ガス解約時の手数料と違約金はいくら? :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

ガス解約時の手数料と違約金はいくら?

         
プロパンガス(LPガス)を解約する際に、解約手数料や違約金がかかることがあります。ここでは、意外と知られていないLPガスの解約時の費用について説明します。引っ越しやガス販売店の乗り換えを検討している方は参考にしてください。
        

ガス解約時の手数料と違約金はいくら?


ガス解約が必要なタイミング

ガス解約が必要なタイミング

ガス解約のタイミングとして、圧倒的に多いのが引っ越しでしょう。水道や電気、都市ガスと同様、プロパンガス(LPガス)は供給停止を依頼して解約となります。

解約をせずに退去すれば、新居のガス代と重複して請求されてしまいます。必ず、退去日前にガス販売店に連絡して閉栓手続きと精算を済ませましょう。

次に、LPガス販売店の乗り換え時にも、それまで利用していたガス販売店は解約する必要があります。

今や、電気や都市ガス同様にLPガスも消費者が自由に選択する時代になり、「同じ品質なら安い販売店を使いたい」という消費者ニーズにマッチした乗り換えサービスが続々と誕生しています。紹介料がないのも魅力です。

ガス解約時に解約手数料は必要?

ガス解約時に解約手数料は必要?

プロパンガス(LPガス)における解約手数料とは、LPガス設備の「撤去費用」のことです。ガスボンベ、ガスメーター、調整器などの所有区分はガス販売店となるため、基本的に消費者が撤去作業費用を支払う義務はありません。

ただし、契約の書面に設備の撤去費用が明示されている場合は、支払い義務があると考えられます。平均的には撤去費用1万~2万円と示されている場合が多いようです。

液化石油ガス法では、消費者がLPガスの購入契約をした際、料金や設備の所有関係などを記載した書面(14条書面)を販売店側から交付することになっています。この書面にLPガス設備の撤去費用の負担について記載があるので確認してください。

中には、契約書に金額が明確に記載されていないにもかかわらず、解約時に高額な撤去費用を請求する販売店があります。

さらに悪質なケースとして、契約書に撤去費用が発生する旨の記載がないのに請求するケースが発生しています。そのような場合、消費者が支払う義務はないでしょう。

ガス解約時に違約金は必要?

ガス解約時に違約金は必要?

プロパンガス(LPガス)の解約時に必ずしも「違約金」は発生しません。

しかし、ガス販売店の乗り換え時に、はじめて高額な違約金を知り、それがネックとなって、乗り換えを諦めるケースが多いのも事実です。この違約金とは無償貸与の残存金のことをいいます。

無償貸与契約とは

「無償貸与契約(設備貸借契約)」は、ガス販売店の所有するLPガス消費設備を消費者にレンタルする際の契約です。多くは家の新築時、LPガスの配管工事費用を消費者が支払わない代わりに、ガス販売店が負担した際に交わされます。

消費者の選択肢としては、以下の場合が考えられます。

  • 消費者が費用負担し一括払いする
  • ガス販売店が費用負担し消費者に貸与する=無償貸与契約を交わす

無償貸与契約のメリットは、本来、消費者が負担するガス配管工事費や給湯器などのガス器具の代金を一括払いする必要がないので初期費用が軽減できます。

一方、長期間で分割支払いしていく方法なので月々の従量単価が高くなることと、支払期間内での解約時には違約金が発生するのがデメリットです。

無償貸与契約を締結している場合は、契約に基づいて精算する必要があります。

無償貸与契約の期間

取り決め内容は「設備貸借契約書」に記載があります。対象となるガス設備(ガス配管、給湯器、コンロ等)の所有関係が記載されているので確認しましょう。

契約期間は配管に関しては15年、給湯器などのガス器具に関しては、その償却期間から10年が一般的です。

中には、配管の契約期間を20年、給湯器を15年などと必要以上に長く設定する販売店があります。契約時には貸与の期間も必ず確認すべきです。

無償貸与契約の問題点

無償貸与の慣行で悪質とみられる点は、ガス販売店が配管などの設置費用を負担しているにもかかわらず、そのことを消費者や建物所有者に告知せずにLPガスを供給することです。

