fb

0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

ガス代30~40%削減で退去予防

ガス代を30~40%ほど削減して退去予防しませんか。アパートの入居率改善に効果があるリフォームや設備の充実、募集広告などには投資が欠かせませんが、投資ゼロでも有効な手段があります。それがガス代削減です。当協会がお手伝いします。

プロパンガス代の適正価格化で投資0円でも入居率アップ!

ガス代の適正価格化で最大5,000円削減が可能

最大5,000円削減

プロパンガス代が5,000円下がれば家賃5,000円値下げと同じ効果

アパートのプロパンガス代は高いです。平均的には、都市ガスの1.5~2倍と言われています。あまりの高さに、都市ガスのアパートに逃げ出す人も後を絶ちません。逃げ出さないまでも、都市ガス物件への転居予備軍は相当な数に上ると思われます。

そこで大家さんに提案です。当協会の会員プロパンガス会社に変更して、プロパンガス料金の適正化を検討してみませんか?

家族4人がアパートでプロパンガスを利用すると、冬場には軽く1万5千円を超える請求金額になります。これを30~40%削減して1万円になれば、アパートの賃料を5,000円下げたのと同じ効果になります。

仮にそこまで下がらなくても、3,000円でも下がれば大家さんは感謝されること間違いなしです。誰でも面倒な引っ越しは避けたいのが本音ですので、引っ越し計画は消滅することでしょう。

では、何を根拠に30~40%下がると言っているのかご説明します。まずは下図をご覧ください。

ガス料金削減

平均的なアパートのプロパンガス料金は、基本料金が1,800円、1立方メートル当たりの単価が600円くらいです。使用量を20立方メートルで計算すると、税抜き請求額で13,800円です。

これをそのまま当協会の適正価格である基本料金1,500円、単価350円で計算すると税抜きで8,500円になります。平均的な価格と比較すると何と、38.4%(5,300円)の削減になりますので、前述の「30~40%下がる」というのは誇張ではありません。

ただ、実際には大家さんの目的が100%ガス代の削減だけにあるわけではなく、給湯器をはじめとした設備の無償貸与も含まれてくることが多いので、その分は単価が上がってしまいます。

入居者の定着率が悪い原因が「ガス代の高さ」だと分かった場合、最大で40%くらい削減し、入居率を改善することはそう難しいことではないのです。

提案書の無料作成はお気軽に!

不利と思われがちなプロパンガスでも適正価格で都市ガス並みに!

一般に、プロパンガスアパートは不利だと思われています。賃貸物件情報サイトなどでは、「都市ガスだから安心」などと紹介している例がたくさんあるので、誰でもそう思ってしまいます。

しかし、プロパンガスのアパートでも都市ガスに引けを取らないガス代をにすることは不可能ではありません。その場合は、変更目的を絞り込むことが重要ポイントになります。

インターネット回線や給湯器・エアコンなどを無償で設置してもらい、さらに、ガス代を都市ガス並みにするなどは無理ですが、「都市ガス並みのプロパンガス料金」を実現することに的を絞れば近い状態にすることは可能です。

ただし、原油価格の安さがマスコミで連日取り上げられるような時期や、千葉県など天然ガスが豊富に採掘できるエリアでは都市ガスが極端に安いので、ハードルが高くなります。

3つの悩み 協会がお悩みを解決します!

この記事の執筆者

一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

代表理事 鈴木 秀男

  • 2009年04月 NPO法人プロパンガス料金適正化協会を設立し理事に就任
  • 2010年10月 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会を設立。代表理事に就任。

1980年広告代理店勤務を経て、東芝パソコンシステム(旧:ソード電算機システム)に入社。営業推進部部長として勤務する傍ら、1990年より世界最大の人材教育機関「デール・カーネギー・コース」のニューヨーク本部公認トレーナーとしてセールスパーソンの教育に20年間従事。官公庁や大手企業を中心に約3千人を指導。また、ヤフージャパンで4年間広報宣伝ディレクーを兼務した。

提案書の無料作成はお気軽に!

大家さん相談無料