アパートの満室経営に最適なLPガス活用法 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
空室対策

アパートの満室経営に最適なLPガス活用法


         
アパートの満室経営をするための様々な提案の中でも、プロパンガス(LPガス)の活用は確実にその一翼を担う存在となり得ます。空室でお困りのオーナーさん必見!利回り低下を心配することなく、魅力的な設備を無償で導入できます。その活用方法をご紹介しましょう。
        




LPガス活用で設備拡充と経費削減が可能

LPガス活用で設備拡充と経費削減が可能

アパート経営において空室は死活問題です。ここではプロパンガス(LPガス)をうまく活用することで、設備の拡充と経費を削減できる最強の方法について解説していきます。

比較的低コストでできる空室対策としては、外壁の管理会社の見直し、ネット広告のテコ入れ、家賃の値下げ、自主清掃などがありますが、LPガス会社の切り替えをすることで「給湯器」「エアコン」「入居者無料インターネット」を無償で導入することができます。

初期導入費が0円なので、空室に悩むオーナーさんにとっても、利回り低下を気にする必要がないプランです。これが最大の魅力です。このサービスを知らなかった方は目から鱗ですね。では詳しくみていきましょう。




大事な視点は「費用対効果」

大事な視点は「費用対効果」

アパート経営は、利益[(売却額-取得額)+(収入-支出)]を最大化することが目的です。仮に空室が目立ってきたからといってすぐにリフォームをしたり、入居者に人気の設備をフル装備してしまっては賃貸事業がうまくいきません。

注意すべき点は、費用対効果です。このリフォームに費用をかけてどれだけの賃料を得られるか、利回り悪化を軽減できる家賃設定はいくらなのか、さらには売却時の価格がどれだけになるかを考えなければなりません。

また、アパート経営は長期的なビジネスですから大規模修繕やリフォームへの投資は毎年積み立てて準備しておくことも必要です。

思い付きの判断では経営計画を大きく崩してしまいます。また比較的小さな出費とはいえ、給湯器やエアコンなどの修理、交換にも費用がかかります。細部にわたって利回りの視点で考えることが大事です。




リスクなしで充実の設備拡充

リスクなしで充実の設備拡充

繰り返しになりますが、小さな設備費も含めすべてにコスト意識を持つことが重要です。そうしないと、交換する必要のない設備を交換したり、高い価格で購入してしまったりなど不必要な出費をすることになってしまいます。

とは言え、もし近所に新築アパートが増え、自分の物件に空室が増え始めれば、何も対策をしないわけにもいきません。せめて設備の充実を図るべきかと焦りを感じても当然です。そんなオーナーさんに最適な方法があります。それがLPガス会社の活用です。

LPガス会社の活用とは、LPガス会社を乗り換えるタイミングで「給湯器」と「エアコン」、さらに入居者に一番人気の「入居者無料インターネット」がすべて無償で納入してもらえる方法です。これまで、どんなに大手のLPガス会社でもこの3つを同時に提供することはありませんでした。

確かに、一般的な納入費用は8世帯の単身アパートであれば、ざっと計算しただけでも合計168万円です(下記参照)。

  • 給湯器(10万円×8台=80万円)
  • エアコン(6万円×8台=48万円)
  • 無料インターネット初期導入費(5万円×8室=40万円)
    合計168万円

ここまで高額な投資はガス会社にとっても、採算が合わないほどのサービスになってしまいます。

「プロパンガス料金消費者協会」は、この3つの設備をオーナーにとっての「三種の神器」と称して空室に困っているアパート経営者に提供できるような仕組みを作りました。これはLPガス業界でも画期的なサービス内容なのです。



このサービスの最大の魅力は、何といってもオーナーさんの自己投資が必要ないことです。

空室問題に直面したオーナーさんは、何か手を打たなければ経営悪化が進むばかり...と悩む一方で、設備の充実をしたからといって100%満室になるとは言い切れない不安があると思います。だから思い切って投資ができないわけです。

ところが、この「三種の神器」サービスならその心配がまったくありません。これこそがオーナーが望む最強のサービスではないでしょうか。

この「三種の神器」サービスは、既存アパートはもちろん、新築時にも対応しています。「プロパンガス料金消費者協会」は設立10年の豊富な知識とノウハウで悩めるオーナーをサポートします。

LPガス業界の事情に精通しており、オーナーさんが独自でガス会社と交渉を進めるよりも格段にメリットが得られます。ヒアリングから導入まで一貫して専任の担当者が付くのも心強いものです。ぜひ問い合わせてみるとよいでしょう。




ガス料金も値下げできるので、入居者の満足度UP

ガス料金も値下げできるので、入居者の満足度UP

しかし、設備が無償で手に入っても、入居者のガス料金が高くなっては困りますし、協会の設立趣旨に反します。プロパンガス料金消費者協会は、アパート経営をするオーナーさんにとって入居者の満足度を高めることが一番の空室対策にもつながると考えています。

よって、オーナーメリットと同時に、入居者からガス料金に対する不満が出ないためにも、今よりも安いガス料金になるように設定します。

万一、それでも不透明な値上げが発生した場合には、協会が事実確認をして不当な値上げと判断した場合には元の料金に戻すようガス会社に交渉しますから、入居者も永久的に安心してプロパンガスを使うことができます。このサポートが「ガス料金見守り保証」です。


ガス料金見守り保証


新しいガス会社との契約が成立した後には入居者への通達が必要となりますが、手続きはオーナーや管理会社に代わって、すべて新ガス会社が入居者へ書面交付を行いますので一切の手間が掛かりませんので安心してお任せください。




まとめ

アパート経営において空室は死活問題です。ここではプロパンガス(LPガス)会社を活用して、設備の拡充と経費削減の両方が成立する方法をご紹介しました。

空室対策で大事なことは費用対効果を考えることです。LPガス会社の切り替えなら、大家さんの負担ゼロで「給湯器」「エアコン」「入居者無料インターネット」が導入できます。

ここまで充実したサービスが受けられる手法がほかにあるでしょうか。現在、空室に悩むオーナーさんだけではなく、これから新築を計画するオーナーさんもLPガス会社を活用して満室経営を目指してください。

(H)





ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート住居者の方からのご相談は受け付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| 賢い大家さんトップへ戻る » |