消費者が他の販売店へ乗り換えをしようとした際、多額の違約金があるとして他店への乗り換えを断念せざるを得なくなるというトラブルに発展する事例が多くあります。

中には、他社への乗り換え阻止策として、ガス配管費用やガス器具代を割高に設定する悪質な販売店があるので、見積金額が妥当かどうか判断する必要があります。

見積金額について不明点があれば、販売店に確認しましょう。第三者の意見がほしいのであれば、「プロパンガス料金消費者協会」にお気軽にご相談ください。

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

違約金の算出方法

違約金の算出方法

戸建て新築時の無償貸与項目はガス配管工事費のほか、給湯器、ガスコンロなどが挙げられます。無償貸与契約分の月々の支払額は「従量単価」に加算されます。

月々の請求額 = 基本料金 +(従量単価+無償貸与契約上乗せ分)× 使用量

例えば、合計23万円(ガス配管工事費14万円と給湯器代9万円)かかった初期費用について15年の無償貸与契約を結んだとすると、次の計算(目安)で月々の違約金が算出できます。

  • 230,000円÷15年=15,333円/年
  • 15,333円÷12カ月=1,277円/月
  • 1,277円÷15m3(月平均ガス使用量)=85.1円

現在の従量単価が440円(税込み)であるならば、85.1円が月々の従量単価に上乗せされる無償貸与契約分になるので、合計の従量単価は485.1円となり、適正価格の308円(税込み)よりもはるかに高くなってしまいます。

また、契約5年で解約するなら、違約金は残り10年分の15.3万円必要になる計算です。

いくらガス代が安くなるといって、15万円をかけて乗り換えをする方がどれほどいるでしょう。これがLPガス販売店の狙いなのです。

中古購入で違約金が発生する?

中古購入で違約金が発生する?

戸建の中古物件を購入した際、手続きが簡単と考え、売主(前オーナー)が使っていたLPガス販売店を継続利用する方が多いようです。

ここで注意したいのは、不必要な違約金を請求されることがあるという点です。

前オーナーとガス販売店との間に、配管工事費の無償貸与契約があった場合でも、物件が売却されればガス販売店の請求はそこで終了します。しかし悪質な販売店は、新オーナーに無償貸与契約の継続を要求することがあります。

本来、売買契約書に「LPガス販売店の継続利用が必要である」旨の記載がなければ、物件を購入した新オーナーが配管工事費の無償貸与分を支払う義務はありません。

ただし、建物の売買契約書に「LPガス販売店を継続利用する」旨の記載があれば、違約金を支払う義務が発生します。

中古購入で解約手数料がかかる?

中古購入で解約手数料がかかる?

中古物件でもう一つ注意すべき点は、解約手数料(撤去費用)を請求されるケースがあることです。

本来空き家になると、ガスボンベ、メーターを所有者であるLPガス販売店が撤去する義務があるにもかかわらず、それを無視して設備を置いたままにすることがあります。次の入居者からの連絡を待っているのです。

開栓依頼であれば話はスムーズですが、他社を使うこと前提の撤去依頼の場合には、撤去費用を請求してくることがありますから注意してください。

使ってもいないのに撤去費用を支払う義務はありませんから、はっきりと断ってよいでしょう。しかし、ここでトラブルになる事例も少なくありません。

契約したい販売店が決まっている場合には、自分で撤去依頼はせずに契約予定の販売店に任せましょう。委任状方式を使って問題なく手続きが進められます。

契約先が決まらずお悩みであれば、「プロパンガス料金消費者協会」にお気軽にご相談ください。適正価格のガス販売店を無料でご紹介します。

解約トラブルを未然に防ぐには

解約トラブルを未然に防ぐには

LPガス販売店が配管費用を請求してくるのであれば、契約書に基づくものであると考えられます。まず、販売店との契約書の重要事項説明の内容(ガス設備の費用負担等)を確認してください。

