに発生します。IPv4接続の場合、通信情報はIPv4接続口の網終端装置を通過しますが、夜間はIPv4のPPPoE(ピーピーピーオーイー)方式で接続する人が増えるので網終端装置が混雑してしまいます。

その点、IPv6なら混雑しないIPoE(アイピーオーイー)接続ができるので混雑を避けられ、結果として速くなります。つまり、従来のIPv4PPPoE接続からIPv6IPoE接続に変えることで速くなるのです。IPv6接続というよりもIPoE方式のおかげですね。

「IPoE」は「次世代のインターネット接続環境」と評価されていて、近い将来標準となることが確実視されている回線方式です。これまでの標準だったPPPoE方式と比較すると大容量で、通信がスムーズで混雑することなく行われるのが最大の特長で、快適かつ安定した接続環境を実現することができると言われています。

2-6.さらに「IPv4 over IPv6」にも対応

ここは技術的な解説です。ご存じの大家さんはあまりいないと思いますが、非常に大事なことなので頭の片隅に置いといてもらえると良いと思います。

実は、IPv6接続をするには、プロバイダーはもちろんアパート内のルーター、さらに閲覧するウェブサイトもIPv6に対応していることが前提となります。当協会が推奨する「無料インターネット」は、当然プロバイダーもルーターも対応しています。

しかし、入居者が閲覧するウェブサイトがどうなっているかは誰にもわかりません。もしIPv6対応していないサイトを閲覧した場合、IPv4接続になってしまうので、夜間等であれば遅くてストレスになる可能性がありますよね。

そこで活躍するのが「IPv4 over IPv6」というサービスです。このサービスに対応しているプロバイダーを利用すれば、下図のようにプロバイダー側(厳密には、プロバイダーと提携しているネイティブ事業者=VNE)で自動変換してくれるのでIPv4にしか対応していないウェブサイトサイトであってもIPv6接続で閲覧することが可能になります。

「IPv4 over IPv6」サービス


3.業者の選び方で大幅に変わる導入費用

3-1.インターネット会社に直接依頼する

インターネットのことをインターネット会社に依頼するのは当然といえば当然です。

そして、インターネット会社の提携先プロパンガス会社が、初期導入費用を負担してくれることがあります。これは大家さんから見てメリットではありますが、デメリットにもなりかねないので注意が必要です。

それは、高額のインターネット導入費用をプロパンガス会社が負担し、ガス会社はアパートの入居者のガス料金に上乗せして、負担した費用を数年かけて回収する仕組みだからです。「無料」といっても本当の無料ではないので鵜呑みにはしないでください。

当然ですが入居者のプロパンガス料金は高くなります。

例えば、ガス会社が負担する初期導入費用が1戸あたり6万円だとすると、入居者のガス料金の従量単価は130円ほど上がります。計算方法は以下の通りです。

インターネットの契約が10年とすると6万円を6,000円ずつ10年で償却します。1カ月なら500円です。

<10年契約の場合>

10年契約の場合

あなたのアパートの入居者が単身者の場合、プロパンガスの使用量は月平均4立方メートル未満ですので、導入前の従量単価が580円(関東地方の平均)だった場合130円プラスして710円です。

<使用量が4立方メートルの場合の従量単価>

使用量が4立方メートルの場合の従量単価

710円というのはかなり高いですから、入居者がビックリするかもしれません。

どうしたらこのような事態を避けられるか、このあとご説明します。

3-2.プロパンガス料金消費者協会が推奨するサービスを選ぶ5つのメリット

本当の「インターネット無料」が初期導入費0円で導入できます

「無料インターネットを導入したら、入居者のガス代が凄く高くなってしまった」というような事態を避ける方法は1つだけです。


それは、本当の“初期導入費用0円”サービスを採用することです。


しかし、どの会社のサービスがそうなのかは、ホームページを見ただけでは簡単にはわかりません。詳細は明記されておらず、大家さんが具体的な物件名を元に問合せをした際にはじめて開示されるのがほとんどです。

これでは、値札のない銀座の寿司屋さんに初めて入るように不安だと思います。

当協会がお奨めする無料インターネットは、正真正銘の「無料インターネット」です。大家さんにとって通信費のランニングコストは1戸あたり1,000円程度かかりますが、初期導入費用は1円もかかりません。

