プロパンガス料金が高くなる4つの理由 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

プロパンガス料金が高くなる4つの理由


         
プロパンガス料金が高くなる理由が4つあり、その理由を知る人は多くありません。ガス代が何故高くなるのか?何故プロパンガスは都市ガスに比べて高いのか?この疑問を解決することがガス料金の節約、ガス会社選定の重要なポイントになります。

プロパンガスは高い?値下げ方法を紹介


まずはプロパンガスの料金体系を理解しよう

プロパンガスの料金体系は、以下4つに分類できます。

種 類 料金体系
二部料金制 基本料金+従量料金
三部料金制 基本料金+従量料金+設備使用料
スライド制 基本料金+従量料金
※従量料金が使用量に応じて変動
原料費調整制度 基本料金+従量料金
※原料費に連動して毎月変動

基本料金は毎月必ずかかる固定料金です。従量料金は使用量によって加算される料金で、「従量単価×使用量」という形で算出されます。

それぞれの特徴を簡単に説明していきます。

二部料金制

二部料金制は多くのガス会社が採用している料金システムです。
基本料金とは家庭に供給するために必要となる設備費用(容器、ガスメーター、調整器など)及び保安・管理費用です。
使用したガスの量だけ料金が加算されるので、最もシンプルな料金システムといえるでしょう。


二部料金制 二部料金制

三部料金制

三部料金制は、「設備使用料」を基本料金に含まず別枠で徴収しています。
そのため、二部料金制で見る内訳より基本料金は安く表記されますが、合計金額はさほど変わりません。

設備使用料には、ガスメーター、自動切換え式圧力調整器、集中監視システムなどの料金が含まれます。

ガス料金の内訳をより透明化した表示方法といえるでしょう。


三部料金制 三部料金制

スライド制

スライド制の特徴は、ガスの使用量に比例して従量単価が変動していく点です。
使用量が増えると従量単価が安くなるので、ガスの使用量が多い家庭に向いているシステムです。


スライド制 スライド制

「原料費調整制度」とは

プロパンガスの価格は、原油価格や為替の動きに応じて変動します。原料費調整制度は、この原油価格の動きに応じて毎月のガス料金に反映させる制度です。また、ガス料金の大幅な変動を避ける仕組みも設けられているので、料金の安定性にも配慮した制度といえます。

原油価格が上がればガス料金も上がりますが、逆に下がれば確実にガス料金も下がるので、時期によっては二部料金制や三部料金制を採用しているガス会社よりもガス料金が安くなるというメリットがあります。


スライド制 スライド制


<参考記事>原料費調整制度


プロパンガス料金が高くなる理由

プロパンガス料金が高くなる4つの理由

一般的に「プロパンガスは都市ガスより高い」といわれます。しかし「なぜ、プロパンガスは都市ガスに比べて高いのか」その理由を知っている人は多くありません。この疑問を解決することこそが、プロパンガス料金の節約、ガス会社選定をする際の重要なポイントになります。

それでは、プロパンガスが高い4つの理由を解説します。

  • 公共料金ではなく自由料金だから高い
  • 人件費がかかっているから高い
  • ガス会社同士が繋がっている
  • ガス会社を自由に選定できることが知られていない

公共料金ではなく自由料金だから高い

ライフラインの一つと勘違いしている人が多いと思いますが、プロパンガスは公共料金ではなく自由料金なので、ガソリンと同じように高い業者もあれば、安い業者もいるのです。

基本料金や単価を変更する際、行政に認可を取る必要がないので、ガス会社の都合で自由に改定できます。一方的に値上げを繰り返すことができるので、同じ使用量を使っていても2、3倍ガス料金が違うこともザラにあるのです。



人件費がかかっているから高い

プロパンガスは人件費がかかることが、割高になる大きな要因となっています。プロパンガスは都市ガスのように地下を通るガス配管から直接供給されるものではなく、ガスボンベを自宅に配送してもらわなければ使用できません。そのため配送をする際の人件費がかかります。また、ガス切れや事故防止のための点検や設備交換を行う点でも人件費がかかっています。

これらを加味しているため基本料金が高いのです。一方、従量単価については基準がなく、ガス会社の判断で価格設定できるため、各社にバラつきがあり非常に不透明です。


ガス会社同士が繋がっている

プロパンガス料金が高い最大の原因は、プロパンガス会社同士で価格協定を結んでいることです。プロパンガスを供給する事業者は、一つの県内に数百社存在すると言われています。そのうちの7割以上が零細企業で構成されています。

本来、プロパンガスを大量に仕入れている大手ガス会社であれば、安い価格でプロパンガスを販売できるはずです。しかし、そうなると当たり前のように顧客は大手ガス会社に集中してしまい、零細企業は経営が成り立たなくなってしまいます。

