fb
アパートのプロパンガス料金一斉値上げ!:ガス料金相談センター

アパートのプロパンガス料金一斉値上げ!

ご存じですか?プロパンガスの値上げが最終的には入居者の退居を招く!

プロパンガス料金の値上げが一斉に始まりました。マスコミは伝えませんが、当協会には消費者から毎日値上げに対する相談電話が殺到しています。放置しておくと退居につながるので、大家さんは要注意です。
大家さん

プロパンガス会社が、2017年秋になって
一斉にガス料金の値上げを発表

一斉値上げは約3年振りです。

今回の値上げの波は、まず関東の大手20社ほどから始まりました。関東は価格競争が激しく各社余裕がないため、原料価格の上昇を販売価格の値上げに直結させる傾向が強いです。

関東の次は東海地方の大手プロパンガス会社が値上げ攻勢に動き出しました。そして、すぐに全国で値上げラッシュになると思われます。

当協会の相談窓口には、10月から「値上げの通知が来たが、妥当なのか?」という電話とメールが殺到していますが、当協会では今回の値上げは妥当だとは思っていません。

なぜなら、2014から3年ほどずっと原料費の安い時期が続いてきたのに、その間、ガス会社は販売価格を下げずにいたからです。今確かに原料価格は上昇傾向にあります。グラフ1の緑のグラフを見ればこの3カ月ほど原料価格が上がっているので値上げは当然のように見えます。しかし、それは原料費が安い時期に販売価格を下げてきたガス会社だけが行う権利があることだと思います。

実際は、赤いグラフを見ておわかりの通りほとんど下がっていないのだから、現在少し原料費が上がっているからといって値上げするのは許されないというのが当協会の見解です。

では、詳しくご説明しましょう。

グラフ1

プロパンガスの原料と販売価格推移

原料下落時は販売価格を下げなかったのに・・・

グラフ1をご覧ください。

まず、❶の時点でのプロパンガスの原料価格と平均販売価格をスタート地点として、その後のそれぞれの動きを追ってみます。

緑のグラフのプロパンガスの「原料価格」は、2013年12月をピークに約3年間ほぼ下がり続けました。2014年の平均価格は790.8ドルで、2016年の平均価格は324.6ドルですから2年間で約59%下がっています。

次に、赤のグラフのプロパンガスの「平均販売価格」は下がっているでしょうか?こちらは、原料価格の動きにはリンクせずにずっと横ばいのままです。実際に販売価格が下がり始めたのは、❷の時点で、原料価格が急落してから1年も経ってからのことです。2014年の販売価格の平均が7,390円に対し、2016年の平均は7,012円で、わずか5.1%しか下がっていないのです。

本来なら、原料価格が急激に下がっているのだから販売価格も同じように下がってしかるべきなのに、下がっていません。このグラフは特定の不心得ガス会社のものではなく、全国の平均値です。そうです。業界全体がこのような不自然な「値下げ拒否」を実践していながら、少し原料費が上昇しただけですぐに値上げをするのです。

アパート入居者にとってプロパンガス価格の値上げは「退居」につながります!

一戸建て住宅の方なら、ご主人や奥様がプロパンガス会社の変更を決意するだけで、30%も安いガス会社に乗り換えることが可能です。しかしアパートではそうはいきません。

アパートにおけるガス会社変更は大家さんだけの権限だからです。

プロパンガスの原料と販売価格推移

アパートのプロパンガス代は一般的な一戸建てに較べて30%ほど高いので、さらに値上げとなると入居者が受ける打撃はかなり深刻です。多くの大家さんが、給湯器などの設備をプロパンガス会社にタダで設置をお願いしていることがこのような状況につながっています。

入居者が管理会社にクレームを言ったところで、管理会社が動いてくれることはほとんど期待できないし、大家さんの連絡先を教えて欲しいと言っても「我々から大家さんに話しておきます」などと、ていよく断られてしまいます。

大家さんの知らないところで値上げが繰り返し行われ、入居者は誰にも苦情を言えないのです。結局入居者は、高いプロパンガスのアパートを退居することを考えます。

コツコツと貯蓄をして中古の一戸建てを購入したり、そうでない方は都市ガスの物件を探したり、いずれにしてもアパートを出て行ってしまいます。

そうなって空室のままの状態が続いたら、給湯器などを付けてもらっても意味がありません。

当協会は、紹介したガス会社に不透明な値上げをさせないことを約束します

当協会がご紹介するガス会社でも、給湯器をはじめあれもこれも無償貸与すればガス代は高くなります。無償貸与というのは、「大家さんからお金はいただかないけど、その分入居者のガス代に上乗せしますよ」ということですから当然です。

「なんだ、それなら協会から紹介してもらわなくても同じじゃないか!」という声が聞こえてきそうなので正しく説明します。

当協会から紹介を受ける3つのメリット

1. 大家さんとの契約価格の水準が維持される

一般的なプロパンガス会社は、契約時が最安値でその後徐々に値上がりし、いくら原料価格が下がっても滅多に下がることがないのは前述した通りです。

当協会経由の場合は、少しくらいの原料価格の上昇では値上げ自体をしないか、上げた場合は原料価格の下落時には下げます。

ガス料金見守り保証

2. 不信感を持たれた時は当協会が対応します

基本的に当協会の会員ガス会社は不透明な値上げをしませんが、「値上げの通知がきたけどどうなんだろう?」と感じた際は連絡いただければ、大家さんとガス会社の間に立って納得のいくよう対応します。

ガス会社と大家さんの直接対応だと、ガスの専門家にごまかされかねません。その点、当協会はガスの専門家以上に知識を持っています。でなければプロパンガス会社をコントロールすることなどできないし、適正価格を主張することもできないのです。

3. エリアで一番条件の良いガス会社をご紹介します

大家さんとしては、「ガス代の不透明な値上げがないことはわかったけど、設備の無償貸与はもっと切実な問題だよ」と感じていると思います。それは当協会もよく理解しています。

当然ですが、私たちは以下のような基準で大家さんにガス会社をご紹介しています。

(1)現在、当協会の会員ガス会社は約100社(2017年11月現在)ありますが、その中から一番条件の良いガス会社をご紹介します。

(2)現在利用しているガス会社としがらみのないガス会社をご紹介します。ガス会社には古い慣習があり、取引関係やグループ会社同士だったりすると引き受けてもらえません。

プロパンガス業界は、一般的なビジネスとかけ離れた業界です。契約時の好条件だけで判断すると、入居者離れにつながることがあることをよく理解しておくことをお奨めします。


ガス会社変更事例

プロパンガス会社
の変更事例は

都市ガス→プロパンガス
への変更事例は


spacer


spacer
ガス料金見守り保証 大家さんの三つの悩みを解決 周辺物件との差別化が悩み 賃料下げず魅力を高めたい 投資0で空室を減らしたい ガス会社の変更を検討する ガス会社変更のメリット プロパンガス会社変更事例 都市ガス変更のメリット 都市ガスからの変更事例 大家さんお役立ち情報 ガス料金の値上げ プロパンガス会社の選び方 アパート経営の効率化 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会
大家さん学びの会
経営ノウハウが学べる勉強会を定期開催。実証済の大家業成功ノウハウを一緒に共有し、あなたも”儲かる大家さん”に!
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer