関東でおすすめのプロパンガス会社とは :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
ガス会社 変更・選び方

関東でおすすめのプロパンガス会社とは


         
関東でおすすめのプロパンガス会社とは、どんな会社でしょうか?LPガス販売店の激戦区である関東地方で良心的なガス販売店選びは極めて難しいでしょう。ここでは、その判断ポイントをいくつか紹介していきます。


おすすめのプロパンガス会社を見極めよう

同じプロパンガス(LPガス)を使うなら、より安くて信頼できるガス会社や販売店と契約したい!と考えるのは皆さん共通の思いです。

全国で最もガス販売店の激戦区となっている関東地方で、どのようなガス会社や販売店を選べば安心できるのか、判断するのは至難の業です。

そこで今回は、何を基準に優良販売店と判断すべきかを調べてみました。LPガスの料金設定や関東地方の適正価格をはじめ、優良ガス会社を見極める判断ポイントをご紹介します。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、LPガスは水道料金のような公共料金ではなく自由料金制です。LPガス販売店は、ガスの仕入れや配送コストに利益を乗せてガスを販売しています。

LPガスは、地域特性や販売店ごとの利益率の差によって料金に大きな差が生まれてしまう商品なのです。





料金設定が明確なLPガス会社を選びましょう

プロパンガス(LPガス)販売店は、安い料金、高い料金とそれぞれ料金設定がまちまちです。このことを知らずに相場より高いガス料金を支払っている方が多くいます。実は、同じガス販売店を使っているのに、隣の家よりもガス料金が高い、ということも...よくあります。

あなたのガス料金は適正ですか? 料金明細を見てもLPガス料金体系は非常に分かりにくいと思います。まずは、ご自身で料金プランを正しく理解することが、ガス販売店探しの第一歩です。




LPガス料金の料金プランを知ろう

毎月支払っているLPガス料金の主な計算式は以下の3つです。

  • ・二部料金制
  • ・三部料金制
  • ・スライド料金制

その他に複数料金制、最低責任使用料金制、LPガスの仕入れ価格の変動を毎月の従量単価に反映させるしくみとして原料費調整制度などがあります。

二部料金制

最も多く採用されている料金プランが二部料金制です。文字通り「基本料金」と「従量料金」の2つで計算する方法です。シンプルでわかりやすい料金プランといえるでしょう。

<基本料金>ガスの使用量にかかわらず、毎月一定額かかる料金

主にガスメーター、ガス容器、調整器、高圧ホース、供給配管などのLPガス供給設備の償却費用や保安にかかる費用、点検調査、設備維持費、事務手数料などが含まれています。

<従量料金>使用したLPガスの使用量に応じてかかる料金

従量料金を算出するための従量単価(使用量1m3あたりのガスの価格)はガス使用量にかかわらず一律です。※LPガス輸入価格や為替の変動などに応じて変わります。

<計算方法>ガス料金 = 基本料金 + 従量料金

ガス料金は、使用量が多ければそれに比例して従量料金が高くなります。※ガス販売店によっては従量料金に「原料費調整額」を反映することもあります。

三部料金制

二部料金制に「設備利用等料金」を加えて3つの料金を元に毎月のガス代を計算します。設備利用等料金には、ガス消費設備や各種システム利用料などの費用が含まれています。

ガス料金以外の諸費用を別枠で計算する料金制ですが、二部料金制より割高なわけではありません。

スライド料金制

従量単価がガスの使用量に応じて変化するのがスライド制です。使用量が多くなるほど従量単価が安くなるので、ガスの使用量が多い世帯に適しています。計算方法は二部料金制と同様です。

いかがですか?ご家庭のLPガス料金の料金プランを正しく理解しておくことで、毎月の支払額の変化にも気づきやすくなります。

LPガスの契約をする際に、現在のガス料金と新ガス販売店の料金を正しく比較できるので知っておくと役に立ちます。






格安料金の訪問営業にはご注意を

エネルギー業界の競争激化に伴い、関東地方を中心にプロパンガス(LPガス)の乗り換えを目的にした訪問販売が増えています。中でも、格安料金を提案する勧誘には注意が必要です。

