fb
文京区プロパンガス料金の適正と相場:プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU


文京区プロパンガス料金の適正と相場

東京都文京区のプロパンガス利用者の方へ。プロパンガス料金は徐々に値上がりするのをご存知ですか?文京区の適正価格より高い場合、プロパンガス料金の値下げ対策をご提案。相談料・手数料等一切無料|プロパンガス料金消費者協会

東京都文京区LPガス相場と適正/東京タワー
東京都文京区LPガス相場と適正(2020年版)/東京タワー

文京区の適正価格

当協会が文京区において適正と考えるプロパンガス料金は、基本料金1,500円~、1立方メートルあたりの単価(従量単価)260円~です(2020年7月現在)。

※価格は税抜き表示です。
文京区
の相場
(平均価格)

基本料金1,571円 

従量単価479円/m3

※出典:「エネ研・石油情報センター」東京都平均価格(2020年2月現在)
文京区
の適正価格
(協会紹介価格)

基本料金1,500円~

従量単価260円/m3

削減額(差額)

基本料金-71円 

従量単価-219円/m3

月間、年間だとこんなにお得(プロパンガス料金消費者協会で実施)

文京区プロパンガス料金請求額(使用量別)

※価格は税抜き表示です。
相場と適正価格の比較 10m3使用時請求額 20m3使用時請求額
文京区
の相場
(平均価格)

6,361

11,151

文京区
の適正価格
(協会紹介価格)

4,100

6,700

月間削減額(差額)

2,261

4,451

年間削減額(差額)

27,132

53,412


店舗のプロパンガスご相談事例

変更前

ガス会社変更日:2017年5月
【ご相談者】

東京都文京区に住む川端さん

【当協会に相談した理由】

インターネットでガス会社変更先を検索して協会の相談窓口を見つけました。

【相談内容】

「東京都文京区電話番号焼鳥居酒屋を営んでいます。月の平均使用量は大体200立方メートルくらいです。立ち上げ当時から同じガス会社を使っていて特段問題もなかったのですが、ここ最近急にガス料金が高くなってきました。

そこで、ガス料金を下げてもらえるか営業所の責任者に掛け合ったのですが応じてもらえませんでした。その理由が非常に曖昧で電話対応そのものも横柄で、非常に不快な思いをしました。

これがきっかけで、変更する先があるのなら他社に変えようと決心しました。

インターネットで近所のプロパンガス会社を検索していたらページの一番上に協会ホームページが出てきたので早速お問い合わせをしました。協会経由で安くて安心できるガス会社を紹介してください」

【従来のガス会社】

東京都一部にプロパンガスを供給するガス販売店

【従来料金】

使用量:208m3、請求額:79,040円(税抜)
基本料金:なし、従量単価:380円(税抜)

当協会の対応

変更後

【概 要】

年平均使用量が15立方メートルの家庭用でも、東京都文京区の適正価格は300円前後です。ですから、毎月平均して200立方メートル使う川端さんの店舗であれば、300円以下になるのは容易に想像できます。それが実際には、380円になっているのですから驚きです。

川端さんがこのことに気づいてクレームを入れるのは当然です。さらにその時の対応にも問題があったのであれば、ガス会社自体を変更したくなるのも無理はありません。

協会では、適正料金の安定供給を約束できるガス会社のみ会員になっているので勝手な値上げが発生しませんので安心です。東京都文京区でプロパンガス会社を探すのは簡単ではありません。そこで協会経由で良心的なガス会社をお探しすることになりました。

【対応策】

知らぬ間に値上げされていたことでガス業界に不信感をもってしまった川端さんに「ガス料金見守り保証」について説明しました。万一、会員ガス会社が不適切な値上げをした場合、協会がもとの料金に戻すよう責任をもって対応すると案内し、安心していただきました。

【成 果】

8万円だったガス代金が5万円になり、約3万円の削減/月に成功しました。川端さんはまさかここまで差が出るとは思っていなかったと驚いていました。飲食店仲間に是非教えたいとおっしゃっていただきました。

