東京ディズニーランド

先日、以前私が大変お世話になった方と、新橋で10年振りくらいに食事をした時にお聞きした話です。その方はYさんと言う女性です。

Yさんのご主人(故人)が外資系レコード会社の社長をされていた関係で、Yさん宅にはジャズミュージシャンのクインシー・ジョーンズが、来日時に時々遊びに来たそうです。その都度、彼はYさんの手料理と純米酒に舌鼓を打ち、いつも上機嫌で帰っていったそうです。

初めてクインシーが家に来た時に、Yさんが振る舞った日本酒は、菊姫の大吟醸だったのですが、クインシーは「旨い。これは何というワインだ?」と尋ねたエピソードを、シンセサイザーの富田勲さん(故人)が記事に書き、それがJALの機内誌に載っていて、たまたま私が出張に行った時に読んだのを覚えています。

ある時、クインシーが友人のマイケル・ジャクソン(故人)に、日本での体験談を自慢しながら話すとマイケルは大いに興味を持ち、何と後日クインシーと一緒に世田谷のYさん宅まで訪ねてきたそうです。

普段のマイケルは食事に非常に気を遣い、プロテインを主に摂っていたようですが、Yさん宅ではYさん手作りの大きな松花堂弁当を完食して、同行の栄養士をビックリさせたそうです。

それから数日後、ご主人のレコード会社にマイケルから電話が入ります。用件は食事へのお礼と、夜の10時に浦安のある場所にジーンズで来て欲しい、とのことでした。

Yさん夫妻が行ってみると、なんとなんと!東京ディズニーランドは、"マイケル様ご一行"のために貸し切りになっていました。あの広大なディズニーランドが、Yさん夫妻とマイケルのスタッフたった20数人のために貸し切りです。

マイケルは何というスケールの大きな男なのでしょうか。

しかもマイケルは手を抜きません。レストランもアイスクリームコーン・ショップも、すべのお店がいつもと同じようにフルオープンで、ミッキーたちキャラクターともども一行を大歓迎してくれたというのです。

さらにこの話には後日談がありまして、マイケルからこの話を聞いた女優のエリザベス・テイラー(故人)は、ディズニーランドを貸し切りにできることを知り、自身の60才の誕生日に、カリフォルニア州アナハイムにある本家ディズニーランドを借り切って仲間と大いに楽しんだというのです。

マイケル・ジャクソンを自宅に招いたのも、ディズニーランドを貸し切りにさせたのも、日本人としてはYさんが最初で最後なのではないでしょうか?

Googleマップより

▲Googleマップより

新年早々嬉しいニュースがあります。

昨年の10月に、米国のロサンゼルスにお住まいのY奥様から国際電話がありました。Y様の家族は現在自宅を千葉県で建築中で、今お住まいのロサンゼルスから年末に帰国する計画ですが、新築中の物件の周囲には都市ガスが来ていないので、プロパンガス会社を紹介して欲しいとのことでした。

奥様がロサンゼルスの自宅からインターネットで調べている中で、当協会の「ガス料金見守り保証」に大変興味をお持ちで、ぜひ当協会の会員ガス会社を紹介して欲しいとのリクエストをいただきました。

実は、もう8年間この業務をやっておりますが、米国から問い合わせをいただいたのは初めてです。それ自体は何の問題もありませんが、問題はやり取りです。主にメールでのやり取りが中心になりましたが、電話のほうがより正確なので大事な部分だけは電話でやり取りしました。ロサンゼルスと日本の時差は約17時間ありますので、事前にメールで都合の良い時間を打ち合わせた上でY様から電話をいただきました。

Y様が都合の良い時間が午後8時頃とのことでしたので、日本では午後1時頃ということです。電話での打合せは1回だけで、あとはメールだけで完了です。

年末に帰国したY様ご夫婦が、成田から千葉の新居に到着する時間に合わせて当協会がご紹介したガス会社のスタッフが訪問し、その場で開栓した上でガス器具の使い方等をご説明しました。

Y様からいただいた新年のメールには、「おかげでその日から、安心して新居の生活をスタートすることができました。これも協会スタッフのK様に親切にしていただいたおかげです。クリスマスもお正月も大変楽しむことができました。今後ともよろしくお願いいたします。感謝を込めて」と書いてありました。

何しろ初めての経験だったので、最初の電話を受けた協会スタッフもビビっていたようですが、やってみればロサンゼルス・東京間の約9,000kmもまったく関係なかったですね。当たり前と言えば当たり前ですが(笑)

ミカンちゃん

▲朝、松山市で散歩中に出会った可愛い「ミカンちゃん」

11月に四国の香川県と愛媛県へガス会社開拓に行ってきました。

現在、当協会の会員プロパンガス会社は、北海道から九州まで84社(2017年4月現在)ありますが、まだまだ十分とは言えません。例えば、四国にはまだ数社しかないので十分な対応ができていないのです。

首都圏では現在各県に7〜8社はありますが、地方では全然足りていません。

当協会がガス会社開拓をする際は、原則として電話1本で済ませることはなく、ほとんどの場合こちらから出向くか、ガス会社さんに神田のオフィスまで来ていただきます。

我々としては、会ったこともないプロパンガスを消費者に紹介するようなことは、極力避けたいと考えています。

松山城から見た松山市内

▲松山城から見た松山市内

大切なお客様をご紹介する以上は、「不透明な値上げをしない」旨の契約内容や「ガス料金見守り保証」などについてもしっかりご説明し、協会の活動内容をご理解いただいた上でお互いに合意する必要があります。そのためには直接お会いすることが大切だと思っております。

また、実際にお会いすることで得られることはたくさんあります。受付の方の対応や、スタッフの方がどのように私たちを迎えてくださるか、なども大変勉強になりますし、その会社の接遇方法を当協会で取り入れさせていただいたこともあります。

遠くまで出向くには時間もお金もかかりますが、それでも直接お会いしてコミュニケーションを取ることは、それをはるかに上回るメリットがあると思っています。

今回の出張により、対象エリアをまた一歩拡大することができました。これによりさらに多くの、高いプロパンガス料金にお困りの方のお役に立てればこれ以上の喜びはありません。今後のエリア拡大にも期待していただければと思います。

写真提供「Go!Isesaki 伊勢崎」http://www.go-isesaki.com/


お約束します。あなたのプロパンガス料金を下げるために、わたしたちは無料でお手伝いしています。Message from 鈴木秀男

プロフィール

プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男

1950年群馬県伊勢崎市生まれ。
伊勢崎東高(現在の伊勢崎高校)で陸上競技に明け暮れ、ビリで卒業した後、東京デザイナー学院へ。グラフィック・デザイナーや広告代理店の営業を経験し、1990年にデール・カーネギーのニューヨーク本部公認トレーナーに認定される。
東芝パソコンシステム株式会社で営業推進部長として勤務したあと1997年4月に独立。趣味はマラソン、読書。
現在、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 代表理事。

「マネーの達人」連載記事はこちら>>
プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」