次に、上記以外の特長について解説します。

さらに、「給湯器やエアコン」などをプラスできる可能性があります

当協会経由でプロパンガス会社を変更する際は、無料インターネットにプラスして給湯器やエアコンを無償貸与出来る可能性があります。

全国的にアパートのガス会社を変更する場合、ほとんどのケースで新しいガス会社がお風呂の給湯器を負担してくれます。

しかし、無料インターネットにプラスして「給湯器プラスエアコン」まで付けてくれるプロパンガス会社となると非常に限定されます。投資に相当積極的なガス会社でないと難しいです。

しかし当協会の場合は、提携しているインターネット会社が初期導入費用を無料に設定しているので、その分は最初から考える必要がありません。

「給湯器とエアコン」を無償貸与してもらえるプロパンガス会社を探すだけで良いのです。3点を無償貸与してもらえるガス会社を探すよりもはるかにハードルは下がります。

ただ、どのエリアでも、どんなに築古で損傷がひどい物件でも無条件で付く訳ではないので詳細を詰めていく必要はあります。また、当協会の会員ガス会社の中でも、投資に積極的なガス会社が多いエリアとそうでないエリアもありますので、まずは当協会にご相談ください。

<ガス会社変更時に期待できるサービスのレベル>

ガス会社変更時に期待できるサービスのレベル

「ガス料金見守り保証」は大家さんの強力な応援団長です

当協会へのお問い合わせで、一戸建てに次いで多いのがアパートの入居者からのご相談です。つまり、アパートのプロパンガス物件の場合、入居者のガス代にも配慮しないと満室経営に悪影響を与えかねない時代になっているということです。

その点、当協会の大きな特長に、「ガス料金見守り保証」があります。

「ガスの料金に保証が付く?何それ」と思われたと思います。都市ガスや電気業界では耳にしたことはないはずです。プロパンガス業界はそれほど異常で、料金の透明性が非常に低い業界なのです。

どういうことか簡単に説明します。

プロパンガスの輸入価格は、サウジアラビアの国営石油会社であるサウジアラムコが、毎月末に翌月の価格を決めて通告してきます。価格が上下している時はともかく、3~4カ月上昇が続くと全国のプロパンガス会社はこぞって値上げします。金額にして1立方メートルあたり20~60円くらいが多いです。

多くの場合、その後は価格が下落することが多いです。山道も下り坂だけとか上り坂だけとかがないように、プロパンガスの価格も上昇だけとか下落だけとかはありません。プロパンガスの価格の推移はこちらをご覧ください。

しかし、プロパンガス業界は値上げは好きだけれど値下げは嫌いのようで、一度値上げすると簡単には値下げはしません。敏感に競争原理が働くガソリン業界とは正反対です。

そこで、当協会は業界で初めて「ガス料金見守り保証」という料金保証制度を導入しました。

ガス料金見守り保証

この保証書のメリットは以下の通りです。

  1. プロパンガス会社は、値上げする場合は当協会と事前協議しなければならないので、勝手な値上げを防止できます。
  2. 当協会は、プロパンガスの輸入価格情報を毎月入手した上で、適正価格を算出しているので、プロパンガス会社側の理屈に屈することなく筋を通した交渉をすることができます。
  3. 入居者のガス料金は時勢の適正価格に維持されます。
  4. プロパンガス料金の高さを嫌っての退居を避けることに貢献します。

無償貸与設備が適正価格かどうかも当協会がウォッチします

アパートを新築したり、中古物件を購入したり、ガス会社変更をする際に多くの家さんが見逃しているのが、「設備の無償貸与適正価格化問題」です。

リフォーム費や原状復帰費についてはしっかりチェックする大家さんでも、前の所有者から引き継ぐプロパンガス給湯器やエアコンなどの設備費の残存金が適正価格かどうかチェックする方は少ないです。「実際にお金が出ていく訳ではないから、まぁいいか」という気持ちがあるのかもしれません。

