女性目線のアパート経営で劇的に満室経営 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
空室対策

女性目線のアパート経営で劇的に満室経営


         
今、女性目線のアパート経営が満室経営実現のカギに!賃料も割安なのに入居者がなかなか決まらない…そんな悩みを持つ大家さんに、女性のきめ細やかな視点に立った空室改善策をご紹介します。満室経営に向けて今すぐにでも取り入れられる秘策です。
        




悩み多き大家さん「なぜウチは人気がないのか?」

悩み多き大家さん「なぜウチは人気がないのか?」

賃料も安いはずなのになぜか人気がイマイチ・・・。長年、アパート経営をされている大家さんの中には、そんな経験を持つ方も多いと思います。今回はその理由を探っていきましょう。

アパート経営の生命線ともいえるのが空室対策。それを軽視すれば、キャッシュフローが悪化してしまい、メンテナンス費の削減、家賃の値下げ、入居者の質の低下と悪循環に陥り、最終的には赤字転落になってしまいます。そうなる前に対策を打つ必要があります。

改善策の一つとして「女性目線」で考えてみるのが有効です。住環境にとても敏感な女性が気に入る部屋は設備面が充実しているといえます。

当然ながらそれは男性が住んでも快適ということになります。ファミリー向けの対策に限らず、単身向けアパートであっても女性目線の物件改善策は、満室経営に向けての重要なカギになります。

そこで、女性目線に立っての、入居者が賃貸アパートに求める設備をまとめてみました。初期投資ゼロの設備導入の裏技もご紹介します。効果的に空室からのV字回復を狙いましょう。




空室が続く原因を考える

空室が続く原因を考える

空室が続く原因にはもちろん理由があります。「なぜ空室が続いているのかわからない」と悩んでいる大家さんは、募集条件、物件の魅力、対策不足など心当たりがあれば早急に見直していきましょう。

特に、アパートは経年劣化がつきものですから、10年単位で外壁や屋根の修繕、給湯器、エアコンなどの設備交換と高額な出費が必要です。

購入したアパートを放置してしまえば、建物の魅力が低下し入居率の悪化につながり、家賃の値下げ、入居者の質の低下、資金不足といった負のスパイラルに陥り、深刻な経営危機を招く可能性があります。

アパート経営は投資ではなく事業経営です。安定的に満室経営をするためには、継続的な積立と維持管理を怠らないことが重要です。空室が気になり始めたら、その原因を早めに突き止めて対策を講じましょう。

まず「入居者のニーズに応えるアパート」について、入居者の視点で考えてみることが、空室改善策の第一歩となります。




V字回復!「女性目線」の空室対策

V字回復!「女性目線」の空室対策

単身世帯が急増している中、女性の一人暮らしは珍しくありません。一般的に、女性は男性よりも住環境には特に敏感といわています。賃貸アパート選びも同様です。そこに着目して、空室対策に「女性目線」を取り入れることが有効です。

男性の場合、賃貸物件を決める際は、あくまで一時的な住まいと見なすことが多いためか、駅から近くて、徒歩圏内にコンビニがあればよいなどと、簡単に決めてしまうケースが少なくありません。しかし、女性の場合は、一時的な住まいだとしても、できるだけ納得できる物件を求めるため、環境、内装まで細かくチェックする傾向にあります。

女性のニーズに応えることができれば、家賃を下げずに満室経営にV字回復させることも現実的でしょう。そうすることで、女性だけではなく男性の支持も得られる結果につながるはずです。




女性目線で見る人気のアパートの要件とは

女性目線で見る人気のアパートの要件とは

女性が賃貸アパートを選ぶ際に重要視する項目をまとめてみました。賃貸経営にあたり、ぜひ「女性目線」の空室対策とは何かを理解し、入居者に選ばれるアパートに仕立てましょう。

①環境

男性の場合、駅からの距離、近くにコンビニがあるかなど、立地以外には気にするポイントがそれほど多様ではないのに対して、女性の場合は、街としての人気度や近くにスーパーがあるか、駅から物件までの夜道には 街灯が多いかなどのほかにも、物件の外観、部屋の日当たりや騒音、周辺の治安など多様な視点からも利便性や安全面を意識しています。

②防犯

当然ですが、女性は男性に比べて防犯意識が高いので、セキュリティが充実している物件ほど喜ばれます。TVモニター付きインターホンは今や必須設備といえるでしょう。オートロック、防犯カメラの有無も気になる点です。それ以外にも共用部分のゴミ捨て場の清掃が行き届いているか、共用通路は明るいかなどもチェック項目にする方が多いようです。

③内装

男女問わずチェックするのが内装です。女性は男性に比べて、衣類や靴、小物を多く持つ傾向があるので、1LDKのスペースであっても、クローゼットや収納スペースがある物件の方が圧倒的な支持を得ています。また、室内に洗濯機置き場があるか、バス・トイレが別かどうかなども物件選びの大きなポイントにしています。

④設備

女性は男性よりも生活空間を快適にしたいという気持ちが強く、今や温水洗浄便座があるトイレは必須条件でしょう。独立洗面台、浴室乾燥機、追い焚き機能があるかなどお風呂の設備も重要視しています。