【新規のガス会社】

関東全域にプロパンガスを供給する大手ガス会社

【新規の料金】

基本料金:なし 従量単価:250円(税抜)

【変更後の差額】

月間=約27,000円(従来の請求額79,040円→変更後の請求額52,000円)
年間=約320,000

店舗のプロパンガスご相談事例

変更前

ガス会社変更日:2014年5月
【ご相談者】

東京都文京区に住むMSさん(ご主人)

【当協会に相談した理由】

ガス料金が高く気になり何か手立てがないかと悩んでいたところ、ネットで一般社団法人の協会をみつけ相談しました。

【相談内容】

「持家の戸建物件で天ぷら屋を営んでいます。昔から月の平均使用量は120 ~ 150立方メートルですから、ガス会社にとってもうちは悪い客ではないと思うのですが、長く付き合えば付き合うほど単価が高くなる一方です。8年前の契約時には『お宅は業務用なので特別料金にしておきます』と言われた覚えがありますが、今では見る影もない状態です。

義理立てする関係でもないので、協会で安定供給してくれるガス会社を探してください」

【従来のガス会社】

東京都と千葉県の一部にプロパンガスを供給するガス販売店

【従来料金】

使用量:122m3、請求額:51,240円(税抜)
基本料金:なし、従量単価:420円(税抜)

当協会の対応

変更後

【概 要】

契約してかれこれ8年経過しているMSさんですが、これまでプロパンガスが自由料金であり、消費者側が自由にガス会社選定できるということをご存じなかったそうです。

MSさんのお気持ちとしては、本来ならば安定した量を使う優良顧客と扱ってもらってもいいはずなのに、契約当初に比べかなり値上がりしているのが納得いかないので、ガス会社を替え安心して使いたいと当協会に依頼が入りました。ちなみに、現在のガス料金体系は、基本料金がなく単価は420円です。

当協会へは理美容室、中華料理店、ラーメン店など、店舗の方からもお問い合せをいただきますが、中には「業務用であれば格安になるはず」と期待してガス会社変更を希望される方が少なくありません。しかし、「業務用価格」には適用基準があり、月使用量の平均が300立方メール以上であることが一つの目安になっています。

この条件をクリアしていれば、業務用価格の280円程度(市場環境により異なる)になる可能性もありますが、今回MSさんが該当しないためガス会社を変更しても、ここまでの単価は期待できないことをご了解いただいた上でガス会社選定を進めました。

【対応策】

一般家庭の平均使用量の3倍以上300立方メートル未満のMSさんのような場合でも、ガス会社にとっては優良顧客であることには違いありません。杓子定規で価格が決まる世界でもないわけですから、当協会ではできるだけ条件のよいガス会社を探し、基本料金1,500円,単価330円の会社をご紹介しました。

また、MSさんからご質問があった「同じガス会社を長く使うほど料金が高くなるのはなぜか」という点についても以下のように回答しました。

プロパンガスはCPに連動して価格設定されますが、原油高騰や円安の影響を受けた際には値上がりします。程度にもよりますが、年間を通してみると冬場に1~3回行われるでしょう。しかし、CPが下がる夏場には積極的に下げようとしません。ですからその蓄積によって、長年にわたり同じガス会社と契約しているご利用者ほど高い料金を支払っているケースが多くなるのです。

【成 果】

「適正価格で長期的にガスを利用したいという私の考えにマッチした優良店を紹介してくれたことはもちろんですが、私が知らなかったガス事情を丁寧に教えてくれたことで大変参考になりました」とおっしゃっていただきました。

【新規のガス会社】

関東全域にプロパンガスを供給する大手ガスメーカー

【新規の料金】

基本料金:1,500円(税抜) 従量単価:330円(税抜)

【変更後の差額】

月間=約9,480円(従来の請求額51,240円→変更後の請求額41,760円)
年間=約85,320


東京都の「対応エリアと変更事例」

対応エリアMAPはこちら >

東京都23区

東京都 - 都下



今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からの電話相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 7:00-22:00|土日祝 7:00-20:00
| トップページへ戻る ≫ |

ページの先頭へ戻る