残存:ガス料金相談センター

残存

減価償却で、法定耐用年数を過ぎた後に残る価値のことの意。

慣例として、新築時にガス配管工事を行う場合、配管工事費用LPガス(プロパンガス)販売店が無償(負担)で行っています。LPガス(プロパンガス)販売店は、配管設備を消費者に無償で貸し付けます。

LPガス(プロパンガス)販売店と消費者の間で、『ガス配管設備無償貸与契約書』を書面で取り交わし、ガス配管の所有関係を明確にしています。期間は、LPガス(プロパンガス)販売店によって違いはありますが、最長で15年契約となります。

消費者は、契約期間内にガス会社を変更する場合には、ガス配管費用の残存分を支払わなければなりません。(上記書面を交わしている場合)

残存額の計算は、以下の計算式が用いられる場合が多いようです。

A-(A×経過月数÷180)=買取価格(Aは設備費用と工事費用)

残存があるにも関わらず、切替業者は消費者に対して残存分は支払わなくても大丈夫だと、ウソの情報を与え、強引に勧誘をしています。消費者はそれを真に受けて、支払わないでいると、消費者の元に裁判所から出頭命令が届き、トラブルになるケースが増えています。


「残存」についてのご相談事例は下記をご参照ください。




一戸建ての方賃貸住宅の方
2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 賃貸住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集 利用者の声 今月のCP速報 鈴木代表理事のブログ プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」

ページの先頭へ戻る