  • 配管工事費用、ガス器具代が適正な金額かを見極めましょう。
  • ガス設備の所有関係について十分な説明を受けましょう。
  • 14条書面の「設備の所有関係」の記載内容を確認しましょう。
  • 住宅購入・建設時における工務店との契約書の重要事項説明とガス販売店の重要事項説明の内容を照合しましょう。
  • 無償貸与契約をせず、一括払いを検討するのもよいでしょう。

液化石油ガス法では、LPガスの販売契約を締結した際には、販売店が消費者に対しLPガスの取引方法等を記載した書面(14条書面)を交付することとなっています。

その交付書面には、ガス設備(LPガス容器、ガスの供給側配管、消費側配管、コンロ等)の所有関係が記載されているのであわせて確認するとよいでしょう。

契約途中の解約でおすすめの方法

契約途中の解約でおすすめの方法

解約に違約金が必要でも諦めないでください。新たに契約するLPガス販売店が残りの無償貸与契約を引き継いでくれる場合があります。

引き継ぎ可能な違約金の上限は10万円という条件付きになりますが、これさえクリアできれば、ガス販売店の乗り換えの可能性が広がります。

多くのプロパンガス消費者のLPガス料金は割高(平均価格)になっています。「プロパンガス料金消費者協会」を介してガス販売店の乗り換えをすれば、ガス料金は平均価格から「適正価格」に下がります。

違約金が派生したとしても、協会が紹介するガス販売店に乗り換えれば、安い従量単価に月々の違約金を加算するので、これまでの従量単価よりも安く収まります。

最大10万円の違約金を支払うことなく、今より安いガス料金になればデメリットは1つもありません。

契約途中の解約でおすすめの方法

「ガス解約時の解約手数料と違約金はいくらかかる」について紹介しました。

  • 解約手数料とは、LPガス設備の撤去費用のこと
  • 違約金とは、無償貸与契約残り期間分の残存金のこと

いずれも大事なポイントは契約書に基づいた請求であるかどうかです。

プロパンガス(LPガス)業界においては、慣行が一般化されていることが多いため、料金だけでなく契約時においても曖昧なことがよくあります。後々のトラブルを防ぐためにも、契約内容をしっかり把握しておきましょう。

LPガスを解約すると違約金がかかる場合、精算するのが一番シンプルな方法ですが、「プロパンガス料金消費者協会」では、違約金を新しいガス販売店に引き継いでもらいつつ、適正価格に収まるよう調整します。

違約金があるために販売店乗り換えができないとお困り名の方は、ぜひ一度ご相談ください。サービスは完全無料です。

まずは、現在のガス料金を診断の上、フリーダイヤル、または下記ご相談フォームからお問い合わせください。

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

ガス解約時の手数料と違約金はいくら? -まとめ-

ガス解約時に解約手数料は必要?

ガスボンベ、ガスメーター、調整器などの所有区分はガス販売店となるため、基本的に消費者が撤去作業費用を支払う義務はありません。 詳細はこちら

ガス解約時に違約金は必要?

プロパンガス(LPガス)の解約時に「違約金」は発生しません。発生するとすれば、無償貸与の残存金がある場合です。詳細はこちら

中古購入で違約金が発生する?

前オーナーとガス販売店との間に、配管工事費の無償貸与契約があった場合でも、物件が売却されればガス販売店の請求はそこで終了します。詳細はこちら

中古購入で解約手数料がかかる?

使ってもいないのに撤去費用を支払う義務はありませんから、はっきりと断ってよいでしょう。契約したい販売店が決まっている場合には、自分で撤去依頼はせずに契約予定の販売店に任せましょう。詳細はこちら

(R→H)


プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/





 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!



優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金 7:00~21:00
  • 土日祝 7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証LPガス料金都道府県別ランキング大公開クチコミを見るエリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

戸建相談無料