• 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

0120-268-967

新城市のプロパンガス(LPガス)適正料金と平均価格

ガス会社の変更で!
新城市の適正価格(協会価格)
基本料金:1500円(税込円)~

従量単価:300円(税込円)~
平均30%削減!
10m3の使用で請求額に大差が!
平均価格(相場) 適正価格(協会価格)
基本料金 1892 1650
従量単価
675.1 330
10m3使用時 6751 3300
請求額(月間) 8643 4950
請求額(年間) 103716 59400
削減率 −42.7%

出典:「エネ研・石油情報センター」新城市 平均価格(2024年2月現在)

※価格は税込み表示


当協会が新城市において適正と考えるプロパンガス(LPガス)料金は、基本料金1500円(税込 1650円)~、 1立方メートルあたりの従量単価300円(税込 330円)~です(2024年4月現在)。

ご家庭のガス代がどれくらい安くなるか、詳細を知りたい場合は、こちらのガス料金自動診断でチェックしてください!

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

新城市のプロパンガス平均価格は昔から高止まりしていますが、ガス会社の変更で平均30%下がります。当協会なら全国130社(営業所の総数は1,450か所/2024年3月現在)の会員ガス会社の中からベストなガス会社を一切無料でご紹介します。

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付

動画解説:平均価格と適正価格/ガス会社変更の流れ

    
    

ガス会社を切替えた消費者インタビュー動画

プロパンガス料金が安くなった事例

※事例内の価格は税込み表示

変更前

ガス会社変更日:2021年9月
【ご相談者】

愛知県新城市(しんしろし)に住む内田さん(仮名)

【当協会に相談した理由】

新城市のプロパンガス会社がよくわからず、ネットで検索していたところ協会のホームページを見つけ、問い合わせしました。

【相談内容】

「新城市にあるプロパンガス会社と契約して20年ほど供給を受けています。最近、プロパンガスは自由料金だということを知り、自ら今の会社と料金交渉をしました。

その結果、以前よりは安くなったものの、思ったほどには安くなりませんでした。

そこでさらに交渉をして『もっと安くしてほしい』と言ったのですが、『これ以上は下げられない』と言われました。そんなはずはないと思ったので、協会の推薦する安いガス会社を紹介してほしいと思います」

【従来料金】

使用量:11.5m3、請求額:7,615
基本料金:1,980円、従量単価:490

変更後

【概 要】

内田さんのように、ご自身でプロパンガス会社と料金交渉をした結果、満足のいく回答が得られず協会に相談される方は比較的多くいらっしゃいます。「満足のいかない結果」と言っても、実態はさまざまです。

そもそも値下げ交渉に応じてももらえなかったというケースや、値下げは出来ないと言われたケース、また今回のように値下げされたけれど納得がいかないケースなどです。

一口に「値下げ」と言っても、プロパンガス会社も商売ですから、利益が取れないほどの値下げをすることはありません。

赤字になるほどの値下げをするぐらいであれば、他の会社に移ってもらった方がありがたいというのが本音でしょう。

協会が考える新城市の適正価格1立方メートルあたりの単価は352円と考えています。これより極端に安ければガス会社は赤字になるでしょうし、逆に高すぎれば一般的に考えて利益を取りすぎていると思われます。

内田さん宅のガス料金は、従量単価が490円ですので、適正よりは130円以上も高い設定です。

現在のガス会社が「これ以上は値下げできない」と言った理由はわかりませんが、適正より高い価格だからといって悪徳業者のレッテルを貼るわけにはいきません。会社の規模など固有の事情により、採算が取れるラインは違うからです。

【対応策】

上述にあるように、客観的な視点から現状をご説明しました。その結果、「適正な価格で安定供給してくれる会社があるなら変更したい」ということでしたので、協会の会員ガス会社を紹介することになりました。

【成 果】

ガス会社変更を決めた後、元のガス会社が「さらに値下げするので変更しないでほしい」と言ってきたそうです。

ですが、以前「これ以上下げられない」と言っていたことを考えると、このタイミングで「もっと下げる」というのには無理があります。

それこそ赤字になるような価格を提示しておいて、後に値上げをして採算を合わせる予定ではないかと推測されます。

内田さんもこのあたりのことは重々ご承知で、引き留めに耳を貸すことなく、ガス会社の変更が無事終わりました。

【新規の料金】

基本料金:1,650円 従量単価:352

【変更後の差額】
月間=約1,917
年間=約23,004

(従来の請求額7,615円→変更後の請求額5,698円)

戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

愛知県でプロパンガス料金が安くなるエリア

名古屋市

その他の市エリア

郡町村エリア

よくある質問
A.{{ item.num }}

新城市のプロパンガス適正料金は平均相場からここまで安くなる!まとめ

新城市のプロパンガス平均価格(基本料金、従量単価)はいくらか?

平均価格(基本料金、従量単価)は、2か月おきに「エネ研・石油情報センター」から発表されます。新城市の最新平均価格は こちら

新城市のプロパンガス適正価格はいくらか?

当協会が新城市において適正と考えるプロパンガス料金は、 基本料金 1500円(税込 円)~、1立方メートルあたりの従量単価 300円(税込 円)~です (2024年3月現在)。適正価格にする方法についてはこちら

新城市では、現在のプロパンガス料金からどれぐらい安くなるの?

当協会が紹介する会員ガス会社への変更で、平均30%安くなります。新城市の適正価格と平均価格を比較した削減率など、詳しくはこちら

〈監修者〉 監修者
一般社団法人
プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男
・1950年 
群馬県伊勢崎市生まれ。
・1980年 
ソード株式会社(後の東芝パソコンシステム株式会社)に入社。
・2010年 
一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会を設立して理事に就任。
・2011年 
同代表理事に就任。現在に至る。
・2023年 
BSテレビ東京「マネーのまなび」で、不透明なプロパンガスの料金について取材を受け、番組内で解説。

 設立当時、プロパンガスは都市ガスに比べて約1.8倍も高い状況にも関わらず、消費者が相談できる団体は皆無であった。そこで、鈴木は消費者の立場に立って、不透明なガス代について料金面から取り組む団体として協会を設立した。

 それまで存在しなかったプロパンガス料金の“適正価格”の設定に奔走。大手供給業者の賛同を得て、設立10年足らずで”適正価格“を共通言語として全国展開を達成し、130社以上のプロパンガス会社とパートナー契約している。

 現在はプロパンガスの”適正価格“の指標になる「CP速報」を毎月執筆し、ガス料金の適正価格での供給に貢献している。

もっと見る ▼
戸建専用

ガス代最大50%安く!

料金診断へGO!
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー郷ひろみ

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付