格安料金は、訪問営業が契約に持ち込むことだけを目的に提示する、いわゆる「売り込み価格」です。

その単価は破格の200円台前半!この安さに魅力を感じるかもしれませんが、ガス販売店としては、赤字覚悟の格安料金で契約を獲得した後、半年~1年経過した頃にガス料金を上げていく計画です。


<参考記事> 売り込み価格

これが悪質なガス販売店の常套手段ですから即決するのはお勧めできません。安すぎる話だなと感じたら申し込みは控えましょう。





違約金や解約金も要チェック

プロパンガス(LPガス)の新規契約(乗り換え)で気をつけたいのが解約金の存在です。解約金はご自宅の築年数にもよりますが、数万~数十万になる可能性もあります。

というのもLPガス利用の戸建を新築する場合には、ガス配管工事代やガス設備代金などの初期費用をガス販売店が負担しており、代わりに消費者は、月々分割で支払う契約になっているからです。



この無償貸与契約は関東ではごく一般的で、期間は10~15年と長期です。契約中に解約するには、この違約金の残金を精算する必要があります。一見すると良心的に思える無償貸与契約ですが、ガス販売店を乗り換える上では消費者の足かせになってしまいます。


<参考記事> 無償貸与契約

「設備貸与契約書」にガス販売店が投資した金額が記載されているので、現在のガス会社の乗り換えをお考えの方は確認してみましょう。

契約年数が残っているからといって、慌てないでください!一括精算することなく、ガス販売店の中には、乗り換え時に違約金を肩代わりしてくれるところがあります(上限10万円程度)。

プロパンガス料金消費者協会経由なら、違約金の肩代わりを考慮した上で、透明性の高いガス料金を提案するガス販売店をご紹介できます。






関東地方のガス料金を調べよう

全国のプロパンガス(LPガス)の平均価格は適正価格よりも2割以上高い傾向にあります。ここでは「一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター(以下、エネ研・石油情報センター)」

の情報をもとに、関東地方1都6県ごとのプロパンガス(LPガス)の平均価格を調べてみました。適正価格との差に注目してみましょう。

平均価格は割高設定と心得よ

LPガス料金を見直したい!そう考えているならば、まず関東のLPガスの平均価格をチェックすることをお勧めします。その場合、あなたのLPガス料金が高いのか安いのかは、平均価格を参照するのではなくて、適正価格と比較してみてください。

なぜならば、LPガスは公共料金ではなく自由料金ですから、一般企業が商品を販売するのと同じです。

当然、利益を求めて割高に設定するガス販売店がほとんどです。その平均価格と比べて「平均より安かった」と喜んでは損することになってしまいます。

公的な機関として発表しているエネ研・石油情報センターのLPガスにおける平均価格は、地域の相場としては参考になりますが、適正料金と判断することはできません。

以下は、関東地方(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)のLPガスの平均価格です。

関東エリアのLPガスの平均料金(税抜・円)

地域 基本料金 基本料金+従量料金
10m3使用 20m3使用
茨城県 1,576 6,643 11,336
栃木県 1,553 6,649 11,390
群馬県 1,614 6,641 11,413
埼玉県 1,590 6,464 11,199
千葉県 1,612 6,480 11,152
東京都 1,575 6,456 11,258
神奈川県 1,598 6,482 11,234

(出典:一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 2019年6月)


お分かりですか?
エネ研・石油情報センターで公表しているLPガスの平均価格が割高なのは、当然の結果です。




適正価格には安心の根拠が

これに対して適正価格はどうかというと、都市ガス並みを目指し「プロパンガス料金消費者協会」が独自に設定した価格です。



当協会の会員になっているプロパンガス販売店に対して極限までの低価格は求めずに、ガス会社として最低限の利益確保を考慮しつつ、都市ガスの1割増し程度に抑えるよう調整しています。ですから契約後、徐々に不透明な値上げが発生することがありません。

