空室対策の究極アイデアは「プロパンガス会社変更」 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
空室対策

空室対策の究極アイデアは「プロパンガス会社変更」


         
空室対策に悩むプロパンガス物件のアパートオーナーへ!究極のアイデアとしてプロパンガス会社変更を紹介します。投資ゼロで設備が導入できる有効な手段です。人気No.1の「インターネット無料」設置物件にすることも可能です。入居者ニーズを知って差別化を図りましょう。
        




プロパンガス物件、究極の「空室対策」とは

プロパンガス物件のアパートオーナーであれば「プロパンガス会社変更」について、一度は耳にしたことがあるでしょう。中にはすでにガス会社を変更して、給湯器などのガス設備の設置や交換で、恩恵を受けている方もいると思います。

プロパンガス会社変更のノウハウが広く知られてきた昨今、ライバルオーナーもみな同じような恩恵を受けている可能性が高いといえます。つまり、一般的な「プロパンガス会社変更」では有効な差別化が難しくなっていると考えてよいでしょう。

では、空室に悩むアパートオーナーにとって、本当に有効な空室対策とは何でしょうか?今回は「プロパンガス会社変更」を活用した究極の空室対策を紹介します。

ライバルと差別化できる「ガス会社変更」の条件

空室率を下げて賃貸経営を安定させるには、入居者の満足度を第一に考えることです。そのためには、設備を充実させてより魅力的な物件にすることが求められます。そこで有効なのが「プロパンガス会社の変更」です。大家さんの負担ゼロでガス会社が設備投資してくれるありがたい仕組みです。

しかし、昨今ではこのノウハウは広く知られるようになってきましたので、ライバルはすでに経験していると考えても大げさではない時代です。一般的なガス会社からの恩恵といえば、給湯器とエアコンなどの住宅設備の導入です。あなたがそれ以上の設備を得られていれば優位に立てますが、もはや一般的な恩恵だけでは差別化を図ることはできません。

だからといって、無理にガス会社に多くの設備投資を要求すると、その分を入居者のガス料金に上乗せされることとなり、クレームの原因になりかねません。また、家賃に上乗せしてしまえば、今までよりも空室が埋まらなくなるという現象が起こり得ます。

ライバルとの差別化に成功する「プロパンガス会社変更」は、以下の3つをクリアすることです。

1 高額設備(給湯器、エアコンなど)が導入できること

2 入居者のニーズにマッチした環境を作れること

3 入居者のガス料金が高額にならないこと




入居者ニーズと物件状況のギャップを知る

空室に悩むオーナーがとるべき行動は、まず入居者のニーズと物件状況の把握です。現在、部屋探しをしている多くの入居希望者はインターネット上の物件検索サービスを利用しています。登録されている膨大な物件の中から、希望の設備項目にチェックを入れることで好みの物件を絞り込んで探しているので、検索でヒットしなければ見てもらえないというわけです。

あなたの物件はすでに埋もれてはいませんか?多くの人の目に触れるためには、まず検索によるヒット条件をそろえる事が空室対策の第一歩といえるでしょう。

とはいえ、人気ランキング上位の設備をただ揃えれば良いというわけではありません。入居者ニーズと物件状況の把握で出てきたギャップを埋めることこそが、あなたの物件においての本当の対策です。

現在、入居者人気No.1設備は「インターネット無料」設置です。全国的にも導入物件が確実に増えており、近い将来アパート経営に必須の設備になる勢いです。もし、ライバル物件をリサーチした際に「インターネット無料」設置がなければ、それはあなたの物件と大きく差別化できるチャンスかもしれません。




投資ゼロにこだわった空室対策で利回りアップ

これまで説明したように「プロパンガス会社の変更」を利用する場合、『①給湯器と住宅設備の貸与』だけではライバル物件との大きな差別化になりにくくなってきたこと、入居者に人気No.1の設備は『②「インターネット無料」の設置』であるという事実を踏まえて、空室対策を考える必要があります。

しかし、これまでどんな大手ガス会社でも投資額がかさむことから、①と②の無償貸与を引き受ける会社はありませんでした。また、どちらか一方を導入できたとしても、それ以上の費用負担が必要となっては、利回りの悪化が懸念されます。

オーナーが高額な投資をすることなく、空室問題をカバーできる対策はないか?

そこで、プロパンガス料金消費者協会は、オーナーにとっての「三種の神器」ともいえる、ガス給湯器、エアコン、「インターネット無料」の初期導入費、これら三大設備の無償貸与を考案しました。

この3つが同時に無償で導入できれば、給湯器、エアコンなどの高額設備の交換はもちろん、契約後すぐに「インターネット無料」設置物件に生まれ変わり、ネット検索でもヒットする物件になるので、目に見えた効果が期待できます。空室問題を抱えながらも高額投資はちょっと...と悩むアパートオーナーにとって一番有効な空室対策になり得ます。

●「三種の神器」無償貸与の内容

①ガス給湯器
②エアコン(またはTVモニタ付きドアホン、温水洗浄便座などの住宅設備)
③「インターネット無料」の初期導入費

LPガス物件に必須のガス給湯器が無償貸与になるのはもちろんのこと、エアコンもしくは物件に必要な住宅設備のチョイスができる柔軟性があります。さらに、確実にインフラの一部となりつつある「インターネット無料」の初期導入費が0円の画期的なサービスです。

協会が中心となってインターネット会社とガス会社を束ねることで「大家さん、入居者、事業者」3者の収益バランスを考慮しながら、最強のサービスを生み出すことに成功しました。

ライバルとの差別化には「三種の神器」無償貸与の導入が最適です。




入居者のガス料金を意識したガス会社変更

本当に成功といえる「プロパンガス会社の変更」は、入居者のガス料金が適正価格を維持することです。

悪質なガス会社であると、空室に悩む賃貸オーナーの不安につけ込んで、ガス設備の過剰投資を条件にガス会社変更を促します。その結果、入居者のガス料金を不当に高くしてしまうことになり、再び入居者退去の原因を引き起こします。結局、また空室になってしまうのでは本末転倒ですから、注意が必要です。

その点、プロパンガス料金消費者協会の会員ガス会社への変更では、入居者のガス料金が今まで以上に値上がりしないように設定します。たいていの場合、ガス会社変更をする前の入居者のガス料金は高すぎることがほとんどなので、新ガス会社にも大きな負担をかけることなくガス会社変更が成立します。




まとめ

賃貸経営の空室対策はライバルとの差別化を図ることが、重要なポイントです。やみくもにお金をかければ良いというものでもありません。類似物件や近隣物件の情報、不動産市場の流れをしっかりとリサーチし、自分の物件に合った対策を行うことが大切です。

空室対策としての「プロパンガス会社の変更」でライバルとの差別化に成功する究極のアイデアは、ガス給湯器、エアコン、「インターネット無料」初期導入費、これらオーナーにとっての「三種の神器」を無償貸与で導入することです。この対策でぜひ入居者の絶えない魅力的な物件を目指してください。

(H)





ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート住居者の方からのご相談は受け付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| 賢い大家さんトップへ戻る » |