しかし、これには大きな問題が潜んでいます。

なぜなら、将来転売を行う際、設備費の残存金が多額であるために転売ができなくなることがあるからです。

給湯器を例にご説明します。給湯器は単機能(追い焚き機能がない給湯専用タイプ)の場合、20号本体とリモコンで定価が15万円ほどで、取付工事費を入れると17万円くらいです。

あなたが20戸の中古アパートを購入した際に、給湯器が古かったのでプロパンガス会社を変更して新しいガス会社に給湯器代をすべて無償貸与してもらったと考えてください。後日郵送されてきた「消費設備等貸与契約書」に、給湯器代として1台あたり工事費込みで13万6,000円と記述されていたとします。

あなたは、「定価は17万円との記述があったので13万6,000円なら20%値引きされている。こんなものかな」と納得していまいます。


さて、1年後にある事情で転売することになり、幸い新しい大家さんで購入が決まりかけましたが突然話しがキャンセルになってしまいます。理由は給湯器の残存金が9年分245万円もあるので、肩代わりしてくれるガス会社が見つからないとのことでした。

あなたが精算すれば別ですが、肩代わりを要請された次のガス屋さんとしては慎重に精査することになります。その際、自社で設置すれば1 セット5万円以下、20セットでも100万円でおつりが来るような給湯器20台を、245万円で買い取るような投資をするガス会社はないでしょう。

つまり、あなたが設備の残存金を引き継ぐ際に適正価格であるかどうかの判断を誤ると、後々不都合なことに直面するリスクを抱えることになりかねません。

当協会では、プロパンガス会社をご紹介する際、ガス料金の不透明な値上げを防止するだけでなく、設備費の適正価格化と、適正価格での無償貸与契約が締結できるようサポートします。

つまり、大家さんが将来アパートを転売したくなった時に、多額の残存金額が障害となって話しが進まないというような事態を防止することができるのです。

対応エリアは沖縄を除く全国です

当協会の対応エリアは、北海道から九州・鹿児島まで沖縄県を除くほぼ全国です。

当協会の考え方に賛同して協力いただいているガス会社は、大手の問屋が中心で、東証一部の上場企業とその系列子会社の数十社を含む100社以上にのぼり、その各支店営業所の総数は全国で計900ヶ所以上となっています。


4.導入にあたって

4-1.導入手順とスケジュール

中古アパートを購入し、ガス会社変更時にインターネットを導入の場合

(※ガス会社の変更なしで、インターネットだけの設置はできません)

(1)お問い合わせ

  • エリアや物件の概要、無償貸与設備のご要望等をヒアリングいたします。

(2)無料物件調査&提案書の提示

  • 物件を調査して見積もりを提出します。
  • インターネット以外の設備および料金等の提案書を提示します。

(3)ガス会社変更の同意

  • インターネットの導入、およびガス会社変更条件等に同意いただきます。

(4)ご説明・ご契約(ガス会社への委任状)

  • インターネット会社からのご説明と契約締結。
  • プロパンガス会社への委任状に押印をお願いします。

(5)ガス会社切替工事&インターネット導入工事

  • ガス会社切替工事を行います。
  • インターネット初期導入工事を行います。タイミングは別々になります。

(6)サービス開始

お問い合わせから、サービス開始までの期間はケースバイケースではありますが、ガス会社の変更工事までで約1カ月程度。インターネットの工事完了まででは約2カ月から3カ月ほどかかる場合があります。


吹き出し大家さんのよろこびの声 !吹き出し

インターネットの知識のない私でも導入できました!

お客様の画像
浜松市 Y様
 さて、どこにしようか?インターネット無料を導入して、入居率を何とか改善したいと考えた私にとって、業者を選ぶのも大変な仕事です。そこで、1年ほど前からちょくちょく見ていたプロパンガス料金消費者協会さんに相談することにしました。
 ガス会社変更することで、初期導入費用が0円のインターネットを導入できた上、給湯器とTVモニタ付きのドアホンまでサービスしてもらい大変助かりました。
 あと、これだけサービスしてもらったのに、ガス料金まで安くなり入居者の方にも顔が立ちました。

