大家さん必見のLPガスアパート設備費節約術 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
設備

大家さん必見のLPガスアパート設備費節約術


         
LPガスアパートの大家さんにとって、ガス給湯器の故障など設備の修繕費用は予定外の出費となり悩みの種といいますが、確実に高額出費を節約できるLPガス会社活用術をご存知ですか。仕組みを正しく理解して賢い大家さんを目指しましょう。
        


LPガスアパートの設備費節約術

大家さんの中には、すでにLPガス会社に給湯器を取り付けてもらっているという方も多いでしょう。しかし、完璧なLPガス会社の活用をすることで、給湯器以外の設備費までもが節約でき、大きな利回アップにつながる方法があります。

物件規模にもよりますが、トータルで数百万円の設備費がゼロになる上に、故障の際にはLPガス会社が無償で修繕してくれるサービスを受けられるとなれば、賃貸経営する上で非常に興味深いと思いませんか。

今回のテーマは、この節約術をご存じない大家さんに必見!
導入の注意点も踏まえて「大家さん必見のLPガスアパート設備費節約術」について紹介します。


無償貸与契約を正しく理解することから始めよう

LPガス設備の無償貸与契約、大家さんなら一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし興味はあっても実際には「今のLPガス会社とは古い付き合いだ」「信用できる話なのか疑わしい」「何となく気が進まない」などの理由から、本格的に導入に至らない大家さんが多いのではないでしょうか。

その一方で、大家さんの本音としては「現状の賃貸経営のままでは採算が合わない」「空室対策もしたいが経費が出せる余裕がない」と悩みを抱えているという話もよく聞きます。

そんな大家さんに質問です。
「LPガス設備の無償貸与契約」について正しく理解していますか?

噂や中途半端な情報だけで判断してしまうと有益な情報を見逃すことになってしまいます。どんな業界でも賢い経営者は、有用な情報を自身で正しく理解をした上で検討・行動しています。これがライバルとの差になるわけです。


LPガス設備がタダになる無償貸与契約の仕組み

早速「無償貸与契約」について具体的に説明していきます。言うまでもなく、設備交換、修繕費用の削減をすることは賃貸経営をする上で重要なポイントです。「いかに設備を安く導入するか」を考えるのが一般的ですが、LPガス会社を活用することで格段に効果があがります。

どういうことかというと、現在契約しているLPガス会社を変更する、つまり他社に乗り換える際に得られるメリットを最大限に活用するという方法です。

具体的には、新しいLPガス会社と設備の無償貸与契約を結ぶことで、給湯器はもちろん、エアコン、TVモニター付きドアホン、またはインターネットの初期導入費用など、賃貸物件で人気の設備を新ガス会社が無償で支給してくれる劇的なサービスです。
※条件によって貸与設備は異なります。

●何故LPガス会社がこのようなサービスをするのか

単純にいうとLPガス会社は大口顧客が欲しいのです。LPガス会社はどこもまったく同じ商品を扱っているので差別化ができません。そこで「当社に切り替えてくれれば、こんなに特典が付きますよ」と、サービス競争をするのです。

●LPガス会社はどうやって利益を上げているのか

実際には、LPガス会社が設備費を負担するのではなく、大家さんに無償で設備を支給する代わりに、入居者のLPガス単価に上乗せして回収します。ただし、大家さんにはあくまでも「設備を貸し付ける契約」=「無償貸与契約」なので、途中解約する際には設備の残存金額を精算する義務が大家さんに発生します。


LPガス会社変更のデメリットは?

無償貸与契約の仕組みは理解できたと思います。しかし、気になるのは設備費を入居者のガス単価に上乗せするとういう点でしょう。大家さんの中には、入居者のガス単価が高くなろうがお構いなしに、たくさんの設備を要求する人がいます。このように欲を出し過ぎると、後々に入居者退去のリスクが発生するので注意が必要です。

すでに入居者の常識として知られていますが、LPガス料金は都市ガスに比べると高いです。これが理由でLPガス物件はそもそも敬遠されがちですが、さらにその上に設備費が上乗せされるとなれば、退去の理由にもなり得ます。

ここが一番のデメリットといえるでしょう。

LPガス会社変更で重要なのは、経費削減だけでなく入居率や入居の決まりやすさも配慮することです。つまり、大家さんにとって魅力的な設備導入ができて、なおかつ入居者のガス単価をクレームにならない程度に抑えることが不可欠です。逆に、ここさえクリアできれば大家さんにとって最強の設備費節約になるわけです。


誠実なガス会社選びが成功のカギ

実際、大家さんにとって魅力的な設備導入ができて、なおかつ入居者のガス単価をクレームにならない程度に抑えられるガス会社はごくわずかです。間違っても、ガス会社の変更先はどこでもいいなどと考えないでください。ここでいう誠実なガス会社とは、