ですから、それを防ぐためにも大手プロパンガス会社が零細のガス会社の販売価格を考慮して高いガス料金を設定するなど相場が下がらないように取り決めをしているのです。

ガス会社を自由に選定できることが知られていない

ガス会社選定は任意で変更できますが、その事実はあまり知られていません。多くの利用者は「プロパンガスはどこで契約をしてもガス料金は同じ」「ガス会社を途中で変更することはできない」と勘違いしています。

ここ数年で、関東エリアを中心に「ガス会社の変更」が認知されてきましたが、全国的に見ると未だ浸透しているとは言えません。地方に行けば行くほど、地元の付き合いを重んじるせいか、割高なガス料金でも、黙って使い続けているケースが見受けられます。

以上のことが主な原因となり、プロパンガス料金は高くなってしまうのです。


プロパンガス料金を確実に値下げする方法!

プロパンガス料金を値下げする方法!

「プロパンガスの料金が高い!」と思われている方へ。協会では、適正価格で安定供給できるガス会社をご紹介することが可能です。ガス会社を変更することで現在のガス料金より平均約30%お安くなります。

ガス会社の変更に関する相談から手続きまですべて無料で行います。ぜひご活用ください。

【一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会】


ガス会社変更をする前に!ここだけは押さえておきたいポイント

  • ① 築年数が5年以上であること
  • ② 借家(戸建)の場合は大家さんの許可が取れていること

理由をくわしく見ていきます。

① 築年数が5年以上であること

一般的に、新築時にはプロパンガス会社が配管工事費を負担します。15年の無償貸与契約なので、契約期間中に解約したい場合は残債を清算しなければなりません。ガス会社変更の際、新しいガス会社が残債を負担してくれることもありますが、満額を立て替えてもらえるわけではなく最高でも10万円程度です。

ガス会社変更にかかる残債の負担をできるだけ軽くしたいのであれば、お住いの築年数と残債額を確認しましょう。とはいえ、築5年未満の方でも残債を全額お支払いすれば、ガス会社変更は可能です。


<参考記事> 無償貸与契約

② 借家(戸建)の場合は大家さんの許可が取れていること

借家の場合、建物の所有者は大家さんになるので、ガス会社を変更する際には大家さんへの許可を得なければなりません。許可方法は電話にて大家さんに了解をもらうだけでも承認されるので大きな負担はかかりません。

以上、お住まいが築浅の場合、借家の場合には事前に確認してください。
では、プロパンガス会社変更の手順をみていきましょう!


プロパンガス会社変更の手順

step1

協会へ「ガス会社探し」を依頼

電話またはお問い合わせフォーム(メール)でご依頼ください。

step2

協会が優良ガス会社をご紹介

配送の距離、ご紹介するガス会社と現在ご利用中のガス会社との取引関係などを確認した上で、協会会員ガス会社の中から一番条件に合った1社ご紹介します。

step3

新ガス会社からのご連絡を受ける

ガス会社変更のご希望をいただいた後、新しいガス会社が挨拶の連絡をいたしますので、訪問日をお決めください。

step4

申込書に署名・捺印

新しいガス会社がご自宅に訪問します。ご説明に問題がなければ、「申込書」にご署名・ご捺印をお願いします。「申込書」は、現在ご利用中のガス会社に対する解約手続きの「委任状」も兼ねていますので、今後の変更手続き、ガス設備交換等は新しいガス会社が行います。
※お客様が現在ご利用中のガス会社に解約連絡をする必要もありません。

step5

ボンベとメーターを交換

「申込書」が現在のガス会社に到着した日から約1週間後に、新しいガス会社がボンベとメーターの交換作業を行います。最後に点火テストが済めば、すぐにご利用いただけます(所用時間は1時間弱)



プロパンガス料金、賃貸は戸建よりも割高?

プロパンガス料金、賃貸は戸建よりも割高?

ご存じですか?賃貸物件(賃貸アパート、マンション)や戸建借家にお住いの方は、自己所有の戸建と比べてプロパンガス料金が高です。賃貸物件の場合には、新築時にかかるガス配管工事や給湯器やガスコンロなどの設備費用をガス会社がサービス提供しています。これがいわゆる無償貸与です。


<参考記事> 無償貸与契約

大家さんに対しては有難いサービルですが、入居者のガス料金に上乗せして回収する仕組みですから入居者は喜べません。中には過剰な設備投資をするガス会社もいるので、驚くほどガス料金が高い場合があります。「ガス料金が高すぎる?!」とご心配の入居者の方は、協会にご相談ください。