3回目の依頼ですが今回も大満足です

お客様の画像
横浜市 E様
 私は過去2回この協会さんのお世話になっています。
 私は、日本全国で物件を所有している関係で全国対応していて、しかも対応が丁寧なので今回もお願いすることにしました。
 今回は、横浜市の1DKが12戸の築20年のRC物件です。購入時は給湯器だけが無償貸与でしたが、インターネット無料にプラスして給湯器とエアコンを無料で貸与してもらいました。導入前は4戸が空室でしたが、おかげさまで満室になり、感謝しています。

新築アパートで設備を付けていただきました

お客様の画像
松戸市 N様
 「インターネットなしで満室にするのは簡単ではない」
という知人のアドバイスを受け、何としても「インターネット無料」を入れたいと思っていました。ネットの検索で、安心できる協会さんに巡り会うことができて本当に良かったと思っています。
 協会さんから紹介していただいたプロパンガス会社の方は、すごく親切で連絡も頻繁にくださりストレスなく竣工までこぎつけることができました。
 ちなみに、無料で付けていただいた設備は、インターネット無料の導入工事のほか、ガス配管、給湯器、エアコンです。大変お世話になりました!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会とは

設立登記
2010年11月(前身はNPO法人として2009年4月に設立)
設立趣旨
プロパンガス業界の不透明さを改善し、プロパンガス消費者の利益を護る目的で設立された、日本で初めてのプロパンガスの料金に特化した一般社団法人です。
代表理事
鈴木 秀男(前職=東芝パソコンシステム/営業推進部部長)
本店住所
東京都千代田区内神田2-18-6 第五氏家ビル4F
スタッフ
15名
主な活動
(1)消費者保護
(2)競争促進を通じた業界の活性化
(3)適正価格の提示
(4)料金の透明化
(5)優良ガス会社をアパート・オーナーや戸建て施主へ紹介
主な実績
(1)約1,000棟のアパート・オーナーへプロパンガス会社を紹介
(2)約25,000件の戸建て施主へプロパンガス会社を紹介
(3)大手を中心とした110社のプロパンガス会社が当協会の会員として登録

セミナーの風景

賃貸住宅新聞社の依頼で「賃貸住宅フェア2017」(7/26)で講演中の鈴木代表理事


<まとめ>

1.無料インターネットのメリット・デメリット

  • 入居者に人気の設備ランキング3年連続2冠は「インターネット無料」
  • メリットは、入居率対策にインターネットの導入が非常に効果的。
  • アパートに無料wi-fiインターネットを導入する大家さんが急増している。
  • 今や、インターネット無料は賃貸アパートの最低条件であり、付いていない物件では客付けが難しくなっている。
  • デメリットは、通信速度の不満が出やすいので注意が必要。

2.当協会が自信を持ってお奨めする無料インターネットの概要

  • 初期導入費用は0円。
  • 通信速度は高速1Gbps(1ギガビーピーエス)
  • 「有線LAN+wi-fi無線ルーター方式」が最強の組み合わせ。
  • インターネットの速度は環境によって大きな差が出る。
  • プロトコルは業界最先端のIPv6に対応。
  • さらに「IPv4 over IPv6」にも対応しているので、IPv4対応のウェブサイトでもIPv6接続で閲覧可能。

3.業者の選び方で大幅に変わる初期導入費用

  • インターネット会社がプロパンガス会社と提携して、初期導入費用を肩代わりしてくれる場合があるが、入居者の料金に初期導入費用を上乗せして不当に請求する可能性があるので注意が必要。
  • プロパンガス料金消費者協会の紹介で業者を選ぶ5大メリット
    1. 「インターネット無料」が0円で導入できる。
    2. さらに「給湯器やエアコン」などをプラスできる可能性がある。
    3. 「ガス料金見守り保証」は大家さんの強力な応援団長。
    4. 設備代も当協会が大家さん目線でウォッチ。
    5. 対応エリアは沖縄を除く全国。

4.導入にあたって

  • ガス会社の変更までで約1カ月。
    インターネット導入工事完了までを含めると2~3カ月かかる場合があります。

大家さんの3つの悩み解決します!

ガス会社変更事例

プロパンガス会社
の変更事例は

都市ガス→プロパンガス
への変更事例は


ページの先頭へ戻る