  • LPガス設備の無償導入をしてくれる
  • 入居者のガス単価を極端に高くしない

この2点がクリアできるガス会社です。しかし、いくら大家さんといえども個人で新しいガス会社を見極めるのは非常に困難です。

ガス会社によっては、大家さんが知らないうちに入居者のガス料金を高額に請求している場合もありますから誠実な会社を探す必要があります。

現状のガス会社との契約内容を理解しつつ、現時点の設備残存金を把握しなければなりません。新しいガス会社には賃貸物件の現地調査もしてもらった上で、投資可能な設備と入居者のガス料金(基本料金と従量単価)を提示してもらうこととなりますが、どの程度の提案ならOKを出すべきか・・・大家さんの采配が問われます。

見積りは複数社からとるべきですが、現在のガス会社には他社移行の動きを悟られないのがベターです。このように、いくつか注意点もあるので、ガス会社を変更するにあたりかなりの神経を使うことになるでしょう。

そこで、LPガス会社変更に不安を持つ大家さんへ!
強力なアドバイザーとして「プロパンガス料金消費者協会」を利用することをおススメします。


最強アドバイザーとなる協会を活用すべし

プロパンガス料金消費者協会(以下、協会)は、LPガス料金の適正化を掲げ2009年NPOとしてスタートしたのち2010年の一般社団法人設立以来、10年以上にわたり消費者が納得できる適正価格を世に広める活動を行っています。

協会の趣旨に賛同するガス会社を会員とし協力してもらい、大家さんに対しては、昔からガス会社がサービスとして行っている設備貸与の習慣を整備し、大家さんと入居者、そしてガス会社の三者にとってメリットが出るような仕組みを構築しています。

2017年の「取引適正化ガイドライン」制定により、ガス会社はアパート入居者に対しても、大家との契約内容を含めてガス料金の明細を開示することが求められています。

協会会員ガス会社は、設備貸与の料金をガス単価に上乗せする場合にも、入居者のクレームにならないような料金設定を基本にしているので「ガス料金が高すぎる」というクレームや退去に悩まされることがありません。

協会に協力するガス会社は、もともとアパートやマンションと取引があるため、ガス設備だけでなくアパート経営に詳しい担当者が多くとても頼りになる存在です。また、協会が大家さんとガス会社を公正に仲介するので、面倒なトラブルがありません。


過去の成功事例

以下の事例はほんの一部ですが、削減額をみて驚かれたのではないでしょうか。築年数が10年以上経過すると給湯器もガタがくる頃です。1台10万円以上するガス給湯器をいざ交換となるとなかなか痛い出費です。10世帯であれば軽く100万円...不安がよぎる大家さんもいるのではないでしょうか。

●ガス会社の変更事例

  • 千葉県/1K×8世帯/築27年(木造)⇒設備費104万円削減
  • 神奈川県/1K×10世帯/築22年(木造)⇒設備費160万円削減
  • 東京都/1K×4世帯/築18年(木造)⇒設備費160万円削減
  • 埼玉県/2DK×10世帯/築20年(木造)⇒設備費260万円削減

LPガス物件を新築する際には必ずLPガス配管工事を行います。一般のガス会社だと1戸当たりに換算して15万円程度と高額な見積りになることが多いです。その点、協会が紹介するガス会社であれば、良心的な工事費に加え、給湯器なども無償で設置してくれます。

例えば、1K×10戸で工事費のトータルが100万円です。10台の給湯器を合わせるとそれだけで200万円もコスト削減が実現できます。

●新築事例

  • 千葉県/1K×12世帯(木造)⇒合計468万円削減
  • 神奈川県/1K×10世帯(木造)⇒合計180万円削減
  • 東京都/1K×5世帯(木造)⇒合計90万円削減

協会は、給湯器以外にも物件事情に合わせて必要な設備を設置できるようアレンジします。最新のサービスとしては、これまで高嶺の花だった「給湯器・エアコン・インターネット初期導入費無料」の3点が同時に提供できるプランも用意しています。是非、ガス会社変更を本格的に検討してみてください。


まとめ

アパート経営ではLPガス会社を賢く活用することで設備費の大きな節約を実現できることがお分かりいただけましたか。LPガス会社の活用は利回りアップの有効な手段として今や欠かせない手法です。

しかし、どのガス会社でも同じような提案ができるわけではありません。

LPガスアパートの設備費節約術における最大のポイントは、

  • LPガス設備の無償導入をしてくれる
  • 入居者のガス単価を極端に高くしない

この2点がクリアできるガス会社選びです。

プロパンガス料金消費者協会であれば、物件の条件に応じて最大のサービスを提供できるプランを導き出し大家さんに提案します。賃貸経営をより安定稼働させるための1つのテクニックとして活用してみてはいかがでしょうか。

(H)





ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパート住居者の方からのご相談は受け付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| 賢い大家さんトップへ戻る » |