また、不在時でも荷物が受け取れ、再配達の手間もいらない宅配ボックスは忙しい女性に喜ばれる設備です。それ以外にも、毎月の携帯料金節約ができることから、「入居者無料インターネット」は、ここ数年、入居者のほしい設備の上位に必ずランキングされています。


ここまで見てきたように、女性は賃貸アパートを選ぶ際、男性よりもチェックポイントが多いことがイメージできたかと思います。細かく言えばまだまだありますが、空室対策をする上で、女性目線を理解しておくことは重要です。

とはいえ、やみくもに設備を導入しても家賃とのバランスが取れません。物件に取り入れるべき設備に優先順位をつけて、計画的かつスピーディーに導入することが大切です。




女性専用アパートのメリットと注意点

女性専用アパートのメリットと注意点

これから新築を計画するなら、思い切って「女性専用物件にすれば安泰なのでは」と考える大家さんもいるかもしれません。

その名の通り、女性専用アパートの入居者はすべて女性なので、入居する本人だけでなく、そのご家族も安心できる物件といえます。外観も内装も女性仕様で、セキュリティが万全な物件であれば、周囲の物件よりも家賃を高めに設定することができます。さらに、女性は長期的に住む傾向があるのもメリットといえるでしょう。

一方で女性専用アパートを考える場合、そもそも周囲の環境が適しているかが重要なポイントです。物件が駅から遠い、あるいは夜になると人通りが少ない立地では、一人暮らしの女性にはあまり適しているとはいえません。

また、女性専用となれば、中には男性の出入り禁止物件とする場合もありますが、親や兄弟でさえ部屋に招くことができないというのも入居者によってはストレスです。

逆に、頻繁に見知らぬ男性がアパートに出入りできるとなれば、管理の甘さがクレームの原因になってしまうでしょう。マンションタイプの物件では、管理人が常駐している場合もありますが、アパートタイプとなると難しいかもしれません。女性専用物件は、物件管理が肝といえそうです。




LPガス会社変更で初期投資ゼロの設備導入を実現

LPガス会社変更で初期投資ゼロの設備導入を実現

ここまで女性目線の物件選びについて紹介してきました。女性は、安心感や快適さを重視して物件を選んでいることがわかりましたが、設備を導入するにしても投資費用が必要です。正直言って、それがネックで悩んでいる大家さんがほとんどだと思います。

そこで、空室対策に有効な裏技をご紹介しましょう。築年数が10年もすると、ガス給湯器やエアコンも古くなり、立て続けに交換が必要となって多額の費用が発生したという経験はありませんか?しかし、多くの賢い大家さんが、すでにこれらの設備を「無料」で交換していることをご存じですか?

キーになるのはLPガス会社です。ガス会社はサービスの一環で、プロパンガス会社の乗り換えを条件に、物件の住宅設備を無償で新品に交換してくれます。入居者から得られる月々のガス料金で設備費が回収できる仕組みになっているため、その経費が大きな痛手にはならないからです。近年、LPガス利用のアパートが多いのは、こういった理由があります。

この手法を使えば、何と設備の初期導入にかかる出費はゼロ!利回りの低下を気にする必要がないので、大家さんにとっては今すぐにでも取り入れることができる最善の空室対策といえるでしょう。




LPガス会社の乗り換え方法

LPガス会社の乗り換え方法

この空室対策の裏技をぜひ使ってみたいと思った大家さんも多いのではないでしょうか。

「プロパンガス料金消費者協会」では、LPガスを利用している物件、LPガスを導入予定の新築物件、さらに都市ガスからLPガスに燃料転換(燃転)ができる物件を対象に、お申込みから完了まで一貫したサポートを無料で行っています。

今なら「三種の神器」サービスが人気です。給湯器とエアコンのほかに「入居者無料インターネット」の初期導入費が無償貸与で受けられます。


とはいえ、どの物件も100%該当するわけではないので注意が必要です。

例えば、築年数が5年以上の物件であること、新築の場合は、着工前か基礎工事前であること、また、都市ガス物件の場合は、敷地内にLPガスの容器(ボンベ)を置くスペースが確保できるかなどです。詳しくは協会へ問い合わせをしてみましょう。

問い合わせから完了までの大まかなフローは、以下の通りです。

(1) 問い合わせ

(2) ヒアリング

  • 物件住所
  • 物件規模(例:単身者向け×8戸)
  • 築年数
  • 現在のガス会社名
  • 契約書の有無など

(3) 物件調査

(4) 要件調整・打ち合わせ

(5) 設置工事着工~完了

長年の豊富な実績と経験を活かし、大家さんの負担を軽減できるよう、協会の専任スタッフが丁寧に対応してくれるので安心です。コストゼロで空室リスクを最小化できるチャンスです。ぜひ「プロパンガス料金消費者協会」に相談して、満室経営を実現させてください。

(H)





ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート住居者の方からのご相談は受け付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| 賢い大家さんトップへ戻る » |