適正価格は平均価格と比較すると30~40%も安いという結果が出ています。

関東エリアのLPガスの適正料金(税抜・円)

地域 基本料金 基本料金+従量料金
10m3使用 20m3使用
茨城県 1,500 4,400 7,300
栃木県 1,500 4,200 6,900
群馬県 1,500 4,300 7,100
埼玉県 1,500 4,300 7,100
千葉県 1,500 4,300 7,100
東京都 1,500 4,300 7,100
神奈川県 1,500 4,300 7,100

(出典 プロパンガス料金消費者協会調べ 2019年6月)




現在のLPガス料金が高いと思ったら

LPガス料金をお得に使うためには、2つの対策が考えられます。1つ目は、現在契約しているLPガス会社に値下げを交渉する方法です。他社と比べて単価が高いから下げてほしいと言えば、交渉に応じてくれるLPガス販売店もあるでしょう。



しかし、他社への乗り換えを引き留めるための一時的なもので、しばらくすると知らないうちに値上げされてしまう可能性が高く、根本的な対応策とはいえません。



2つ目は、新規のLPガス販売店に乗り換えるという方法です。今よりも安い料金プランのLPガス販売店を見つけたら現在の会社を解約することができます。



ただし、先ほど紹介したようにLPガス会社を変更する際には違約金が発生することもあるので、LPガス会社の乗り換えについては私たちプロに相談するのが簡単で確実な方法といえます。

さて、プロパンガス料金消費者協会へ相談する際は、まず下にある入力フォームから、現在支払っている請求額と使用量を記載の上、ご相談ください。現在のガス料金が適正価格よりも高ければ、ガス料金を安くする機会と捉え、ガス会社の変更をお勧めします。




永久保証付きの乗り換えが必須

プロパンガス料金消費者協会では、ガス会社をご紹介した消費者全員を対象に「ガス料金見守り保証」を付けています。

これは、ガス販売店が万一不当な値上げをした際に、当協会が元のガス単価に戻すことを保証するもので、長期にわたりガス代を安く保つためには必須といえる保証です。


<参考記事> ガス料金見守り保証

当協会がご紹介するガス会社は「仕入れ価格の高騰または為替レートの大幅な変動以外の理由で値上げをしない」ことを約束していますが、当協会側のやるべき責任として、万が一のために発行しているものです。

ガス料金見守り保証




まとめ

今回は、何を基準に優良ガス会社だと判断すべきかを調べてみましたが、いかがでしたか?全国的にガス販売店数が最も多いのが関東地方で、その中から良心的なガス販売店を選定するのは非常に困難です。

そんな中、以下の基礎知識を覚えておくとよいでしょう。平均価格よりも安く販売していることを売り文句にするような販売店も数多く存在しますし、急にLPガスの訪問営業が来たとしても慌てることなく対応できるのではないでしょうか。

  • ・LPガスの料金設定を知ることで基礎知識を得る
  • ・関東地方の適正価格を知ることで現状を知る

さらに、関東でおすすめのプロパンガス会社はというと、

  • ・適正価格でプロパンガスを供給できること
  • ・格安価格で訪問販売をしていないこと
  • ・不当な値上げをしないこと

ただし、数多くのガス販売店の中から個人で優良ガス会社を見つけ出すことは非常に困難です。プロパンガス料金消費者協会では、相談料や手数料などを一切いただくことなく、消費者それぞれにとって最適なガス会社をご紹介しています。

当協会ではどなたにも「ガス料金見守り保証」を付けています。契約後も適正価格が継続するので安心です。LPガス乗り換えをお考えの方はお気軽にご相談ください。








一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |