配管設備:ガス料金相談センター

配管設備

プロパンガスの配管設備は、供給設備と消費設備に分けられます。プロパンガス容器(ボンベ)からガスメーターの出口までを供給設備といい、LPガス(プロパンガス)販売店の所有の物です。法的にはLPガス(プロパンガス)販売事業者が責任を持って維持管理を行います。

ガスメータの出口からガスコンロやガス給湯器などの設備までは、消費設備といい、ガスをお使いのお客様に維持管理していただくことになっています。

プロパンガス業界の慣例として、新築時に消費設備の配管工事を無償で行い、工事費用を明記した『ガス設備無償貸与契約書』をガス会社と消費者双方で交わします。契約期間はガス会社によって違い、10年、13年、15年とまちまちです。法定償却期間は最長で15年となります。

契約期間内に契約解除をすると、減価償却の残存分が請求されます。中には不当に高額な契約内容や、消費者に不利な契約があり、消費設備の所有関係におけるトラブルは急増しています。




一戸建ての方賃貸住宅の方
2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 賃貸住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集 利用者の声 今月のCP速報 鈴木代表理事のブログ プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」

ページの先頭へ戻る