【一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会】


賃貸マンション・アパートは大家を巻き込んでガス会社を変更しよう

マンション・アパートの高いプロパンガス代を安くするためには、大家さんを巻き込んでガス会社を変更する"のがベストです。まず、大家さんに適正価格を示して代理交渉してもらう方法があります。
例えば、「インターネットで調べたところ、このアパートのガス代が非常に高いことが分かったのですが、我が家の●月分の検針表では、●●立方メートル使って、請求額が●●●円です。このエリアの集合住宅の平均よりも●●%も高い!●●●円がこのエリアの『適正価格』だそうです。
大家さんの力で安いプロパンガス会社に変えていただくか、それが難しいのであれば適正価格まで下げるよう現在のガス会社に交渉してもらえませんか?」と依頼してみましょう。

補足① 大家さんに引越も辞さないことを伝える

「現在のガス代が、●●立方メートル使って●●●円なのですが、これはこのエリアの集合住宅の平均よりも●●%も高い。これでは生活が成り立たない。もうこのアパートを出て、都市ガスのアパートに引っ越そうと考えている」と大家さんに対して、いかに深刻かを伝えることが大事です。

補足② 他の入居者に協力を持ちかける

一人で交渉するよりも大勢で交渉したほうが有利でしょう。一人で交渉すると「ガス代が高いなんて、今まで誰も言ってきませんよ」と言われかねません。大勢の署名を集めて"嘆願書"を出せば、重い腰を上げて大家さんも力になってくれるかもしれません。

しかし、この方法だと、あなたのリーダーシップや交渉力に大きく左右されます。


プロパンガスの専門家に任せる

そこで、プロパンガス料金消費者協会が入居者さんに代わって、ガス料金を下げるお手伝いをいたします。

step1

協会に相談する

アパートの名前、住所、戸数、築年数、現在供給しているプロパンガス会社名、直近の使用量と請求金額、大家さんの名前と電話番号(わかったら)、あなたの名前と電話番号などを相談フォームに記入し、メールで協会に送ってください。そのメールに「<ガス会社変更希望>どうしてもガス会社を変更したいので、私が窓口です」と書いてください。

step2

協会から折り返し連絡します

協会の担当者からお電話します。ご意思をご確認した上で、可能性の有無などについて打合せを行います。

※大家さんの連絡先がわからない場合は協会が調査します

大家さんの連絡先は、「賃貸契約書」に記載されていることもありますが、不動産管理会社の名前になっていることも多いです。不動産管理会社に電話して「大家さんの名前と電話番号を教えてください」といっても、多分教えてくれないでしょう。当協会が代わって連絡先等を入手します。

step3

協会が新しいガス会社を探します

当協会には全国(沖縄を除く)に100社以上の会員ガス会社がいます。会員ガス会社は大手の問屋さんが中心です。その中から入居者さんと大家さんのご要望に沿えるガス会社を探します。

step4

協会が大家さんにプランを提案します

具体的には、入居者のガス料金を下げつつ、大家さんのメリットとして、入居者無料のインターネットの設置や給湯器の無償交換などの魅力的な内容を提案します。


step5

ガス会社変更の手続きを行います

大家さんがご納得いただければ、ガス会社変更の手続に入ります。手続開始から実際にプロパンガス会社が変更になるまでに1~2カ月ほどかかります。


まとめ

相談

プロパンガス料金が高いと感じたら適正価格のガス会社に変更しましょう

プロパンガス料金は、都市ガスと比較をすると高いといわれています。これはプロパンガスが自由料金制となっていることが大きな原因です。プロパンガス業界は、長年業界間での価格競争をせず、全体的に高い料金を維持してきたため、原油価格が安くなったとしても適切なタイミングで値下げはされてきませんでした。
しかし、近年ではその体制が見直され、関東圏を中心に都市ガス料金に近い価格でガスを提供する会社が増えてきています。

とはいえ、全国規模で見るとまだまだプロパンガスは割高の設定されているので、ガス代が高いと感じる場合は協会HPにてお住いの地域の平均価格と適正価格をお調べください。現在のガス料金が適正価格よりかなり高い場合は、ガス会社の変更をおすすめします。

注意しなければならないことは、プロパンガス会社の切り替えを個人で行うと、現在のガス会社から解約を拒まれてしまうことです。
ガス会社の変更手続きは、業界のプロに相談のうえ、一連の手続きを任せることをおすすめします。

プロパンガス料金消費者協会では、すべての手続きを無料でお手伝い可能です。
当協会では、会員ガス会社の中からお客様に最適な優良プロパンガス会社をご紹介します。
当協会から紹介するガス会社は、すべて「ガス料金見守り保証」を付けているため、今後不当な値上げに悩まされる心配もありません。

「プロパンガスの料金が高い!」とお悩みの方は、ぜひお気軽に「プロパンガス料金消費者協会」へご相談ください。

【一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会】









一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |